右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

日本人を平等に貧しくするという意味か?
今日は別件について書くつもりでしたが、時間がないので、簡単に手短に書けそうな別の話題にさせていただきます。

格差・格差と言われてきて、本質は日本の経済をある意味ささえてきた中間層の破壊が問題だと私は言ってきたのですが、それを平等・不平等の問題におきかえて、それならばいっその事みんな貧しくしてしまえと言っているとしか思えない、気が狂っているとしか思えないようなことを、経済財政諮問会議の民間議員?、つまり御用学者の八代とか言う人物が言っているようです。

労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す

 経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での検討も必要との認識を示した。

 八代氏は、低成長のうえ、国際競争にさらされた企業が総人件費を抑制している中、非正規社員の待遇を正社員に合わせるだけでは、「同一労働・同一賃金」の達成は困難と指摘。正規、非正規の待遇を双方からすり寄せることが必要との考えを示した。

 また、八代氏は現在の格差問題が規制緩和の結果生じた、との見方を否定し「既得権を持っている大企業の労働者が、(下請け企業の労働者や非正規社員など)弱者をだしにしている面がかなりある」と述べた。

 八代氏は、労働市場流動化のための制度改革「労働ビッグバン」を提唱しており、近く諮問会議の労働市場改革の専門調査会の会長に就任する予定。【尾村洋介】
毎日新聞 2006年12月18日 20時31分


もともと税制にしろ何にしろ、大企業が業績を良くすると、それが下請けの仕事とか社員の給与などに繁栄されて国民の生活が豊かになる方向へ向くという考え方があるから、大企業をあるていど政策的に支えるということについては私は戦後の自民党の路線は間違っていなかったと思っていたのですが、最近は狂ってきていると思います。

それが今や、八代氏が言うように「既得権を持っている大企業の労働者が、(下請け企業の労働者や非正規社員など)弱者をだしにしている面がかなりある」という事になったのは何故か!?

大企業が国際競争にさらされているから社員の給与を下げなければならないなら、そんなおかしな競争からは日本の大企業を守るべきでしょう。

八代氏はごまかしていますが、大企業は結構業績が好調のところが多いのです。でそれにもかかわらず、従来とは逆に、社員や下請けは圧迫される構造になってしまっていることが問題なのです。

大企業にも大量に外資が入っていますし、今や株主中心主義ですから、大企業が業績をあげても、社員の給与には反映されずに、海外に利益が逃げるか、株主の配当にまわされて、大企業は下請けを叩いて業績を上げ、労働者は働いても働いても貧しい非正規雇用が増える方向へ向くのです。

だからいくら大企業が好調な業績を上げても社員の給与にも雇用にも反映されず非正規雇用もいっこうに減らない、中小企業はあいかわらず厳しいわけです。

その対策としては外資や経済のグローバル化にたいして警戒心を抱き、守るべきところをきっちり守らなければならないはずです。しかし外からの攻撃に対して守ることができないのは軍事同様で、したがって国内を圧迫する方向へダラダラと流されるのだと思います。

結局は政府がアメリカのエゴまるだしのグローバリズムに流されっぱなし、対米追従が極限まで来ているからこうなるのでしょう。あらためるべきはそこです。しかし親米派、対米追従の安倍首相ですから、無理なのかもしれません。親米派のアメリカへの警戒氏のの不足とむやみな対米信仰もあるのかもしれません。

親日的と言われている共和党のブッシュでさせこのていたらくですから、今後アメリカの政権が民主党のヒラリーなんかになったら、もうとんでもないことになるでしょう。

だいたい国際的に自由化を極度に進めれば強い国が勝つに決まっています。この場合の強さとは武力までを背景として経済においても国家戦略というか国家エゴの強さのことで、その点、世界中でアメリカだけが突出しています。

日本は戦略もありませんし、アメリカに言われるがままですから経済大国であっても、食い物にされるだけです。

南米諸国などは一足早くアメリカの新自由主義のおしつけにより、貧困が極度に蔓延して今や反米左翼政権ができあがってしまいました。韓国のノムヒョン左翼親北政権の誕生の背景にも同様のこともあるのです。

