右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

無防備宣言で守れるのは「サヨクの信念」だけ
まだしつこくやっている人たちがいるみたいです。例の「無防備地域」とか言うやつです。

堺を無防備地域に 条例制定へ署名活動

2006年11月11日

そろいの緑のジャンパーなどに身を包み、署名を呼びかける「平和・無防備地域条例を実現する市民の会」の会員ら=堺市堺区の市役所前で

 堺市の市民団体「平和・無防備地域条例を実現する市民の会」が10日、条例制定の直接請求に向けた署名運動を始めた。来月10日までに請求に必要な有権者の50分の1に当たる約1万3500人以上の署名を集め、来年早々にも「非核・平和無防備地域実現のための条例」の制定を本請求したいとしている。

 同会は今年6月、福祉関係者、公務員、助産師、看護師など市民有志約30人で結成。このうち6人が請求代表者となり、この日、市から証明書が交付された。署名運動の初日は、事務的な準備などもあったため、市役所前で街頭演説をしながら約1時間、署名を呼びかけるだけにとどまった。11日からは、全7区ごとに署名活動を本格的に繰り広げるという。

 同会によると、無防備地域宣言は、無防備地域への攻撃を禁じたジュネーブ条約追加第1議定書の規定に基づき、地域と住民の安全を確保しようという考え。戦闘員・移動兵器の撤去や、軍事行動を支援する活動が行われていないことなど4条件を満たせば宣言することができるという。

 同会が制定を目指している条例案は7条で構成。1条で「戦争に協力しない平和のまち(非核平和・無防備地域)」の実現を掲げている。2条で「市民が平和のうちに生存する権利」を確認し、3条で「(市は)戦争にかかわる一切の事務を行わない」ことを表明している。

 菊地雅俊・同会事務局長は「自衛隊を派兵した日本も、イラク戦争に実質的に参戦し、憲法9条は風前のともしびとなっている。米国の中間選挙では、イラク戦争は誤りだった、と国民の意思が示された。日本でも、憲法9条を守り戦争はしない、という意思を、この運動を通じて地方から示していきたい」と話している。

 問い合わせは事務局(072・221・1233)へ。



この件については、旧ブログでも一度とりあげています。(■[政治] 無防備運動は反政府運動

そちらで引用した記事の要所を転載すると

 ジュネーブ条約追加第一議定書は「紛争当事国が無防備地域を攻撃することは手段のいかんを問わず禁止する」と規定。敵国の占領や攻撃に対し、抵抗も武装もしない地域を無防備地域とし、敵の無血占領を認め、無条件降伏を宣言することで、消耗戦や敵の不必要な攻撃をやめさせ、住民の無用の犠牲を防ぐのが本来の狙いだ。

 ただし、地域に指定されるには、(1)すべての戦闘員や移動兵器、移動軍用施設が撤去されている(2)固定された軍用施設や営造物が敵対目的に使われていない(3)当局や住民による敵対行為がない(4)軍事行動を支援する活動がない-などが必要条件。宣言してもこうした条件を満たせない場合は背信行為とみなされる。

 しかし、自衛隊の施設などの管轄権は自衛隊法で内閣総理大臣にあると規定され、地方自治体には与えられていない。政府や自衛隊などと合意なしに戦闘員や軍事施設の撤去などを地方自治体が実行することは非現実的だ。

 国民保護法なども自治体に国の方針に基づく協力義務を定めており、自治体が条例でこうした条件を確保する規定を勝手に盛り込む行為は、国防への協力拒否を意味するだけでなく、仮に条例が制定されても法律違反として無効とみなされる可能性が高い。

 ジュネーブ条約はこれまでも守られないケースが多々あり、「条約に依拠して宣言したところで地域住民の安全は守れない」といった声も出ている。



無防備地域宣言をして、相手が条約通り行動してくれる保証など、どこにもありません。

まず、無防備都市宣言の根拠となっているのは「ジュネーヴ諸条約の第一追加議定書」ということのようですが、敵がそもそもジュネーブ条約を守るのかどうか、こういう人たちというのは条約として成文化されていれば、それが自動的に守られると思いこんでしまっている点がまず不思議です。

