右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

映画「硫黄島からの手紙」を見た
昨日、ようやく「硫黄島からの手紙」を見ました。新聞屋からもたったタダ券で、古くて座り心地の悪い映画館で見ました。音響もイマイチだったせいか、登場人物が何を喋っているのか、セリフがよくわからないところが多かったです。

それはさておき、この映画、とても評判が良いようですが、どうでしょうか?まあ、当時の日本人について、アメリカ人が作った映画にしてはほとんどおかしな描写などがなかったのは確かかもしれません。日本兵もきちんと「人間」として描かれていたとは思います。

しかし全体的に見て、この映画、私にはかなりの駄作としか思えないのですが・・・。

以下、ネタバレしまくりで書かせて頂きますので、ご注意下さい。
まあ私は映画のことはあまりわかりませんし詳しくもありませんから、映画としてどうこうというのもよくわかりませんが、冒頭で現代の硫黄島から過去へさかのぼって、ラストでまた現代に戻るという手法など、かなりありきたりなものだという話です。

内容についても、私には「?」だらけでした。まず、何より主人公の栗林中将そのものが、まあ有能な指揮官の一種ではあったのかもしれませんが、かなり過大評価されているんじゃないかと思いました。

この映画では、いわゆる「旧軍の悪」の典型的人物として描かれている人々(体罰を加える将兵、栗林中将の命令に従わない士官たち、中村獅童など)と、いわゆる立派な人たちというか現代人から見て共感できるタイプの「良い人」(栗林中将や西郷、西中佐など)の2種類の登場人物が出てきます。

しかしこの、「現代人から見て共感できるタイプ」の将校として登場する、馬術でオリンピックの金メダルを獲ったというバロン西も、登場人物の中では「良い人」として描かれているようですが、私にはどうも偽善者タイプに見えてしまいます。

ようするに、戦後的な価値観、そしてあの戦争が結果的に大敗したということを知っている現代人の視点から見れば、当時からアメリカのことをよく知っていて基本的に戦争には反対だったし、かなりの合理主義者であったという点から、それこそ対米開戦に反対していた山本五十六とか米内光政あたりを結果論的に見て評価したくなるのは、まあわからないでもないですが、しかしそれが過大評価に繋がっていないかなあと思うところもあります。

ようするに、戦前・戦中にも現代人の価値観で理解できそうな人をつまみ出してきて、そこからあの戦争を見るという方法ですが、これではやっぱり最終的には過去を断罪したり、昔の人はバカだったと言うことにしかならないと思います。

まあ人間など所詮は愚かな生き物だと考えて、だったら現代人とてかなり愚かなわけですから、そう考えると当然過去の人たちも愚かな過ちを犯したのかもしれないと言って何も差し支え無いのですが、どうも我々は現代の自分たちを高見に置いた上で、つまり自分たちは愚かではないが、過去の人たちは愚かだったとただ見下しがちなのが問題だと思います。

それから、もう一つ、栗林中将がとても家族思いの暖かい人として描かれていて、これが何というかそこをクローズアップするのもどうかと思います。というのは、日頃から私はこのブログでも家族を大切にすべきと書いてきていますが、それは平時においての事で、戦争においては、自分の命や家族との平和な生活を危機にさらしても戦わなければならない義務があると考えるから戦うわけですし、特に中将ほどの立場ならばなおさら家族というプライベートよりも自らの職務に邁進しなければならないはずです。

西郷のような下級の一兵士なら話は別かもしれませんが、中将という「閣下」と呼ばれるほど責任ある立場の人が、もちろん家族への愛情を語って何も悪いことはないし家族にすれば心の支えになることでしょうが、しかし、そのようなマイホーム主義を全面に出していたのでは、やってゆけないのではないでしょうか?

