右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

マスコミの朝鮮びいき体質
今日は、ロート抗議で逮捕の件と、吉本芸人河本の母親の生活保護費不正受給問題について、この2つの話題の関連性について、マスコミの偏向報道と言う観点から考察してみたいと思います。

このブログでは、韓国ネタについてはあまり取り上げないと言うスタンスでしたが、これらの2つの問題を考えた時に、私が当初思っていたよりも、この問題は根深いと思われたために、また取り上げました。

まず、右派の市民団体がロート製薬に抗議して逮捕された件ですが、これも重大な問題です。

マスコミ報道では、韓国の女優をCMに使っていることに「因縁をつけた」となっていましたが、私はそれは本質ではないと思います。

本質は、竹島問題です。

抗議した人たちは、竹島はどこの国の領土ですかとロート側に問うています。

領土問題=国益=国民の利益

なのです。

国民の利益に反するような行為に荷担している企業を批判することがいけないと言うのでしょうか?

また、今回のような方法が抗議のしかたとして悪質と言えるでしょうか?

私は疑問です。

そもそも、国民の利益に反する行動をしている疑いのある企業にその見解をただすと言うことで警察が逮捕したとなれば、これは権力による言論弾圧です。

マスコミは日頃からそういうことには厳しいはずです。ところが、今回は警察と一体になって、逮捕された人たちを悪者扱いです。

彼らが怒っているところだけ放送して、「何かガラの悪いやつらが因縁つけている」と言うイメージをすりこもうとしているとしか思えません。

私も、ちょっとガラ悪いなと思ってしまいましたが・・・実際には、あの部分だけのようです。

日頃なら言論弾圧とか不当逮捕などと言いそうなところを、マスコミはまったく逆の報道をしているわけです。

これって、おかしくないでしょうか?

やはり、朝鮮がらみになるとマスコミはこのように手のひらをかえしたように行動すると言うことだろうと思います。

そう思ったのは、もう一件、お笑い芸人・河本準一の母親の生活保護費不正受給問題について見られた不可解な隠蔽について知ったからです。

河本母生活保護費不正受給 沈黙のマスコミを支配するのは某団体?

(前略)

圧力をかけているのは誰なのか?
河本母の生活保護費不正受給については、ネット上に掲載された記事が削除されている、という不気味な成り行きもみられる。

河本準一の名前を最初に掲載した「日刊サイゾー」や「ネットリサーチニュース」に掲載されていた、『河本準一母親の生活保護受給、92.7%が「納得できない」と回答』と題する記事が、その後なんの説明もなく削除されているのだ。

誤報であったなら、一般的にはその旨、謝罪文などが掲載されるが、削除の経緯についてはいっさいコメントがない。

高橋みなみ母のケースとは異なり、有形無形の圧力をかけているのは、所属する吉本興業ではない。

これまで各所に掲載された記事をみても、吉本興行側はすでにその事実を認めるコメントを発しており、事実隠蔽に奔走する様子はみない。

河本準一については、未確認ながら「北朝鮮生まれ」との情報がある。すでに削除されているが、Wikipediaではかつて紹介されており、その後出生地が日本に変更された。

生活保護費を受給する大集団に在日外国人があることを考えれば、今回圧力をかけている主体がどういう組織なのか、推測することは容易だ。

(後略)


私はてっきり吉本が圧力をかけている、もしくは吉本に遠慮して報道しないのかと思っていました。それなら、まあブログで取り上げる必要もなかろうと思っていたのです。

が、この記事によると、河本はどうやら在日もしくは帰化人と言うことでしょうか。母親がたぶん在日なのでしょう。

なので、記事によれば、某団体(総連?民団?)がマスコミに圧力をかけて隠蔽しているように書いてあります。あり得る話だと思います。

が、私は、いろんな件を総合すると、マスコミは朝鮮がらみ、在日がらみになると自主的に隠蔽するような体質になっているように思えます。

圧力をかけられて、しぶしぶ隠蔽しているより、こちらのほうがタチが悪いです。

マスコミや広告代理店にそっち系の人たちが多いと言う話もよく聞きますし、もう体質なのではないかと。

国民の利益を無視して、在日の利益や朝鮮半島の利益を優先した報道をする・・・それが日本のマスコミの体質だと思います。

捏造韓流ブームに関しても、あれは韓国政府が金出して日本に売り込んでいると言う話でしょうが、個人的にはもうすぐ終わる(もう終わっている)と思いますが、でも、日本国内のマスコミに、朝鮮シンパみたいのがいると言うか、そういう体質なので、案外しつこいかもわかりません。

