右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

見えてきた真の売国政治家たちの姿
ひさびさに政治の話題です・・・

以前に極右を名乗っていた方のブログを見ると、中国のギョーザなんかに怒りまくってそれは結構なのですが、その方はアメリカ産牛肉の問題のときには何か言っていたんでしょうか?

中国には怒るがアメリカには従う、そんな白人への奴隷根性みたいな感覚が、一部保守派にあるのはよく知られたことです。

靖国問題や従軍慰安婦問題で中国や特定アジアなどがケチをつけてきたら青筋立てて怒るくせに、相手がアメリカだと黙てしまったり謝罪までする。岡崎久彦みたいな人間です。安倍氏もそうでした。

どうもこの元極右な方も所詮はその程度なのではないかと私には思えます。ということは、維新政党新風などにはたぶん維新は期待できないということでしょう。「改革」依存症ブログとともに、それこそ日本を「何処へ!?」向かわせるか、知れたもんじゃありません。

今、空港の外資規制の話が問題になっていますが、こういう問題はどうして取り上げないのか。

国土交通省の大臣は創価学会ですが、この問題に限っては彼のやろうとしていることは正しいと思います。

この問題は餃子問題と共通している部分があるのです。


つまり、目先の経済的な利益を優先して、安全保障をおろそかにしているということです。まあ自民党の政策は戦後一貫してそうだったので、その延長にすぎないという身方もできますが。

それからもう一つ、空港の外資規制に反対している政治家連中(国家ファンド議連)と、必死で公務員制度改革をやろうとしている政治家にも、似たような面があると思います。ようするに「改革派」の連中です。

国家ファンド議連 空港外資規制に反対

ファンド議連には入っていないみたいですが、渡辺行革大臣などがわかりやすいと思います。彼も空港外資規制に反対のようです。私は公務員制度改革をやるなと言っている訳でも、官僚がすばらしいから今のままで良いと言っているわけでもありません。

それなりに改革しなければならないのかとは思いますが、やりすぎると日本の公務員制度を崩壊させるおそれがあります。

彼らの言い分というのは、軍隊があるから戦争がおこると言っている左翼と良く似ています。

官僚に問題があるからと言って、それを潰してしまえば良いとか潰すことになる改革が良いはずがありません。

ようするに、軍隊があるから戦争がおこる、だから軍隊をなくせば平和になるという発想と同じです。

警察の不祥事が耐えない、だから警察をなくせば不祥事がなくなる、そう言っているのと同じです。

そうではないでしょう。官僚が無駄な公共事業をするから官僚をなくすとか公共事業をやめろという話でもないはずです。

無駄ではない公共事業だってあるに決まっています。

不祥事が絶えないならば、そうならないような改革をすれば良いのです。なくせというのは乱暴な話ですし、弱体化させては国家の解体につながります。

結局、現状の公務員制度改革や外資にしっぽをふる政治家というのは、国家を解体しようとしている左翼と変わらないということです。

繰り返しますが、中国毒餃子と、空港の外資規制反対派は、目先の金儲けのために安全保障をおろそかにする人々です。

これが、財界人ならまだわかるのですが、政治家のやることでしょうか!?


Fuji Sankei Business i 国家ファンド創設へ議連発足…政府資産有効運用目指す

≪議連の顔ぶれ≫

【衆院】山本有二(会長)▽後藤田正純▽小池百合子▽西村康稔▽中川秀直▽山際大志郎▽片山さつき▽塩崎恭久▽大塚拓▽後藤茂之▽田村憲久▽中山泰秀▽船田元▽河村建夫▽尾身幸次▽石田真敏▽坂本剛二▽奥野信亮▽菅義偉▽竹本直一▽木原誠二▽今村雅弘▽佐藤ゆかり▽佐藤剛男▽福岡資麿▽塩谷立▽加藤勝信▽とかしきなおみ▽長崎幸太郎▽山口泰明▽赤沢亮正【参院】岸信夫▽関口昌一▽岡田直樹▽秋元司▽田村耕太郎▽世耕弘成▽椎名一保▽吉田博美▽山本一太▽山谷えり子▽愛知治郎=敬称略


