右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

河本問題での片山さつき評価
河本の母の生活保護支給問題では、この件を追求した片山さつきがマスコミからの批判にさらされていることにたいして、ネットでは彼女を擁護するブログなと見られますが、今日はその件に関して、私なりに考察してみたいと思います。

まず、マスコミでの河本擁護については私も同意できません。不自然に擁護しているものが多い(身内?)とも思います。また、吉本による処分としても甘いように思います。と言うか、何の処分も無しのようですね。彼はしばらく謹慎くらいにすべきだと思います。

で、マスゴミがおかしいのはいつものことですので、そのことへの批判は他のブロガーにまかせるとして、もうひとつマスコミがおかしいと思ったのは、この件では河本よりも、むしろ河本問題を追及していた片山さつきを叩いていることです。

あの叩き方は、私もちょっとおかしいと思います。片山さつきが大嫌いな私が見ても、確かにマスコミはおかしい。

ただ同時に、だからと言って、片山さつきをそんなに持ち上げるのも私はおかしいと思います。

河本の件では他に世耕議員も熱心でしたが、私はこの二人の議員は信用できないと思います。

生活保護費の支給問題では、2つの重要な問題があります。

1つは、片山その他が言っている、制度上の甘さの問題、十分に調査もせずに支給されていると言う問題、不正受給の問題です。

特に、在日にたいしてはかなり甘いと言う話も聞きます。

たしかに、これは大きな問題ではあります。

でも、もう1つ重要な問題があります。

それは、デフレ放置によって日本国民が貧しくなっているせいで生活保護費が増え続けていることです。

外国人による生活保護不正受給は大問題です。でも、日本国民がどんどん貧しくなっていることも大問題でしょう。と言うか、こっちのほうが私は重大問題と思います。

もちろん、両方とも同時並行で対策をやれば良いと思うのですが、どうしても、特にネットでは在日の問題に目が行きがちな人が多いと思います。

昨日にすでに書いた通り、この問題で河本の個人批判をすればするほど、問題の本質(=生活保護が増えているのはデフレだから)が忘れ去られ、国民の目線がそらされてしまいます。

不正受給などを厳しく取り締まっても、生活保護を受けなければならない貧しい人が増えていることそのものの解決にはなりません。

片山さつきや世耕弘成の目的が、デフレ問題からネット右派の目を在日問題にそらすことである・・・などとまで言うつもりはありませんが、やっぱり生活保護と言うと、誰それがもらいすぎとか支給が甘いとかの話ばかりになっています。

デフレで日本国民がどんどん貧しくなっていると言う本質的な話は忘れられがちになります。

そもそも、で、このデフレを悪化させたのが、あの小泉構造改革路線です。

この時にそれに荷担したのが、片山や世耕でした。


片山さつきなど、元財務官僚です。

今のデフレは、橋本龍太郎首相の時の政策のせいでおこりましたが、これは財務官僚が緊縮財政と消費税増税をやらせたからです。

そう、今のデフレの元凶は財務官僚なのです。そして、片山さつきは元財務官僚です。

世耕だって、小泉政権時の宣伝マンとして構造改革路線を促進してきた人物です。

そう考えると、なにか、この二人がこの問題に関して熱心なのか・・・と、やっぱり疑いたくなります。

デフレと言う事実から国民の目をそらそうとしている、特にネット右派に受けそうなことをしながら、ネット右派の間では広まりつつある「デフレ脱却」の声から目をそらそうとすることができます。

小泉時代にはネット対策などもしていました。小泉政権に好意的なブロガーは官邸に招待されたりもしたのです。私の記憶では、依存症の独り言氏もそうだったのではないかと思います(違ったらすみません)。

なので、彼らならば、ネット対策とかまで考えても不思議ではありません。

まあ、そこまで考えてやっていると言う証拠は何もありませんし、素朴に河本の件を重大問題と思っているだけかもしれませんが、それにしても、それでも、それならばなおのこと彼らは二流政治家であると、あえて言わせていただきます。

国会議員は、もっと根本の重大事にも目を向けねばなりません。

生活保護を受ける人が増えているなら、それを減らす。そのためにはデフレ脱却と言う本道もあわせて考えてこそ、まともな国会議員です。

個別のミクロなことにしか目が向かないならば、国会議員ではなく、市議会議員か県会議員にでもなったら良いでしょう。

マスゴミの不当な批判に対しては片山さつきを擁護するのはわかりますが、でも彼女の行動も疑ったほうが良い。

デフレと言う根本的な問題への意識が向かない、いや、そこから国民の視線をそらそうとしている片山や世耕などと言った二流議員を過剰に持ち上げるのもやめましょう。

↓ ご賛同いただけましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

↓ お手数ですが、こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ

コメント
この記事へのコメント
同意します。

片山さつきは、静岡の選挙で刺客として立候補した時にも、麻生氏と福田氏の総裁選挙でも妙な動きをしました。

アメリカのどこかの意向を受けて動いている?シナとのつながりよりはましに思えますが、ちとドタバタしすぎのような。

陽動だとして昨日今日の報道で気になるのは、管直人の事故調の答弁や、6月から円と元の直接取引が始まるとかの問題か?