何だか口では偉そうなことを言っても愚息たちを優遇ばかりしている「マイホーム主義者」の石原慎太郎に似ているような気がします。

いや、これはもちろん、家族に手紙を書いていた栗林中将が悪いと言いたいのではなくて、そういうところばかりクローズアップして取り上げることそのものが、もう公的な職務よりもプライベート優先というか本音主義というのか、そういうものを何より大事にしてしまう現代人の視点であるということです。

現代人は国のことよりも身内のこと家族のこと、そして家族のことよりも自分個人のことと、ひたすらプライベートを重視する個人主義に陥っています。その個人主義から見れば、家族のため、というのはまだ立派な事のように見えますが、しかし昔の人は、自分のことよりも家族のこと、自分の家族よりも自分の公的な義務、使命を大切に思っていた面もあったわけです。

それを描かずに、いきなり家族を大事にするというところだけ抜き出して持ってきて、それを現代人との共通項として描いてしまうというのは、どうなのか、現代人にはもうそういう「プライベートな心情にこだわる人もいた」ということでしか、あの戦争にかかわった人を理解できないのかと思います。

クリント・イーストウッドは、「だから日本兵も米兵もどちらも大切な家族がいて、同じような気持ちで戦っていた」と言うことが言いたいのかもしれませんが、それだったら、皆家族のためにも戦争などしたくない、どうしてあんな無茶な戦争をしたんだ、昔の日本人は愚かだった・・・ということで話は終わってしまいます。

戦後の日本では、私的な面を犠牲にして戦った人達が「勝ち目のない戦争をした愚か者」として扱われてしまい、私的な面・プライベートな心情を優先させて戦争に反対したり逃げたりした人たちが正しかったかのように言われるようになってしまったことが、そもそも戦後の日本人の道徳を狂わせる原因になっているのだと思います。

当時の日本人は、皆が戦争に行くのは「死にに行く」ことだという覚悟でした。それが正しいかどうか、合理的かどうかという批判はあるでしょう。戦争に行くならば自分が死にに行くのではなく、自分は助かって敵を殺しに行くと考えるほうが本来は合理的な発想かと思います。しかし日本人の感覚として「死にに行く」という心構えがあったのだと思います。

この映画では、脱走して敵に降服する兵士が出てきますが、あの当時の日本人の戦い方を思い出すと、特に後半の戦局が悪化して以後ならば勝ち目の無い戦いで最終的には圧倒的多数が玉砕したり自決したりしたわけですが、そんな中でも少なからず敵に投降した兵士たちもいるにはいたようです。この映画でも出てきましたが。

しかし、皆が死にに行く、先に戦って散っていった戦友たちに申し訳ない、自分だけ生き残って帰るわけには行かないとまで考えて必死で戦っていた人が大多数であったのに、それこそこの映画でも登場するように、そのような空気の中でも降服できる兵士たちというのは、かなりの確信犯だったのではないかと思います。もちろんみんなではないでしょうが。

これは戦記物を何百冊と読んだ人から聞いた話ですが、その人が言うには、戦記物などを読んでいるともう、日本兵の捕虜について知ると、ものすごく切なくなるというか失望するというのです。

一体何に失望するかと言うと、日本人の捕虜のふるまいについてです。日本人の捕虜というのは、仲間をうらぎって情報や機密をペラペラ喋って仲間を危険にさらるような真似を平気でしたりとか、自分だけ敵兵に取り入って優遇されるために、捕虜同士で仲間を売ったりうらぎったり仲間割れしたりなど、つまり、敵に仲間を売ってでも生き延びようとまでする捕虜が、他国の捕虜に比べて圧倒的にその比率が多かったそうです。

圧倒的多数の兵士達はあっさりと散って行きましたが、そういう「常識」の中にあっても、玉砕せずにうまい具合に生き残って捕虜になった兵士たちというのは、全部が全部はそうではないものの、他国の捕虜にくらべて圧倒的に仲間を裏切るタイプの人間が多かったということです。

私は、あの場にいて、西郷などは自分は子供のためにも何としても生きて帰ろうと思うわけですが、あの場にいて、次々に戦友が敵に殺されているのに、その仲間に報いるために戦うでもなく、自分だけはうまいことやって生き残って帰ろうと考えるのは、決して褒められたことではないと思います。