誰がこの条約を守らせる力を持っているのか、守らなかった場合にどのようなペナルティーが課せられるのか、そういう事を考えると、実に頼りない条約だと思います。

さらに、もし仮にこの条約が有効なものだったとしても、たしかに戦闘は避けられるかもしれませんが、侵略は防げないのです。

無防備地域規定つまりジュネーブ条約第一追加議定書59条2では、「自国の軍隊を追い出して、敵国による占領にOKサインを出し、住民は占領軍には抵抗しないでおとなしく降伏する」ということなのですから。

その後に占領軍が何をやろうと好き放題できるわけです。

日本は無防備都市に近いことを一度やっていると思います。敗戦後のGHQによる占領です。そこでGHQによって国家を根本から変えられてしまったわけです。そういう事よりももっとひどいこともやり放題、中国によるチベット侵略のように滅茶苦茶にされてしまうのです。

つまり「宣言すれば平和を確保できる」「武力攻撃を免れることが可能」というのは、ほとんどデマと言って良いでしょう。

何より国防に関しては政府が管轄することですから、地方自治体がいくらそのような宣言をしても、まるきり無意味です。

だいたい、無防備地域宣言によって守ろうとしているものとは一体何なのでしょうか?戦争の抑止効果はありませんし、侵略に加担するような行為であることを考えると、どうもそれによって守れるものと言えば、サヨクの方々の「自分たちの信念」だけではないかと思います。

自分たちの信念を守ろうとするのは勝手ですが、それによって無関係の国民を侵略の危機にさらしたり、我々の大切な日本という国、歴史と伝統あるこの国を危機にさらすような事は無責任だと思います。

「無防備地域で平和が守れる」と考えるのはデマですが、仮にそれを信じているのだとしても、結局のところ「自分の命以外には大切なものは何もない」と考えるにすぎないわけです。

自分の命が危うくなるかもしれないけれども、敵が責めてきたら自分の家族を命がけで守ろうとか、自分や家族をはぐくんでくれた歴史と伝統ある日本という国の価値を守ろうなどとは一切考えない人なのでしょう。

結局は戦争がおこったら戦わずに逃げると答える日本人が一番多いのですから、こういう考えと大差ないのだろうと思います。

まあ普通の人間は自分の命を危険にさらしてまで国を守ろうなどと考えられないのかもしれません。だったらせめて、国防の重責を担ってくれている自衛隊にもっと感謝する気持ちくらいあってあたりまえだと思うのですが、自国の軍隊を排除して敵に侵略を許すような無防備宣言などをしようとしているのですから、本当に救いようのない人々です。

一応、旧ブログで私はこう書きました。

ただ平和で生きてさえいられれば、中国語を話すことを強制され、自国の文化は踏みにじられ、また国を併合され差別されるような事態になっても良いのか?

日本の独立と伝統(自由と独立と言ったほうがウケが良いかな?)というのは命をかけてでも守るべき価値であるし、命をかけてでも、犠牲を払ってでも、戦ってでも守る覚悟がなければならないと私は思う。

そのためには武力が必要だ。十分な武力がなければ、チベットのようになってしまう。また十分な武力さえあれば、一般の国民は意欲ある人たちに敬意をはらいつつ防衛をまかせれば十分なのだ。

