右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

マニフェストを守らないより悪いこと
先日は、人気ブログランキング10位くらいの「依存症のひとりごと」氏を批判しました。

今日は、もっと上位の「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』」さんが最新で書かれていたものにたいして、ちょっと不満を述べたいと思います。

ただ、こちらの方への悪いイメージは私はあまりありません。最近若干、ブログをご自身の商売に利用されているような部分が、若干ですが、ひっかかるくらいです。まあ、隅々ブログを読んだり毎日チェックしている訳でもないので、わかりませんが。

今回の瀬戸さんのエントリーでは、民主党がマニフェストを一つも守っていない、そのことを批判されていました。

それも悪くは無いとは思うのですが、私はむしろ多くのマニフェストを守ってくれなくて良かったと思っています。なぜと言って、民主党のかかげたマニフェストはもともと間違いが多かったからです。

772c8d98.jpg

間違っていたマニフェストについては守らないのが正しいでしょう。問題なのは、まあ自分らで間違いを認めるはずもないので、マスコミがそのことを批判しない点です。

それもそうで、マスコミも共犯だからだと思います。そこが日本の問題でしょう。マスコミがおろかだから民主党が間違ったマニフェストを掲げ、そして政権交代が起こってしまった。

ちなみに、マニフェストの中でそれなりに正しかったこともあります。

増税しないと言う点や、内需拡大で景気回復と言う点などは正しかったでしょう。でも逆のことばかりやってます。

不況と言うかデフレで国民一般が苦しんでいる時、しかも、一昨日に書きましたが、デフレは若者や失業者にだけしわよせが行く状態なわけですが、そういう時に逆進性の強い消費税を増税と言うのは、おかしな話です。

こういう状況だから、瀬戸さんもおっしゃっている通り、国民に負担ばかり求める民主党政権は完全に間違っている訳です、まったくその通りです。

議員定数を減らすことにあまり意味が無いとおっしゃっているのも良いセン行ってますが(瀬戸さんは定数がこれ以上減ると、自分が議員になれる可能性が減るから言っているだけかもしれませんが)、昨日書いたように、議員定数の削減は私はむしろ悪いことと思います。

いずれにせよ、歳出削減も間違いで、デフレ脱却が最優先と言うことですから、この点でも、ちょっと認識がずれているように思われます。

あまり瀬戸さんへの苦言にはなっていませんが、一つ大きく違うのは、私は天下りの完全な根絶などやめたほうが良いと思っていますので、その部分でしょうか。

天下りには弊害だけではなく、利点もあります。弊害を少なくして利点だけ残せば良い訳です。

だいたい、関連団体に天下りして税金が無駄遣いされていると言うのは根拠の無い俗説で、実際には天下り先の関連団体がかなりのもうけを出して資産を有していたりと言うこともあり、本当に税金の無駄遣いになっているかどうか、ちゃんとしたデータをもっと調べてから議論したほうが良いと思います(暇なとき調べてみ丸が、誰かそういうデータがあったら教えて下さい)。

また、出世競争に敗れた官僚が少しずつ退官してくれないと、組織じたいが維持できない訳ですから、天下りできなくなって官僚がずっと居残り続けてもそれはそれで給料払えなくなったり若い人をやとえなくなったりなど弊害も出てきます。再就職先の確保と言う点や、人材活用と言う点、官民連携と言う点で利点もあります。

問題なのは、退職金を何度ももらったり、談合と言うか汚職に発展したりなどの点なので、そこらへんを改善すれば良い話です。

そういう歳出を減らす方向の話よりも、デフレ脱却、そのためには普通に東北の復興事業を最優先でもっと早くやると言うことにつきると思うのですが、余計なこと(TPPや消費税増税など)に力を入れすぎです。

そこをもっと批判して行きましょう。

そして、とんちんかんな報道を続けるマスコミを何とか潰しましょう。

身の回りで私なんかが言っても、みんな新聞やテレビを信じるので、私は本当に現実社会ではいつも孤独で困っています(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.