右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

品格なき人々
一昨年から去年にかけて「国家の品格」という本がベストセラーになった。

国家の品格 (新潮新書) 国家の品格 (新潮新書)
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社

この商品の詳細を見る


私はベストセラーになるとまず読まないが、この本はベストセラーとして取り上げられるようになる前に読んでいたので、良い本とわかった。ベストセラーでもたまには良い本もあるということのようだ。

ところで、この本が売れた影響でか、最近では「○○の品格」という本をちょくちょく目にするようになった。

アマゾンで検索してみたら、とりあえずこれだけあった。

女性の品格 (PHP新書) 女性の品格 (PHP新書)
坂東 眞理子 (2006/09/16)
PHP研究所

この商品の詳細を見る
親の品格 (PHP新書 495) 親の品格 (PHP新書 495)
坂東 眞理子 (2007/12/15)
PHP研究所

この商品の詳細を見る
会社の品格 (幻冬舎新書 お 3-1) 会社の品格 (幻冬舎新書 お 3-1)
小笹 芳央 (2007/09)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
腐女子の品格 腐女子の品格
(2008/01)
リブレ出版

この商品の詳細を見る
ヤマダ電機の品格―No.1企業の激安哲学 ヤマダ電機の品格―No.1企業の激安哲学
立石 泰則 (2008/01)
講談社

この商品の詳細を見る
男の品格―気高く、そして潔く 男の品格―気高く、そして潔く
川北 義則 (2006/04)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


これらの本はすべて「国家の品格」がベストセラーになった後に出されたものである。

そして、これらの本はすべて何かの品格について書かれたものなのだろう。

ところで、一番重要なポイントとして、ベストセラーになった本の後追いで似たようなタイトルの本を売り出す人たちに、果たして品格などあるのだろうか?品格について語りうる能力があるのだろうか?品格を口にする資格があるのだろうか?と、そんなことを問わずにおれない。

はっきり言って、私にはどうもそういう人たちはそもそも品格に欠けるのではないかという気がしてしょうがないので、これらの本を読もうとは到底思えないのである。

コメント
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。
「女性の品格」という本は、内容は大変優れていましたが、書いた人は、男女共同参画社会法案に関わっていた人です。どうも、書いていることとやっていることが違います。
芹田陽子 | URL | 2008/02/05 (火) 20:47:14 [編集]
これは、お初の方のコメントありがとうございます。

実は身近でこの女性の品格という本を読んで、なかなか良いことが書いてあったと聞いてはいたのですが・・・

そうですか、言っていることとやっていることが違うという奴ですか。やはり、「品格」の使い方に品格が出ていたということなんでしょうねー。
管理人 | URL | 2008/02/06 (水) 09:34:13 [編集]
>ベストセラーになった本の後追いで似たようなタイトルの本を売り出す人たちに、果たして品格などあるのだろうか?

この部分、仰るとおりだと思います。
クラウゼヴィッツの著書のタイトルを真似た漫画家もいましたしね。そういう人から、あまり品格は感じられませんね。
名無し | URL | 2008/02/09 (土) 17:09:48 [編集]
似たようなタイトルをすぐ後追いで出すのと、古典的名作みたいものと同じタイトルで敢えて出すのは話が違うんじゃないでしょうかね?

小林よしのりの戦争論が大ヒットした後に「私の戦争論」とかそれこそ、後からいろんな「なんちゃら戦争論」みたいのがぞろぞろ出てきて、そういうのがむしろ品格が無いと思いますが。
管理人 | URL | 2008/02/09 (土) 23:26:46 [編集]
クラウゼヴィッツの著書
すでに一般化してしまっていますが、そもそも「戦争論」という題名(日本語訳)がちょっと違うんではないかと思います。

原題(独語):Vom Kriege
  ↓
よくある英訳:On War
森鴎外の訳:戦論
帝国陸軍士官学校の訳:大戦学理

小林よしのり氏の本は読んだことありませんが、一般論としての「戦争」論なのでは?
ま、少なくともクラウゼヴィッツより売れていることでしょう。
海驢 | URL | 2008/02/10 (日) 03:34:17 [編集]
ご無沙汰しております。
日村さんのおっしゃる通りです。
品格といって自分に品格がないのはなかなか笑えます。
書いている本人に自覚がないのもどこかの人とよく似ております。まぁ、出版社が勝手にしたのかも知れませんが。。。本年もよろしくお願いします
のり | URL | 2008/02/10 (日) 23:28:40 [編集]
確かに後追いはよくあるんですよね・・・。
ですが「品格」と銘打つからには、そこはやはり
二番煎じ、柳の下のどじょう的な「儲け」主導型を感じさせるタイトルはどうだったかな、と思います。
結局、藤原氏の著作にあやかろうという魂胆が見え隠れします。
「品格」という言葉がまるで流行り病のように
巷を行き交いました。それにより少しでも「品格」というものについて考えて見る日本人が増えたのなら、それはそれで意味はあるのでしょうが・・・・。
翡翠 | URL | 2008/02/13 (水) 19:09:25 [編集]
>海驢さん
>のりさん
>翡翠さん

まとめレスですみません。「名無し」はどうも通りすがりのコメントだったみたいですね。

そういえば戦争論には品格という言葉がタイトルに含まれていませんからこの点でも話は違いますよね。

それから、「国家の品格」以前には、品格という言葉を使いにくい雰囲気があったと思います。
管理人 | URL | 2008/02/15 (金) 09:16:03 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.