どうつながるのかはこれから考えます。関連性自体もあるかどうかわかりませんが。
篠の目 | URL | 2012/05/29 (火) 10:42:52 [編集]
片山さつき
仰るとおりです。さつきさん。非常に怪しいですね。
この方は、日銀審議委員同意人事で、河野竜太郎の就任採決に賛成した人物です。
何か霍乱要因的な動きが目立ちますね。
ま追求自体は悪いことではないのですが、
不正受給だけにスコープしてその根本を
見ないのでは、国会議員としての見識は
全くありません。
グローバリスト新自由主義者は潰す | URL | 2012/05/29 (火) 11:23:37 [編集]
ブログ主さんの主張も分かりますが、、今片山さつき議員は新幹線の中で脅迫されたり、夫の会社をつぶすといわれたりして物凄い攻撃を受けているそうです。それでも彼女は圧力にめげず、この問題を追及する模様なので、今はさつき議員を応援するべき時ではないでしょうか。

ブログ主さんはどんな圧力をかけられてもご自分の主張を貫く覚悟はおありでしょうか。博士の独り言さんは覚悟を決めていらっしゃいます。
yosinaripon | URL | 2012/05/29 (火) 21:33:21 [編集]
あれが圧力?
私にはあれが圧力をかけられているとは思えないんですよね。ネット右翼が大げさにさわいでいるだけじゃないですか?

千原せいじが何か言った程度で、あんなもの、圧力でも脅迫でも無いと思いますよ。
サンガリヤ | URL | 2012/05/29 (火) 21:40:10 [編集]
依存症がネタレベルに
しかし、新自由主義者もしくはそれを被った反日組織に乗せられる一部ネット保守陣営は、相変わらず生活保護たたきに邁進しております。

20年続くデフレによって戦争が起きている如く犠牲者が出ているうえに、震災で東北だけでなく電力などのインフラまで大きなダメージを受けているさなか、いったい何を保守したいのでしょう?

>今片山さつき議員は新幹線の中で脅迫されたり、
泣いているところをテレビで流すこと自体仕込みです。本当ににマスゴミをはじめとする反日勢力にとって、都合の悪いことをテレビなんかには絶対扱いません。そんな知識は保守にとって初歩の初歩です。

さて、
>このデフレを悪化させたのが、あの小泉構造改革路線です。

>この時にそれに荷担したのが、片山や世耕でした。

そうなんですよね。だからこそ疑わしいのですよ。

しかし、反日勢力、新自由主義者、乗せられるネット保守陣営(精神論者)には本当に腹が立ちます。

ですので最後にお笑いネタとして、
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2012/05/post-cb8a.html

「世の中には絶対はない」と冒頭に言いながら、「これまでの公共事業に見られた利益誘導と無駄遣いだけは絶対に許してはならない」とのこと。藤井氏や中野氏の経済政策に、何の反論もできないことが堪えたのかもしれませんが、冒頭に書いたことを同じエントリー中で忘れてしまったようです。

「お前が言うな」というものは、最近(と言っても数年前)左翼で有名な朝日新聞が確立したギャグで且つ専売特許なのに、あの自称左翼と決別した方がそのネタを奪うとは、もう籠絡され過ぎて訳が分からなくなってしまったブロガーの末路かなと思いました。
Sura | URL | 2012/05/29 (火) 22:38:14 [編集]
>篠の目さん
>グローバリスト新自由主義者は潰すさん
>サンガリアさん

同意ありがとうございます。まとめレスで失礼します。



>yosinariponさん

政治家が脅迫されるなど日常茶飯事なんですよね。実は。

特に、保守系の議員ほどそういう傾向にあります。そして、マスゴミにも叩かれるので、それに負けてだんだんへたれになってゆく議員が多いようです。

西田昌司議員など大変ですよ。私は彼が府議会議員だった頃に何度か彼の話を聞きに行く機会があったのですが、こんな片山さつきへの脅迫などとは比べものにならないレベルです。いやがらせどころじゃありませんよ。家族にも。

