右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

つぶやき・・・
なでしこジャパンが優勝!?私は素直に喜べない。女子が玉蹴りに熱中するなど、日本と言う国の文化、国柄が奇妙に変質してしまったことの証としか見えない。

また、オリンピックや国際試合で日本チームが優勝するのは結構なことだが、そんなことだけ騒いで「日本は強い」と喜んで見せても、国際政治でやられ放題、領土も奪われ放題では何の意味も無いし、どちらが国の存亡にとって重要かは言うまでも無いことだと思う。

所詮はプチ・ナショナリズムにすぎない。

それにしても、昨夜は台風の影響か、ひさびさに寝苦しかった。

この夏、例年通りかなり暑いのに、世間では節電とかでクーラーの温度設定を上げている人もいて、そのせいで熱中症になった人もいるとか!?

「節電してますか?」が挨拶のようになっている雰囲気であるが、こんな挨拶をしてくる人とは、あまりおつきあいしたくないものだ。

ちょっと前に中学生の学級委員長みたいなのが首相になったことでもわかる通り、学級会のクラス委員みたいな人間が増えているのだろう。そういう人間には大人の政治に口出しして欲しくないが、そういう人間ほど大声で口出ししたがるようである。

我が家は節電しているかと聞かれれば、特にしていないが、そのことを恥じてなどいない。なぜかと言えば、節電する理由を考えればうちは関係ないからである。

今回どうして節電が必要なのかと考えれば、普遍的な省エネ活動とかではなく、単に電力の供給が不足して需要に見合わなくなるためである。

そして、需要に追いつかない可能性があるのは、暑い日の平日の昼間と決まっている。

うちは、平日の昼間には家に誰もいない。電気を消費しているのは冷蔵庫くらいであるし、これは止められない。

従って、家で節電する必要など無いし、やりようも無いのである。

そもそも、もともと我が家は無駄な電力など使っていない。節電するのが「道徳的に正しい」みたいな言い方をする人は、私に話しかけないでもらいたい。

たくさん節電できて喜んでいる人は、それだけ自分が日常で無駄なことをしていたと恥じるべきである。節電できたことを誇らしげにしている場合ではない。

だいたい、最近ではこんな便利なものが1時間ごとに更新されて表示されている。

110718setuden.jpg

本当に有効な(意味のある)節電をしたいなら、これを見ながらやれば良いだろう。

エコエコと連呼して、一時はCO2について大騒ぎして、だから火力をやめて原発への依存に何も言っていなかったのが、今度は原発の事故で一転して脱原発で自然エネルギーだと。それも、どちらも同じ民主党政権の間におこった事である。

物事、総合的に判断できないから、目先の出来事で右往左往して判断がコロコロ変わるのだろう。

そうやって、状況に適応することを繰り返す前に、自分たちが間違いばかり繰り返してきたのだから、今度の決定もまた間違っているのかもしれない、もうちょっと慎重になろうと、そう考えることができないものだろうか!?

さして影響の無いものについて大騒ぎばかりするか、たいして悪くもないものを叩きまくる、そして本当に悪いものはスルーしてしまうマスコミこそ、日本を滅茶苦茶にしている。

そんなマスコミの発信する情報に踊らされて右往左往する世論によって政治が動けば、この国は滅茶苦茶になって当然である。

今まで間違いを繰り返してきた世論の判断が、また間違いを繰り返すかもしれないと、どうしてそう冷静に考えられないのか。

世論には「自分たちの考えが(また)間違っているかもしれない」と言うう冷静さと謙虚さがまったく無い。
オオカミ少年状態(笑)
何度もブログ休止宣言をしたり、再開したりをくりかえしていましたが・・・

今回もまたしばらく放置になってしまいました。

とりあえずまだ当分は復帰が難しそうなので、もうちょっと放置になりそうです。

基本的に、以前ブログをやっていた頃と比べると、保守層では以前よりは進自由主義路線の間違いに気づいている人が多くなり、ことさら私がどうこう書くこともなくなってきているように思います。

