右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

ズレているマスゴミ
今日はちょっと毛色の違った話を・・・

こんなニュースを見かけましたので、気になって調べてみました。

DVD「ドラえもん」が回収・交換へ!「児童にはふさわしくない言葉が書き込まれている」

シネマトゥデイ 4月23日(月)17時30分配信

 回収・交換の原因となったのは「一生に一度は百点を」という作品。具体的な「いたずら書き」の内容については伏せられているものの、小学館は「児童向けアニメーションにはふさわしくない言葉が書き込まれていることがわかりました」と説明。問題となっているのは映像にして約2秒間のものだが、すでに店頭にあるものについては販売会社を通じて返却してもらい、購入者については連絡があり次第、修正したDVDと交換するという。

 今回の事態について、小学館は「当該場面をご覧になり、不快の念をいだかれた方に、心よりお詫びを申し上げます。また長きにわたり事態を掌握しなかったことを、深く反省しております」と謝罪するとともに「『ドラえもん』は、世界中の子どもたちに夢と希望を届ける作品です。これからも皆様のご期待に応える、魅力ある作品をお届けできるよう努力してまいります」との声明を発表している。

(以下略)


さて、一体どんな落書きなのかと調べてみたら、わりとすぐ見つかりました。

120424.jpg

一番下の行に「コンドーム」と書いてあります。

まあ、くだらない下劣ないたずらとは思いますが、これが2秒間映っていたからと言ってなんだと言うのでしょうか?

そんなことで、ここまでする必要があるとは思えません。それくらい、ほっとけば良いでしょう。

小学館の過剰反応と思いますが、過剰反応するには理由があって、マスコミがくだらないことで騒ぐからでしょう。

騒がれる前に対処しないと・・と言う恐怖症なのかと思います。

まあ、最近は少子化ですし、子供がからむと自分の子供のためには狂ったように見境無くなる親も多いみたいですから、気持ちはわからないでもないですが・・・

しかし、別に命にかかわるような話でもないのに、ここまですることもないでしょう。

ガスファンヒーターのトラブルとかとは違うのですから。

でも私は、小学館と言う企業を批判する気はありません。おかしいのはマスゴミです。

マスゴミに騒がれることにおびえて、社会がどんどんおかしなほうへと改造、改悪されています。

マスゴミは重要なことはさっぱり報道せず、自分たちのイデオロギーで勝手な報道をする。くだらないことで大騒ぎする。

そんなマスゴミのせいで、本来はそれなりの常識を持っていたはずの日本人は完全におかしくなってしまいました。

その典型が、「構造改革」であり、「政権交代」であり、そして「大阪維新」でしょう。

一時、B層とか言ってマスコミに簡単に誘導される人たち(世論)を批判しましたが、確かに考えてみれば、マスコミの力にはかなわないのが普通の生活者です。

マスコミがまともに社会的な責任を果たしていないせいで、だまされて洗脳されておかしくなってしまった人がたくさんいるわけです。

そういう人たちを見下してもしょうがないと思います。

何とか洗脳から解き放つ必要があるでしょう。

そのためには、やはり、身の回りの人たちからまともにしてゆくしかありません。

さりげなく、マスコミのくだらなさ、ばかばかしさ、偏向ぶりなどを会話を通じて伝えて行くしかありません。

↓マスゴミは本当にくだらないことで騒いで日本社会を改悪していると思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
ダブルスタンダード
これは児童ポルノ法に関係した布石と思います(http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/287.html)。

つまりこのようなコンテンツにおいて、因縁をつけて問題を針小棒大にすることによって、上記の法律を可決させるための世論作りに利用するということと思います。

もしそれによって可決施行となったら、例えばマスゴミ(のクライアント)にとって都合が悪い組織に対して(例えば保守系団体の代表などに、例)三橋氏、瀬戸弘幸氏、ねずきち氏)に、ポルノ画像を送りつけて(デジタル、アナログ問わず、郵送の可能性も)単純所持に抵触し、それによって裁かれ大きなダメージを被るということも考えられます。

つまり、ゲシュタポをマスゴミ側が得るための過程と想定するべきと思っております。

一方、1980年代後半から「おすぎ、ピーコ」などテレビでいわゆるオカマを使いだし、ここ10年近く大量にオカマを出演させております。

猥褻という言葉を検索すると(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%9B%E3%81%A4)、”わいせつ(猥褻)とは、事実概念としては、社会通念に照らして性的に逸脱した状態のことをいう。”というもので、それに照らし合わせると明らかに猥褻であるとなります。

