右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

橋下支持者は低知能?
まず、橋下氏を支持している人たちのすべてが低知能と言いたいわけではありません。なので、いちおう、?をつけておきました。

たとえば彼らがやろうとしているように、極端に変な教師をクビにしようとしたり、仕事をせずに組合活動ばかりしている職員を叩くのは結構ですし、そこだけ見れば良いことをしているように見えるでしょうから、そういう部分だけ見て保守層が評価してしまうのは、わからないでもありません。

私が言いたいのは、とにかく公務員憎しで凝り固まった人たちのことで、その典型例が「あしゅら」とか言うサイトにまるまる転載された私の文章にアホ丸出しのコメントつけている人たちです。。

こちらです。

彼らは、リストラされると失業者になることが理解できないようです。物理とか苦手なタイプでしょう。エネルギー保存則とか理解できないタイプです。まあ、関係ないか。

会社をクビになれば翌日から失業者、公務員をクビになっても失業者、同じです。

その人がこの世から蒸発するわけでもなし、また、すぐに次の仕事が見るかるわけでもないのです。今は景気が悪いですからなおさらです。

で、懲戒免職でもなく、自己都合でもなければ、結構な額の失業手当がもらえます。詳しくは知りませんが、雇用者側の都合で退職させられた場合は自己都合の場合よりも支給が多いと聞きました。

たぶん、彼らは、公務員と言うと、一部のろくに仕事もせず組合活動ばかりしている人を連想して、みんなそんな奴らばかりと思っているようです。

そして、公務員を少しでも擁護すれば、ただちに公務員認定です。私も公務員認定されました(笑)。私は公務員ではありません。

すぐにそういう発想をするからネット右翼は世間では頭の悪い人たちと思われています。残念です。何かと言うとすぐに朝鮮人とか言うからです。

私も、あるところに突っ込みを入れるコメントをしたら、「そんな朝鮮人みたいなコメントはやめましょう」と言われました。別に反日的なことを書いた訳でもないのにです。保守的な管理人のちょっとした間違いを指摘しただけでこれです。

まあ、それは良いでしょう。

私が気になるのは、どれだけの公務員が無駄に雇われているかなどそういう調査はあるのでしょうか?と言う点です。そんなの無いでしょう。あってもそれをもとにして公務員を減らせと言っている訳でもないでしょう。あのコメントの質を見ると、彼らにそんな頭があるとは思えません。

いずれにせよ、仕事ぶりを客観的に定量は難しいですから、偏見にたいして反論も難しいです。

実際に、変な職員がいるのは確かでしょう。どこかの自治体の清掃局とか市バスの職員とかなど、その典型例かもしれません。

でも、公務員と言えばみんなそういう奴らばかりではありません。

だいたい、日本の公務員はOECD諸国の中で最小です(労働人口あたり)。もともと少ないのですから、これ以上減らすと、むしろまじめに仕事している人がさらに大変になるだけです。

なら、クビにするより、働かないやつを働かせるほうを考えるのがまともなトップと言うものです。もちろん、ごく一部のどうにもならない奴をクビにするのはかまいません。

でも、ヒステリックな橋下信者は、公務員はみんなどうしようもない奴ばかりのように言っているでしょう。彼らの言う通りなら、大量にクビを切らねばなりません。

大量にクビを切れば、大量に失業者が出て、また大量に税金が必要になる(失業者手当や失業対策その他)と言っているのです。

いかにダメな奴でも、クビにしてそれで終わりとはできないのです。残念ながら。行政と言うのは、何らかの保護をあたえるしくみになっているのですから。

だいたい、失業者をほったらかしにしていれば、治安が悪化します。

こう言うと左翼系の人が怒るかもしれませんが、失業者が増えて貧しい人間が増えれば犯罪も増えるのです。だから、生活保護があるわけでしょう。

別に弱者救済のためだけにやっている訳ではありません。

そういうのを無しに、ミクロ的にだけ見て、いい加減な職員がいるからと言って、公務員を減らせとか言うのは、やっぱり近視眼的、低地脳としか思えないのです。

このデフレで不況下に、一生懸命やるべきなのは、むしろ公務員を増やす方向の政策のほうがまだましです。景気対策や若者の雇用対策として公務員の採用を増やすと言う発想のほうが優先されるべきです。

ごく一部のおかしな公務員をクビにすることには反対はしませんが、全体としては公務員は減らすよりもむしろ増やすべきです。それか、増やさなくても良いので、公共投資を増やすべき、こちらのほうが良いでしょう。

何にしろ、今の日本で民間であれ公務員であれ、リストラすると言うことは、マクロ的に考えて、失業者を増やす方向に向くのですから、そういうことを一生懸命にやるのはデフレの現状では間違いだと言いたいのです。

でも、低地脳な方々は、こういうマクロでものを見ると言うことができないようです。

だから、自分の見聞きしたごく一部の例、ろくに仕事をしない一部の公務員を見て、それがすべての公務員の平均値であるかのように思い込むのでしょう。

デフレ下で政府が支出を減らすとそれで財政が改善するとも思ってしまうのでしょう。

均衡財政論者は、政府が支出を減らすと国内の経済が縮小して、結局は税収が減る可能性があるとか、思いもよらないようです。

橋下氏も「収入の範囲で支出するのは当たり前」と言っていました。近視眼的です。

そしてとにかく、アンチ○○は発想で動く。こういう人と言うのは、ものごとの優先順位を取り違えやすいです。自分の敵さえ倒せれば良いと単純に思い込むのでしょう。
コメント
この記事へのコメント
ムダな人を雇っている事って本当にあるのでしょうか。傍から見ると無駄でも、中へ入ると重要な人であることの方が多いのではないでしょうか。たとえば銀行。窓口の女性が列をなしている顧客相手に奮闘しているのに、男性行員は暢気に机に向かって暇そうに書き物をしている。窓口を手伝えばいいのに、役立たず、辞めてしまえ、と自分の番を待たされている顧客は思っていることもあるようです。が、彼らは彼らで、融資、外国為替などの担当で、大量の決裁書類、申請書類の作成、確認に必死なわけです。もし、期限に間に合わなかったら、不渡り発生、倒産などにつながることが多々あるのですから。また、融資を行う際にも間違えたら取り返しのつかない私証書をはじめとする、書類の確認、入金、送金など仕事に終わりはないのですが、目立たないため、傍からは、無駄な人に見えるのです。かって窓際族、抜け落ち葉などと揶揄され、リストラ対象としてさんざん晒しものにされた人たちがいましたが、彼らがリストラされたのち一時的に企業の財務内容はよくなったように見えましたが、ほんの一時のこと。あとは、力がいろんな面で落ちるだけでした。彼らはベテランで、その力を甘く見たとき、仕事の底力のない若者ばかりが大量に残り、知識、技術を継承できなかったのではないでしょうか。このように無駄な人などいないということが分かっていながら、何となく苦しくなるとムダ、ムダと叫ぶのはバカ者としか言いようがないように思います。
hu-hu | URL | 2012/01/22 (日) 23:20:03 [編集]
どうもこんにちは。

まったくおっしゃる通りだと思います。無駄かどうかは価値観や考え方にもよりますので判断基準が難しいと思います。

近視眼的に目先のことだけ考える、目に見える部分だけ考える、わかりやすいことだけ考えると、予算の削減になるならなんでも削れと言うような感じになるのでしょう。

一言で言えば、短絡思考ですね。
管理人 | URL | 2012/01/23 (月) 08:29:36 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/06/16 (日) 14:42:17 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.