もちろん正直に話せば、今の私があの戦場にもしいたとしたら、西郷のような立場であったとしたら、私とて同じように自分だけ生き残ろうとするかもしれません。たぶんその確立はかなり高いでしょう。

しかし、それは決して立派なことでもないし、かなり卑怯な事です。それを卑怯な事として描かずに、家族思いの立派な父親として描いてしまうのはやはりモラルの崩壊に拍車をかけるだけ、戦後民主主義的な価値観のさらなる暴走を追認するだけにしかならないように思います。

たしかにあの戦争は無茶苦茶に負けましたが、戦って次々に散っていった人たちは決して卑怯者ではなかった、国のために進んで命を投げ出すほど立派な人たちがたくさんいた、それは現代人の我々には到底真似できないが、あの立派さ潔さのほんのわずかでも見習ってはどうかと、どうしてそういう事が言えないのか、残念です。

まあクリント・イーストウッドがそんな事言えるわけもないですから期待するだけヤボなのですが。

それから、合理主義という点でもう一つ。栗林中将はアメリカのことをよく知っていて合理的な戦術を取ったと言われますが、この合理的と言う言葉も、かなり都合良く使われているなあと思います。

というのも、要するに栗林中将は、これまでの日本軍の常套手段である水際作戦を取らずに、穴を掘って徹底抗戦するという作戦を採用して、玉砕や自決を禁じて徹底的に戦えと命じたわけですが、これを合理的というのは、あくまで一面的な見方ということです。

たしかに、持久戦に持ち込んで史上最多の犠牲を米軍に出したわけで、「一日でも長く島を守るための作戦」としてはかなり合理的だったのは確かでしょう。

そして一方、自決や玉砕というのが徒に命を無駄にする非合理的作戦の典型のように言われています。しかし、「人命軽視」と「合理か非合理か」とは全く別の次元の話なのです。玉砕だって実はかなり合理的です。

圧倒的な兵力の差がある戦いにおいて、持久戦というのは精神的にきついものですし、最終的には負けてしまうのに違いありませんから、「勝つこと」が目的ならば、勝ち目のない相手に抵抗することそのものが非合理的です。ですから、勝ちめのない行動という点では、玉砕も徹底抗戦も同じです。

そうであるならば、武士の本懐を遂げるためにも、あっさりと死ぬ、あっさりと命を投げ出すことによって名誉の戦死を遂げる、進んで命を投げ出すことによって、命よりも大切な価値を見せつける、そういう手段として玉砕を捉えるならば、これはかなり合理的と言えます。

つまり、従う価値観、従う理屈が戦後民主主義的な「生命尊重主義」ならば、戦わすに降服して捕虜になってでも仲間を売り飛ばしてでも自分だけでも生き延びるというのが一番合理的です。

また、従う理屈が「硫黄島を一日でも長く守るために戦う」というのなら、栗田中将のように玉砕や自決を禁じて最後まで戦うのが一番合理的でしょう。

そして従う理屈が武士道精神ならば、敵に向かって突撃してあっさり玉砕するのが一番合理的なのです。

つまり、合理的というのは理屈に従っているというだけであって、したがう理屈が何かによって、その行動と結論はまるで違ってくるわけです。

合理の前提は合理そのものの中からは出てこないのです。そこには何らかの価値観がなければ意味がありません。合理というのは単なるベクトルにすぎないのです。ベクトルの出発点を決める価値観が必要なのですが、それは合理主義そのものの中からは出てきません。

ですから、合理的かどうかが問題ではなく、背景になる価値観が問題とされるべきなのです。

そこでやっぱりあの戦争では命を軽視しすぎたのではないかとか、色々な話がでてくるでしょう。

そして、命というのは、目的か手段かと言えば、それはたかだか手段としての価値だとは思いますが、手段がなければ、手段を軽視しては目的も果たせないのは確かなわけで、そう考えると、「戦いに勝つ」と言う目的のためにも、手段としての人命を軽視しすぎたという批判ならば、一理か二理くらいはあるかと思います。

