右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

小沢一郎に期待(笑)
今日はもちろんこのニュースについて!

<小沢元代表無罪>指定弁護士「ほとんど有罪」

毎日新聞 4月27日(金)1時18分配信
<小沢元代表無罪>指定弁護士「ほとんど有罪」

 政界の実力者に下された無罪判決。「完全な無罪」と評価する小沢一郎・民主党元代表の弁護団に対し、検察官役の指定弁護士は「ほとんど有罪」と悔しさをにじませた。「市民感覚」を反映した検察審査会の判断に結果的に「ノー」を突き付けた東京地裁の判決は、関係者に大きな波紋を広げた。【伊藤一郎、鈴木一生、山本将克】

【虚偽記載事件】小沢一郎元代表に無罪判決…東京地裁

 ●笑顔の元代表 「そうか、そうか。ありがとう」。判決言い渡し後の104号法廷別室。判決内容を詳しく説明する弁護団の弘中惇一郎弁護士の言葉に、元代表は緊張が解けた様子で笑顔を浮かべた。公判を毎回傍聴し、同席した民主党の辻恵衆院議員が「おめでとうございます」と声をかけると、「ありがとう」と右手を差し出し強い握手を交わした。

 これから記者会見に臨むことを告げる弁護団。元代表はコメントだけで対応する意向を示し、関係者が運転する黒いワンボックスカーに乗り込み、東京地裁を後にした。その後、「裁判所の良識と公正さを示していただいたことに敬意を表する」とのコメントを出し、自宅に閉じこもった。

 ●弁護団けん制 弁護団の会見。弘中弁護士は「完全な無罪と受け止めている」と断じた。元代表が「政治的抹殺が目的」とまで批判した検察の捜査手法にほとんど触れない判決内容には「物足りなさが残る」と不満を見せたが、すぐに笑みを浮かべ、「要は結論」と言い切った。

 秘書らとの間に虚偽記載の「報告・了承」があったと認定した上での無罪判決だが、喜田村洋一弁護士は「一昔前なら『可能性』があれば有罪だった。(今回の判決は)『可能性』があっても故意や共謀を認定できないという刑事裁判の本道に立ち戻った判断だ」と強調した。

 判決が批判した、元東京地検特捜部の田代政弘検事の捜査報告書問題については「(検察が)きちんと起訴して、裁判所の判断を仰ぐ方向でやっていただきたい」と注文。指定弁護士に対しては「控訴は思いとどまるという結論をしていただくことを強く期待する」と、けん制した。

 ●控訴明言避け 弁護側に続いて会見した指定弁護士の大室俊三弁護士は「結論として主張が受け入れられなかったが、私どもが指摘した個々の点はほとんど否定されていない」と無罪判決に疑問を呈した。山本健一弁護士も「争点は、ほぼ我々の主張が認められているが、結論は逆方向」と不満をあらわにした。

 弁護士同士が相対する異例の裁判に、指定弁護士には疲労の色もうかがえた。村本道夫弁護士は「無罪でも有罪でも(指定弁護士としての任務は)今日で終わりかなと思っていた。控訴については3人で話さなければならないが、これからとなると、ちょっとつらい」と明かした。

 裁判では捜査報告書問題で強制起訴の有効性が争点になり、指定弁護士を苦しめた。それでも大室弁護士は「判決を聞く限り、検察審が起訴すべきだとした議決は、不合理な決断ではなかった」と、公訴棄却という最悪の判断が示されなかったことを評価した。

 焦点の控訴について、山本弁護士は「無罪理由を検討し、納得できなければ、控訴する」と説明。大室弁護士は「(控訴しても、しなくても)政治的影響はある。そうした影響を考えて判断したくはないので、司法の問題として考える」と述べるにとどめ、明言を避けた。

 ●関係者の困惑 検察審の補助役を務めた吉田繁実弁護士は「ほぼ事実関係を認め、重要な争点だった秘書の報告、了承を認めながら、無罪としたのは、全く予想外。ここまで詳細な認識が要求されるのなら、政治家本人が政治資金規正法違反で有罪になることはない」と非難するコメントを出した。

 今回の判決で自身の違法行為を再び認定された元秘書の石川知裕衆院議員は、複雑な表情を浮かべた。今年2月の結婚披露宴で「私のことで大きな荷物を背負わせてしまった」とスピーチしてくれた元代表。その無罪判決には「ほっとした」と素直に喜んだ。一方、「2度目の有罪判決」を受けたことについては「罪を犯そうと思ってやったわけじゃないが、結果として小沢さんが無罪になったことで、判決は良しとしなければ」と言い聞かせるように話した。

 ◇控訴、指定弁護士側「これから検討」

 控訴について、指定弁護士側は「これから検討したい」とし、通常の刑事裁判と同様に2週間以内に控訴できる。初の強制起訴裁判となった那覇地裁の無罪判決(3月)でも指定弁護士が控訴した。ただ、検察審査会法は指定弁護士の職務について「公訴を提起し、公訴の維持をするため検察官の職務を行う」と定めるだけで、控訴審の指定弁護士の人選などについて規定はない。制度づくりに関わった法務省幹部も「明確には言えない」という。

