右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

光市母子殺害事件と橋下氏
ようやく結論が出たようです。

母子殺害、元少年の死刑確定へ=犯行時18歳、上告棄却-「責任あまりに重大」

 山口県光市で1999年4月に起きた母子殺害事件で殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、差し戻し控訴審で死刑を言い渡された元少年の差し戻し上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、「刑事責任はあまりにも重大で、死刑を是認せざるを得ない」と述べ、被告側上告を棄却した。元少年の死刑が確定する。

 死刑が確定するのは当時18歳1カ月だった光市の元会社員大月(旧姓福田)孝行被告(30)。最高裁に記録の残る66年以降、最も若い犯行時年齢での確定となる。宮川光治裁判官は審理を高裁に差し戻すべきだとの意見を付けた。死刑判決での反対意見は極めて異例。

 判決で同小法廷は「動機や経緯に酌量すべき点は全くなく、落ち度のない被害者の尊厳を踏みにじった犯行は冷酷、残虐で非人間的」と批判した。

 その上で、遺族感情が極めて厳しい▽反省の姿勢が見られない▽社会に大きな衝撃を与えた-などの理由を列挙し、更生の可能性を考慮しても死刑はやむを得ないと判断した。


 宮川裁判官は「当時の被告の精神的成熟度が18歳より相当低ければ、死刑を回避する事情に当たる」として、死刑判決を破棄してさらに審理すべきだとした。金築裁判長は「18歳以上かを問う少年法の規定は形式的基準で、精神的未熟さを理由とする破棄はできない」との補足意見を付けた。

 一審山口地裁、二審広島高裁はいずれも「死刑がやむを得ないとまでは言えない」として無期懲役としたが、最高裁は2006年6月、「特に酌量すべき事情がない限り死刑の選択をする他ない」として、審理を高裁に差し戻した。差し戻し審で弁護側は殺意を否定し、傷害致死罪にとどまると主張したが、高裁は08年4月、「死刑を免れるため虚偽の弁解を弄(ろう)しており、酌量すべき事情を見いだすすべもなくなった」として死刑を言い渡していた。

 犯行時少年の死刑が確定するのは、昨年3月に最高裁で上告が棄却された連続リンチ殺人事件の3人以来。


この事件は、死刑制度そのものの話ではなく、犯行時に少年だった場合に死刑が適用されるかどうかを問うたものだと思いますが、だいたいまともな結論に達したように思います。

死刑の適用となるかどうかは、単純に年齢で決まると言うより、年齢は一つの要素には違いないものの、いろいろな状況(事件の残虐性や反社会性、反省の態度の有無、更正の可能性)によって死刑もありうると言うことで、ごくまともだと思います。

それから、裁判でいつも思うことですが、現代では復習が禁じられています。犯罪は法律にのっとって司法が行うことになっていますが、昔なら、家族の敵討ちの権利があったわけです。

しかし、もちろん、そういう個人の報復を許していれば、過剰な報復が行われたり、報復合戦になったりなど無法状態になってしまうので、行政がかわりに、公平な裁きを行うと言うのが近代国家なのかと思います。

ならば、当然、敵討ちと言う側面が裁判に出てくるのは当然です。

もちろん、やりすぎや見当違いの相手に報復することもありますが、今回のように、家族を残虐で理不尽な殺され方をした場合には、やはり遺族の感情と言うことがもっともっと考えられて良いと思います。

また、滑稽なことですが、今回は、弁護団は墓穴を掘ったと思います。

彼らは、少年をとにかく死刑にしたくないと言う一審で、差し戻しの高裁では、滅茶苦茶な弁護をしました。

そのことが、かえって、「少年に反省の態度が無い」と言うことになり、それも加味されての死刑だったでしょう。

むしろ、まともな人間なら、少年に罪を認めさせて改心させる、自ら死刑でやむをえないくらいに思わせる、それが大人のやることだと思います。

ところが、この弁護団はやっぱり幼稚だったと言うことでしょう。

で、この弁護団の話で思い出したのが、橋下氏です。

光市母子殺害事件弁護団懲戒請求事件

1999年4月14日に発生した光市母子殺害事件について、死刑廃止運動で有名な安田好弘率いる弁護団が「強姦目的ではなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」「(乳児を殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」「乳児を押し入れに入れたのは(漫画の登場人物である)ドラえもんに助けてもらおうと思ったから」「死後に姦淫をしたのは小説『魔界転生』に復活の儀式と書いてあったから」と母子を殺害する意思がなかったと主張し世間を驚かせた。

