右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

科学信仰と言う病
このところ、ちょくちょくアップしていますが、個人の批判ばかりだったので(これが一番書きやすい)、ちょっとそうでない話を。

タイトルは科学信仰と書きましたが、正確に言えば、私が批判したいのは技術への盲進です。

現代では、科学技術が宗教になっているような側面があります。

ハリウッド映画を見ていてよく思うことですが、まあ彼らはゾンビ映画が好きですね。あきれるほど。

で、昔のゾンビ映画と言うのは、墓場から死体がよみがえって動き回るもので、死体を蘇らせるのは呪術的なものと言うか、昔ながらの宗教的な迷信によって説明がなされるものが中心だったと思います。

たぶん、昔は死体をゾンビにするには、そう説明するのが一番説得力があったからでしょう。

ところが、最近のゾンビはバイオテクノロジーで作られます(笑)。人間が作り出した新種のウイルスとかで。

最近では、一般の人々にはむしろそのほうが説得力を感じさせるのでしょう。

しかし、内容をよく見てみると、生物学的にはあり得ない滅茶苦茶なことです。でも、普通の人は分子生物学やウイルス学の知識などありませんから、あくまで雰囲気だけで十分なわけです。

要するに、科学技術と言うもの(この場合だとバイオテクノロジー)を正確に理解している訳ではなく、iPS細胞とか言われるとなんとなく期待したり、遺伝子組み換えと言われると何となく怖がったりしているだけなのです。

そのもっと典型的な例が放射能です。

福島原発の事故で東北に限らず全国で放射能の怖さが喧伝されていますが、私の見た感じでは、「放射能って怖いんだ、やばいんだ、危険なんだ」と言う情報ほどウケているように見えます。

放射線に関して知識の無い多くの人々は、むしろ「危ない、やばい」と言ってもらうほうを喜んでいる。たぶん、怖がっている自分を正当化してくれるからだと思いますが。

危なくないと言われると、自分がたんなる無知の恐がりと言うことになってしまいます。

昨日のニュースでやっていましたが、マンションの基礎の石に放射性物質がついていたようで、そのマンションの1階で住むと、1年で10mSvの被爆をすると言うことでした。

しかし、ブラジルのカラバリと言う地域に住む人々は、自然放射線だけ毎年それくらいの線量の被爆し続けて生活している訳ですが、癌などが多い訳ではありません。

それはともかく、私の友人でもおもしろい人がいて、彼は、とにかく放射能は怖いと言います。もう、自然に浴びるより少しでも増えるのはいやだと言います。

気持ちはわからないではありませんが、彼はその同じ口で、「生きているうちに宇宙に行ってみたい」とも言います。

はやぶさあたりの話を聞いて熱狂し、日本は宇宙開発にもっと力を入れるべきで、有人飛行もやり、自分も将来は宇宙旅行をしてみたいと言っています。

この発言の矛盾にお気づきでしょうか。

そう、宇宙に行けば被爆しまくりなのです。

飛行機に乗っただけでも被曝量が増えることすら知らない。

ましてや、宇宙に出てしまうと、地表では絶対に浴びることのないような高エネルギーの粒子線までをも浴びるわけです。

そんなことすら知らないと言うことは、要するに、科学を信じていたり怖がったりしていても、科学を理解している訳ではないと言うことです。

なので、やはり科学が宗教のようになってしまっているのでしょう。

彼はその象徴です。

・・・と、結局、人の悪口みたいになって終わってしまいましたが、彼を批判したい訳ではなく、多かれ少なかれそういう面があると指摘したかっただけであります。

でも、科学的な思考法と言うことまで否定するものではありません。

物事の考え方として、なるべく、科学的にと言うか、論理的、客観的な手法をとると言うことは重要です。

たとえば、今の政策決定は民意にゆだねるべきと言う方向ですが、その前提として、ちゃんとデータを出して議論する必要がありますし、データの作成からその判断は科学的、論理的になされることが必要です(もちろん、万能ではありませんが)。

ところが、現状では人々のイメージ、思い込みなどが暴走しています。それだけで判断していると言っても良い。

天下りが一体いくらの税金の無駄遣いになっているのか、いくらの利益になっているのか、差し引きプラスマイナスどうなのか、そんなデータを私は一テレビ新聞で度も見たことがありません。

公務員はけしからん、あいつら仕事していないと言っていますが、一体どれくらいの割合の公務員がどれくらい無駄なのか、そういうデータも知りません。

民主党政権は、無駄を削減すれば子供手当その他の財源はあると言っていましたが、当初から具体的に何が無駄かとのデータは示していませんでした。

それはすべて、思い込みと言うか、イメージばかりがふくらんでいただけだからだと思います。

だから、デフレ下で「既得権」を潰して失業者を増やすだけのような政策にみんなが飛びつくのでしょう。

多くの人々が信じている既得権悪玉論は、なんとなくみんなが信じている迷信に似たところがあるものだと思います。

そのウソっぷりを暴くのは、科学的な検証しかありません。

なので、スローガンには注意しましょう。

そして、橋下氏に言っていることや、小泉氏の言っていたことなどは、マスコミがふりまいたイメージを前提にしていると言うことです。

迷信のもとづいた政治をやる現代日本の民(たみ)は、中世の人々を笑うことはできないのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.