右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

亀井静香をどう評価するか
消費税増税法案の閣議決定をめぐって、連立与党である国民新党がどう対応するのか注目されていましたが、結論は、党の分裂と言うことのようです。

国民新・亀井氏、連立離脱を重ねて表明 首相は容認 自見氏は署名へ 

産経新聞 3月30日(金)8時41分配信

 国民新党の亀井静香代表は30日、野田佳彦首相と会談し、連立政権を離脱する意向に変わりがないことを伝えた。首相は「残念だが仕方がない」と受け入れる考えを示した。

 一方、自見庄三郎郵政改革担当相は30日朝、国民新党の党本部で下地幹郎幹事長と会談し、自見氏が消費税増税関連法案の閣議決定に賛成する方針を改めて確認した。自見氏は会談終了後、記者団に「今日は国民新党の副代表として署名させていただく」と語った。

 自見氏は「(同党の)綱領では議員総会は最高の党の意思決定機関と規定してあるが、(昨晩に8人のうち)6人が全員、政権離脱はしないと(決めた)」と強調。その上で「消費税にいろいろ思いがあってもわが党は郵政改革に反対して立党した」と述べ、郵政改革見直しが最優先だと強調した。


確かに国民新党は、郵政民営化をみなおすためにできたような政党ですから、自見氏の言うようこともありえるのかもしれません。

いわゆる、族議員の弊害と言うやつでしょうか。

日頃は族議員にたいして多少擁護している私ですが、自分たちの利権のために国家に重大な害をなす法案に賛成するとなれば、話は別です。

その点、亀井静香も郵政の族議員のはずですが、態度が違うのは政治力や資金力の差によるものでしょうか!?

それにしても、この亀井静香という人物をどう評価すれば良いのか、私にはいまだに判断がつきかねます。

北朝鮮の拉致問題に関しては、長年その解決を妨害してきた議員として家族会から非難されています、そういう点では売国議員でしょう。

しかし、人権侵害救済法には反対、外国人参政権にも反対で、最近の話題で言えば、消費税増税に反対、TPPにも反対です。

郵政民営化に反対した理由もまともなものでした。

彼は、利権政治家、族議員と言うものが、間違い無く国民の利益の一部を守っていることの証拠になるような議員だと思います。

もちろん、平沼氏とは違って亀井氏を積極的に応援しようとまでは思えませんが、それなりにまともなことも言っている部分もあるので、取り上げないといけないかと思い、今日は取り上げました。

小沢一郎に関しては私はまったく評価していませんが、亀井静香に対しては、評価できる部分もあるように思います。

が、やはり歯切れの良いことは書きにくいですね。本当に判断の難しい政治家です。

今回、亀井氏が国民新党を分裂させたのも、石原・平沼新党とのからみもあるのかもしれません。

しかし、亀井氏と橋下氏の連携は、私は無いと思っているのですが、どうでしょうか。

やはり、平沼氏が自民党にもどって、自民党で影響力を増すようにするのが良いと思います。

その時に、亀井静香も自民党に戻るか、または連立するなどすれば良いのではないでしょうか。

もしかしたら、石原・平沼新党と自民党で連立を考えているのかもしれませんが・・・

いずれにせよ、消費税増税やTPPなどに限って言えば、亀井静香は石原慎太郎や橋下徹などよりはまともだと思います。

石原新党に亀井静香が参加して、維新の会と連携するなら、亀井静香にはそこらへんでけん制役になってもらい、暴走を防いでくれれば良いのですが・・・

ただ、結局、連立与党として民主党の暴走を防ぐなどと言っていましたが、野田内閣の暴走は止められなかったと言う点で、あまり期待できないかもしれません。

まあ、野田内閣の消費税増税に関する暴走ぶりが異常と言う話もありますが。

それにしても、この先、参議院でどうやって法案を通すつもりまのでしょうか?仮に衆議院が通過したとしても、参議院が通らなければ法案は成立しないのですが・・・参議院では与党は過半数ありませんので。

昨日のエントリーにいただいたコメントによれば、青山氏は野田と谷垣とで何らかの談合のようなものがあるのではと分析しているようですが、そうなのでしょうか!?