基本的にスタンスは変わっていません。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
インドの思想家、タゴールは言います。
『権力を求めるあまり、心を犠牲にして武器を増強させるなら、より危険な目におちいるのは敵ではなく自らである』と。 日本は絶対に核をもってはいけないのです。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
たけ | URL | 2006/11/16 (木) 12:08:51 [編集]
私は頭の悪い人間が嫌いですので、もう来ないでください。
Dr.マッコイ改め日村秋介(管理 | URL | 2006/11/16 (木) 12:12:13 [編集]
自分なら、無防備宣言なんてお馬鹿なこと宣言している都市を真っ先に占領し、そこを拠点に日本侵略しますけど。
a | URL | 2006/11/16 (木) 14:24:08 [編集]
無防備宣言は極左派の運動であることがすでに公表されています。公安調査庁の発表です。(以下の記事を参照)

http://obiekt.seesaa.net/article/15101287.html

こういう事実をもっとひろめないといけませんね。
とおりすがり | URL | 2006/11/16 (木) 14:36:50 [編集]
あほですな。ドレスデンの悲劇を知らんのか。
無抵抗は無謀である。つまり無防備都市宣言とは無謀な都市宣言と言う事ですかね。
DBGTSP | URL | 2006/11/16 (木) 17:06:56 [編集]
無防備地域を宣言できるのは軍の指揮権を有する者のみです。実際に有事にこの条例を発動しようとしたら、自治体の公務員が外患援助罪で逮捕されます。
_ | URL | 2006/11/16 (木) 19:52:21 [編集]
aho
となりあう大阪市民として迷惑きわまりない。
無防備なら大阪の解同ぜんぶうけいれてください
ハンディ12 | URL | 2006/11/16 (木) 20:01:02 [編集]
頭が悪い人達はとてもしつこいです。奴らはしつこく運動を続けるでしょう。私達もしつこく奴等を叩いていかなくては。(もぐら叩き?!)

昔、かなり左巻きの友達が『戦争になったら逃げる』、『逃げれなかったら死ぬしかない』なんて馬鹿なことを言っていました。現実に戦争が差し迫ってないからこんなアホな事が言えるのでしょう。こう云う人達は、自分の命に引き換えても『守り抜きたいもの』が無いとっても可哀相な人達なのです。綺麗事言っている自分に酔っているのでは?まぁ、一番自分が可愛いのでしょうね。幼稚でおバカです。

私はモグラを叩くためにも、今日もマッコイさん改め日村さんにクリック!!です。

とまき | URL | 2006/11/16 (木) 21:56:04 [編集]
エラい事になったものです...
お久しぶりです。t_aki(たみあーと)です。ブログ移転お疲れさまです。
隣人同士のイザコザが絶えない事と同様に隣国との争いは絶えないです。
近所に1人や2人は必ず話の通じない頑固者が居る筈。国もまた然り。相手の善意を信じてて誰が守ってくれるのでしょう。国連は町内会より信用出来ないし国際法は解釈で破棄し放題、言ったもん勝ちの無法社会なのに。

この人たちに、近所の変人おじいちゃんを説得して欲しいなぁ...共同駐輪所の端に「阿部2台」なんて勝手に名前書いて、「ここは私専用だ。私は初代自治会長だ。名前を書いて停めていい事に私が決めた」とかやってるんです・・・島とか資源を欲しがる某国みたい(笑)
たみあーと | URL | 2006/11/17 (金) 00:58:20 [編集]
無防備地域宣言で占領下になったあと、粛清や虐殺があったとしても、受け入れる覚悟があるのでしょうかね?こういう事を言う方々は…。
仮に反対しようものなら、自分達の拠り所とする条約によって裁かれるという矛盾に陥る事になるのに…。
耳に聞こえの良い部分だけで酔いしれるのがどれほど愚かな事かを国民に知らせてくれる集団になってくれればいいのですが…。
| URL | 2006/11/17 (金) 07:22:44 [編集]
みなさま、コメントありがとうございます。まとめレスで失礼します。

みなさんのように、理解力のある日本人ばかりだと世の中何の問題もないのですが・・・変なのが多いですから苦労しますよね。
Dr.マッコイ改め日村秋介 | URL | 2006/11/17 (金) 13:41:07 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.