右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

安倍首相に何を期待してきたのか?
自分が保守だと思っている方々、就任前には安倍首相に一体何を期待していたのでしょうか?その期待に安倍首相はどれだけ答えてくれたのでしょうか?またどれだけ答えようとしてくれているでしょうか?

教育基本法の改正?憲法改正の国民投票法案?これくらいは最低限やってもらわねば困ります。

教育の再生についても、言うのはいいですし、実際、ゆとり教育の見直しや全国共通テストなど多少はまともな事もやっていますが、しかし「教育再生会議」で教育にかんしては現場も知らないド素人を中心に変なメンバーを集めて、教育に市場原理をとりいれたり9月入学とかバカなことばかりやっています。

あとは、拉致問題の解決でしょうか?これも期待はずれではないでしょうか。まあわかりませんが。
私はやっぱり靖国神社参拝と歴史認識について、少しでも前進させてくれることを期待していましたが、どちらも無理そうです。

河野談話も村山談話も踏襲するといきなり言ったわけですから、あの時点で期待できないことははっきりしました。リベラル層への支持を狙ったようですから。

慰安婦問題でもやることなすこと悪い方へむかっています。

安倍首相が謝罪したことで慰安婦カードは封印できた、みたいに脳内で勝ち誇っている人もいるようですが、結局の所、首相はまた謝罪した、最初は反論しかけたけど、反論できずにひっこめた、日本はやっぱり悪かったのだ、そういう間違った国際常識を安倍首相は補強してしまっただけです。

そもそも、安倍首相が愚かだと思ったのは、慰安婦問題について、「広義」の強制性だの「狭義」の強制性だの言い出したことでした。これを一歩前進と思ったのは愚かなことです。

安倍首相の支持派の人たちは、河野談話を踏襲したものの、国会答弁で狭義の強制についてはみとめなかったから一歩前進だ、みたいに言っていましたが、実はこれが三歩後退であったことに、今気づくべきです。

この広義だの狭義だの言う言い方は、強制連行がウソであることがバレがた朝日新聞などの左翼が、論点をそらすために「それでもやっぱり強制性はあった」というふうに言い始めたことがはじまりです。こういう言い方をすることによって、やっぱり日本軍は悪かった、慰安婦たちに謝罪する責任があると、そう持って行くための作戦だったのです。

だから、広義だの狭義だの言うのは相手の土俵に乗っかったものの言い方で、賢いやりかたではなかったということです。

それで結局のところ、強制連行はしていないが、人権侵害みたいな強制があったかのような話になってしまって、今や人権問題に話がすりかえられて、アメリカは人権問題には敏感だから・・・みたいな話になっています。アホかと。

当時の慰安所の設置が人権問題なら日本占領時に米軍が利用したRAAはどうなるのかと、そういう反論すらしません。もう頭をひたすら下げるだけです。

とにかく怒っている人がいるから、謝ってその場をしのごうとするのは、日本人の悪いくせです。中韓にはそういうことをすると不満を言うくせに、相手がアメリカなら「それで良い」というなんて、あまりにも賤しすぎるのではないでしょうか。

いずれにしろ、こういう場当たり的な謝罪を繰り返し、積み重ねてきたことの蓄積が現在なのです。

愚かなのが安倍首相自身なのか、そのまわりにいる人間なのかよくわかりませんが、はっきり言って、とにかく周りをバカで固めてしまっているのではないでしょうか?

やはり、就任当初から河野談話に真正面から向き合わずに、強制性は広義だ狭義と左翼の思惑に乗っかるような答弁をして、それを「一歩前進だ」などと言っていたのが愚かさのはじまりだったのだと思います。

この問題に限らず歴史認識の問題については、政権がふきとぶくらいの覚悟で行動しなければ、永遠に日本は悪のレッテルハリをされたままでしょう。しかし、首相が確信を持ってとりくめば、その熱意に引っ張られてついてくるということろがあるのですから、その覚悟を持ってやってほしかったです。

まあ、いずれにしろ、それくらいのことを期待できる政治家はいないということなのでしょう。だから仕方ないと思いますが、もっとやりきれないのは、その程度のことで満足している、これで良いんだとか言っている人間がサヨク以外にも多いことです。

この安倍首相程度のことで、あろうことか今回の慰安婦問題の大失態、河野洋平の売国の上にさらに売国を重ねるような安倍首相の対応について、これで良かったのだ、慰安婦カードはもう使えないなどとオメデタイ事を言っている人間がいることが、私は残念でなりません。