しかし、最初から勝ち目の無い戦いであったと考えるならば、目的は戦いに勝つことではないはずです。勝ち目はなくても戦わなければならない、負けを覚悟で戦わなければならないこともあるはずです。

戦いに勝つことが目的ではなく、国のために命を投げ出すこと、国を守ることがそれほど価値ある行為であると示すことが目的であったと捉えるならば、我々戦後の世代が彼らの戦いっぷりを語り継いで顕彰することによって、立派にその目的は果たされ、彼らの死は決して無駄になることはないのです。

むしろ、彼らに同情して、無理矢理戦争にかり出されて無駄死にさせられたなどと考えることこそ、彼らの死をとことん無意味なものにしてしまうのです。

劇中の栗林中将のセリフ「我等が例え死のうとも、後の日本人達がこの島を守った我々に対して頭を下げ、黙祷を捧げてくれる日が必ずや来るはずだ。」の意味を忘れてはいけないでしょう。・

彼らの死を無駄死ににするかどうかは、現代の我々の態度次第、我々の肩にかかっているのだと思います。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

さて、硫黄島や沖縄で日本将兵はよく戦ったと思います。捕虜ですけど、自分から投降するような人間なら、かなり見苦しいことをするでしょう。それと、根本的には、日本軍が捕虜になったらどうするのか、ちゃんと教えていなかったことが大きな原因と思います。
たか | URL | 2007/01/05 (金) 11:36:26 [編集]
こんにちは。
決して彼らの「死」は無駄になっていません。
こうしてマッコイさんがサイトから情報を発信されているではないですか。
彼らは国が敗れる瀬戸際で自らの死を賭して「死に際」を我々に見せてくれた、それが着実に今に残っていると感じていますよ。
映画はまだ見てはいないのですが、恐らく日本人自らがかの戦争を正しく振り返る時期に来ているかも知れませんね。
hide | URL | 2007/01/05 (金) 12:21:22 [編集]
この映画は未だ観ていないので何ともいえないのですが、イーストウッドの過去の監督作品を観ていて、彼は“武士の一分”を知るアメリカ人だと思っています。 
彼は共和党員ですが、イラク戦争には開戦当初から明確に反対の意思表明をしました。 ネオコンのいかがわしさ、ネオリベのふしだらさを敏感に察知出来る、本来的な、正統な右の人だと思います。 国家が誤った道を歩むなら、武器を持ってしてもこれを倒すべし、これが右翼の本懐でしょう。(米国憲法で人民の武装が認められているのはこの思想がベースにあるのだと聞いた)
そういう彼だからこそ栗林中将のパトリオティズムに共鳴したのだと思う。 人はかけがえの無い、愛する人、故郷のためにこそ、いやそのためにだけ命を捨てる価値が有る、義務が有る。
rice_shower | URL | 2007/01/05 (金) 17:22:57 [編集]
人は必ず死ぬ。池波正太郎ではないが、それだけが確実に分かっていることである。 と。

さて、アメリカさんはいざ知らず日本には「往生際が悪い」という言葉がある。
一度しか死ねないチャンスにこんな悪態を吐かれでもしたら「生」そのものの否定宣告に等しいと云わざるを得ない。

奇しくも、本日の産経新聞のコラム「提言」に俳優、藤岡弘氏が卓見を述べられていたので、 以下引用-

『かつての日本は、大義、信義、道義をもって、自分が存在する意義を教えていた。意義は目的を果たすことで生まれる。じゃあ、生きる目的ってなんだ。それは社会への貢献ですよ。 (中略)
人間は私利私欲だけで生きていけるほど強くない。“意義”がないと活力もわかず、悩み、潰れてしまう ‥』

