右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

尖閣寄付もうすぐ5億円!
尖閣購入のための費用としての寄付が、何と11日現在で4億7千万円も集まっているそうです。このペースだと、確実に5億円は突破するでしょう。

石原知事“尖閣購入は単独で”

5月11日 18時10分(NHK News web)

尖閣諸島の購入を検討している東京都の石原知事は、沖縄県石垣市の中山義隆市長が、都と共同で尖閣諸島を購入して所有したいと提案したことについて「都が一元的に購入したほうがスムーズにいくので、お断りしたい」と述べ、あくまでも都が単独で購入を進めていく考えを示しました。

“都が単独で購入を”

尖閣諸島の購入を巡っては、石垣市の中山市長が、9日、東京都の幹部と会談した際、都と共同で購入して所有したいという考えを伝えました。

これについて東京都の石原知事は、11日の記者会見で「都が一元的に購入したほうがスムーズに進むので、お断りします。都が取得したあとに石垣市との間で、どのような役割分担ができるのか考えていきたい」と述べ、あくまでも都が単独で尖閣諸島の購入を進めていく考えを示しました。

また、都が尖閣諸島を購入するために受け付けている寄付金が、11日正午現在で、およそ4億7000万円に上っていることについて「国がやらなければ、自分たちの手で国を守りたいという意識が凝縮した結果だ。日本人も捨てたものじゃない。本当にうれしさで胸がいっぱいです」と述べました。
石垣市長“共同購入にはこだわらない”

石原知事が、共同購入を断る考えを示したことについて、石垣市の中山義隆市長は、NHKの取材に対し、「市としては、共同購入にこだわっているわけではなく、石原知事に対応をお任せすると前々から述べているとおりなので、今後もスムーズに購入できる方向で進めてほしい」と述べました。


マスコミは、この件で「東京都の税金を使って尖閣を買うのはちょっとおかしい」みたいな世論を誘導しようと必死でしたが、これだけ寄付が集まっていることを考えると、都の出費はかなり軽減されそうと言いますか、購入価格によってはほとんど税金を使わなくてすむのではないでしょうか?

この事実をマスコミは果たしてどう報道するのか。NHKもあまり大きく報道していません。いちおうニュースの記事の中に4億7千万円集まったと書いていますが、ニュースの見出しは「尖閣購入は単独で」です。

私なら、間違いなくこのニュースの見出しは「尖閣購入のための寄付、もうすぐ5億円突破!」とするでしょう。マスコミもひどいもんです。

あと、この件では石原慎太郎はひさびさのヒットだと思います。

最近の石原慎太郎の言動には疑問を感じることが多かったですが、この問題に関しては、良いきっかけを作ってくれたと思います。

曲がりなりにも彼はナショナリストですから、領土問題では頼りになるのだろうと思います。

もちろん、ナショナリストであるということは政治家にとって「必要条件」にすぎないわけで、それが「十分条件」ではありません。

なので、桜井よしこ氏などもそうですが、TPP参加とかを愛国心がある人でもいってしまうことがあるわけです。

ナショナリストでも認識が間違っていたりイデオロギーにとらわれていたりすると間違える訳ですから、ナショナリストでありさえすれば良いと言うものではないのは当然です。

と、まあその話よりも、今回の件では、日本人はやっぱり立派だと思います。政府が頼りにならないなら、自らお金を出そうという人がいるわけですから。

なので、石原慎太郎偉いと言うより(この件ではよくやってくれましたが)、寄付した国民は立派であると言っておきましょう。

東北の復興のための寄付だってかなり集まりましたから、同胞のためや国土のため、すなわち日本のためなら金を惜しまない人もたくさんいると言うことでしょう。

まだまだ日本も捨てたものじゃないのかな、と、今日はいつもよりかなり楽観的にしめくくってみたいと思います(笑)。

↓ 尖閣の購入のために寄付して下さった方々は立派です、と思われましたらクリックお願いします。

↓ さらにお手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
お久しぶりです。更新再開したことに気付くのに時間が経ってしまいました。

櫻井氏等冷戦構造を引きずっている、あるいはアメリカ大好き人間(櫻井氏もアメリカ留学組です)は、TPPの危険性にも見て見ぬふりをすることが多いです。

石原知事も尖閣では良い仕事をしましたが、はたして他のことではどうでしょう。TPP反対だとは言いそうもない…都勝手に思っています。
中田耕斎 | URL | 2012/05/14 (月) 07:05:10 [編集]
耕さん、おひさしぶりです

何度か、再開しては中止を繰り返しましたが、今回は、まだ更新が続いています(笑)。もうすこししたらもっと忙しくなるので、またあやしいですが・・・

石原慎太郎はこの件だけですね、最近では。

TPPは賛成と言ってますし、新党の政策でもかなり変なものが混じっていました。

手放しに礼賛できる人物でないのは間違い無いですが、領土問題はまだ大丈夫かと思います(たぶん)。そういう分野限定で頑張って欲しいですね。
管理人 | URL | 2012/05/14 (月) 08:26:52 [編集]
日本人も捨てたもんじゃないですね。
このままマスコミも見て見ぬふりができなくなってくるのではないでしょうか。
愛国心に目覚めるいいきっかけになればいいなと思いますね。
マリモ | URL | 2012/05/14 (月) 10:57:17 [編集]
そうですね、領土問題は話が単純なので入門には良いかもしれませんね。中国の異様さと言うものもよくわかると思います。
管理人 | URL | 2012/05/14 (月) 17:40:13 [編集]
問題提起は成功したが、都民に心くだいてね
国が借れている土地を東京都が買い取る、石原知事のパフォーマンスに過ぎない、外国資本の使用、買い取りを
制限する事が最初にやること 報道特集のTVで、持ち主側の350億とか、そんな話もあるとか、なんか不愉快でした、適正な価格査定が領海、資源など難しそうで、短期間に政治目的化していて、石垣市の意向も尊重して、判断してほしい、知事は東京の問題解決に力をそそぎ、この島の問題は、国、石垣をふくめ、国民の英知を集め協議会
で判断すれば良い。もう目的は果たしたが 国がデタラメ
すぎるから。わかるが、注目されたい人だから、以外と都民は後回しても、平気な人だから、心配 
世太郎 | URL | 2012/05/16 (水) 11:27:48 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.