右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

ユニクロは日本没落の象徴
日本企業の強みって何でしょうか?

かつては日本製の自動車や家電製品が世界市場でもてはやされました。

もちろん、現在ほど円高ではなかったと言う環境要因もありますが、かつての日本企業には強い国際競争力があったのは確かでしょう。

その原動力となったのは、国内市場における熾烈な競争、良い物を見極めることのできる口うるさい消費者、消費者目線にたったサービスと物作り・・・この3点ではないでしょうか?

これらの結果として、自動車にしろ家電製品にしろ、ものすごく良い商品が比較的手頃な価格で作られたのだと思います。

もちろん、背景には、経済成長と言うことがあり、国民はそれなりに豊かになり、豊かさが増す状況だったと言うことがあります。なので、良い物さえ作れば価格競争などせずに売れたのだと思います。

そうです、価格ではなく、付加価値と言うか、製品そのものの質によって競争をしていたわけです。

そうやって、国内でもまれてレベルの高い物作りの技術やサービスがみがかれて、それを海外に持って行ったら、当然のことながら、ものすごく評判が良かったと言うことでしょう。

従って、国内での競争や目の肥えた消費者のおかげで国際競争力がついたと言って良いと思います。

ところが、最近はデフレで所得が減り、みんな安い物ばかり追い求めるようになってしまいました。

国内での企業の競争でも、商品やサービスの質よりも価格競争の比重が大きくなっていると言うか、安さを売りにすることが多くなっているように思います。

しかし、価格競争では日本と言う国そのものの国際競争力は弱まるばかりでしょう。

まず、円高ですし、どう考えても国内で生産したものを海外で安く売ることはできません。と言うことは、当然のことながら、労働賃金の低い外国で生産して売ると言うことになりますが、それではほとんど日本企業ではありませんから、そんな企業が国際競争力を強めたとしても、日本国民にはあまり利益がありません。

日本の国力が低下すれば、日本と言う国の競争力は弱まるに決まっています。

その象徴が、ユニクロと言う企業です。

米フォーブス誌が世界長者番付 日本人はユニクロ柳井氏がトップ
2012.3.8 12:29 [なんでもNo.1]


 米フォーブス誌が7日発表した2012年版の世界長者番付によると、米国や新興国の緩やかな景気回復を背景に、10億ドル(約810億円)以上の資産を所有する「富豪」が前年より16人増え、過去最多の1226人となった。

 首位は3年連続でメキシコの実業家カルロス・スリム氏で、資産額は前年比約50億ドル減の約690億ドルだった。2位は米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、3位は米著名投資家のウォーレン・バフェット氏。上位3人は昨年と同じ顔触れ。

 日本人のトップは「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長の88位。資産は100億ドルだった。

 国別では米国が前年より12人増の425人となった一方で、これまで順調に数を伸ばしてきた中国は20人減り95人となった。日本は24人だった。(共同)