藤岡氏は、ご存知のとおり、柔道、空手、剣道、居合、抜刀道の習得者で、武士道の求道者でもあります。
「武道」で鍛練した者には“含蓄”ある発言と知れましょう。

さすれば、
>人はかけがえの無い、愛する人、故郷のためにこそ、いやそのためにだけ命を捨てる価値が有る、義務が有る。

とのご意見には、チッとどころか、かなり違和感を覚えるのであります。

「公私」の区別がつかない日本人が大多数になってしまいました。
人は「私用」で死ぬることに「意義」を見出せるのでしょうか。

愚生にご指導くださいませ。
Ma.wakizasi | URL | 2007/01/05 (金) 19:09:17 [編集]
私的な事でがんばれるのは、たかが知れていると想いますよ。誰かの為、ふるさとの為、国家のため・・・。
自分のためだけに生きるのなんてたいしたことはない。
>「意義がないと活力も湧かず、悩み潰れてしまう・・・。」
というのは全くよくわかります。
「国の為」という壮大な大儀であればこそ、自分の命と引き換えに守ろうと思えたのでしょう。
DGGTSP | URL | 2007/01/05 (金) 19:51:19 [編集]
“日本国”に忠誠を尽くした武士など存在しません。 
武士は主君、藩主(国王)に命を預けたのです。 それは、“国”が、愛する、かけがえの無い人々の暮らす“故郷”であったからです。
基礎学力すら備わらぬ人間が武士道を語るなど笑止千万。 それに“含蓄”を感ずるとは脳に腫瘍でも有るのでは?
軽々しく国家だの、大義だのを口にする方々は、今の日本国が、愛し、命を捨てるに値するパトリであるのか、と鈍い感性、悪い頭を少しでも働かせてくれよ。 お前らのような脳筋似非ナショナリストが三島を死に追い込んだんだよ! 
rice_shower | URL | 2007/01/05 (金) 21:48:49 [編集]
rice_showerさん、それは違うでしょう。

rice_showerさんの言っている武士は、江戸時代以前の武士の話ですよね。

武士道精神=武士の精神ではありませんよ。

明治維新以後に身分制度としての武士は存在していません。

それぞれが狭いパトリオティズムに閉じこもっていては、日本は分列していたでしょう。そうならなかったのは、やはり国家というか、まあその象徴である天皇がいたからであって、狭いパトリオッティズムから日本人が脱却したからだと思いますよ。

rice-showerさんのパトリオテイズムだと、イラクとかコソボみたいな紛争になる、狭い民族主義に傾きがちなパトリオテズムよりも、より広くて健全なナショナリズムのほうが重要な場合もあると思います。
日村秋介 | URL | 2007/01/05 (金) 21:59:01 [編集]
こんな動画もありますね。
http://www.youtube.com/watch?v=vv7F3rghuZ4

「人間というのは自分のために生きようということだけには、卑しいものを感じてくるのは当然のことだと思うのであります。」by三島

三島は我々のために、日本人の魂を覚醒させるために死んでいったんだと思います。つくづく偉大な人物でした。
ドド | URL | 2007/01/05 (金) 23:01:29 [編集]
日村さん
謹んで年頭のご挨拶申し上げます。

 “基礎学力すら備わらぬ人間”  が藤岡さんなのか、愚生なのかよくわかりませんが、藤岡氏の名誉の為に補足させて下さいませ。

当該、コラムの冒頭に

【「団塊の世代に言いたいのは、評論はやめて己を問え、ということです。彼らはいつも見物人で評論家。誰かを批判し、引きずり下ろすことばかり繰り返している。品格や気高い人格が全く感じられない。そろそろ彼らは、自分たちが否定してきた国や祖先、伝統の価値に気づくべきです。」  (中略)

-大義とは何か。それが正当な目的か否かはどう見分け理のか。
「他人から大義を与えられるのを待っているのはだめです。まず、善悪を見分ける基準となる“自分”とはなにかが分からなければならない。常に自分に問い、歯をくいしばって困難に立ち向かううちに、自分なりの貢献の仕方、目的がきっと見えてくるはずだ」

(そして結語に)

「他人を責める前に、まず自分が変わる。子供が尊敬できる品格を持つこと。己の敵は己自信なんです。己を治めることができれば家族が治まる。国が治まる。これが武士道の精神です。己が変われば、子供も変わるし、周囲も変わる。‥」  】

