右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

【慰安婦】さらば安倍首相【属国化】
安倍首相がまた謝罪しました。慰安婦問題で。就任早々、村山談話も河野談話も引き継いできたわけですから、今更もう驚くこともないかもしれませんが。

良識ある保守派は、河野談話を再考せよと、再三その根拠まで示して応援してきたわけですが、無駄だったわけです。

そもそも、就任当初から彼のブレーンがあまりにお粗末すぎると思っていました。安倍氏は多少歴史認識がまともなところがあったわけですが、そもそも安倍氏の能力にも疑問ありでしたし(党内にたいした権力基盤がない)、それからやっぱりただ権力のおこぼれに与っていたいだけの取り巻きが多そうだということで、なにができるか、知れていたわけです。


首相「慰安婦問題は人権侵害」、責任認め改めて米誌で謝罪


 安倍首相は、26日からの訪米に先立ち米ニューズウィーク誌のインタビューに応じ、いわゆる従軍慰安婦問題について「慰安婦の方々に人間として心から同情する。日本の首相として大変申し訳ないと思っている」と改めて謝罪した。

 さらに、「20世紀は人権が世界各地で侵害された世紀で、日本にもその責任があり、例外ではない」と述べ、慰安婦問題を人権問題と位置づけ、日本の責任を明確に認めた。

 また、「我々は歴史に常に謙虚でなければならない。彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況に我々は責任がある」と語ったうえ、1993年の河野洋平官房長官談話を継承する考えを重ねて表明した。訪米を前に、米メディアの批判の鎮静化を図ったものだ。

 一方、首相は米ウォール・ストリート・ジャーナル紙とのインタビューで、政府の憲法解釈で禁じられている集団的自衛権の行使の問題について「日米同盟をより効率的にし、強化するため、法的な整備をしなくてはいけない。憲法との関係においても研究しなければならない」と述べ、近く設置する有識者会議で具体的な事例研究などを行う考えを強調した。

 二つのインタビューは17日に首相官邸で行われた。
ソース(読売新聞)


この記事をうけて、反キムチサイトではこう言って無邪気に喜んでいます。

ベストなタイミングですね。
肉を切らせて骨を絶ったわけですね。
見直したぞ安倍晋三。
感激した。(爆w

なんて事を言っていますが、キムチを嫌うばかりに、納豆のニオイがプンプン漂っています。私はキムチも納豆も大嫌いですが、これは納豆にキムチを混ぜて食べるようなものです。

まるで小泉首相のバンドン会議での謝罪の時とそっくり、あれを見て喝采していた小泉マンセー軍団とそっくりです。開いた口がふさがりません。

こういう事を言うから単なるネット右翼、拝外主義者にすぎないと言われるわけです。朝鮮を叩いていれば良いと思っている。

「骨を断つ」というのはこの問題が根本的なレベルで収束する、つまり慰安婦の強制連行などなかった、慰安婦システムなど現代ですら存在するありふれたものであって、当時の常識から考えれば人権問題とすら言えず、日本は謝罪する必要がないことを世界に認めさせる、これしか「骨を断」った事にはなりえません。

それが安倍首相の能力では不可能、というか誰がやっても無理っぽいから、保身に走って、とりあえず謝って収めようとしただけということなのでしょう。

日本人にはそれで通じるでしょう。謝ったら許すところがありますから。しかし、外国人には逆効果、さらなる批判の根拠を与えるだけにしかなりません。

肉を切られてこちらが大量出血したのを見て、とりあえず相手がびっくりして黙ってしまっただけです。

戦後日本はずっと肉を切らせてばかり、血を流してばかりです。もう傷も癒えぬ間に次々に血をながしっぱなし、肉を切られっぱなしです。

今、国内のほとんどの問題、特に若者が活力をうしない自分勝手にふるまうようになってしまったのは、日本の社会、共同体に愛着を持てないことが一因にもなっています。

それは過去の日本が悪いことをした悪いことをしたと刷り込まれているからです。そして少し勉強すればそれはウソであることがわかるのですが、それがウソであることをわかっているにもかかわらず、首相までもが先人達に罪をなすりつけ、売り渡すことで当面自分たちの仕事がやりやすいようにしている、裏切りに満ちていることを知るわけです。