それでも西田議員は平然としていました。

国会議員になってから、民主党と外国勢力とのつながりを暴くようになってから、もっと激しくなったと聞きましたし。でも彼は泣いたりしませんよ(笑)。

なので、やっぱり彼と比べてしまうと、片山も正直甘いなと思いますが、まあ西田議員と比べるのは、ちょっとかわいそうかな。
管理人 | URL | 2012/05/30 (水) 09:12:42 [編集]
>Suraさん

依存症氏のエントリー読みました。その部分はあいかわらずですが、国土強靱化基本法は批判してませんでしたね。少しは進歩したのか、災害対策は良いし景気対策のためにもなれば一石二鳥みたいに言っちゃってましたが・・・どうしちゃったのか(笑)。

あんまり中野批判するとランキング下がるからでしょうかね(笑)。
管理人 | URL | 2012/05/30 (水) 09:20:22 [編集]
千原せいじが片山を脅した云々は放送を見る限り捏造ですね。ただ単に、自分の旦那さん、大きい会社つぶしたんちゃうん?といっています。なぜ。このようなことをと思われるのは関西圏以外の方。このあとには無言で伝えたいことがあるのです。それは、「自分の御主人は大きな会社潰してたくさんの人に迷惑かけて、(当然国にも)そのことは黙っておいて、権力と関係ない一私人の芸人をそこまで国会でまで追及するっておかしいのんと違う?えらい、他人には厳しくて、自分にはあまいねんなあー」というところでしょうねえ。片山さつきも、生活保護の不正受給について提起するのはいいのですが、そこに、インパクトを狙ってか、一私人をやり玉に挙げるのは如何と思う。ましてや、テレビでうそかまことかしれませんが、河本の身近から~などといって、彼の私生活までもいらぬ波風を立てようとしたとしか思えない発言は不用意としか言いようがないように思うのですが。
| URL | 2012/05/30 (水) 12:37:23 [編集]
そうですねー、私も遅ればせに見ましたが、千原のやつは脅迫ではないですよね。大げさにさわぎすぎじゃないかと思います。

私のところに「片山さんに厳しすぎる」との批判メールが2件ほど来ました(笑)。
管理人 | URL | 2012/05/31 (木) 09:14:27 [編集]
散々亀レスですが、千原せいじ騒動に関しては或る説があります。
憶測が多いので参考程度に聞いて欲しいのですが、片山さつきの旦那片山龍太郎の会社でインサイダー取引をやった疑惑があります。
当時、週刊誌等で書かれてましたので千原せいじがそれを知っていてもおかしくありません。
それは次の様な内容です。

> 21日、大証ヘラクレス市場に上場したゴルフクラブ製造の『マルマン』(東京)。
> 経営悪化から再建、上場を果たす波瀾万丈のストーリーだが、その舞台裏で、市場関係者から
> 「マルマン元社長、片山龍太郎氏の妻で財務省官僚のさつき氏(46)が
> 1億円以上儲けたのではないか」との声が上がり、話題となっている。
> マルマンは昭和23年、龍太郎氏の父、豊氏が創業し、
> 時計バンドや国産初のガスライターの製造・販売を手がけ、ゴルフクラブに進出して事業を拡大。
> だが、バブル崩壊後は積極的な拡大策が裏目に出て経営が悪化、実質的に債務超過に転落した。
> その後、慶応大出身で、米ハーバードのMBA(経営学修士)を取得した龍太郎氏が、
> 豊氏に代わって社長に就任。龍太郎氏が経営再建を進めた末、
> 平成13年にはSFCG(旧商工ファンド)系の投資ファンドに営業権を譲渡していた。平成15年2月、
> 新マルマンを誕生させ、16年2月にSFCG系の投資会社『T・ZONEホールディングス』の完全子会社になった。
> マルマン上場にあたり、市場関係者の目を引いたのが、同社が作成した目論見書。
> 同社の経営状態や株式に関する情報が記載されているのだが、
> 「その中の『特別利害関係者等の株式等の移動状況』欄に、片山さつき氏の名があったのです」(同)。
> 「昨年7月、女性初の主計官となったが、自衛隊削減をめぐり、『災害派遣は警察と消防に任せればいい』
> 『潜水艦なんて時代遅れなものは必要ない』などと発言したことで、物議を醸した」(財務省関係者)。
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_07/t2005072126.html(リンク切れ)

千原せいじの発言『旦那さん結構でかい会社潰してたんちゃうん?』の発言が上記のことを指しているとしたら、片山さつきにとっては非常に不味いことになるのです。
なので、その話題からそらす為に一芝居打ったとも考えられます。
あくまで想像の域を出ませんが。
| URL | 2012/07/11 (水) 03:49:38 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.