右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

池田信夫こそ強靱な狂人
さて今日は、新自由主義者(としか私には思えない)池田信夫氏のブログの内容についてです。面白いです。笑えます。

この件に限らず彼の新自由主義的な主張は、とっくに賞味期限切れ(と言うか最初から賞味期限などなかった)のようにしか思えません。

で、今回の話は、彼が、『自民党の国土強靱化法を「狂人」』などと言って揶揄している件についてです。

(池田信夫ブログより)

自民党が「狂人」になるとき

むずかしい話が続いたので、たまにはお笑いネタを紹介しておこう。自民党は、10年間で総額200兆円の公共事業を行なう国土強靱化法案を、6月に国会に提出するそうだ。名目は「災害対策」だが、要するに土建業界に金を配って「昔の自民党」の栄光を取り戻そうという発想だ。その教祖は、藤井聡氏。彼の話は、まるで吉本みたいで笑える。


これはアゴラで辻元氏が紹介したものだが、藤井氏は例の中野剛志氏の師匠だ。「京大教授」ということで権威があると思っている人もいるようだが、彼は工学部の教授。話の中身は、経済学部では1年生にも笑われる「原始ケインズ主義」だ。まず何でもいいから政府が金をばらまけという話があり、その理由づけに防災が出てくる。200兆円の国債が消化できるのかという問題には「日銀が引き受ければいい」。それでインフレになったら「デフレが止まって一石二鳥」。

自民党は野党なので、この法案が成立する可能性もないが、こんな荒唐無稽な法案が国会に提出される状況には危惧を抱かざるをえない。今の財政状況で200兆円の国債を発行するという法案がもし成立したら、国債は暴落して財政は破綻し、防災どころか年金も払えなくなるだろう。自民党がこういう危険な法案を出すのは「どうせ成立しない」と思っているからだ。昔の社会党が「非武装中立」を唱えていたのと同じだ。

民主党はダメだが、自民党も野党暮らしで少しは反省して強靱になったかと思えば、できもしないホラを吹いて土建業者の票を集める「狂人」になってしまったようだ。日本の絶望は深い・・・


この人も、橋下氏と同じく、まともに批判していると言うよりも、レッテル貼りの罵倒が多いです。自分の言っていることのほうが「お笑い」だということに気づいていないようですね。

国土強靱化法を『名目は「災害対策」だが、要するに土建業界に金を配って「昔の自民党」の栄光を取り戻そうという発想だ。』といっていますが、これなど完全なレッテル貼りでしょう。

災害対策が名目などと言ってますが、池田氏には今の日本が危機だと言う認識がまるでなく、政府の負債の金額の大きいことだけが危機だと思っているようです。


震災対策は国民の生命を守るためのものです。国民の生命を守るよりも、政府の債務を増やさないことのほうが重要と言う感覚がそもそもおかしいでしょう。

それから、バカの1つ覚えのように、「土建屋に金を配る」と言うこれまたレッテル貼りです。

公共事業は別に土建屋に直接お金を配るわけではありません。国民に仕事を与えると言う話なのです。


池田氏みたいなタイプの人間は、何かにつけて「土建屋を儲けさせるのは悪いこと」みたいに言いますが、そうではなく、デフレの現状での公共事業は失業者を減らして内需を拡大することに貢献すると言う見方のほうが適切でしょう。

そもそも、土建屋と言いますが、建設業界が巨大なのは、私は日本にとっては良いことだと思います。

何故かと言うと、日本の国土や地理、気象条件を考えた時に、建設業と言うのはかなりのウエイトをしめなければなりませんし、他の国よりも遙かにたくさんの投資が必要です。建設業が巨大でなければならない国土なのです。

そうでなければ、地震、津波、台風、水害、火山噴火などの自然災害から国民の生活と生命を守ることができないからです。

もう一つ、建設業が巨大であることのメリットは、そこでたくさんの雇用が維持されると言う点です。

これはあまり言われていないことですが、私はこちらも重要と思います。

そもそも、野田首相も、分厚い中間層を維持する・・・みたいに言ってましたが、中間層を維持するには、別に所得再分配だけやっていれば自然と中間層が発生するわけではありません。