罪の歴史をすりこまれ、借りにそれから目覚めたとて、恥の現代が待っているだけなのです。

安倍首相は「我々は歴史に常に謙虚でなければならない」と言っていますが、我々の先人達、つまり今や何の反論もできない死者たちを、自分らの政治的な都合で悪者にしたてあげて、勝手に謝罪してしまうことが「歴史に謙虚」な姿勢と言えるでしょうか!?これほど傲慢なことはないと思います。

安倍首相が謝罪したということで、また一つ、慰安婦問題の根拠ができてしまったわけです。この談話を細かく見れば慰安婦強制連行を謝罪したわけではないということがわかるはずですた、世界中に、その報道のされかたによっては、河野談話を継承することとセットであるからには、やはり日本軍はレイプしまくった、性犯罪国家であるとの印象をあたえることになります。

つまり、反日勢力に加担したことになる、彼らは目的をほぼ達した、だからとりあえずは騒ぐのをやめても良いと判断するかもしれません。

しかし、また何かあったならば、「あのとき安倍首相までもが謝罪したではないか!」となる、つまり将来に批判の口実を与えることにしかなっていないのです。

反キムチサイトではこうも言っています。

空気を読めない日本国内のキムチどもと
損得勘定の出来ない右翼の連中は騒ぐだろうけど
これでチェックメイト、シンゾーの勝ちだ。
この件では中国、韓国、北朝鮮の完全敗北だ。(爆w

こういう事を言う人というのは、目先の損得しか考えていないのです。とりあえず相手が黙ってくれたら良いと思っている。相手は、目的をほぼ達したから黙っているだけです。つまり安倍首相の敗北ということです。

首相の支持率が回復傾向だそうですが、支持率があがればあがるほど、ダメになっているということです。

世論はサヨクマスコミが未だに支配しています。その世論に支持を広げる内閣が、まともな保守であるはずがありません。

目先の損得勘定しかできない、中韓朝と在日を叩いていさえいれば何かした気になっている、それがネット右翼の正体だとしたら、もうこの日本はどうにもならない、やはりどうしようもないと絶望するしかないようです。

こうやって、目先の事しか考えずに謝罪してきたことの蓄積なのです。いいかげんにやめなければなりません。次々に内閣が倒れても、つまり自分が死ぬ覚悟を持って特攻を続けるくらいの覚悟が政治家になければ、この問題は解決しないでしょう。

そんな事、誰もやるはずがないから、やはりどうにもならないのです。

まずは特攻隊の再評価くらいから地道にやってゆくしかないのではないかと思います。

そして、安倍首相的な保守がこの程度のものだ、その愛国心はニセモノであるという事が明らかになった以上は、上の記事の後半部分にある

「日米同盟をより効率的にし、強化するため、法的な整備をしなくてはいけない。憲法との関係においても研究しなければならない」

についても大いに警戒しなければなりません。結局のところ、慰安婦問題で謝罪したように、とにかくアメリカ様を怒らせない、相手の言う通りにすることによって、自分の政治生命を長らえて権力にしがみつくことを第一と考えているだけの首相なのですから。

こういう首相の言う「日米同盟の強化」とか「集団的自衛権」というのは、自衛隊を単なる米軍の下部組織にしてしまうような、日本の軍事的な独立をあやうくする、アメリカにとって都合の良いものにしかならないでしょう。こうして日本はますますアメリカの属国になってゆくのです。

ではどうすればよいか?どうにもならない、どうしようもない、そうとしか言えません。まずはその事を知る、どうにもならない事を認めることからはじめなければならないと思います。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
困った総理ですね・・・
 マイケルホンダの狙いは安倍総理に「責任」を言わせる点にあったと思います。文脈がどうの、従来の総理発言を踏襲している、等の理由は一切関係なく、総理が責任を認めたではないか・・・と言われるだけで今後何兆円単位で、裁判を通して奪われることでしょう。
 安倍総理もその取り巻きもとんでもないことをやってくれました。
 ヒラリーが大統領になった折り、かつて日本企業が途方もない賠償請求されたと同じ事が繰り返されることでしょう。
 総理発言の取り消しはまず不可能と思うのですが、平然と訪米され何を約束されるのか・・・本当に困りました。
 農協資金・電力料値上げ、庶民から財を奪う政策が目白押しでしょうか。
 先生、どのような対応策があるのでしょうかご教示下さい。
Kankyo Fuzen | URL | 2007/04/23 (月) 14:36:23 [編集]
遂に安倍君が終わりました・・・(涙)
安倍君はギリギリ所で踏ん張ると思っていました。