この感覚、全く違和感がないです。その大きな理由は、
賢しらに「神学論や文学論」をひけらかす事なく、“地に足が着いた”「自分の武道修行」の体験に基づく“もの言い”であるのがよく判るからです。

愚生は“切り貼り”の小賢しい「知識(データ?)」よりもこのような「生きる知恵」に“インテリジェンス”を感じます。

一方、最近気になるのが、「団塊世代」のジュニアちゃん達の発言です。親御さんたちに“そっくり”なんです。
正しく「子は親の鏡」ですか。2007年問題は、この世代が引退しても、ジュニアという「負の遺産」は残していってしまうのでしょうか。

撒いた種は、キチンと、‥ お願いしたいものです。
Ma.wakizasi | URL | 2007/01/05 (金) 23:41:39 [編集]
奪われる日本
『父親たちの星条旗』と合わせ二部作で一本の作品と理解するなら、わたしは上映時間半ばで席を立った、ということでしょうか。「前半」で大体の筋書きが見えてしまったので『硫黄島からの手紙』というタイトルの後半は見る気になれませんでした。

にもかかわらず、以前コメント欄で「この映画(手紙)は薄っぺらな反戦、反日映画になっているようです」と書いてしまいました。憶測でそこまで書いてしまった手前日村様が絶賛されるような映画だったら申し訳がたたないと思っていましたが、今回のエントリーを読ませていただいてほっといたしました。

>内容についても、私には「?」だらけでした。

こういう感覚の方が案外少ないようで残念です。城内実前代議士のブログによると関岡英之氏の『奪われる日本』が今ひとつ売れていないらしいですが、この映画を絶賛される方が多い以上、むべなるかなという気がします。

以下のリンク先は、この映画に「?」を感じ取った数少ない方の感想です。

国際派時事コラム「商社マンに技あり!」
――疑問符だらけの米国映画『硫黄島からの手紙』――
http://blog.mag2.com/m/log/0000063858/108070938.html

武士道の哀しみ ――映画『硫黄島からの手紙』――
http://iwata910.seesaa.net/article/30431467.html
織舘うゑし | URL | 2007/01/06 (土) 01:55:40 [編集]
私が言うパトリとは心の様相であって、言うまでも無く空間的概念ではない。
内発的な愛が共鳴する領域がパトリだ。 この集合体、共同体が国家を形成した時、真に強く、美しい国となる。
広くて健全なナショナリズム? 何だそれは? それを似非、ヘタレと言うのではないのか?
大義は内発的でなければならない。 為政者が統治を容易にするために持ち出す便宜上の大義に義など無い。 
内発的大義、愛のためであるのなら、イラクもコソボもチェチェンも、命を賭けるに値するから人々は戦うのだろう。
もう一度言おう。 義無き国家は倒すべし、これが右翼の本懐。  
rice_shower | URL | 2007/01/06 (土) 07:00:08 [編集]
この映画については、やはり「アメリカ映画」なんだという
感想です。アメリカナイズされていた軍人だったから
偉かった・・・というような描き方が気になっていました。
主人公も、初めから厭戦的です。戦争末期、召集された兵であってもそんなに戦争に懐疑的で戦う意欲がなかったのだろうか。やっぱり今の価値観で戦争を見ているのですね。憲兵のエピソードも違和感のあるものでした。
まあ、所詮アメリカ人が描いたのだからこんなもんでしょうが・・・・。 また、大儀という事についてですが、もっと
小さな例えで言えば「子供の為に生きる」時、
自分の為にだけ生きていたときより、大きな力が発揮でき
頑張れる、という体験があります。自分だけの為に生きるのは自由で気ままで楽しいかもしれないが、挫折にも弱いのです。目的を持っても持たなくてもいい、それは魂の
漂流でもあります。「誰かの為」「何かの為」に自分の命を使おうと思えた時、艱難辛苦をも超えようとする並外れた力が宿るのを感じています。
DGGTSP | URL | 2007/01/06 (土) 09:32:31 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.