右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

韓国より台湾を!
3月11日、政府主催の東日本大震災追悼式典で、台湾にたいする非礼がありました。

この件について書こうと思っていたのですが、書けなかったので、今頃ですが・・・

【主張】台湾への非礼 日本人として恥ずかしい">台湾への非礼 日本人として恥ずかしい

配信元:産経新聞 2012/03/14 03:24更新

 政府が主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾の代表が指名献花から外されるという扱いを受けた。

 震災で93の国・地域、国際機関から寄せられた義援金や救援物資は集計分で計175億円だが、これに含まれない台湾は単独で200億円超もの義援金を寄せた。日本政府の対応は、人から受けた恩を忘れない日本的精神からも恥ずべきものである。

記事本文の続き 台湾の代表は「民間機関代表」と位置づけられ、各国代表らに用意された会場1階の来賓席ではなく、2階の一般席に案内された。この問題が取り上げられた参院予算委員会で、野田佳彦首相は「(台湾の人々の)お気持ちを傷つけるようなことがあったら本当に申し訳ない」と陳謝した。

 しかし翌日の記者会見で、藤村修官房長官は「外交団という仕切りの中で整理され、外務省と内閣府で調整済みだった」と述べた。首相の謝罪を否定するかのような礼を欠いた説明だ。

 昭和47年の日中共同声明によって日本は中国と国交を樹立し、台湾との外交関係は消滅した。藤村長官は参院予算委での答弁で、日中共同声明が「わが国の基本的立場」と述べたが、問題は台湾に対する日本政府の態度が過度に中国に配慮していることである。

 共同声明は「日本国政府は、この(台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であるとする)中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重する」などとある。


この藤村官房長官はとんでもない失礼な人間です。日本人として本当に恥ずかしい。

それにしても台湾の人々が日本にたいして寄せてくれる思いと言うのは、本当にありがたいことです。

上の文章から判断すると、世界中から日本へ寄せられた義捐金の半分以上が台湾からと言うことです。しかも、台湾の経済規模から言って、200億円もの義捐金を寄せてくれたと言うのは、すごいことでしょう。

韓国がいくらだったか忘れました、たしか微々たる額だったと思います。それと比べると、何とも言えない気持ちになります。

反日サヨクは、過去に日本が韓国に悪いことをしたからしょうがないと言う気でしょうか?

日本統治時代に朝鮮と台湾では何が違ったと言うのでしょう。そうではなく、台湾人と朝鮮人の民族性の違いなのでしょう。

日本人と台湾人は似ていると思います。が、韓国人とは違います。

日本と言う国は、近隣から人々が流れ着いてたまった場所だと思いますが、基本的に、シナや朝鮮の文化に嫌気がさして逃げてきた人が作った国だと思います。

なので、日本人は、シナ人や朝鮮人とはまったく違う民族性を持っているのだと思います。だから、理解しあえません。あまりかかわらないほうが良いと思います。

まあ、私はもう韓国のことなどブログに書くのも嫌なほど嫌いなので、無視していますが。

そもそも日本を侵略している国(竹島を不法占拠)に対して、何らかの援助をしたりすることそのものがおかしいと思います。

日本は軍事的に攻撃できないならば、竹島への侵略にたいして、経済制裁するなり何なりすべきなのに、愚かなことだと思います。

別に戦争と言うのは武力を使ってするものだけではありません。侵略国とは断固として戦うと言う姿勢を示すことが必要です。

まあ、韓国の話をすると不愉快になるだけなので、もうやめましょう。

それより、台湾の話です。

台湾外交部長、指名献花問題に「花束一つで揺るがない」

配信元:産経新聞

2012/03/15 10:52更新

 【台北=吉村剛史】東日本大震災一周年追悼式典で台湾の代表が指名献花から外されたことを受け、陳冲行政院長は13日の立法院本会議で「事実であれば非常に遺憾だ」と述べた。

 楊進添外交部長は「野田佳彦首相の新聞寄稿などで日本の謝意は伝わっている。義援金は思いやりの結果で感謝を得る目的ではない。(日台)関係は花束一つで揺るがない」と答弁した。


こうまで言われると、もう泣けてきますね。

平沼氏も謝罪したようです。

平沼氏、台湾立法院長に献花問題で謝罪

が、本来は政府が謝罪しなければならない事です。自民党の議員も批判していました。

しかし、たぶん今の自民党なら、政権の座にいたとしても民主党と同じようなことをしてしまったような気がしますが・・・。

やはり平沼氏には自民党に戻って頂いて、自民党を更正させていただきたいと思います。変な新党を作るよりそのほうが余程日本のためです。

それにしても、やっぱり台湾の人たちは日本人に似ている気がしますね。本当にお人好しです。

それは良い点でもありますが、欠点でもあるでしょう。

中国やアメリカに翻弄されている点でも、台湾は日本と共通点があるような気がします。

日本は台湾ともっと親密に連携して行くべきだと思います。

日本人はいつから強い者(中国)の顔色ばかりうかがって、本当の友人(台湾)を軽んじるような卑劣な人種になってしまったのでしょうか?

もちろん、台湾もかなり中国に工作をしかけられて、反日の種がばらまかれつつあります。だから注意は必要と思いますが、もっともっと相互理解を深めるために交流をすすめるべきです。

が、政府は交流をしようとしない。民間の交流にさえ中国共産党は邪魔してきます。台湾の要人を日本に入国させるな、など。チベットでもそうですが。

日本は李登輝氏が来日する時だって、かなり中国に配慮していました。ダライ・ラマ氏にしても同じです。

しかし、アメリカはそういう点では中国に言うべき事は言っています。中国に配慮して入国を制限するなどしません。

日本も、もういい加減、そういうのはやめるべきでしょう。

これだけ思ってくれている台湾の方々へ、そろそろ日本人が彼らの気持ちに応える時が来ているのではないかと思います。

↓ 政府は韓国に援助などする余裕があるなら、台湾の人々への思いに応えよと思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
ガレキ利権は田中派の紅白戦
ガレキの広域処理利権は
田中派の紅白戦です。

野田、検察、ガッキーのやる気のなさは異常です。

小沢と創価が解散させない理由は簡単。

それは小沢と創価が黒幕だからです。

事実、野田のマズイ政策は
すべて小沢の利権と結びついています。

詳細はこちら↓

ht■tp://blog.livedoor.j■p/sheltem2/
sheltem | URL | 2012/03/19 (月) 02:23:06 [編集]
瓦礫の処理が遅すぎますね。ここまで遅れたのは利権のせいと言うことでしょうか?

利権がからんでいるなら、もっと早く処理すべきでしたね。だったら利権も役に立つことがあると言うことで、日頃の私の主張に都合良いサンプルになったのですが。

ただ、野田政権が小沢と創価学会に操られている?と言うのは、よくわかりません。
管理人 | URL | 2012/03/19 (月) 08:17:05 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.