大阪府知事に就任する前にタレントとしても活躍していた橋下が、2007年(平成19年)5月27日に放送された読売テレビの番組『たかじんのそこまで言って委員会』において、このようなむちゃくちゃな弁護をする弁護団には懲戒請求を送る方法があると提案。この時の放送では橋下だけでなく、司会のやしきたかじんやその他のパネラーも、弁護団に対してあまりにもひどい弁護団だと非難。そしてテレビを見ていたたくさんの人達が橋下の意見に賛同、この弁護団の懲戒請求を実施した。これは『懲戒請求』制度についての知識を世間へ広めるのに大きな影響を及ぼし、国民の司法への関心が高まるきっかけとなった。


まあ、このwikipediaの文章を見ただけでも、弁護団がいかに滅茶苦茶かわかります。

それに対して、橋下氏はテレビで弁護団への懲戒請求を呼びかけ、かなりの話題になりました。当時、テレビタレントで、まだ大阪府知事になる前でしたが。

この番組、私もちょうど放送を見ていましたが、たしかにこういうことだったと思います。

この弁護団がとんでもないのはその通りですが、ようするに、彼はここでも、「民意」みたいなものでことを動かそうとしたのだと思います。

結論から言うとそれは失敗で、はっきり言って大衆扇動でしかなかったと思います。

その結果、何がおこったかと言うと、同じくwikipediaより

問題点

橋下は懲戒請求を送った者が訴えられるかもしれないというリスクを視聴者には知らせて居なかった。仮に懲戒請求を送った者に裁判所から求釈明書が送付され、これを無視した場合は、懲戒請求を行った意味がなくなり、大量の懲戒請求を送付したことは単なる嫌がらせ、業務妨害となってしまう。しかし、実際に求釈明書を配達証明で送付したのは今枝(弁護団の一人)であったため、橋下は「求釈明書を無視して良い」と発言している。そしてこの求釈明書は法的には全く効力を持っておらず、逆に送付すること自体が法律違反(懲戒請求を行った人物の住所を個人の弁護士が私用で使う個人情報保護法違反、求釈明書の内容が「詳しい事情を知っていないのに懲戒請求したなら訴えるぞ」という脅迫)にあたると橋下は主張している(裁判所はこの点については何ら判断していない)。


懲戒請求についてよく説明する訳でもなく、しくみをよくわかっていない一般人をまきこんで、彼らを訴訟リスクに巻き込んだのです。

もちろん、橋下氏も裁判にまきこまれたりしました。しかし、彼はまあたしか勝ったのだと思いますが、では、訴訟にまきこまれた一般の人はどうなったかと言うと、彼はそういう人たちを見捨てて、さっさと大阪府知事に立候補して、あとは知らん顔です。

2008年3月に私が書いた「橋下知事とその支持者たちは幼稚すぎる」への「きこり」さんからのコメントをここで引用しておきます(こちら)。

橋元府知事は正直、信用なりません。
光市母子殺人事件関連のアレで、かなり頭に来た
記憶があります。

サヨクが批判している、懲戒請求をTVで訴えた
事に対するものではなくて、その呼び掛けに
応じた素人が弁護団に反撃された際に、
何のフォローもせずに、選挙に立候補した事。

ああ、こいつはいざと言う時、我が身可愛さで
逃げ出すヤツだと確信しました。


まったくその通りで、世論を煽るだけあおって、自分に都合が悪くなったらあとは知らん顔、それが彼の正体です。

そもそも、新自由主義を標榜する人と言うのは、自己責任論者ですから、煽られるほうが悪い、自己責任と言うことなのかもしれません。

彼の政治もそうなるでしょう。

自分は政策を提示して、民意がそれを選んだ。自分は民意の望む通りのことをやるだけ。だから、失敗したとしたら、それは自分の政策を選んだ民意が悪い、自己責任・・・そういう話になるのだろうと思います。