こういう奴らが減らないから、いつまでたっても慰安婦問題だの、もっとややこしい南京事件だのが、サッパリ前にすすまないわけです。

政治の怠慢を弁護・擁護するばかりのマンセー軍団。たんなるファンなのか、生まれながらに長いものには巻かれろタイプの権力に媚びる人間なのか、実際に権力に近いところにいて美味しい汁を吸っているのかわかりませんが、なさけない話です。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
現状、保守主義というのは、ただの権威主義だね。
西尾幹二が安部に決別宣言をしましたね。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/49417/
こうなったのも、全部安部の性格・力量に由来する以外の何者でもありません。恐らく安部はホッとしてるでしょう。
「逮捕されてホッとした。」という犯人がいますが、謝罪してそんな感じでしょうね。すぐ辞めてもらいたい。そもそも首相というのは、努力してなるとか、そういう職業じゃありません。選ばれた人だけがなるものです。村山とか海部とか、猫も杓子もなってきた実績がありますから、日本人は、凡人が努力して務まる課長のような錯覚をきたしてしまったと思います。こんな人物が教育再生なんて、下手なお笑い番組よりお笑いです。政治家の言動には、何よりも国民に対して教育的効果・機能があります。それを放棄した挙句に、人に説教したい欲望は人一倍あるのですから、おこがましいのもほどがある。安部のそういう言動を日本の保守派が許すのは、彼らが結局のところ権威主義でしかないからでしょうね。中央官庁がエライ。県庁はエライ。何回も当選する地元の名士は馬鹿な二世でも偉い。そういう延長線上に現状があるわけです。
popper | URL | 2007/04/27 (金) 18:15:16 [編集]
>政治の怠慢を弁護・擁護するばかりのマンセー軍団。
>たんなるファンなのか、生まれながらに長いものには
>巻かれろタイプの権力に媚びる人間なのか

  いや、嬉しかったんじゃないですかね。

  いつもいつも権力には期待を裏切られてきたけど、今度の首相はぼくたちと考えが似ている。ということは、ぼくたちは初めて体制側につける!!

  そう考えていた人が沢山いたように思います。自民党の総裁選のときに、ワクワクしたことでしょうね。掲示板とかに「安倍か麻生か悩むなんて、贅沢な時代になったもんだ」的な書込がいっぱいありました。
  恐縮ですが、私も、少しではありますが、そういう感慨があった気がします。周囲に流されていたんでしょうね。

  そして、彼らは単なる他国への罵倒に「国益」という言葉をつければ、いくらでも正当化できるという快感を覚えてしまった。これが決定的だったと思います。もともと流されやすかった人たちが、一気に反省しなくなってしまったからです。
  今考えると、ここに至るまでの流れは、やはり誰かに作られたように思えますね。9.11の騒々しさをうち消すような靖国神社を巡る一連の騒動、その裏で勧められた売国的経済政策・・・。
  そうなると、狂人宰相(笑)小泉純一郎に行き着かざるをえません。彼の首相就任の頃から、ここに至るシナリオがあったのかもしれません。私も、その中で踊ってしまった気がします。反省しきりです。
  せめてもの救いは、安倍よりも麻生を支持していたことと、ホワイトカラー・エグゼンプションで安倍はおかしいと気づいたことでしょうか。しかし、気づくのが遅すぎた。
ろろ | URL | 2007/04/28 (土) 01:50:12 [編集]
安部首相がよくないのは、すべてを知っているからです。みんな何も知らない人には期待しません。しかし、すべてを知っている人には期待をします。期待した人が権力の座にしがみ付きたいがために平気で嘘をつくので、みんな腹を立てるのです。と、思っていましたが「みんな」は腹を立てていないようですね。特にいわゆる保守派の人々は。

次に引用させていただく十年前の安倍首相の発言を読めば「裏切り」がどれだけ醜いか良く分かります。安倍首相は十年前に「嫌韓流」の時代が来ることを言い当てています。たいした洞察力です。誰もがこんな政治家を首相にしたいと思うでしょう。首相になって「変節」しなければ。

日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会編 『歴史教科書への疑問―若手国会議員による歴史教科諸問題の総括』展転社、414ページより――

「安倍晋三事務局長 もう一点、いろんなことが嘘だということがバレましたから、吉見先生とか教科書に載せるべきだという人たちの唯一のいまのよりどころに近いのは、河野官房長官談話なんですよ。吉見先生も、何回も河野官房長官談話をまさに証拠として金科玉条として出すわけですね。それとは別に、文教委員会で質問をしても、文部省の答弁としては自分たちは不本意だということをにじませながら、『しかしこれは河野官房長官談話でやったから、そこまで認定をせざるを得ない』という説明なんですね。

 それで全部の教科書に載っちゃうということ自体がかなり問題なんですけれども、ストライクゾーンをちょっと左においたら、一番左側にストライクが絶対に入る。すべてそこに集中するということがあると、これは談話の方向を変えない限り、あと県の教育委員会やなんか全部を変えるというのは極めて困難な作業ですから、ここはちょっと難しいなという問題になる。それと、それを更に韓国に強要されているということで、極めて韓国に対しての国民の感情は悪いですよ。ものすごく悪いけど、黙っている。だからそれを我慢したままでずっといくと、極めて危険な水準に達するときがあるのかなという気がしますね。これは無理筋ですからね。」