このような企業が急成長していると言うのは、皮肉なことですが、日本と言う国が急速に没落していることの象徴だと思います。

ユニクロは、安い服を売っているだけの企業です。

かつての日本を代表する企業は、自動車や家電メーカーに限らず、何らかの高い技術や性能を売り物にしていました。

ところが、今や、単に安い服を売るだけの企業が日本を代表するようになりつつある訳です(これは言い過ぎか?)。

これも、デフレのせいでしょう。

デフレで多くの国民の所得が減り、安いものしか買えなくなった、そんな没落する日本を象徴しているのが、やはりユニクロと言う企業だと思います。

日本企業の本来の強さは、質の高い商品を開発すれば、それを評価して買うことができる消費者によってもたらされていた部分が大きいのです。

そのためには、国民の所得を増やさなければならない、少なくとも、賃金の低下にはどめをかけなければならない、分厚い中間層を増やさねばならないのは間違いありません。

デフレを脱却して、ぶあつい中間層をとりもどさない限り、日本企業に「国際競争力」などもどりはしません。

でなければ、ただグローバル化に適応するだけ、価格競争するしか能の無い企業ばかりが成長して、国民は貧しくなる一方、日本と言う国は没落する一方です。

やはりデフレ脱却と経済成長は、国力の維持・増強と言う点からも、絶対に必要な方向であるのは間違いなさそうです。

↓ 本当の意味で日本企業が国際競争力を取り戻すには、デフレ脱却が必要だ、と思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
自分の年間所得は、統計上では全労働者の上位10%以内に入るそうです。
でも、ユニクロの製品は持っています。guもあります。
特に、インナー類や靴下、家着(寝間着含む)なんかは重宝しています。
その他の衣類は自分の趣味に合うものがないので購入こそしませんが、パーカー類やダウン類をみると、モノによってはコスト的に優れている商品もあります。
日本で生産したら、一万を超すだろうと思われる商品は沢山あります。

いつも疑問に思うのですが、ユニクロは海外生産してるから雇用云々とか安物とか言うじゃないですか?
じゃあ管理人さんは、ユニクロが国内生産に切り替えたらどうするんですか?
そうなれば国内雇用に貢献していますし、その雇用を維持するため商品の価格は上昇するから安物でもなくなります。
管理人さんが書いているユニクロを拒む理由はなくなるわけですから、管理人さんは優先的にユニクロを利用するんですか?
これは逃げずに答えてほしい。

ちなみに、私なら逆に利用しないでしょう。おそらく、多くの消費者も同じ行動にでるはずです。
理由は、価値がなくなるからです。

自由 | URL | 2012/04/07 (土) 11:34:00 [編集]
常にデフレが前提であるかのような質問をされても困りますね。間の抜けた質問はやめてください。あたなの質問はずれています。頭の中がデフレなのでしょう。

私はユニクロは日本で生産しろなどと一言も言ってませんよ。そんなことしたら会社がつぶれるでしょう。

ちなみに私はあの手の服とかほとんど買いませんので、ユニクロが中国で作ろうと日本で作ろうと、また、安かろうと高かろうとどっちみち買いませんので、そんなこと私に聞いても無意味です。

新自由主義者はミクロでばかり考えるからそういう質問をすぐにしてくるのでしょう。

今後とも、携帯から投稿してくるような人にはまじめに答えませんし、私から見てくだらないコメントはすぐに削除します。
管理人 | URL | 2012/04/07 (土) 13:35:13 [編集]
ろくなもんではないですね
あと、「グリー」とか「モバゲー」とか「皇潤」とか「にんにく卵黄」とか「グルコサミン・コンドロイチン」とかうんざりする。

前回「デフレ期においてイノベーションはない」とコメントいたしましたが、安ければよいや、先人の作ったパクリ(グリー、モバゲー)や、脅し(皇潤、にんにく卵黄、グルコサミン・コンドロイチン)と、はっきり言ってやくざな商売ばかりが幅を利かす様な経済状況でもあると思います。

さらに先日のエントリーでもそうですが、貧富の差が激しくなり、行き着くところ治安の崩壊にまで至る恐れがあります。

そして政界は相変わらずで、亀井氏を追い出したクズ6人と言い本当に腹が立ちます。

しかも、亀井氏が働きかけている石原慎太郎ははっきり言って新自由主義であると思います。とてもうまく連携できるとは思いません。

石原は寧ろ橋下と組みたがっており、とても支持できる勢力ではありません。

このような案件を平沼氏が抱えていますので、どう立ち回るのか不安で仕方ありません。
Sura | URL | 2012/04/07 (土) 16:12:33 [編集]
Suraさん、こんにちは

たしかに、怪しい企業、ろくでもない企業ばかりが成長していますね。

経済政策に関しては石原慎太郎や橋下より亀井静香のほうがずっとましなので、残念ですね。

平沼氏も自民党にもどって活躍してもらうのが一番良いと私は思いますが・・・石原&橋下と連携するなら、ちょっと心配ですね。

平沼氏は「保守基調の新しい勢力を作る」みたいにおっしゃってましたが、橋下など保守ではないと思いますので。
管理人 | URL | 2012/04/07 (土) 16:44:26 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.