右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

財政悪化は誰のせいか
他のブログでちらりと見たのですが、そのブログを批判することが目的ではないので引用はしませんが、その内容としては「大阪市や大阪府の職員の親方日の丸体質が財政悪化の原因」と書いてありました。

しかし、それは違うでしょう。

地方自治体の財政赤字、もしくは累積債務でもどちらでも良いのですが、財政収支が悪化したのは、お役所の体質のせいであると言う話には疑問です。

ここ十数年の財政赤字や累積債務の増大の原因は、中央政府のものであれ、地方自治体のものであれ、そのかなりの部分が不可抗力によるものと言って良いと思います。

あまり良いたとえではありませんが、民間企業にたとえるなら、不可抗力で売り上げが落ち込むのと同じようなものです。

その不可抗力とは何かと言うと、景気の悪化、もしくはデフレ、さもなくば経済の停滞です(どれも同じような意味?)。

不況になれば企業の業績は悪化します。すると赤字の企業が増えてくる、そうなれば、法人税は払わなくて良いので、税収は減ります。失業者の増加や賃金カットにより所得税も減るでしょう。行政にとっては歳入が減るわけです。

また、景気対策や雇用対策その他が必要になり、逆に歳出は増えます。

従って、景気が悪いと財政は悪化するのがあたりまえなのです。

不思議なことに、この日本(に限らず)では、財政赤字の原因のほとんどすべてが行政の無駄遣いのせいであるかのような議論ばかりです。

経済状況によって財政収支が変化することをあまり考えないで批判する人が多い。

財政規律など無意味どころか有害な概念とすら言えます。まともな政策(不況下での財政出動や減税)ができなくなります。

景気が悪いと財政収支が悪化するも、いや、不況ならばあえて財政を悪化させるようなことをしなければならないのです。

いつまでも不況が続くと、いつまでも赤字が拡大し続けて、かえって破綻のリスクが高まります。一時的に赤字が拡大しても、まずは不況を脱することが先なのです。

従って、やるべきことは、まずは不況からの脱出、デフレ脱却、経済をまわすこと・・・のはずです。当然、これは中央政府が第一に責任を持ってやることです。

地方自治体は通貨を発行できませんから、地方に金をばらまく必要もあります。

現状ではそれしか無いのです。

ところが、状況を無視して考えるから、財政収支が悪化したら、緊縮財政と増税と言う発想になるのでしょう。

もうそろそろ、その間違った発想から抜け出して良いころなのではないでしょうか?

財政収支の悪化は、誰かのせいではなく、経済状況が悪いせいである。だから、財政収支を改善させたければ、まずは国が日本経済を立て直す、それが先だと言うことでしょう。

少なくとも、このような現状で消費税増税など論外のはずですが、マスコミをはじめとして、財務省や野田政権は狂っているとしか思えません。

↓デフレを放置して財政再建など不可能であると思われましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
財政が厳しいのは不況のせいではなく、あまりにも社会主義的な政策をとり続けてきたことが主な原因です
ですから、そこは景気と切り離して考えた方がよい

そして、デフレが原因で不況なのではなく、不況(供給制約)によってデフレが発生しているのであり、このデフレを脱却するのに単純に「財政出動」というのは誤りです
明らかに消費、つまり消費者心理の異常なまでの低下には「財政支出の拡大」も効きますが、今のように「供給側に起因する不況下」においては、ただの無駄遣いしか引き起こせない。しかも、その効果は支出を拡大している間だけ。つまり、まったく意味がない。
だから、むやみやたらにやりゃあ良いってもんじゃない

「需要が足りない=政府が足せばいい」

という議論がなされ、爆発的な支持を受けていますが、こういう足し算引き算はバカでも理解できるもので、そんな簡単に経済がコントロールできるならとっくにやっています。
そんなことも知らずに 「こんな簡単なことをやらない!」 と嘆いていますが、滑稽ですね。

それと、「保守」 と 「リバタリアン」は、政治的には相反していますが、経済的にはどちらも自由を求めています
管理人さんの記事を読む上では、これらが明確にされていないので、リバタリアンや保守、リベラルや国家資本主義がバラバラです
きっちりとした線引きをしてもらうと、もう少し記事が読みやすくなるでしょう

とら | URL | 2012/02/11 (土) 14:24:44 [編集]
>財政が厳しいのは不況のせいではなく、あまりにも社会主義的な政策をとり続けてきたことが主な原因です
ですから、そこは景気と切り離して考えた方がよい

珍説ありがとうございます。切り離して考えるからそうなるのでしょうね。

また、後半の助言もありがとうございます。参考にさせていただきます。
管理人 | URL | 2012/02/12 (日) 12:55:41 [編集]
珍説?切り離して考えるから?
まんまマクロ主義者ですね
それだから、この間の金融危機を予測できませんでした
いずれにせよ、管理人さんが短期のお勉強しかしていないのがよく理解できます
アナタ方が言う「問題ない」という根拠、そんな単純なことを知らないと思っているのですか?
それを踏まえた上で、切り離して考えるべきだと言っているのですよ
貴方達には「時間軸」の概念がないのですか?

とら | URL | 2012/02/12 (日) 21:55:42 [編集]
ミクロ主義者に言われたくありませんね。

何でも自分に都合良く切り離せるもんじゃありませんよ。

時間軸を無視しているのは、そちらでしょう。

予測できなかった?できていたでしょう。圧倒的多数であるミクロ主義者たちに予測できなかっただけでしょう。

これ以上、珍説を聞かされるのはお断りですので、もうコメントしないでください。

ここは誰でも自由にコメントできる場ではありません。
管理人 | URL | 2012/02/12 (日) 22:28:23 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.