まあ、彼の場合は所得再分配すら、あまりやりませんが。

中間層を維持するには、中間層を形成するための産業と言うか職種が必要なのです。で、それは、製造業とか建設業なのです。私はそう思っています。

製造業も建設業も、そこで働く労働者になるには、どちらも、医者や弁護士のように難しい資格がいるわけでもなく、あまり学歴も関係ありません。

一部のエリートしかなれないような職業ではなく、真面目で堅実でさえあれば、多くの人がその仕事をこなすことができます。

そういう業種が分厚い雇用を支えると言うことが、分厚い中間層の維持に必要なのです。

建設産業はすそのも広いので、製造業に次いで重要だと思います。

だから、土建国家と言うのは、日本にとっては良いことなのです。

そんなことも考えもしないで、土建国家批判するのは、頭の中が古くさい、言い古された間違いを信じている愚か者です。

さらに池田氏は、国土強靱化法のブレインである藤井聡氏の話を『経済学部では1年生にも笑われる「原始ケインズ主義」だ』などと言っていますが、はっきり言って、池田氏の言っていることのほうが経済学部の1年生に嗤われるのではないでしょうか?

彼曰く、『まず何でもいいから政府が金をばらまけという話があり、その理由づけに防災が出てくる。200兆円の国債が消化できるのかという問題には「日銀が引き受ければいい」。それでインフレになったら「デフレが止まって一石二鳥」。』

・・・これもひどい言い方です。藤井氏は、「まず何でもいいから金をばらまけ」などとは言っていません。これは、わら人形論法と言うやつでしょうか。屁理屈です。

デフレ脱却のために日銀が通貨を発行しろと言っているのです。理由は何でも良いわけではありません。

そうして発行した通貨を、政府が国債発行することにより吸い上げて、その金で雇用創出・有効需要創出のために公共事業をやれと言っているのです。

そうすれば、金融緩和の効果と、有効需要創出の効果と、両方の効果でデフレから脱却して日本経済はふたたび成長できると言っているのです。

経済が成長すれば、政府の債務など減って行きます。

また、池田氏は、『今の財政状況で200兆円の国債を発行するという法案がもし成立したら、国債は暴落して財政は破綻し、防災どころか年金も払えなくなるだろう。』とも言ってます。

まず、国債が暴落するとはよく言われるウソで、もう説明は不要でしょう。暴落すると言うことは、国債が投げ売りされると言うことですが、投げ売りして得たお金はどうなるのか考えないのでしょうか?

国債を保有しているのは日本の金融機関です。国債を買うしか運用先がないから買っているわけです。

また、買い手がいなければ日銀が買えば良いでしょう。

そもそも、200兆円の国債だって、いっぺんに発行するのではなく、10年かけて、と言っているわけです。そこを無視するのも悪質です。

発行した国債を日銀が買い取れば、実質的に政府の債務が増えたことにはならないでしょう。また、仮に国債が売られる方向に向いたとしても、それも日銀が買い上げれば良いだけの話です。

この池田信夫氏のような発想では、日本はいつまでたってもデフレから抜け出すことはできず、国力は衰退するのみです。

そうしたいのでしょうか?日本がデフレから脱却してふたたび国力を付けると余程都合が悪いとしか思えません。日本が復活すると困るのでしょう。ほとんど外国のスパイとしか思えない主張です。

彼のような新自由主義者と、朝日新聞のような偽善者が、ともに建設業界をたたきまくって、潰しまくったか結果どうなったか・・・

建設業に限らず、既得権と呼ばれるものを破壊して壊してどうなったか。誰もトクをしていないどころか、ただ失業者が増えたり賃金が下がったりで、デフレが加速して多くの国民が貧しくなり、税収も減ってみんな困っただけです。

巨大な業界を潰しても、その業界が巨大であればあるほど、日本国民の多くが気づかないうちにそことつながっていますから、誰もトクをしません。

国民全体を貧しくするようなことしか言えない愚かな新自由主義者は、そろそろ言論空間から退場していただかなければならないと思います。


↓ 国民を貧しくするようなことしか言えないような言論人は、とっとと引退せよ!と思われましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