しかし遂に終わりました。

参院選の重圧がキツイのはわかっていたのですが、ここまでとは・・・

もう後から否定をしてもたぶん遅いでしょう。武士道が許しません。

自民党の選挙に勝って国家予算権を得ておくためには『嘘もつく、社会党とも握手をする、在日カルト教団とも手を組む』の有無を言わせない強大でとてつもなく巨大な圧力の前では所詮安倍君は『赤ちゃん』だったのです。

河野洋平を頂点とする党内の屈中議員達に凄まれてうろたえてしまった首相補佐官の連中と首相官邸の連中と、そして安倍君の悲しい姿で終わった瞬間でありました。(涙)
我理礼於 | URL | 2007/04/23 (月) 15:45:15 [編集]
もう何を語る気力もありません。
今までコツコツ積み上げてきたものが一気に瓦解しました。誰がどんなに必死で訴えても、一国の長が
謝罪してしまえばもう全てが水泡に帰してしまいます。
全く酷い話です。
ただただ口惜しい。
DBGTSP | URL | 2007/04/23 (月) 17:26:00 [編集]
日村さん曰く
「どうにもならない、どうしようもない、そうとしか言えません。まずはその事を知る、どうにもならない事を認めることからはじめなければならないと思います。」
鉛空のように重い言葉ですね。
私も同じ心境です。
だけど、私の場合は、「~からはじめる」という発想がありません。唯々、虚しさの思いをかみしめるのみです。
我国の溶解は、もう後戻りできないほどに進んでしまったように思います。
あとは、溶解したあとの残渣のようになって、延々と滅していくしかない。
微かな希望は、我国に某国からの一撃があって全国民が覚醒してくれることよりありません。

諦観 | URL | 2007/04/23 (月) 20:43:44 [編集]
完全敗北の裏には何かあるのでしょうか?
広報担当の首相補佐官がいるにもかかわらず、
首相自ら米メディアのインタビューを受けて、言質を取られてしまう・・・「どうしてそんなにお粗末なんだ」と思いましたが。

もしかしたら、決着はすでについてしまっていて、それを表明するためのインタビューだったのかもしれないと思いました(それなら、脇の甘さも納得できます)。
もしそうなら、何が決着をつけさせたのか・・・全くうかがい知ることはできませんが。

それにしても、ホントに情けない。
最初から責任を認めて謝罪するより、一層ダメージの大きい敗北宣言です。これまで確認済みの事実や、反論側の根拠を何も提示することなく、完全に「日本=悪玉」というイメージを強化してしまいました・・・
ここまで出来すぎてると、どこかの演出にハマって見事に悪役を演じさせられたような気がしてしまいます。

たとえ敗北するにしても、もう少しやり方はなかったのでしょうか。
海驢 | URL | 2007/04/23 (月) 21:40:04 [編集]
やっぱりね!芝居ですよ!芝居!!なんてザマだろう。ちゅうきょうに行ったり犯国に行ったり庶民の毒蛇にあったり、参議院選挙で新風を吹かして悪臭を払わなくては!
春の道草 | URL | 2007/04/23 (月) 22:12:47 [編集]
やっぱそうですよね
  私、アンチキムチをよく見ているのですが、あの自信はどこから来るのだろうと思っていました。管理人がよく読めといっているブログを何度読んでも、意味がわかりませんでした。
  そりゃわからないわけですよね。事実に反するんだから。

  あそこまで言い切られると、「何か根拠があるに違いない・・・」と思ってしまう、ネットの世界の危うさというものがよくわかる出来事でした。
  まあ、かのブログの朝鮮叩きネタは嫌いではありませんが、意図的に経済政策に触れていない気がします。