そして、それをかわすために、「性同一性障害」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3)という言葉を流布して、このような批判を抑えこむ目的であったと思われます。実際、その引用サイトの歴史の章において、
”2001年10月11日−2002年3月28日、ドラマ『3年B組金八先生』第6シリーズにおいて、主人公の一人に性同一性障害を抱える者として描かれた。当時この番組で初めて性同一性障害を知ったという人も多く、一般に広く知られるきっかけとなった。”
という事例がありました。それ以外の番組にも、その用語を刷り込ませ猥褻行為の指摘を人種差別とすりかえ言論の封鎖をしたのだと思います。

しかし、テレビ(地上波)は災害情報も流している公器であるわけですから、「視なければ良い」というものではなく、視なければならないような存在です。つまり、一家一同、老若男女視るものに、平然と毎日必ずオカマを出す状況は、異常以外何物でもありません。

つまり、性的表現の規制に関して、アニメや漫画にはそれを取り締まるが、大手メディアが握っている媒体には、規制せず敢えて露骨に猥褻なコンテンツを流し続けております。

恐らくその狙いは、児童ポルノ規制に関してはゲシュタポとしての役割と、テレビなどのオカマの多用は、日本人同士の分断、男女分断、家族構成の破壊、家族形成の阻害を目的とした、日本内部の弱体化工作と思われます。

確りとしたデータがないので厳密には言えませんが、東南アジア(米と支那の軍事境界国)においては不思議とオカマが有名です(フィリピンやタイ等)。

何れにせよ、この件は、ただ単に下らない事に茶々を入れたのではなく、無駄なく計画的に仕込んだことと考えております。
Sura | URL | 2012/04/24 (火) 23:30:44 [編集]
これはこれは、とっても参考になるお話ありがとうございました。

児童ポルノ法のやばさについては私はあまり考えたことが無かったですが、こういった規制は運用する者に大きな裁量権を与えるので慎重に考えねばなりませんね。

オカマの多様は私も苦々しく思っていましたが、そういうことがみなつながっているとは、たしかに言われてみればその通りで、おそろしいことが着実に進行しているのですね。

やはりマスゴミは何とかしなければなりませんね。
管理人 | URL | 2012/04/25 (水) 08:28:51 [編集]
Suraさんはオタクのプロパガンダに騙されてるのでは。むしろ針小棒大に騒いでいるのはオタクのほうで表現規制でも何が問題だったのか。オタクは表現規制をすればナチスドイツのようになると言うが、同じことをしてる国でそうなったところを私は知らない。むしろ萌えやエロ漫画のせいで正当な漫画が衰退してるのだから漫画界にとってはメリットが大きいでしょう。児童ポルノとの関連でいえば、業務のPC化で紙の使用量が減るかと思ったら逆に増えてしまったように、エロ漫画が増えれば逆にアダルトビデオや性犯罪が増える可能性だってある。むしろ状況を悪化させるのでは。諸外国ではエロ漫画は発達していないのだから統計的な参考にはならないし、児童ポルノは現実の問題として大きなものなのだから、単純なオタクのプロパガンダではなく真剣に議論されなければならないでしょう。
見えざる足 | URL | 2012/04/26 (木) 14:55:57 [編集]
やはり気になりましたか
「オタク」という言葉も、マスゴミによて1990年初頭に流布した言葉ですね。これも恐らくベビーブームに生まれた昭和47~49年ごろの思春期に相当する年代において、男女離反を誘発するように流布した言葉と思われます。

これは「オタク」とカテゴライズされるような性格の持ち主は、同時に職人気質であることと、日本の技術力が世界的に顕在化した時期と重なり、敵性国家にとっては日本の技術者が後世に伝承しないように阻害する目的が想定されます。

またバブルであるにせよ経済が成長していたことから、敵性国家にとっては、待ったなしの状況であったと想像できます。ちなみに上念司氏の意見ですが、この時期において、ロシアは、日本は経済成長し続けているにもかかわらず停滞していた状況でした。その国力の差から本当に北方領土を取り返すことができたかも知れない、と仰っておりました。

さて前置きはそこまでにして、
>見えざる足
お勤めご苦労様です。

>Suraさんはオタクのプロパガンダに騙されてるのでは。
マスゴミが針小棒大に流布しました。それ以上でも以下でもありません。そもそもオタクとどう判断するの?

