右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

石原新党白紙!?
今日はこの話で・・・

石原新党「話漏れる、愉快ではない」白紙に

読売新聞 4月12日(木)16時16分配信

 石原慎太郎東京都知事は12日、国民新党を離党した亀井静香前代表や、たちあがれ日本の平沼代表らと検討していた新党結成について、「一回、白紙に戻す」と述べ、構想を仕切り直す考えを表明した。

 石原氏を中心とする新党や、地域政党・大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)などは、民主、自民の2大政党に対抗する「第3極」結集を目指しているが、その行方は不透明になってきた。

 石原氏は、ワシントン出張前に成田空港で記者団の取材に応じた。新党構想について、「わけの分からない話がボロボロ漏れている。愉快ではない」と述べ、5月末に国会議員20人前後で「石原新党」が結成されるとの一部報道に不快感を示した。そのうえで、「仕切り直し。俺1人でもやる。やる必要があるならば」とも語り、これまでのメンバーにとらわれず、再検討する考えを示唆した。次期衆院選の時期が不透明なため、石原氏としては、「結党を急いでも『第3極』として求心力を保てない」(関係者)と判断したようだ。


石原慎太郎が新党を作るのは勝手と言いますか、かまわないのですが、問題は平沼氏です。

私は平沼氏には石原慎太郎や橋下徹らと組んで欲しいとはあまり思いません。

むしろ、自民党にいるまともな議員らと組んで欲しいと思っています。自民党に戻って自民党内で力を発揮してもらって、自民党をまともな保守政党にしてもらうほうが良いのではないかと思います。

もちろん、マスコミは自民党にたいしてアンフェアな報道を続けていますから、世間では自民も民主も同じと言う空気になっており、第三極をと考えられるのはわかりますが。

あいかわらずマスコミは、民主党は悪さしてもろくに報道もしない、大臣があやしげな商売をしていたり、公職選挙法に違反するようなことをしていても、さほど報道しません。

これが自民党政権下だったら、社会の状況などおかまいなしに閣僚や首相を叩きまくってひきずりおろそうとするくせに、民主党の、特に新自由主義的な野田首相みたいのがトップにいると、不思議なことに余計に叩かないで守ろうとします。

自民党の時は、何かあるとすぐに解散しろ解散しろと合唱していたのが、最近では、選挙はお金がかかるから無駄なのでやめとかとか言う始末です。

自民党から政権交代させる選挙は国民の権利なのに、その逆だと税金の無駄遣いになるようです。まったく、公平さのかけらも無い報道で、あきれ果てます。

そんな状況ですから、自民党に戻っても厳しいと判断されているのかもしれませんが、訳のわからない相手と組むのもどうかと思います。

石原慎太郎や亀井静香らと組むのでも微妙な感じなのに、橋下徹との連携も視野に入れるとなると、まったく期待できません(連携できるとも思いませんが)。

なので、せっかく石原新党の話が一端白紙にもどったのですから、平沼氏は無所属の議員で考え方の近い人たちを引き連れて自民党に戻って、自民党の中で力を発揮するのが良いのではないか・・・と思います。

まあ、たぶん選挙が近くなったらまた石原新党の話は出てくるのかもしれませんが、保守色の強い政党はどっちみちマスコミに受けませんし、受けるとしたら橋下氏のような「破壊的な改革」をアピールするような場合に限るでしょう。

平沼氏にはそんな馬鹿げた動きに関わっていただきたくないと思います。

↓ クリックいただけますと、更新のはげみになります。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.