このまま行くと日本にも貧困層が増大して、それこそ社会主義革命みたいのがおこる、ということまではないでしょうが、左翼政権ができあがってしまうかもしれません。最近の教育で国民を愚民化させるようなことをしているとは言え、いつまでもこんな政策でフリーターやニートらを騙せるはずもないでしょうから。

やはり安倍政権はとんでもない、安倍首相がいくらまともなナショナリストであったとしても、例えば本間氏に起用を見てもわかる通り、人を見る目がまったく無いために、周りを取り巻く人間がどうしようもない者ばかりですから、いくら教育基本法を改正したところで、後に残されるのは日本経済の無惨な姿のみ、ということにもなりかねないように思います。

やっぱり安倍総理はまだ早かった、人気だけでとりあえず担いでしまったツケが取り返しのないほど大きくなりつつあるのだろうと思います。

最近のあらゆる政策が、ごく短期的なスパンでしか考えられておらず、長期的に見て、国家や地方社会、会社や家族など、あらゆる共同体をジワジワと弱らせて行くような、長期存続をあやうるするようなものばかりなのが気に掛かります。

もっと社会を安定化させる方向へ舵を取り直すべきだと思います。

ちょっと急いでダダっと書いたので、とりとめの無い内容で申し訳ありません。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
地方の小企業に勤める自分は「良景気?何ソレ?」なんですがね。
「大企業経営者、その役員達の収入を非正規社員の水準に合わせる方向にしてから言え」です。

八代よ、まずは己が血を流せ。話はそれからだ。
貴彬 | URL | 2006/12/20 (水) 19:42:28 [編集]
おひさしぶりです
マッコイ博士以来随分ご無沙汰しています。

>国家や地方社会、会社や家族など、あらゆる共同体をジワジワと弱らせて行く

これを半ば以上意図してやっているのではないかと思っています。
最近取りざたされる愛国心にしても、帰属する共同体(家族を含む)への愛着を通じて、その共同体の属する国家にも向かうというのであれば何ら無理のない当たり前の感情でしょう。
しかし、身体性を持つ共同体への愛着もなく、単なる理念としての国家へ向かうのであれば、愛国心ではなく「ナショナリズム」という怪しげなイデオロギーに過ぎないのでは無いでしょうか。
早雲 | URL | 2006/12/21 (木) 01:33:16 [編集]
>貴彬さん
いやあ私も身内に中小企業経営者がいますが、おっしゃる通りですね。大企業が好調でも一向にその波及効果があらわれないという感じです。どうしてこうなったのかをもっと考えるべきだと思いますね。

>早雲さん
晴耕雨読は早雲さんのブログだったのですね、さいきんちょくちょくトラバありがとうございます。参考にさせていただきます。

おっしゃる通り、愛国心にしてももっと下から共同体というものをしっかりさせて、ゆるやかに国につながってゆくのが本来のありかただと私も思います。日本人はそんな不自然なイデオロギーとしての愛国心とは違うものでもっとまとまることができると思うのですが、どうなっているのやら。
日村秋介 | URL | 2006/12/21 (木) 09:35:13 [編集]
日本は大丈夫
こんにちは。初めて投稿させていただきます。

個人的には、外資に日本が侵食されているという論旨に違和感を感じます。

以前、私は金融機関に勤めていたのですが、2000年以降は外資撤退の歴史であると思います。メリルリンチの個人営業からの撤退は、その象徴ではないでしょうか。

「ウィンブルドン現象」と呼ばれ、日本もイギリスのように、外資系に支配されるようになると言われましたが、結局、外資系は日本では全く競争力がありませんでした。

80年代と比べれば、現在のほうが外資系の占める割合は高くなっていると思いますが、未だに微々たるものではないでしょうか。

私は在米なのですが、こちらに住んでいると、日本製品を見る機会が非常に多いです。アメリカ人が「我々は外資系に支配されている!」と言うならまだ分かりますし、こちらでも右派を中心にその様な言説が盛んです。でも、日本はちょっと・・・。

