右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

日本を滅ぼす消費税増税
安倍総裁に期待しております。

石原慎太郎も老人ぼけしたみたいです。

あいかわらず忙しくブログ更新は無理そうなので、本の紹介だけ。

すばらしい本です。みなさま、どうかお読み下さい。


日本を滅ぼす消費税増税 (講談社現代新書)日本を滅ぼす消費税増税 (講談社現代新書)
(2012/11/16)
菊池 英博

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
お久しぶりです。
更新心待ちにしておりました。

安倍総裁下での自民党公約案は、思ったより良いと思いました。TPPや消費税にも比較的慎重だし。「国土強靭化」を謳ったり、ブレーンが誰かわかりやすいですね(笑)。

ただ完全には満足していません。安倍政権になれば…といった過度な期待は禁物だと思っています。せいぜい「民主党よりはまし」というくらいでしょう。
中田耕斎 | URL | 2012/11/25 (日) 08:38:13 [編集]
耕さん

おひさしぶりです。放置状態のブログをチェックしてくださって、ありがとうございます。

おっしゃる通り、安倍政権になっても、いろいろと妥協したり実現を邪魔されたりと言うこともありますし、過剰に期待するよりは、理想をぶつけて批判するほうが良いでしょうね。

それにしても、今回は野田民主党があまりにひどすぎるので、どっちを選ぶかと言われてまったく迷わないと言う点だけ見てもすごいと思います(野田・民主のひどさが)。

自民党も、もしノブテルや石破が総裁になっていたらもっと悩ましかったでしょう。
管理人 | URL | 2012/11/26 (月) 08:26:59 [編集]
選挙が近いですね
日村さん

お久しぶりです。
少しチェックを怠っていたら、更新されてました・・・

たしか、以前コメントしたと記憶しますが、国政選挙では
選挙権をもってから20年間、一回も自民党に入れたことが無く、
特にコイズミ政権時は自民党を敵と認識しておりました。

ただ、小渕政権や麻生政権はとても良かったと思いますし、
真っ当な人もいることは分かっていましたし、
前回の衆院選ではミンス党が危険なことは分かりきっていたので、
選挙区の候補はダメダメですが初めて自民党に投票しました。

今回は、次の安倍政権(案)に期待を持っている一人です。
TPP・消費税増税・デフレ対策・安全保障など、
今のところ、ほとんどの政策はまともです。
それに、藤井先生(こんな人だったっけ?というのが正直な感想ですが)の
国土強靱化が全面的に取り入れられているのもプラスです。
大阪の長尾敬さんが自民党に入るかも?というのもプラス。
(いっそ、平沼さんや西村さんや松原さんも入ってほしい)

ただ、党としては石石コンビみたいなのがウヨウヨいるので、
全面的に安心はできないのですが、まあ、ミンスは論外としても、
軽々しく「イシン」とか言い出す連中よりまともではないかと。
(コーメー党とは縁切りしてほしいですが)
海驢 | URL | 2012/11/29 (木) 20:15:01 [編集]
海驢さん

ほどんどほったらかしのこんなブログを時々でもチェックしていただけているとは、本当にありがたいと言いますか、サボってしまい申し訳ありません。

まあ次の選挙では、自民党が過半数を取れるかどうかがまず重要ですね。

とれなければ、安部氏が言っていることは絶対できませんから。

で、選挙までは自民党を応援して、その後はまた右から目線で批判的にきびしめに見ると言うのが良いのではないでしょうか。

でも、安部氏が潰れたらその後どうなるかを考えると、以前のように贅沢は言ってられなくなるかもしれませんが。

まあ、私など無責任なブロガーですから、言いたいことだけ言って、批判だけしていればそれで良いのかもなとも思っていますが。
管理人 | URL | 2012/11/30 (金) 09:33:32 [編集]
初書き込み
こんばんは。いままではROMでしたが
初めての書き込みです。