安部氏の「嫌韓流」予言と同じ論理で米国の慰安婦への謝罪の強要を考えると、今後の日米関係にもまったく同じことが言えるのではないかと思えます。が、安倍首相には岡崎久彦氏のような「一流」の米国通ブレーンが付いていらっしゃるので大丈夫でしょう。
「嫌韓流」wo予言 | URL | 2007/04/28 (土) 02:56:10 [編集]
訂正
申し訳ありません。上の書き込みは間違って送信いたしました。以下のように訂正いたします。

Name: 織舘うゑし
Subject: 「嫌韓流」を予言した安倍首相
織舘うゑし | URL | 2007/04/28 (土) 03:19:05 [編集]
>popperさん、ろろさん、織舘うゑしさん、コメントありがとうございます。

結局、安倍首相も、前の小泉首相も、みごとに保守派の心理の隙をついているんだと思います。

つまり、安倍首相なら、その思想信条や歴史認識がちゃんとした人だから、今こういうことをしているのは何か考えがあっての事とか、参議院選挙までだろうとか、そう思わされてしまう。

小泉首相の時も、あれほどまでに靖国参拝にこだわってくれる人なのだから、きっと愛国者に違いない、そんな小泉首相に反対するやつは媚中派にきまっている・・・などなど。

あと保守とよばれている人の多くには、やはり権威主義やお人好し、権力批判は本能的に苦手という、こういうタイプの人も多いということもあるんでしょゆね。
日村春介 | URL | 2007/04/28 (土) 10:12:32 [編集]
この様に述べれば本来失点だったものを得点化出来たかも知れないのに。 教養不足かな...。 (http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20070306/1173148998
また、今さら朝日ごときの中傷に、血管を浮き上がらせて怒っている様を見るに、所詮は拉致問題担当大臣程度の器であったとの感を強くします。
rice_shower | URL | 2007/04/28 (土) 13:50:45 [編集]
こんにちわ。初めまして。
 自分は、安倍首相を評価しています。けっこうよくやって
いると思ってます。

慰安婦問題ですが、謝るしかないでしょう。国際関係悪化
しますから。歴史は、勝利者が正義のように書かれます
から。 マイクホンダは、二度と日本の地を踏めませんが。
 この問題は、河野が悪い。彼は、政治に汚点を残した。

憲法改正は、はやくしてほしいです。その為に安部さんは、頑張ってるはずです。憲法改正が独立に繋がるの
です。もうしばらく辛抱です。
しかし皆さん、日本は、米国無しでは、苦しいのでは、
ないでしょうか?
どらもん | URL | 2007/05/05 (土) 12:03:45 [編集]
謝罪は新たな謝罪の呼び水!
おはようございます!
先の大戦から生じた諸問題(慰安婦問題等)について。
ブログ主さんの ”・・・相手の土俵に乗っかったものの言い方で、・・・”  の部分、大賛成です。
国(政府)による謝罪は、新たな謝罪要求を呼び込むだけで悪循環だと思います(民間有志による謝罪らしきものはけっこうですけど)。 国自らが、国益・国民益を害する結果になると思います。 専門の学者が歴史研究すべき分野だと思います。
 一般論ですが、戦争はどの戦争も、「仁義なき戦い」ですからお互い様だと思います。
先の大戦について言えば、大戦から生じた諸問題は「東京裁判」で審理・断罪され、それを受けた講和条約で決着済みとして、政府は突っぱねて取り合わないのが1番だと思います。 
帝国主義の時代に起きた遺憾なことぐらいでいいかも!(これもよくないかな! 相手の土俵に乗ったことになるので)
Gくん | URL | 2007/05/13 (日) 09:36:49 [編集]
安倍首相について
確かに今までの東京裁判史観に洗脳されている日本の政治家がほとんどの中で首相になり、いろいろ難しいことはあったでしょう。全部安倍首相の責任などとは言いません。しかし、首相になって河野談話を継承するなど、左派系の票もあてこんだような行動はまずいのでは。ここまで過去の日本の歴史カードを外交に使われるような事態に陥っている以上、どこかで誰かが今までの政府の見解は誤りであると、表明しなければならないと思います。靖国参拝は正式な流儀で8月15日に参拝すればいいのです。周りで騒がれようとも粛々と行えばよいのです。そうすればやがて相手(中韓や左派マスコミ)は何も言わなくなるでしょう。それからもっとまずかったのは米国でマイク・ホンダが慰安婦問題を持ち出したとき、安倍首相は性奴隷と言う言葉を使ったことです。大体従軍慰安婦などは存在せず、慰安婦が存在したに過ぎません。これは外国にもあったことです。それを事実にない性奴隷とコメントした安倍は売国奴呼ばわりされても仕方ないでしょう。
たかじんファン | URL | 2007/06/03 (日) 23:14:35 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.