民意で政治を判断すると言うことは、そういうことでもあるのです。結果は民意の自己責任。きわめて新自由主義的な発想です。

行政のトップとして、さしたる業績も無く、ミクロな政策提言と期待感だけで支持を集めている彼、その正体はこんなところです。

こういう人に本当に期待して大丈夫なのか、私は正直、ダメだろうと思います。

そういうことも見抜けずに、一部の不良公務員を叩いたり、ナショナリストっぽい政策をかかげているからと言って、簡単にだまされてしまうブロガーも、本当に見る目が無いと思います。

人気ブログランキング上位の「依存症の独り言」氏のことですが。

彼は昔から、小泉マンセーでしたし、石原慎太郎マンセー、今では橋下氏に熱烈に期待しているそうです。

本当に、一体どこを見ているのでしょうか?

不思議と言うより、むしろお気の毒と言う感じしかしませんが。

公明党と組むことを決めたことからもわかる通り、彼は政策など本当はどうでも良いのです。支持を集めて選挙で勝つこと、そのことがさらに民意の支持を集めるとわかっていて、それを利用しているだけなのでしょう。

本当に実現したい理念などなく、実は権力欲しか無い。勝つことが目的と言っても良いかもしれません。新自由主義にひかれる人にありがちな、「勝者=正しい」と言う発想が透けて見えます。

本当の目的は、権力なのでしょう。

方法は違いますが、本質的には小沢一郎と同じタイプと思います。橋下氏は右っぽい小沢と思ったら良いかと。

手段は、小沢氏は古い自民党的なやり方、橋下氏は新しい民意を利用したやりかたで、権力を取りに行く。実はどちらも本当にやりたいことがあるわけではなく、目的は権力を得ることと日本を破壊することです。

橋下氏のほうが新しく巧妙なやりかたなので、むしろ注意が必要と思います。

↓ 橋下氏は能力だけではなく、人格的にもトップの資格が無いと思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
新自由主義は政治的にも自由、経済的にも自由を求めます。
ただ、ハイエクやフリードマンの著書を読んでさえいれば分かることですが、彼らが何でもかんでも自由を求めているわけではなく、ハイエクは伝統や文化を大切にするべきだと述べていますし、フリードマンは弱者に平等にチャンスを与えるための政策や、最低限の生活を与えるべくマイナスの所得税というものも提言しています。
そして彼ら自由主義者は、なるべく国民に税の負担を押し付けないよう、必要最小限の負担だけにとどめるべきだ、そう考えています。
橋下さんはどうですか?
まぁどだい無理な話ですが、富裕層の預貯金に税を課すことを検討しているというではありませんか
これは個人の自由を著しく阻害する行為であり、どんなに穏健な自由主義者であっても必ず反発する

つまり管理人さん
彼のやっていることの是非はいずれにしてもは、いわゆる本家本元のシカゴ学派の新自由主義ではない
彼は経済的自由は求めるが、個人の自由を強制をもってして奪う
日の丸君が代の件については日本人云々以前に、子供への悪影響を考えれば適切であると考えるが、その強制の範囲が無限であってはならない。
どこをどう見ても、彼は新自由主義者などではない。
自由 | URL | 2012/02/21 (火) 15:54:45 [編集]
フリードマンは新自由主義者かと思いますがハイエクは違うでしょうね。どちらも読んでませんが。

橋下氏は、たしかに純粋な新自由主義者ではなく、本人にそういう自覚も無いでしょう。

正確に言うと、新自由主義的な経済政策をつまみぐいしているだけかもしれませんが、他に的超な呼び名が思いつかなかったので、新自由主義者の亜種くらいにしておきましょうか。