小池百合子、中川秀直、片山さつき、塩崎恭久、佐藤ゆかり、世耕弘成、山本一太
・・・この人たち、ホントわかりやすいですね。買弁活動ご苦労さまです。

ところで私は、奥野信亮とか山谷えり子とかはこれまでは割とまともな議員だと思っていたのですが、今回のことで化けの皮がはがれたという気がします。この二名は似非保守の疑いが濃厚となってきましたので、今後この二名の動向には特に要注意です。

それにしても、今の自民党は福田をはじめとする中国など特定アジアへの売国奴か、小泉や中川秀直を中心とする「改革派」というアメリカその他への売国奴か、どっちかばかりということですね。

元極右氏は民主党とか野党さえ叩いておけば、もしくはせいぜい福田系さえ叩いておれば事足りると思っているのか、それとも特定の権力に媚びているのかわかりませんが、所詮はその程度ということですし、あまり勉強もしていないのではないでしょうか?

個人的には新風のなかにもしっかりした考え方の人が少なくないので、あの方ばかりが目立っているのは、ちょっと残念に思います。

↓ボチボチですが、また頑張ろうと思います。ご協力お願いします。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
存在を否定することは、自己の否定に繋がる。
 反米論者(サヨク)と親米ポチは、いずれも日本よりも、祖国よりも大切な国(政府)があるという点では一致しています。
 歴代自民党政権がそうであった様に「憲法改正」というのは、支持層であるナショナリスト向けの口先だけの公約であり、また「9条死守」もイデオロギーの産物以上のものではありません。

 >無駄ではない公共事業だってあるに決まっています。
 管理人様は、田中角栄氏の『日本列島改造論』はお読みになられましたか?名前ばかりが先行していて、30年以上が経過したようなきらいがありますが、熟読すると開発に伴う地方格差の解消策をも提言していました。
 むしろ、21世紀の今日の方が受け入れやすく、また議論の叩き台になると思われます。

 
 
くまがわ直貴 | URL | 2008/02/21 (木) 20:52:45 [編集]
私が思うに
以前に極右を名乗っていた方のブログを見ると、中国のギョーザなんかに怒りまくってそれは結構なのですが、その方はアメリカ産牛肉の問題のときには何か言っていたんでしょうか?

中国には怒るがアメリカには従う、そんな白人への奴隷根性みたいな感覚が、一部保守派にあるのはよく知られたことです。

靖国問題や従軍慰安婦問題で中国や特定アジアなどがケチをつけてきたら青筋立てて怒るくせに、相手がアメリカだと黙てしまったり謝罪までする。岡崎久彦みたいな人間です。安倍氏もそうでした。>

それは反日政策を国策として教育・奨励してる国と、日本の安保に関わる国との差があるからではないでしょうか。
反日特アよりもアメリカの方を叩き、日米関係の悪化につながれば、大喜びするのは反日特アと反日左翼だけでしょう。
現に沖縄米兵事件をチャンスとばかりに、必死でリンクさせて米軍基地撤退を声だかに叫んでるわけですし。
それに少なくともアメリカは反日国家とはいえないわけですし。
やはりまずは確実な反日の特アに対する怒りのが先決でしょう。
アメリカに対して言いなりになるばかりじゃなく、たとえば原爆や絨毯爆撃など謝罪を求めるのはいつかはやってもらいたいとは思いますが。



20代女子です。 | URL | 2008/02/21 (木) 21:43:20 [編集]
>くまがわさん
以前も一回コメントくださいましたよね。その時はレスもしなかったように記憶していますが、失礼しました。

ブログ拝見しましたが、なかなかインパクトありますね。あのアニメみたいな絵は・・・

国民新党で民社協会とは期待できそうな方かと思いますので、どうか頑張ってください。


>20代女子です。さん
大変申し訳ありませんが、あなたのコメントを、次のエントリーで使わせていただきました。
よくあるご意見としてちょうど良かったものですから。すみませんが、ご了承下さい。
管理人 | URL | 2008/02/22 (金) 09:28:45 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.