↓ お手数ですが、こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ


コメント
この記事へのコメント
ウチも建設業の下請けですので、公共事業削減の
流れは本当に厳しい状態を招きました。
この十年は確実に右肩下がり、単価は毎年下がり続け
大体二十年ほど前のレベルに落ち込んでいます。
仕事はどうにかありますが、単価が下がっているので
忙しいのに年収が下がっていく、しかし
控除の削減などで、支払いは増えるばかり。
こういう、公共事業を目の敵にする方には
本当に怒りを覚えます。勿論、無駄があっては
ならない、というのはわかりますが
なにぶんにも今はデフレ、自民党が藤井聡先生の提唱する「列島強靭化」を政策に取り入れてくれることは
大歓迎なのです。なのにこのような人をはじめとして
大マスコミの論調は相変わらずの「公共事業否定」
いつまでそんなことばかり言っているのだ、と
恨みさえ感じます。
翡翠 | URL | 2012/05/26 (土) 16:56:17 [編集]
お久しぶりです
久しぶりに、右余さんの記事を見ました。
いつもながらの正論で質としてはトップクラスだと
感心しています。
これからも、私たちの目を開くような記事をお願いします。
kuni | URL | 2012/05/27 (日) 05:52:31 [編集]
>翡翠さん

建設関係では倒産した会社もたくさんあることと思います。何も公共事業のほとんどが無駄だったわけでもないのに、削りすぎですよね。
地方の空港が無駄とも言われますが、あれだって、デフレをこんな長年も続けていなければ、普通に経済成長していれば無駄にはなっていなかったかもしれませんし。
おまけにこれから必要な公共事業はやまほどあるので、デフレ脱却と一石二鳥だと思います。


>kuniさん

過分なお言葉を頂きまして、ありがとうございます。照れくさいですが(笑)。
管理人 | URL | 2012/05/27 (日) 13:31:28 [編集]
荒川
東京に荒川がありますが、アレ、みんなして手で掘ったんですよね。明治大正昭和にかけて19年にも及ぶ巨大な公共事業です。今じゃ知らない人間が多いようです。荒川って天然河川だと思っている人が。
公共事業ムダキャンペーン。本当に有害でした。いつごろからだったか。青島幸男あたりからですか。ポピュリズムが蔓延しだしたのは。
日本中に寺社が建ち、古墳があり、河川が整備されています。すべて公共事業です。アレらは無駄でしょうか。いいえ大事な国民の資産です。
早くデフレを脱却して欲しいです。自公が政権に返り咲くに相応しい公約です。新自由主義者共の巣窟、維新の会とも差別化できてOKです。大阪以外だけ公共事業をやりましょう。

あそこは独自政策でせいぜいシンガポールのようになればいい。
グローバリスト新自由主義者は潰す | URL | 2012/05/27 (日) 15:39:21 [編集]
昭和な手法ですね
地方の大型公共事業
   ↓
土建屋にお金がいく
   ↓
地元の土建やなどを介した雇用及び資金が国からおりる
   ↓
公共事業をすすめた議員に票が行く


土建屋がもうかるシステムは昭和の手法です。
その構造から脱却できず、新しい産業が育てられないから今の不況があるという事実に気付くべきでしょう。

もう少しお勉強が必要と思います。0点です。

って、このことは大昔から既出のことですよね?????
隅田川 | URL | 2012/05/27 (日) 16:19:26 [編集]
>隅田川

国民を豊かにする政策を行う政治家に票が入るのは良いことでしょう。

それとも、あんたは民主主義を否定しているのか?

君こそ発想の転換が必要ではないのか!?古い常識にとらわれて安心していないで、もっと勉強したら?
当然だろう? | URL | 2012/05/27 (日) 16:23:11 [編集]
>隅田川さん、あなたこそ何もわかっていない。

そんな新しい産業なんてできるか!