もしくは、経済自由主義者と言ったら良いのかとも思いましたが、これだと幅が広すぎてまた難しいですし。

新自由主義者と言う言い方をある種のレッテル貼りに使っていたことは認めざるを得ない、言われるほうはどうかわかりませんが、私にとっては、罵倒語のつもりで、使いやすいもので。それは正直なところです。

今後は何かもうちょっと正確な言い方(罵倒語)を考えることにします。
管理人 | URL | 2012/02/21 (火) 18:15:36 [編集]
橋下氏、石原氏、創価学会
はじめまして、
確かに、橋下新党の挙げた船中八策と称する公約は、TPPなど主権すら否定するようなことを推進するなど、とても国政に出るべきものではありません。
もちろん現状は日米同盟(軍事的な同盟)は必要とは思いますが、それからの(核武装など)自立への過程が全く見てとれません。尤も、創価学会と組むようですから、そのつもりは更々ないのでしょう。

一方、新党として石原氏が動いているようですが、その関連で平沼赳夫氏が超人大陸のビデオにて気になることを仰っておりました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17019483
3分09秒頃ですが、どうやら「船中八策」を言い出したのは石原慎太郎のようです。
この動画は2月20日に挙げられた動画で、橋下新党と公明党と連携する旨の報道がされたタイミングに極めて近いです。しかも、内容は昨年の暮れの話であるので、敢えてこのタイミングなのかなと勘繰っております。
つまり橋下氏の公約は、その時点で示し合わせた可能性を示唆していると取れます。

創価学会の宗教法人格を承認しているのは東京都で、知事を4期も務めているのに、未だに剥奪やそれを臭わす行動は、確認できませんでした。
そのまんま東氏が立候補した都知事選も、創価学会の選挙協力も受けていたはずです。
所謂「非実在青少年」規制にも積極的に推進しており、同時に創価学会も推進しています。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1107.html

管理人さんは、平沼氏は自民党に復党してもらいたい旨のエントリーを上げられましたが、私もそれに同意でありますし、政界再編するなら次の選挙で自民党が勝った後に、チャイナスクールやTPP推進者を排除する過程を踏むほうが良いと思います。

何れにしても、単純に「たちあがれ日本を応援よろしくお願いします」というビデオレターではないと思いますし、橋下氏と石原氏が繋がっていると暗に告げているとしたら、やはり徒ならぬ関係であると、警鐘を鳴らしているかもしれません。

以上、気になりましたのでコメント失礼いたしました。
Sura | URL | 2012/02/22 (水) 00:22:55 [編集]
Suraさん、これは貴重は情報ありがとうございます。

そうですかー。早速超人大陸の平沼氏のを見てみたいと思います。

Suraさんのコメントを拝見する感じだと、平沼氏は、私の希望のように自民党にもどってうんぬんよりも、納得行かない政策をかかげていても、とりあえず橋下氏と組んで政界再編、そのために創価学会と協力もやむをえないと言う感じなんでしょうかねー。

だとしたら残念です。

石原慎太郎も昔は創価学会と敵対していましたが、創価学会のやりかたに籠絡されたと言うことでしょうかね。平沼氏にはそうならないで欲しいですが・・・
管理人 | URL | 2012/02/22 (水) 08:34:43 [編集]
>橋下は懲戒請求を送った者が訴えられるかもしれないというリスクを視聴者には知らせて居なかった<
それどころか、何のリスクもないと力説していました。
橋下氏は自身は懲戒請求をしていないのですよ。自己保身でしょうね。彼としてはすでに知事選への出馬をめざし
その影響力を試してみたというところでしょう。弁護士として、たとえとんでもない被告といえどもその命を弄んだのです。
〇〇 | URL | 2012/02/23 (木) 00:00:00 [編集]
橋下氏は、常に自分の影響力を試して様子をうかがっているんですよね。自分から問題発言をして、反応を観察して、何がうけるか、そして、自分から問題や関心を作り出して、どんどん先へすすめて、過去の都合悪い話をむしかえされないように、うまく操縦しているんだと思います。

かなりマスコミ操作法にたけている、なかなか手強い相手だと思います。
管理人 | URL | 2012/02/23 (木) 08:33:59 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.