たぶん、チャンネル桜や、三橋氏のブログや書籍などによって情報のゆがみが修正されてきた(ネット上の保守層の一部ですが)のかなあと思います。

なので、以前のようにバッシングを受けたりすることもなく、今ならやりやすいのかもしれませんが、やる意味も少なくなっているような気がします。

そんなこともあり、また気が向いたらと言う感じの更新になるかと思いますが、とりあえず、ブログを休止とか廃止などの宣言はいたしませんので、暇な方だけ、思い出した時にのぞいてみて下さいませ・・・
1週間ほど休みます
みなさん、こんにちは。

連休はいかがお過ごしだったでしょうか。

このブログを再開して、4月いっぱいは割と更新できましたが、5月がどうにも忙しくてなかなか更新できません。

これから数日間もバタバタしていますので、1週間ほどお休みさせていただきたいと思います。

楽しみにしてくださっている方々がどれだけおられるかわかりませんが、人気ブログランキングのほうでもクリックいただける方々が思ったよりたくさんいてくださったようで、励みになっておりました。

今月はちょっととびとびな更新になるかと思いますが、何とぞご容赦願います。

では、また一週間後、もしくは数日後に・・・
再開から1週間
ずいぶん長いことブランクが空いた後に再開してようやく今日で1週間になりました。

2008年の5月頃にブログの更新がとどこおりはじめ(てっく詐欺の反省から・・・)、その後に再開したりブログ終了宣言したりするも、また再開、その後はまた断続的に更新と停止を繰り返し、それも2009年の夏を最後に更新が完全に停止・・・

それから1年半ほどのブランクがあり、先週からようやく再開して今日で1週間(日と火は更新サボりましたが・・・)。

再開したのは、今回の大震災をきっかけに何か書きたいと思ったからと言うこともありますが(ろくなことは書けませんでしたが)、もう一つ、実はひさびさに政治経済で議論したいネタが出てきたこともありましたもので。

TPPです。

TPP亡国論 (集英社新書)TPP亡国論 (集英社新書)
(2011/03/17)
中野 剛志

商品詳細を見る


TPPについて、また色々議論したい・・・そう思っていました。TPP参加は郵政民営化以来のでたらめな政策です。私はもちろん現状でのTPP参加には絶対反対です。

しかし、気づいている人は少ないようです。農業の問題だけではなく、医療(こちら参照)などのサービスの分野(金融、人の移動などなど)を含めて、幅広い影響が懸念されます。

そして、TPPについて調べていると、中野剛志と言う論客を知り、そのつながりで、三橋貴明氏にいても知りました。

その流れの中で、新自由主義にもとづいた構造改革と言うは、デフレの時期に絶対にやってはいけない政策であることもわかりました。

ブログを続けていた頃、ずっと批判していた構造改革や公共事業悪玉論について、ようやくちゃんと話が出来るようになった、そういう思いもあり、何とかブログを再開できないかと模索しておりました。

そこで、今回の大震災があり、また自分も自分の信じるもののために何か言論活動めいたものができないかと、震災をきっかけにして、日本のためになる(ならないかも!?)何かをしたいと思い、再開いたしました。

しかし、やはり丸々2年ほどの休止と、その前の1年間も不定期更新と言うことでしたので、なかなかアクセスもも伸びません。

懐かしい方々に来て頂いたりしてうれしく思いますが、まだまだわずかの方々にしか見ていたいただけていません。

しかし、まあ焦らずに、とりあえずはコツコツとなるべく毎日更新して行くことからはじめようと思います。

と言うことで、今後ともよろしくお願い致します。

さらに、厚かましいお願いですが、しばらくは↓のクリックを1日1回お願いします。ホント、厚かましいお願いですみません。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
近所の桜
今日は写真ばかりで文章少なめですが・・・

携帯のカメラで撮ったので画質悪いです。おまけに、車運転しながら撮ったものも・・・イカンなあと思いつつ、つい撮ってしまいました(汗)。

職場の敷地内の桜です。昨日撮影、まだ5分咲きというくらいでしょうか・・・

090406sakura.jpg
090406sakura1.jpg

これは今日撮った写真。職場近くの川沿いの道のわきに咲いている桜を車を運転しながら撮りました。よい子は真似しないように(笑)。

090407sakura.jpg
090407sakura2.jpg

携帯で撮った上に、車のガラス越しですから、やはり綺麗には撮れていませんでした・・・。残念。

桜と言えば、東京では靖国神社の桜が開花宣言のための基準木になっているとか。

いっぺん桜の時期に参拝に行ってみたいのですが、なかなか機会ありません。
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.