日本には土建業が必要で、それは今も昔も、昭和も平成もかわらない。

君は、デフレよりも、建設業に票が行くことが悪いと思っているなら、0点どころか、マイナス100点だね。何もわかっていない。
わかっていない | URL | 2012/05/27 (日) 16:27:20 [編集]
需要不足不況
>隅田川さん
>その構造から脱却できず、新しい産業が育てられないから今の不況があるという事実に気付くべきでしょう。

ああ、メディアに吹き込まれた、典型的な間違いですね。
今の不況はデフレだからです。つまり、供給能力が需要を大きく上回っているが故の不況です。
その差を埋めるべく、需要を増やしましょうというのが、今回の自公の法案です。
逆に、新しい産業が出来ると、これは供給能力を更に増やすことになりますから、更にデフレが悪化して、不況が深刻化するだけなのです。

「需要不足による不況」であることをしっかり勉強することをおススメします。
まずは、三橋貴明さんのブログを見るなり、藤井聡先生の動画を見ることから始めては如何でしょうか。
二梨憲武 | URL | 2012/05/27 (日) 16:58:16 [編集]
>隅田川さん

今の不況はそんな理由じゃありません。
古いと悪いはイコールじゃありません。
国としては内需の比率が高いほうが理想的であり、
そのためにも土建業は絶対不可欠です。
ましてや今その活躍がかつてないほど求められているのに
それを否定すると言うのは日本を潰すと言うのと同じことです。
私の言ってることが分からないならYoutubeで
「国民総勘違いデフレ不況」って検索してみてください。
そこに出てくる動画があなたが見るべき動画です。

管理人さん失礼いたしました。
よっちゃん | URL | 2012/05/27 (日) 17:05:17 [編集]
『国土強靭化』、いい言葉だと思います。
ちょっと前からブログ拝見させてもらっています。

京都大学の藤井教授の『国土強靭化』については
以前から三橋氏のブログ等で見知っておりましたが、
このように正式に陽の目を見るようになることについて
は藤井教授の並々ならぬ努力があったことと思い敬服
します。もちろん大賛成です。

『所得倍増計画』・『日本列島改造論』に匹敵するこの
素晴らしいフレーズを『狂人』などと揶揄することに関し
ては愚劣と言わざるを得ません。

このような方々は土建屋が儲けるだけだとよく言いますが
下請けの職人さんたちの現状を知っていってるんでしょうか。
その腕に確かな技術をもち日本のインフラを支えてきた
職人さんたちですが、仕事の減少に加え下請けという
立場の弱さゆえ、収入が少なく社会保険に入ることも
ままならず後継者が育たず廃業は増える一方です。
これは供給力の減少を示しています。一旦減った供給
力は短期間には増やすことはできません。(技術の習得
等に時間がかかるため)。そうなるといざインフラの整備
だとか耐震化とかをやろうとしても供給力が不足していて
実施できないということになり、国土の危機に対応できない
状況すら考えられます。
もしかしたら『国土強靱化』を国策として行える最後の
チャンスかもしれないのです。(供給面から見て)

『新自由主義』や『小さな政府』を否定はしませんが、
時と場合のよることをグローバリストはわきまえるべき
です。デフレ下に無理な主張をしようとするから中身の
ないキャッチフレーズや反論者へのレッテル貼りしか
できなくなり、結局その考え方自体を不審に思われる
ことに気づくべきです。
そういう自分も少し前までは日本はグローバル化でしか
生きていけないと思ってました。そのような自分の目を
覚まさせたのはTPP反対論者の数字と論理を積み上げた
議論とTPP賛成論者の結論ありきの論拠捏造の議論を
見てきたからです。自分ですらそうなのですから多くの
国民が目を覚まし始めていると思います。自分は一般
のサラリーマンですが、自分が同僚や後輩に藤井教授や
中野教授の話をすると賛成してくれる人が多いです。
一般の人々は事実を知れば現状では新自由主義には
賛成しないと思います。社会的に影響力のある人が
レッテル貼りなどで議論を歪曲化するのはもうご遠慮
願いたいです。

長文失礼しました。
doild | URL | 2012/05/27 (日) 17:31:08 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.