日本はグローバル化の勝者であって、決して敗者ではないと思います。
歩厘 | URL | 2006/12/21 (木) 21:47:26 [編集]
製造業や物作りが経済の下部構造だとしたら、上部構造はそれを支配する金融なわけで、その金融がアメリカに支配されつつあるということです。

そして、日本人はいくらものを作って海外に輸出しても、それは日本国内の豊かさにつながらなくなっているのです。むしろ頑張れば頑張るほど外に逃げて行くようになりつつあると言えるのではないでしょうか。

それが、中小企業の業績やサラリーマンの給与と雇用が一向に良くならない原因だと思います。

そもそも、アメリカでいくら日本製品があふれていようとも、それは日本には利益にならないことです。アメリカで作られた日本製品がいくらアメリカで売れようとも、関係ありませんよ。

金融システムの問題が一番大きい、それは見えにくいものだと思います。

アメリカの金持ちは日本の金でレクサスを買って乗り回しているという現状を、まあ近い内に書ければ書きたいと思います。
日村秋介 | URL | 2006/12/21 (木) 21:53:15 [編集]
今日はネオリベの弊害に重きを置いた視点で。
今月の文芸春秋にソニーの元常務が「ソニーが駄目になったのは、成果主義の導入の結果、フロー効果
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC)により、開発スタッフ達がスーパーエンジニア化し、画期的な技術、アイデアを産み出すということが無くなったから」と指摘しています。 バッテリーの品質不良について同氏は、やってはならない合理化、即ち“手抜き”が原因ではないか、と推測されています。  
品質を確保した上で、或いは更に高めた上で、尚且つドラスティックにコストを下げる、という無理筋を、関係者全員の知恵、気概、努力で、通してしまう。 これが日本のエレクトロニクスメーカーの比類なき強さを支えて来たのですが、(良い意味での)帰属意識が後退した状況下、苛烈なコストダウン要求を受け、苦し紛れに禁じ手に手を出した、そういう事を言いたいのではないかと思います。
“ただ飯喰らい”を追放する効果は有ったけれども、共同体的性格を有する日本企業であったからこその“超越の気概”も流し去ってしまった、そんな感じでしょうか。
rice_shower | URL | 2006/12/21 (木) 23:08:55 [編集]
日本は大丈夫
賛成を一票
確かに金融は大切かもしれないが、所詮血液です。
たしかに、血液が流れなくなれば、生き物は死にますが、
当然血液も死にます。
人間とって本当に大切なものは、その精神であり、理想です。
理想を実現する手段として、金融も存在するのです。
今年の、ウオール街のボーナスは過去最高なそうですが、
彼らの、顔つきを見ていると、可哀想でなりません。
あの世に行ったとき、いかに無意味な仕事をしていたのかを、
思い知らせることこそ、恐れるべきです。
ソニーの現実は、会社の成果が利益ではないことを、示したものでしょう。
井深大さんも、草葉の陰でないているでしょう。
kuni | URL | 2006/12/22 (金) 05:10:11 [編集]
ウォール街の人々など、所詮は日本人と同じく、支配されている人たちですから、私はむしろ日本人と彼らは同類になりつつあると思います。

個人の精神は死語も国という運搬具があれば残りますが、国民精神はその運搬具である国が死ねば一緒に消えてしまいます。

精神が大事と言うなら、それを未来に向けて伝え続ける国家が重要です。国家の維持には武力・経済力・価値力が必要です。

武力も経済力もその頭脳部分をどちらも他国に支配されていて、とても私は楽観する気にはなれません。
日村秋介 | URL | 2006/12/22 (金) 08:50:52 [編集]
それでも大丈夫
こんにちは。

私は「金融がアメリカに支配されつつある」という件にやはり違和感を感じます。金融がアメリカに支配されるためには、日本は貿易赤字になる必要があると思います。現在の日本は貿易黒字ですね。つまり、アメリカが日本のものをドルで買い、日本はそのドルでアメリカの株や債券を買う。つまり、日本のほうがアメリカをカネで支配しているわけですね。その証拠に、日本は、アメリカ国債の保有高で世界一です。一部の人は、アメリカに買わされていると主張していますが、少なくとも、私の見る限り、アメリカ人で自分達が日本に支払わせているなんて思っている人はいないですね。逆に支配されていると感じているのではないでしょうか。