 一方、指定弁護士の報酬は政令が「審級ごとに19万~120万円」と定めており、1審、2審、上告審でそれぞれ120万円を上限に支払われる。【坂本高志】


今回の件では、小沢氏が完全に潔白だったと言うより、むしろ検察に助けられたと言うことだと思います。

小沢擁護の人たちは検察の背後に何かが・・・みたいな陰謀論を言っていて、それは私には信じられませんが、検察が暴走した部分があったのは確かでしょう。

暴走と言うより、功を焦ったと言うか、贈収賄として立件したかったから、捜査が暴走したのかと思います。

それに検察の不祥事がいろいろあり、世論の批判が検察にむいていました。マスコミもキャンペーンをやっていましたから。

そんな状況もあり、最近の裁判所は世論をうかがう傾向が強くなっています。

その結果として、ほとんど有罪にもかかわらず、検察の手法への批判や検察を悪者にしたがる世論に迎合した形での判決だと思います。

と言うか、検察の証拠がほとんど採用されませんでしたので。すべてがでっちあげたものばかりではないのに、検察が余計なことをしたばっかりに、自分たちの信用をなくしてとり逃がしたと言うところでしょう。

しかし、彼はやっぱり議員辞職すべきです。

政治資金規正法の虚偽記載は明らかですし、それで秘書が有罪になっています。たしか3人とも有罪だったでしょう。

これは、自民党政権時代の自民党議員ならば、即刻辞職しなければならないレベルの不祥事です。

ところが、民主党政権になってから、なぜかマスコミは政治家を批判する基準を変えたとしか思えません。

自民党時代なら、それこそ同じ報道ばかりひたすら繰り返して、とにかく議員辞職するまで騒ぎ続けていたくせに、小沢問題ではそうなっておらず、なんか検察批判を熱心にするマスコミも多かったのです。

これは、あんまりにも不公平すぎます。

ただ、無罪判決が出てしまったことはしょうがないでしょう。控訴したら有罪になる可能性も高いように思いますが、とりあえず小沢が復権するようなら、彼にまともなことをしてもらうしかありません。

豪腕、小沢一郎に何を期待すべきか、いや、何が期待できるか!?

私はさんざん彼には期待できないと書き続けてきましたが、一つだけ彼に期待できる、それこそ実績にあることがあります。

政党をぶっ壊すことです(笑)。

それ以外の一切のことは実績がありませんし、途中で失敗ばかりしています。変な改革ばかりにかかわってきました。

彼のやったことで、成功(失敗)したことと言えば、政党を作っては壊し・・・のくりかえしです。

従って、彼に一番期待できるのは、民主党をぶっ壊してもらうことです。それならば応援します。

たまたま彼は消費税増税やTPPには反対しています。まあ今までさんざん間違った政策ばかり訴えてきた彼が、めずらしく偶然から正しいことを言っている訳ですから、その部分では頑張っていただきたいと思います。

そして、民主党をぶっこわして下さい。

↓ 小沢一郎には民主党をぶっ壊して、みんないっしょに消えてくれることに期待すると思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
確かに信頼はできませんね
最初に、先日の”ズレているマスゴミ”にてコメントいたしましたが、極めて工作と思われる書き込みに対して変に反応してしまい、コメント欄を汚してしまいました。お詫び申し上げます。
//---------------------------------

>たまたま彼は消費税増税やTPPには反対しています。まあ今までさんざん間違った政策ばかり訴えてきた彼が、めずらしく偶然から正しいことを言っている訳ですから、その部分では頑張っていただきたいと思います。

そうですね。私も、民主党が空中分解してくれることを願います。

ただおそらく過去の経緯から、政局がすべてであると推測できますので、日本国民が利益になること以外の利権に彼を振り向けさせないように、手を打つ必要はあると思います。現状では、中共に目を付けさせないようにすることが重要と思います。
Sura | URL | 2012/04/28 (土) 01:35:12 [編集]
マスコミは検察批判を極力抑えていたという認識です。
キャンペーンなんてやってました?検察審査会が開かれていなかったとか、元検事総長の不祥事で検察は借りがあるとか真実をまるで報道してませんよね。
それでも検察批判が盛り上がったのは、真実を求めるブログやツイッターなどのオルタナティブな情報網のおかげです。
小沢氏の過去の言動には賛否ありますが、今回の判決は三方一両損的な八方美人判決と言えると思います。
| URL | 2012/04/28 (土) 21:07:09 [編集]
今さら ジロー 5・8 リコール 票割れ選挙
小沢さんは 無罪となる。
この場合も 指揮権発動が 適用できたのだろうか?
長い時間において 信用を なくしていた。
次期 総理と噂された 小沢さん お金を たくさん 持っているナァ。政治家が活動維持していくのに いくら必要なのかなぁ?
政治献金というのは 募金かなぁ?
消費税増税反対の小沢さん この件は どうなるのだろうか?
もし これで 小沢陣営が 動いて 消費税増税阻止できたら、野球でたとえるなら
9回裏 ツーアウト 満塁逆転ホームラン みたいな感じかなぁ。優勝争いのミラクル~
ちなみに 小沢さんは イチローです(笑い)
政治研究会(名前検討中
村石太レディ&ジュリア | URL | 2012/04/29 (日) 19:32:30 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.