>オタクは表現規制をすればナチスドイツのようになると言うが、同じことをしてる国でそうなったところを私は知らない。
他の国に有るか無いか問題ではなく、法的に可能であるといったまでです。

>むしろ萌えやエロ漫画のせいで正当な漫画が衰退してるのだから漫画界にとってはメリットが大きいでしょう。
角川書店をはじめとした出版界は、そのために東京アニメフェスタをボイコットまでしているのですよ。と言いますか私の趣旨とは全く関係ないことを言われても知りません。

>児童ポルノとの関連でいえば、業務のPC化で紙の使用量が減るかと思ったら逆に増えてしまったように、エロ漫画が増えれば逆にアダルトビデオや性犯罪が増える可能性だってある。
児童ポルノと、紙媒体のデジタル化とは全く次元の違うことです。何を比較しているのか訳が分かりません。

>エロ漫画が増えれば逆にアダルトビデオや性犯罪が増える可能性だってある。
可能性があるといっても、実際増えたのですか?逆に規制することによって性犯罪が増えたデータはたくさん確認できますが(http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51482504.html)。

>諸外国ではエロ漫画は発達していないのだから統計的な参考にはならないし
エロ漫画の発展度と統計とは全く関係ありません。前者は文化的なことに対し、統計は数学的なことで、サンプル数、サンプルの属性、サンプルに対する応答(アンケートとして言い換えれば被験者に対する質問の仕方など)によってその質が左右されるものであって、エロマンガの発展度がどうだかは全く関係がありません。

と言いますか、さんざん統計的に論破されたので苦し紛れに諸外国の統計(都合の悪い統計)を否定したいだけでしょ?

>児童ポルノは現実の問題として大きなものなのだから
如何いう問題?

>単純なオタクのプロパガンダではなく真剣に議論されなければならないでしょう。
工作員に議論の余地はありません。

最後に、オタクであれマスゴミであれ、貴方はなぜ針小棒大であるとしたのですか?児童ポルノに賛成の立場なら、子供が見るコンテンツに「コンドーム」なる単語が躍っているのですから、逆に大々的に報道して当然と判断するはずなのに、なぜ程度問題で一致したのですか?矛盾していません?

管理人様、上記のようにコメントを汚して申し訳ございませんでした。

しかしながら、この問題は相当根が深いことが、工作員がコメントを仕掛けたことによって逆に証明したと思われます。

過去に、”瀬戸弘幸氏のブログ”、”ねずきちのひとりごと”、”日本が好きなだけなんだよ”に性やオカマに関したコメントを付けたら、必ずこちらに書いたようなコメントを仕掛けてきました。

表面的に分かることでも男女雇用参画に10兆円もの大量な資金が投入されており、且つ宗教団体の収支が開示されていないのですから、それに関連した工作資金も相当の規模と推定できます。

やはり、とてつもなく大きな力が、日本人同士の男女離反、家族構成の破壊、家族形成の疎外を目論んでいると想定したほうが良さそうです。
Sura | URL | 2012/04/28 (土) 01:23:51 [編集]
 いや「オタク」は1980年代に中森明夫が言い出したものです。男女離反は関係ありません。

 それにオタクはただの消費者であって、他に類するものがあるとすれば、儒家や教養人といったもので、職人気質とは関係ありません。アニメや漫画を作っている人はオタクではない人たちで、オタクで有名な作家というのはほとんどいません。理科系の技術とも一切無関係です。

 むしろオタクの激しい中傷や下品なコメントで精神を病む人が増えています。オタクの民度の低さはもはや犯罪です。

 オタクはネットでは圧倒的な多数派で、一番うるさいのだからオタクから取り締まるのは当然のことで、順次それ以外のものも取り締まっていけばいいだけです。コンビニにこれだけエロ本が並んでいることは異様なことです。

 オタクを持ち上げたところで何も生まれません。オタクは何も作ってないのだから(ポルノ以外)。

 あとちょっと批判されたら、工作員では話にならない。
見えざる足 | URL | 2012/05/01 (火) 16:45:19 [編集]
多少ギャラがいいのかな?
>いや「オタク」は1980年代に中森明夫が言い出したものです。男女離反は関係ありません。

私は、流布したと書きました。

一例として、マスゴミが流布した影響が国際結婚の推移にも、はっきり表れている。
1990年以降急激に増えている国際結婚
("http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/6310919eb3953ebe8177aca40907d69d")。
男女離反に関係ないとは恐れ入る。

私が突っ込んだところに、全く答えられないくせに

>あとちょっと批判されたら、工作員では話にならない。

とは呆れる。

そもそも私は、マスゴミのダブルスタンダードを指摘したわけだ。

ちゃんと人の意見を理解しないで都合よく歪曲して勝手に答えるその行動は、まさに工作員の手口だ。

だから議論にならない。

はっきり言って迷惑だ。
Sura | URL | 2012/05/02 (水) 00:36:43 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.