私は、野田首相が暴走しているだけのような気がして、結局は何もきまらず崩壊、となるだけのような気がしますが・・・

と言うことで、今日はあまりはっきりした事が書けずに申し訳ありませんが、いろんな意味で、亀井静香は要チェックであると言うことで、終わりにさせていただきます。

↓ 今日はこの程度の文章ですみませんが、明日のために(笑)クリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
嫌いでも、小沢しか解体再生出来ない
小沢一郎を評価出来ない理由を教えてください
僕も民主党以前こんな政治屋と思っていましたが
インタビーなどの政策論の受け答えに明確に過去の流れなど野田前原より、蓄積されたデーターと論理に過去政権中枢で舵を取った厚みを感じました 考えればわかるだろーと補足しない言葉足らずで傲岸にみえ損をしているなと思い、過去盟友が離れるさまをどこか欠陥があるのかとも想像していました。しかし官僚機構の無責任さと、使いこなせない自民と現内閣、執行部 原発消費税震災復興
TPP沖縄基地 雇用と考えれば 剛腕に任せ国会官界など
スリムに迅速にリセットし国民大多数向けに目線を向け作り直しをしなければ、日本の体力は持たないと思います
こんな児童会と問題先送りで政策提示しない官僚機構を
谷垣、前原なんかで使いこなせますか 個人てきにわ
後藤田官房長官が内閣にいたら 組織は機能したと思う
与太郎 | URL | 2012/03/30 (金) 16:48:39 [編集]
もう少し品格がほしいところです
日村さん

お疲れさまです。
亀井静香議員、警察官僚出身ですから、直接的な郵政族議員ではないと思います。
しかしながら、官僚機構の維持には当然関心がおありでしょうし、同時に郵政民営化が国益に反することを十分理解されているのでしょう。
郵政民営化のためにコイズミさんが破壊した従来型の政治システムの長所も、十分ご存知でしょうしね。
ただ、女受けする外見ではないのですから(失礼)、もう少し品格を持って、強引な言動ではなく、丁寧な説明と「至誠天に通ず」と感じさせる態度を示す必要があるような気がします。

最低な民主党幹部連中や、自民党バイコク派よりは国益を考えてはいるようですが、やはり私欲が強いタイプと見えます。
そういう点で、当方も平沼議員、西村元議員とは違って、積極的に支持する気にはなれないですね。
ま、政党助成金を持ち逃げしたり、口利き料として公共投資を搾取したり、「(人民解放軍)野戦司令官として戦っている」ような岩手出身のどこぞの議員よりはマシかもしれませんが。
海驢 | URL | 2012/03/31 (土) 05:32:40 [編集]
>与太郎さん

谷垣や前原などがダメなのはその通りですが、小沢もどうでしょうか・・・

彼は、壊すことにかけては豪腕かもしれませんが、再生は無理と思いますよ。

彼がこれまでに何をしてきたか、でしょうね。彼は昔は新自由主義みたいなことを言っていて、政治改革とかで小選挙区とニセ二大政党制みたいのを主導して、世論でころころ変わるように日本の政治を破壊しました。

そして、政党を作っては壊し、そしてそれで財テク、あげくのはてには、検察の陰謀論・・・仮に検察の陰謀としても、脇が甘すぎでしょう。これまでの自民党時代に作られた暗黙のルールから言えば議員辞職すべきです。

また、この手の古いタイプ(悪いとは言いません)の政治家は、地元や自分の利権団体を守ってこそのはずですが、岩手出身のくせに、震災復興のため地元に何の役にも立っていないなど、やはり無能だと思います。

>海驢さん

亀井氏はたしか政治献金1位だったか2位だったかと思いますが、郵便局関連の献金が多かったように思います。出身は違ってもそういう点で族議員かと思いましたが、引退された綿貫氏とかのほうが族議員なのでしょうかね。あの人は割と良かったと思うのですが。

亀井氏は利権と結びついているが故に、国益の一部を守れていると言うことなのかなあとも思っていますが・・・

最近は、利権と無関係でも理念で暴走して売国する者が多いので、必ずしも古いタイプの政治家が悪いとは私は思いません。もちろん、100点満点の政治家などなかなかいませんが。
管理人 | URL | 2012/03/31 (土) 08:31:34 [編集]
亀井静香氏と創価学会
以前、数人の伊東の警察官が亀井静香氏の事を罵倒/誹謗中傷していました。亀井静香氏は創価学会を違法だとしているので、その伊東の警察官らは間違い無く創価学会員だと思われます。同じ警察でも創価学会員だと人格的に異常な警察官が多い様に思えます。恐いですね。
2008 | URL | 2012/05/30 (水) 07:53:05 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.