右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

他国にほめられ喜ぶバカ
他者から高く評価されると言うことは一般には良いことで、逆に批判されるのはあまり良いことではありませんが、しかし、外国人が日本を評価したり非難したりすることにたいしては、単純に考えてはいけないと思います。

自国の国益(もしくはエゴ)のために他国を不当に非難すると言うことを平気でやる国などざらに存在します。

大国であればあるほど、そこらへんはしたたかです。

ところが、日本人はわりとそのへんには疎いように思います。

また、そういう意図が無くても、他国のことと言うのはなかなかわかりにくいものです。文化も習俗も違いますし。

なので、他国が日本を批判しているからと言って、間違っていればしつこく反論すると言うことが重要です。

逆に、日本をほめてくれる場合も要注意です。

こんな記事を見かけました。

米のワシントンポスト誌が、野田首相は日本のリーダーとしてはここ数年でもっとも賢明だと言っているらしいです。

ここ数年で最も賢明なリーダー…米紙が首相評価

 【ワシントン=中島健太郎】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は19日、野田首相へのインタビューをもとに「日本は難しい決断ができるか」と題する記事を掲載した。

 記事では、首相が取り組んでいる四つの「困難な問題」として、消費税率引き上げ、原発再稼働、沖縄の米軍基地再編問題、環太平洋経済連携協定(TPP)参加を挙げた。

 首相はこれらに同時に答えを出そうとしているとし、「ここ数年で最も賢明なリーダー」と評価している。

 首相の政治手法については「伝統的な日本のリーダーがとってきた地味なものだ」としつつも、困難な政策課題を克服できれば「他国の見本となるリーダーになる」と持ち上げている。その一方で、「派手なだけで問題解決能力がなかった首相」ばかりが続き、「米政府内では野田首相をどこまで支えるかという方針が定まっていない」という見方も紹介している。
(2012年4月20日22時46分 読売新聞)


ここ数年でいちばんまともと言うことは、鳩山や菅と比較しているようです。

記事だけ見るとここ数年と言うのが何年くらいのことかわかりませんのでわかりにくいですがこちらで原文が引用されているので、鳩山・菅と比べて、と言うことがわかります。

But after two relatively flamboyant but utterly clueless premiers, Noda’s solidity is welcome.
 「しかし、2人の派手で無能な総理の後では、野田の堅実さは歓迎されるのだ」


とあるようです。

でも、この二人と比べてもしょうがないでしょう(笑)。

この3−4年で言えば、一番まともなのは麻生首相だったと思います。

でも、本当に野田は民主党政権になってから一番まともと言えるでしょうか?

私は、野田首相など、やっていることがほとんど菅直人とかわらないと思います。同レベルです。

TPP推進、消費税増税・・・どちらも自分の頭がからっぽだから、官僚に洗脳されている証拠です。

違いと言えば、菅は脱原発だが野田はそうでもないと言うくらいでしょう。

それから、消費税増税とかTPPと言う点で言えば、野田は鳩山より悪いです。

したがって、野田首相を菅直や鳩山と比較してみても、菅直人とはほとんど同じ、鳩山とは悪い部分が多少違うだけで、これをもって「ここ数年で最も賢明なリーダー」などと言えるとは思えません。

賢明と言う言葉がまったくあてはまらないと思います。野田など、むしろ「かなり愚鈍」と言うイメージです。

まあ、そもそもワシントンポストなどと言うアメリカの新聞に日本の首相をまともに評価などできるはずがないのです。

朝日新聞と反日で連携しているような新聞ですから。ネットで調べればいくらでも出てくるでしょうから詳細は書きませんが、私の記憶だけでも、拉致問題と慰安婦問題を同列に報道したりなど、ろくでもない新聞です。

なので、日本のマスコミがすべきことは、「ワシントンポストなどろくでもない新聞である」と言うことを、日本国民に、そして世界に発信することのはずです。

なのに、あの労害ジジイであるナベツネが支配する読売新聞は、「ワシントンポストが日本の首相を賢明と言ってくれてますよー」と無邪気に報道しているわけです。

それも、こちらで引用されている原文をよく読むと、本当にそんなに高く評価しているのかどうか微妙のようにも思えます。

たぶんこの部分

But after two relatively flamboyant but utterly clueless premiers, Noda’s solidity is welcome.
 「しかし、2人の派手で無能な総理の後では、野田の堅実さは歓迎されるのだ」


これから「ここ数年で最も賢明なリーダー」と報道しているのだとしたら、内容を歪曲していると思います。

これって、「野田の前の二人はろくでもなかった」と言っているだけであって、「野田が賢明だ」とまでは言ってませんので。

まあ、引用先の文章が、ワシントンポストの原文をすべて引用しているかどうかわからないので、他にもっと褒めている箇所があるのかもしれないと思い、検索してみると、オリジナルのワシントンポストの記事はこちらにありました。

そして、その全文和訳を掲載してくださっているブログも見つかりました。こちらです。

リンク先の訳を拝見すると、どうでしょうか?アメリカとしては前の二人のアホよりは野田のほうを評価していて期待もしていると言うふうには読めますが、賢明とまで言えるかどうかは、今後の彼の出す結果次第と言うふうに読むのが普通だと思いますが・・・それもアメリカの都合で書かれています。

いずれにせよ、読売新聞は消費税増税とTPP参加を支持していますから、こうやって野田首相を応援しているのでしょう。本当にクズ新聞です。

朝日もクズなら読売もクズです。

それから、話はすこしそれるかもしれませんが、日本国民諸君ははあまり他国の政府からほめられてそれを無邪気に喜んだり、逆に他国の政府から日本政府や政治家が批判されたりすることを真に受けるべきではありません。

日本人はどうしても、まわりの顔色をうかがって、周囲の人をよろこばせたり、他者からの評価を気にするところが多いように思いますが、それは国内の人間関係においてなりたつだけであって、文化や常識の異なる外国あいてにそれをやってはいけないのです。

それが、平和ぼけというやつです。

私のブログなど読まれるみなさんは、もうご存じでしょうが、中国の兵法書である六韜には以下のように書かれているそうです。

・交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が「有能」ならば何一つ与えず返せ。

・交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が「無能」ならば大いに与え、歓待せよ。

・そうすれば、隣国では「無能な者が重用され」、「有能な者が失脚する」そしてやがては滅ぶ。

ついでに言えば、こんな言葉もあります。

隣国を援助する国は滅びる。(マキャべリ)

国家間に真の友人はいない。(シャルル・ド・ゴール)

もちろん、こういう側面だけがすべてではないとは思いますが、日本人はやはり善良な人々が多いように思うので、少しはこういう言葉を参考にしたほうが良い、他国相手にならばなおさらだと思います。

↓ 他国のクズマスコミのクズ評価を世論誘導に利用するクズ新聞などもういらないと思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.