右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

女系容認白紙へ!
皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。ようやく今年最初のエントリーです。

ようやく、と言いますか(はじめて?)、本来の安倍首相らしい話が出てきました。小泉首相の時代に有識者会議とか言ううさんくさい人たちが出した皇室典範改正案の「女系容認」論を、安倍首相が見直すという話です。

安倍首相、「女系天皇容認」の報告書を白紙へ

≪皇室典範改正を視野に議論≫
 安倍晋三首相は、政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)が平成17年にまとめた、象徴天皇制の維持を目的に女系皇族にも皇位継承権を認めるとの内容の報告書を白紙に戻す方針を決めた。秋篠宮家に悠仁(ひさひと)さまが皇室の約40年ぶりの男子として誕生され、報告書の前提条件が変わったと判断した。ただ、皇位の安定的継承は依然、課題として残っており、男系による皇位継承維持の方策について、皇室典範改正や特別措置法制定を視野に、政府部内で議論を始める。

 男系継承は、125代の現天皇陛下まで一度の例外もなく続いており、現行の皇室典範も、1条で「皇位は男系の男子が継承する」と定めている。しかし、平成17年11月に、首相の私的諮問機関である有識者会議が父方ではなく母方の系統に天皇をもつ女系天皇をも容認する報告書をまとめた。これをもとに、政府は皇室典範改正案を国会に提出する方針だったが、昨年2月の秋篠宮妃紀子さまのご懐妊により国会提出が見送られた経緯がある。

 これに関連、安倍首相は官房長官時代の昨年9月、フジテレビの番組で有識者会議の報告書について、「ずっと男系で来た伝統をすぐ変えるかどうか、慎重になるのは当然ではないか」と発言していた。男系維持の方法としては、昭和22年に連合国軍総司令部(GHQ)の意向で皇籍離脱した旧宮家の皇籍復帰や、現在の宮家の継承などを挙げていた。

 ただ、皇室典範では、旧皇族の皇籍復帰や、皇族が養子をとることは認めていない。皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ皇位継承権3位の悠仁さまのご誕生で、現行法下でも当面の皇室存続のめどはついたものの、将来にわたって安定的な皇位継承が確保されたわけではなく、何らかの法改正が求められていた。

 このため、首相は、昨年9月の官房長官としての記者会見では、「皇位の安定的な継承のためには、皇室典範の見直しを含めた検討が必要だと考えている」と指摘。また、下村博文官房副長官も9月に、悠仁さまのご誕生を祝う集会で、政府として「新たな法律改正をどう考えていくのか、大切な時期だ」と表明していた。

 ただ、女系継承容認を打ち出した有識者会議は現在、形式的にまだ存続している。このため、首相は有識者会議のメンバー入れ替えや改廃についても検討する考えだ。


まあ、まずは「有識者」のメンバーを入れ替えて、本物の有識者にすることあたりからはじめなければならないのでしょう。この問題に関しては、ようやく良い流れになってきたと言えるかもしれません。

まあ、あとは安倍首相がどこまでできるか、ですが、ご自身の任期があまり無いものと思って、全速力でやるべきことをやっていただきたいと思います。

そして、河野談話・村山談話の見直しについても具体的にやってほしいものです。これらをきっちりやってくれるなら、安倍首相への不満は、経済政策だけになるのですが、今のところとても安倍首相とは思えない、総理になる前の安倍氏からは想像もつかないような事ばかりやっています。

何か一つくらいはしっかりとした事をやっていただきたいと思いますので、皇室典範改正問題では、男系継承を維持した上での行為の安定的継承について、きっちり議論していただきたいと思います。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
本年も宜しくお願い申し上げます。

確かにやっと安倍総理らしい行いをしてくれましたね。
これにはやはり拍手でもって賛同しなくてはなりません。

仰るとおり、後は忌々しい二つの談話の破棄と北朝鮮への断固たる制裁(平壌宣言の破棄等)、そしてますます経団連重視に陥ってる社会経済政策の見直しですね。

安倍首相にご自分の総理生命を賭けて真の改革を断行してもらうために、我々はポジティブな批判の手を緩めてはならない、そう思いました。

TBさせていただきました。

kousotsudr | URL | 2007/01/04 (木) 10:06:34 [編集]
あけましておめでとうございます
日村秋介さん記事、 kousotsudrさん投稿に同感です

去年10月からずっともやもやしてきましたが、やっとこさですね。
ひきつづき保守のポジティブ批判をしていきます
ハンディ12 | URL | 2007/01/04 (木) 19:51:45 [編集]
あけましておめでとうございます。
あの有識者会議のメンバーは、本当に胡散臭かったですよね。しかも、最初に結論ありきで会議を進めていったのは明らかでした。
今日のニュースでは、今夏の参院選の争点として安倍首相は憲法改正、小沢民主党代表は、格差、年金制度を挙げていました。
nami | URL | 2007/01/04 (木) 22:44:53 [編集]
あけましておめでとうございます
 昨年中は小泉・安倍礼賛者のごとき人々の度重なるバッシングにも一切引かず良心的な言論を続けられた「マッコイブログ」に大変勇気を頂きました。本当にありがとうございます。

 本年も、妥協を許さず、そして闊達な「日村ブログ」が、ますます繁栄されるようROMながら応援させていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

>女系容認白紙へ!
 私は、この問題に対する首相の官房長官時代の対応を考えると「ほとんど期待しない」という危機感を持っていたいと思っています。
織舘うゑし | URL | 2007/01/05 (金) 00:56:01 [編集]
あけましておめでとうございます
本年も、昨年同様、よろしくお願い致します。

女系天皇容認が白紙に動くのは幸先よい話ではありますが、男系維持の為にクリアする問題はまだ多くあり、いつまた女系論がとりあげられるかわかりませんから、しっかりと監視していかなければならない、と考えます。
| URL | 2007/01/05 (金) 07:04:39 [編集]
>kousotsudrさん
>ハンディ12さん
>namiさん
>織舘うゑしさん
>直さん

みなさん、まとめレスで失礼します。今年もよろしくお願い致します。

この件は、新年から良いニュースですが、まだ具体的に何かが動き出したというわけでもなさそうですし、最近の安倍首相な何でもすぐ腰砕けみたいですから、しっかりと見て行かなければならない思います。
日村秋介 | URL | 2007/01/05 (金) 09:21:09 [編集]
新年おめでとうございます!
ブログ主さんの
>今のところとても安倍首相とは思えない、総理になる前の安倍氏からは想像もつかないような事ばかりやっています。<
この部分同感です。
テレビで竹中前総務相が「今の内閣には私のように”たたかれる”者がいない。」と言っていました。”たたかれる”ということは、政策について官僚や族議員の抵抗が強いということだと・・・、そして今の内閣にはそれがないと。
  このままだと、安倍首相、  先日伊勢神宮・明治神宮の参拝はしましたが、肝心の靖国参拝が実行できるか心配です。
Gくん | URL | 2007/01/09 (火) 00:26:27 [編集]
>Gくんさん
新年あけましておめでとうございます。安倍首相は批判をされることをあまりにも恐がりすぎですよね。

たぶん靖国は参拝できないのではないか?しても在任中に1回だけではないかと思いますが、どうなることやら。
日村秋介 | URL | 2007/01/09 (火) 09:54:04 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.