個人的には、日本人が景気回復感を感じられないのは、単に成長率が低いからだと思います。実質2%程度の成長とはそんなものでしょう。円高不況と呼ばれた1986年でさえ、実質3%成長しています。最低でも4%ぐらいないと、人々は好景気とは思わないのではないでしょうか。

雇用に関して言えば、新卒採用はバブル期以来と呼ばれるほど繁盛しましたし、給与もかなり下支えされるようになって来ました。「一向に良くならない」というのは言い過ぎではないでしょうか。

アメリカで日本製品が売れたら、日本企業の利益になります。確かに、現地生産すると、利益のうち何割かは現地社員の給料になるでしょうが、確実に日本企業の利益になりますし、日本の利益につながります。ご心配なく。

最後に、グローバリゼーションに関して言うと、アメリカというのは変な国だと思いますね。本当にあった話だそうですが、あるアメリカ人社員は、新しく仕事場に来た同僚のインド人を教育して仕事が出来るようにしたとたんに首になったそうです。理由は、同じ仕事ができるなら、インド人のほうがそのアメリカ人よりも給料が安いから、というものです。笑えない話ですが、こういう話を聞くと、アメリカは本当にグローバリゼーションで得をしているのかなと思います。自分達がグローバリゼーションで相当傷を負っているのに、尚且つそれを他国に勧めようとする。何やらマゾヒスティックな感じがして、アメリカというのは変わってるなと思います。
歩厘 | URL | 2006/12/22 (金) 13:06:22 [編集]
まあおめでたい人ですね、私からしたらものすごい違和感だらけの見方で、たぶん日本人の大半もそんな感じなんでしょうね。

いちいち全部に反論するのも面倒だし時間の無駄でしょうから一つだけ言うと、グローバリズムで幸せになれるのは「アメリカ人全体」ではありませんよ。アメリカ人のうちのごく一部の人間だけです。そういう人間がアメリカを動かし世界を動かしているんですよ。だから、マゾでも何でもない、そういうのを屁理屈と言うんですよ。あたなの意見は屁理屈ばっかりで説得力ありませんよ。

一般市民はその程度の楽観的で気楽な見方でもそれは勝手ですから結構ですが、政治家はあたなみたいに警戒心がないと困りますからね。

私はそういうおめだたい人たちの無警戒のために国を滅茶苦茶にしたくないですから、政治家にはちゃんと仕事をしてほしいと思いますね。
日村秋介 | URL | 2006/12/22 (金) 13:32:23 [編集]
もうひとつ、あまりに馬鹿げているので

>金融がアメリカに支配されるためには、日本は貿易赤字になる必要があると思います。

意味がわかりません。アメリカが日本にものづくりで勝てなくなってアメリカが貿易赤字をかかえているから、日本を金融で支配しようとしているんじゃないですか。

どういう頭しているんでしょうかね、一体。こんな事を各自体が「金融」の意味をそもそもわかっていない証拠で、議論する資格もないということを自覚したほうが良いですよ。
日村秋介 | URL | 2006/12/22 (金) 13:44:51 [編集]
あなたの書く記事を読むと憂鬱になってくる。
いっそのこと祖国日本を捨ててテロリストのにでもなりたくなる。
しかし日本を捨てるにはあまりのも日本を愛しすぎてしまっている。

それにしても、安倍晋三はあそこまで人を見る目がなかったのか。
憲法も改正しなくていい。
憲法改正ではなくて(大日本帝国)憲法復活を目指す人はいないものか。
落ち武者 | URL | 2006/12/23 (土) 01:49:03 [編集]
歩厘へ
>新卒採用はバブル期以来と呼ばれるほど繁盛しました

ええ、私のような氷河期世代のフリーターが流した生き血をすすって大繁盛していますね。

展望台 | URL | 2006/12/23 (土) 16:19:31 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.