右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

3.11 天皇と政府の落差
今日で一年です。

東日本大震災から1年、発生時間に黙とうへ

日本テレビ系(NNN) 3月11日(日)11時48分配信

 死者・行方不明者1万9000人を出した東日本大震災から1年を迎える11日、被災地では追悼や復興支援の催しが行われる。

 被災地では11日、犠牲者を追悼する催しや復興支援のイベントが行われ、震災が起きた午後2時46分に合わせて各地で黙とうがささげられる。

 東京では、心臓のバイパス手術以降、初めての公務となる天皇陛下が出席して政府主催の追悼式典が行われる。

 警察庁によると、東日本大震災による犠牲者は1万5854人に上っていて、3155人の行方がいまだにわかっていない。また、福島第一原発事故の影響などで、今も約34万人が避難生活を余儀なくされている。


今回の震災ほど、政府の役割の重要性と言うものを痛感させられたことは無かったと言う感じがします。

要するに、政府がダメだと本当にダメになってしまうと言うことです。

民主党政権で本当に最悪になってしまいました。

自民党にもかなり多くの問題はありましたが、政治のプロと呼べる人たちはそれなりにいましたから、世間的な受けは悪くても、こういった作業はずっと得意だったと思います。

ところが、民主党は、口先だけではいろいろときれいごとや受けの良いことを言って支持をそれなりに集めましたが、中身は本当に素人集団で最悪でした。

予算を出し渋る。効率良く配分できない。その結果、震災復興はさっぱりすすまない。

おまけに原発事故では被害を拡大させる。東電に責任をなすりつける。風評被害の拡大を放置する。などこちらも最悪な対応です。

政府と言うのは今の国民が選んだものです、それがこのていたらく。やはり民主主義は不完全なものです。

それに比べて、今回ほど天皇陛下のありがたみが身にしみたこともありません。

もちろん、天皇の権威を認めない人たちには何のありがたみもないでしょうが、むしろそういう人たちこそ、精神的な支柱が無く、お気の毒と思います。

天皇という存在は歴史的なものであり、現代の我々による民主的手続きで選ばれたわけではありません。ところが、民主的に選ばれた政府よりよほど立派で貴重な存在であるわけです。

左翼にはこういうことがわからないのでしょう。

↓ 政府がダメでも日本が何とかなるのは、陛下のおかげであると思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
政治を取り仕切っているのはエリートですよ。こういう話だとなぜか国民だけが批判されますが、責任転嫁ではないですかね。本当にエリート主義なら李朝や清朝、もしくは共産国家のようになりますが、それでいいんですかね。
活火山 | URL | 2012/03/11 (日) 16:54:57 [編集]
何が言いたいのかわかりません。民主党政権を選んだのはエリートではないでしょう。民意じゃないですか。
管理人 | URL | 2012/03/11 (日) 18:01:24 [編集]
ボランティアって良いの?
真剣に取り組んでいる方々に、大変失礼な言い分ですが、この1周年の催しは、政府やマスコミが食い物のための口実であろうと完全に冷めています。

政治に関心の方であれば誰しも、今の民主党政権は、日本を破壊するために、震災という出来事を好機と捉え、その傷口をさらに広げ、あまつさえデフレ期にもかかわらずTPPやら消費税を推進しております。そして、マスコミはそもそもそういう目的を持った民主党を、徹底的に擁護してきました。

ただそれ以外に私は、「ボランティア」に些か違和感を感じます。

確かにボランティアに掻き立てるその精神は、尊いと思います。これも日本という国土が、歴史的にも勿論今でも過酷な自然環境で、その土地で生き抜くすべが、他人を敵とみなさず、協力することで乗り切ってきたことから、日本人が団結心の強い民族であったと思います。

つまり、ボランティア精神というものを、素直な気持ちで受け入れていると思います。

改めて考えてみたら、私が先日コメントした「働からずもの食うべからず」と似た構造を持っていると思いました。

これも冷静に考えてみると、ボランティアを必要とするということは、如何に国としての体をなしていない、またはある意味国を充てにしていない国民と、国と国民とがバラバラであることの結果と思います。

本来、国が復旧計画を迅速に立て、復興を担当する人を雇い確りと執行されるべきです。

ところがマスコミは、手放しにボランティアを賛美して、多角的な見方をさせないでしょう。

ひねくれている考えですが、そう仕向けることで、売名行為が容易になると思います。ユニクロの柳井や、ソフトバンクの孫は、義捐金云十億などと早速やっていたと記憶しています。守銭奴にはガス抜きとして好都合であると思います。

また同時に、小学生やら中学生に半ば強制的に募金を求めたようなことも多発したと想定されます。これもボランティアという印籠を使った子供たちへの無駄な圧力で且つ非人道的な行いです。

とにかく率直に思ったことは、何のために国があるのか、そのことに立ち返り、マスコミに煽られた言葉などは、まず一歩引いてよく考えるべきということです。
Sura | URL | 2012/03/11 (日) 23:45:03 [編集]
ボランティア社会と言うのは新自由主義と親和性が高いんじゃないでしょうかね。政府が何もしなくてもボランティアで個人の意志でやれば良いみたいな。アメリカなんか資産家が寄付する文化があるみたいですが、それも、やたらと儲け放題と言うことと裏返しのように思います。

ちなみに、知り合いのおじさんは、ボランティアと言うのは、いやなことをさせられることと言う意味だと思っていたようです(笑)。なんでも、町内会の草刈り当番のことをボランティアと言っていたらしいので。

自分ですすんですると言う意味の行為をぎゃくにとらえていたと言うのですから、世間のボランティアと言うものへの認識もゆがんでいると思いますね。
管理人 | URL | 2012/03/12 (月) 08:40:02 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.