この話題については今まで軽く考えていましたが、朝鮮半島がらみでのマスコミの偏向報道と言うものは、もっと根深い問題を含んでいると言う気がしてなりません。

それが、竹島のような領土問題に関係して、日本の国益を損ねるようならば、祖国の防衛と言う観点からも、マスコミを何とかしなければならないと思います。

↓マスコミの朝鮮びいきをこのまま放置していれば日本は大変なことになると思われましたらクリックお願いします。


↓ さらにお手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
日本を破壊するための組織と思います
>国民の利益を無視して、在日の利益や朝鮮半島の利益を優先した報道をする・・・それが日本のマスコミの体質だと思います。

いや、日本を破壊するためと思います。

マスゴミの大元それは電通です。勿論戦後GHQによってトップが変わり改造されました。ですからその時点で反日組織であります。表面上、GHQによって解体を免れる名目で共同通信と時事通信とに分かれましたが、株を持ち合っているので、事実上GHQが管理するマスゴミそのものです。

朝鮮びいきにしろ、GHQの目的、即ち日本を滅ぼすための一環とみております。

何故なら、在日朝鮮人は戦後日本の中枢に多く入り込んで、政治家になったり、一頭地を買占めパチンコにしたり、勿論マスゴミの幹部に入り込んだり、直接支配するより間接的にマイノリティー民族、即ち朝鮮人を日本の支配者にした方が、統治しやすいということです。仮に失敗しても矛先を朝鮮人に向ければよいわけですから。

このような手は、かつてイギリスがとった統治であります。フィリピンやシンガポールに華僑が多いいのは、その名残です。

それに韓国にしろ北朝鮮にしろ経済は、お世辞でも良いとは言えません。

にもかかわらず、何であれほど反日工作が可能なのでしょうか?

かつて音楽家の すぎやまこういち さんはニューヨークタイムズとワシントンポストに、南京の真実を問う意見広告を掲載しようと渡米しましたが、その目的は達成できず、掲載されませんでした。その時の費用は諸々合わせて1000万円ほどでした。

言い方を変えると、意見広告程度の工作でも1000万円でも足りないことが分かります。

且つ、朝鮮人の特性として、純粋な工作資金だけでなく工作員のギャラも十分でなければ動きません。

さて、朝鮮人の工作と思われる出来事は、毎年毎年たくさんあります。キムヨナの金メダルにしても、追軍売春婦にしても、日本海の改名にしても、勿論日本国内の韓国ゴリ押しにしても、似非北朝鮮報道にしても、工作資金がかかります。

これらの莫大な工作資金が、朝鮮半島だけで賄えるとは思えません。

恐らくはアメリカと中国がバックにいると思います。あとは、占領統治の二次的なものとして、パチンコマネーがあると思います。

中国及びパチンコマネーは特に論を展開せずとも、ご理解いただけると思いますが、アメリカに関しては、アメリカ国民は親日的と思いますが、権力者になればなるほど反日であると思います。特に民主党系、財閥など。

アメリカ民主党は、ソ連の陰謀ということもありますが日本に戦争を仕掛けた建前上、日本が悪でなければならず、アメリカの制御下であるから同盟を結んでいるという立場と思います。そして財界はもちろん日本を食い物にしようとしています。イデオロギーは必ずしも一致しないものの、利害は一致します。

つまり、TPPや消費税増税の圧力もそういった事情が一番大きいと思います。

安倍元首相はしきりに「戦後レジームからの脱却」と言っておりましたが、要するに上記のことを指していると思います。だからマスゴミや躍起になって潰しに掛かりました。

麻生元首相も、「自由と繁栄の弧」と謳っており、アメリカ共和党の一部やアメリカ国民は受け入れられることであったが、アメリカ民主党と財界によってこれも潰されました。マスゴミを通じて。

鳩山のあれだけの目茶苦茶をやっても、総理辞任程度で対して叩かれず、菅と野田も同様に殆ど叩かれません。それは日本を弱体化するのに役立っているためです。

その観点から、小泉フィーバーも説明ができます。

何れにしても、マスゴミを潰さなければ、日本に未来はありません。
Sura | URL | 2012/05/16 (水) 00:33:10 [編集]
たしかにマスゴミを何とかしないとやばいですよね。

マスゴミを国民の手に取り戻すためには・・・方法が思いつかないので、一体どうすれば良くできるのか、こればっかりは難しい問題です。
管理人 | URL | 2012/05/16 (水) 08:32:52 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.