右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

さらば松坂よ
もう、日本の一流プロ野球選手がメジャーに流出することを嘆いても誰も共感してくれない時代になってしまった。むしろ、それを応援しないやつは非国民だと言わんばかりの気配に満ちています。

最近では、この問題に限らず、テレビを見ていてほとんど共感できるコメントに出会ったことがない、世の中の動きが不快でしかたないこの私という人間は、一体どうなっちゃっているのだろうかと、自分でももてあましぎみです。よほどの変人なのでしょう。
ところで、松坂ですが、レッドソックスの入団記者会見では、まるで少年のような表情をみせて、彼流の言葉で「夢」について語って無邪気に喜んでみせました。

本当に彼は少年のようだ、というか、彼のふるまいはまるで幼児同然だというのが私の印象です。

一流選手である彼がメジャーへ行くということは、もはや誰も抵抗できない、むしろファンであるならば応援することを強制されるような風潮ですから、その事には言いたいことはあってもまあ我慢するとしても、松坂のどこが幼児なみかと言って、やはり自分の事しか考えていないように私には見えたからです。とにかくメジャーでプレーしたいという。

彼は今現在の日本プロ野球界を代表する最高の投手です。レッドソックスとの契約金は、それに対するアメリカからの評価という意味合いも含まれます。

今回の金額は、とても日本最高の投手への評価とは思えない、安すぎるのではないかと思います。

まあポスティング制度だから西武ライオンズにも多額の金がレッドソックスから支払われていて、それを含めれば妥当なのかもしれませんが、しかし今回の交渉にあたって、代理人が高額での契約を目指しているのを、松坂本人が出ていって、とにかくメジャーでプレーをしたいのだから、金額については妥協してくれというようなことを言ったそうです。

これは「金よりも自分の夢が大切だ」という考え方で、一見、立派そうに見えます。まあとにかく金・金・金という考え方よりはたしかに上等かとは思います。

しかし、松坂自身に多少なりとも「自分は日本のプロ野球界を代表する投手である」とか「この契約で示される金額というのは、そのことに対する評価であると」考えるならば、それがあまりにも低いものであるならば、日本のプロ野球にとって不名誉なことです。

そのような、公的な意識が一切ないままに、とにかく「俺は自分のやりたいことを早くやりたいんだ」から「さっさと妥協してくれ」としか考えないのは、決して上等ではないと思います。

自己実現が何よりもてはやされる現代にあっては、彼の「金より夢」という姿勢がもてはやされ、それは拝金主義よりはなんぼかマシかもしれませんが、しかし、そこには自分を育てのし上げててくれた日本のプロ野球界への配慮というものが果たしてあるのでしょうか?

まあ、そういう気持ちが強くあれば、そもそもメジャーなんかには行かずに日本に残って日本のプロ野球を支えようとするでしょうから、答えは知れています。

せめて、自分が日本を代表する投手であり、そのことにたいする正当な評価をメジャー球団から得られない限りは、日本のプロ野球の名誉のためにも交渉決裂もやむを得ずと考え、自分の夢のために日本のプロ野球の名誉を売り渡すようなまねはしてほしくなかったと思います。

誰かのために頑張るとか、自分は何かを背負っていると自覚するのではなく、ひたすら「自己の実現」を目指す人というのを、私はとうてい応援する気にはなれません。

今後、メジャーで活躍すれば、日本プロ野球界の面目はとりあえず保たれると考えるかもしれませんが、日本でトップレベルで活躍する選手が次々にメジャーに流出してしまったのでは、当然日本のプロ野球のレベルが下がる、力と技のぶつかり合いなど期待できないわけです。

そうなれば、ファンは離れる、そのファン離れを何とかしようと思えば、結局は新庄のようなパフォーマンスだのみの、まあ一見すればファンのためとは見えるようなタイプの選手に頼るしかありません。

長いシーズン、こういうパフォーマンスが、時には必要になることもあるでしょうが、こればっかりでもダメでしょう。

そんな事を繰り返しているうちに、スタジアムはいつしかプロ野球のハイレベルなプレーの醍醐味を味わう場ではなくなるわけです。そうなると、本当にプロ野球の好きな人、野球にそれなりにコミットしているような人たちが野球から離れて行くんではないですか?

そうなったとき、もはや面白おかしいものだけを見たい軽いファンが、プロ野球を本当に支えてくれる存在なのかどうなのか。面白おかしいものなら他にいくらでもあります。

そんなことをしているうちに、日本のプロ野球は、それこそテレビのドタバタお笑い喜劇とかわらない、奇形のショーと化すでしょう。

一流選手が次々にメジャーに流れて行くということは、自己の実現を優先して、日本プロ野球の衰退に加担する行為にしか見えないわけです。

そういう行為が立派なのか、賞賛に値するのか・・・

そもそもスポーツというのはオリンピックや相撲を考えればわかる通り、もともとは神々への感謝の気持ちとして、神々への奉納として、どこか聖なるものとのつながりを伴った側面があったわけです。

それが今ではオリンピックもプチ・ナショナリズムが激突するだけの場に、力と技だけを競う場に、それだけならまだしも、商売とパフォーマンスを競う場になりさがっているわけです。

もちろん、人間は決して聖なる存在などではありませんから、俗っぽい行為を否定するつもりなどさらさらありませんが、しかし俗であるからこそ、時にはどこか聖なるものを意識せずにはいられない、聖なるものについて考え感じてみたいと思うことがある、くらいのことはないものでしょうか。