>まあ次の選挙では、自民党が過半数を取れるか
>どうかがまず重要ですね。

>とれなければ、安部氏が言っていることは
>絶対できませんから。

初めての書き込みで今回の選挙は海外出張中の為に
投票できない立場の分際でこういうことを書き込むのは
申し訳ないですが
正直に言って安倍氏と自民党には期待していません。
たとえ自民党が過半数を取ったとしても公明党と
組んで楽をして選挙の票を取ることを覚えた自民党には
言っている事は実現できないでしょう。
自民党ネットサポーターズクラブで所謂ネトウヨ、
バカウヨを育成するのに精を出している自民党を
見ていると、もはやかつての自民党は
存在しないのだなと思っています。

>で、選挙までは自民党を応援して、その後はまた
>右から目線で批判的にきびしめに見ると言うのが
>良いのではないでしょうか。

前回首相のだったときの慰安婦問題をはじめとする
失策の数々(ex.首相就任前「靖国参拝は
継続されなければならない」→首相就任後は
靖国神社に一度も参拝せず→その後「痛恨の極み」
「行きたい気持ちはあったんです」と言い訳
→先日靖国神社の例大祭に参拝した際に
「(首相就任後に)参拝するともしないとも
申し上げられない」と早くも叩かれる事を恐れて
へタレる)と同じ事を野田現首相が
やったとしたら小泉元首相と同レベル、
あるいはそれ以上の史上最悪の売国奴というレッテルを
張られてもおかしくないほどだったのに保守論壇では
批判されるどころか期待する声があがっている所を
見ると保守論壇や政治ブログの大半は安倍氏を
批判できない、いや積極的に屁理屈を並べて
安倍氏の弁護をするだろうと思っています。

もし早く日本に帰国できて日曜日に投票できるならば
原発に反対していて反TPPの立場を明確にしていて
消費税増税に反対している立場の党に入れたいと
思っています。
ただその場合、日本未来の党や社民党、共産党
あるいは死票になりそうな新党日本くらいしか
選択肢が無いのが悲しい所で、亀井議員のいる
日本未来の党に投票することになるだろうなあと
思っています。
元男系派 | URL | 2012/12/14 (金) 23:32:53 [編集]
元男系派さん、はじめまして

いろいろとありがとうございます。

今回の投票で自民党以外に入れる人の考えが、私には理解できません。

また、前回の安部氏の失敗は党内の支持基盤が弱かったことと、病気で一年しかできなかったことが大きかったと思います。

また、靖国参拝はできませんでしたが、教育基本法の改正や防衛省への格上げなど、それなりの成果もありました。

何よりその後の民主党政権や、最近話題の維新などと比べれば、安部氏を応援するより他に選択肢は無いと思います。

もちろん、そのことと、安部氏がこれから個別の政策をどれだけ行えるか行えないか、またそれに対する擁護や批判はまた別の話ですが。

いずれにせよ、私のブログなど影響力ゼロですから、影響力を考えてものを言うのではなく、正しいを思うことを言えば良いし、その結果が安部氏の批判になるか評価になるかはこれからの話かと思います。

現実の政治は妥協が不可避なので、政治は政治、ブログはブログです。ブログでは、特定の政治家などを支持するしないが目的ではなく、なにが正しいのか知る・追求することが目的ですから。


ちなみに私は原発推進までは行きませんが、脱原発や卒原発には絶対反対で、なるべく早期に再稼働もすべきと思っています。

最近は原子力村ならぬ、脱原発ムラの発言力ばかり強くなって、あいかわらず極端から極端へと政策がぶれるおかしな日本社会だと思います。


安倍政権にはなるべく早めの再稼働なども期待しています。

が、それをやると「脱原発ムラ社会的世論とマスコミ」にまた叩かれて7月の参院選で負けたらまた政治的混乱が待っているでしょうから、やっぱり前途多難でしょうね。
管理人 | URL | 2012/12/15 (土) 08:54:40 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.