  そういえば、私の職場のバイトの事務の女子大生さえ「求人がバブル期並みっていうけど、派遣ばっかりなんですよね」と口にしていました。職業というものを切実に捉えているからこそ、そういう曇りのない認識ができるのでしょう。
  そう考えると、安倍や小泉をマンセーしている連中は、(1)ニートやフリーター(2)親のすねかじり(3)現実が見えていない人 のどれかという気がしますね。  
ろろ | URL | 2007/04/24 (火) 01:40:37 [編集]
安部という人間は、どこまでも笑わせてくれますね。私もブログを作ってたのですが、安部のバカバカしさの余り、やる気も萎えて早くも開店休業中ですw。安部の談話というのを良く見ると、海外リベラルとネトウヨが好きなように解釈できるようにわざわざ巧妙に作られいて、馬鹿なくせに、小賢しさだけは人一倍ある人間なのだな、と感心させられる代物ですね。元外務省キャリアが、ブログで「どこで学んだんだろうか」と訝しがるくらい、役人的な答弁に長けてます。私は靖国参拝支持でしたが、もはや大反対論者になりました。「日本は死者に鞭を打たない」国なのではない。偉い人間なら何をやっても、「生者でも鞭を打たれない」のです。ただの権威主義です。ヘドが出ます。こんなものを戦前から引き継いでよいわけがないのです。最後に阿倍の防衛大学での訓示を紹介しましょう。これがまた大笑いさせてくれます。
「特に申し上げたいのは、諸君が将来直面するであろう「危機」に臨んでは、右と左とを足して二で割るような結論が、こうした状況に真に適合したものとはならないということであります。様々な情報を幅広く収集し、情報を的確に分析し、時に応じて自らの信じるところに従って的確な決断をすることが必要となるのです。(攻略)》

自分はことごとく足して2で割り、部下にばかりハッパをかける最低の人間ですねw。
popper | URL | 2007/04/24 (火) 08:15:50 [編集]
皆様、コメントありがとうございます。ひさしぶりにたくさんのコメントをいただきました。私と同じような思いをされている方々が多いということなのでしょう。

しかし、我々のような層の思いを汲んでくれる政治勢力というのは、なさそうです。新風も否定はしませんが、次の選挙で一人当選するかどうかでしょうし、それが大きな勢力になることはまずないでしょう。マスコミには勝てないと思います。

かと言って、自民党内に期待できそうなのがいるかと言うと、私は麻生氏でもたぶんだめだと思います。もちろん安倍チャンよりは良いでしょうが。郵政選挙で自民党を追い出された一部の愚直な人たちがかすかな期待でしたが、復権はむずかしいでしょう。

これだったら、福田がましだったのではと思います。結局、自民党内の怪しげな勢力が、安倍氏のほうがコントロールしやすいと思ったから安倍氏に支持が集まったということもあるのかもしれません。そういう奴らが今安倍氏をとりまいていて、操っているんでしょう。簡単に操られる首相というのも情けないもんです。もともと資質不足なのでしょう。

少なくとも、売国的な行為をした政治家が世論やマスコミから批判をうけて辞任するくらいの、それくらいの国にならなければ、何をしても無理という気がします。

しかしネットを見ても、そのような世論形成をしようというよりは、政権を擁護する人たちか、飽きもせず朝鮮たたきをひたすら続けている人たちばかりです。

どこを見渡しても、希望の光が見えてこない。

自分で何か行動して、虚無感を必死で追い払うしかないのかもしれません。

日村春介 | URL | 2007/04/24 (火) 08:34:30 [編集]
>簡単に操られる首相というのも情けないもんです。

  安倍を平成の近衛文麿と称している人がいましたが、言い得て妙ですね。
  近衛を操っていたのは昭和研究会と財閥だったが、パチンコ業界や統一教会や外資系企業になった。そういうことです。

>どこを見渡しても、希望の光が見えてこない。

  本当ですね。ため息しか出てきません。そういう日本人がもっともっと増えれば、何か変わるのでしょうか・・・。
ろろ | URL | 2007/04/25 (水) 00:24:27 [編集]
>ろろさん、どうもです。

なかなか厳しい現状だという認識を持たざるを得ないのは、郵政造反組の一部や西村眞悟など良識ある政治家たちが影響力を失ってしまったことが最大の要因で、あいかわらずマスコミ世論が馬鹿げているということで、政治家にも世論にも期待できないことがはっきりしているからです。

自暴自棄にならずに、何か知恵をしぼって行動しなければならないとは思いますが。
日村春介 | URL | 2007/04/25 (水) 11:35:36 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2007/04/25 (水) 12:09:29 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.