別にキリスト教の事を言っているわけではなく、日本人なら日本人の歴史的に継承された文化・宗教的意識のことを含めて言っているわけです。

現代社会においては、すべてがあまりにも科学的、技術的、合理的、即物的、金銭的に傾きすぎです。

人類は進歩しているどころか、むしろ退化しているのではないか、などと毒を吐かずにおれません。

と、ずいぶん話がそれてしまいました・・・。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
もともとオリンピックはアマチュアスポ‐ツマン達が世界の友好のために集う場所だあったはず。現在のオリンピックにはとうに幻滅、感動しません。
夢子 | URL | 2006/12/16 (土) 20:39:33 [編集]
自分は日本人メジャーリーガーの誕生は歓迎です。
行きたい人はどんどん行くべき(ポスティングは問題ありだと思いますが)。
NPBを経由せず直接アメリカへ行く若者が増えることも期待しています

新しい才能は必ず出てきます。
ここ数年、パリーグからは優秀な選手が次々とセリーグに移りました。
しかしどうでしょう。日本シリーズではパリーグの方が優勢です。
また若い選手が次々にでてくることをパのファンは楽しんでます。

何も心配することは無い、とはいいませんが、
そんなに深刻になることも無いと思います。
WBCで日の丸を背負った重みとやりがいを感じた選手は多かったといいます。
「日本人」を大いに自覚してプレーすることの子供達への良い影響もあるでしょう。

また多くの選手(レベルもいろいろ)がアメリカに行けば、ブランド価値も下がり
「やはり日本がいい」「NPBを俺が盛り上げてやる」という選手も出てくるでしょう
(事実出てきています)。

それにしても、国際試合で国歌を歌わない(歌えない)日本人選手ほど
情けなく、みっともない映像はありません。
少なくとも国際試合にでるレベルの選手には協会から君が代を
「強制的に」教えるべきだと思います。
3gou | URL | 2006/12/17 (日) 22:56:53 [編集]
一流の才能(アカデミズム、ビジネスも含め)は、より高い領域で自らを試したいと思うものです。
私はサッカー派なのですが(昔は熱狂的な阪神ファンだったのだが)、欧州の四大リーグ(イタリア、ドイツ、スペイン、イングランド)しか見ません。  実は、欧州内でも他の国のリーグ(例えばオランダ、フランス、ポルトガルなどのサッカー強国も含め)でプレーする有望な選手達は、四大リーグへの移籍を目指します。 もちろん経済的な理由も有るでしょうが、やはり世界最高峰の場で輝きたい、との思いが主たるモチベーションでしょう。
Jリーグは今や超地味なものになってしまいましたが、地域密着に徹し、それなりにやっている。 そして一流の才能は欧州移籍を夢見る。 ある意味、Jリーグ設立当初の精神を具現化していると言えます。 日本のサッカーのレベルが上がれば(長ーーい時間が必要ですが)、日本をステップに欧州へ、とのモチベーションを持った世界中の若い才能が集まる場になると思います。(Jリーグ設立当初はこの雰囲気が有った)
ところで、欧州の場合、街が出来ると最初に教会が建てられる。 そして休日、ミサに集った人々が、スポーツを楽しむ為に作られたクラブが現在のクラブチームの起源で、地元コミュニティのプロパティとの意識が根付いています。 国によっては(例えばスペイン)ワールドカップで自国の代表が活躍するよりも、地元のクラブチームの成績のほうが大事という感覚がある。 イタリアの田舎町ペルージャでは未だに「中田はおらが故郷の産んだヒーロー」として愛され続けています。 日本人としてとても誇りに思います。
日本のプロ野球もその特権的地位は失われていると自覚し(私の場合、日本の試合は見なくても、メジャーの試合はたまに見ますもの)、企業依存から地域密着型、即ちパトリオティズム(愛郷心)をバックボーンとする形へ軌道修正しないと(選手の給料は下がり、地味な存在になるかも知れないが)、ますます没落し、何れは滅びるでしょうね。 
rice_shower | URL | 2006/12/18 (月) 03:38:47 [編集]
うーん、サッカーなんか見てると私はなおさら危ういなあというか、スポーツに熱狂することそのものが所詮はプチ・ナショナリズムでしかないような気がしているので、そのへんは私が変なのかもしれません。

中田が生まれたのだって、日本国内にサッカーチームがしっかり足をつけて根付きだしたからで、サッカーくらいに選手の流動が双方向であればまだ国内が寂れるということは防ぎようがあるのかもしれませんが、プロ野球の場合は選手が一流になったとたんにメジャーに流出すれば、新人が入ってきたとて追いつかなくなるでしょうし、そうなれば一流選手を生む土台が腐れ落ちてしまうと思います。

プロ野球は楽観できないと思いますよ。一流選手だって決して自分の実力だけでそこまでのしあがったわけではなく、国内にそれを実現させる場があったから活躍できたわけです。

そこで結果を出したからと言って、その土台を腐らせるようなことをしてしまえば、未来の一流選手達のチャンスを奪うことになると私は思います。

だから何事も程度問題です。あんまり若くて有能な選手を出すのは早いということです。ちゃんとFAで行けばよいと思います。

ポスティングなど認めれば、目先の商売しか考えなくなった球団がさらに日本プロ野球界の破壊をすすめるでしょう。
日村秋介 | URL | 2006/12/18 (月) 08:43:25 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.