右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

思想の問題!?
韓流ブームと言うか、フジテレビの異様なまでの韓流のゴリ押しを批判した俳優が話題になっているようだ。

高岡蒼甫“反韓流”発言でまた大騒動

本人は「家の妻は自分と一緒の思想ではありません。」とか言っているようだが、不思議である。

韓流ブームを批判すると「特殊な思想」みたいに言われるのは何故だろうか!?

だいたい、日本ではハリウッド映画を批判しても「思想」がどうたらとかは言われないが、韓流、いや、韓国や中国を批判するとなんだかあぶない右翼みたいな言われかたをするのがイマイチ納得行かない。

美味しんぼなんか読んでいると、アメリカの文化をボロクソに批判している。これこそ排外主義の危険なナショナリズムかと思うが、しかし同時に、中国や朝鮮半島の文化はやたらと持ち上げている(原作者の奥様があちらの方らしい)。だから許されているのかもしれない。不思議である。

最近ではさすがにマスコミも中国を批判するようになってきたが、以前は中国や朝鮮半島を公然と批判するのは御法度に近かった。それが拉致問題を生み、長年放置し続ける土壌にもなった。

日本人拉致について北朝鮮の関与を最初に指摘した西村真悟は国会で滅茶苦茶に批判され、右翼よばわりされたとか。マスコミに批判されるのが怖くて、警察も情報をつかんでいても公にできずにいたほど。

その話と関係あるのかどうか、ちょっと質が違うような気もするが、最近のマスコミの、そして特にフジテレビの韓流ゴリ押しはものすごいものがある。

正直。私のまわりでは、韓流にうんざりして見たくもないと言う人間のほうが多いのだが(チャンネル桜を見ているような層ではなく、職場の同僚である普通の人たちとかに多い)、マスコミはそういう声を無視している。

で、今回のように韓流を批判すると「思想」がどうたら言われるとは・・・

正直、ハリウッド映画も批判するし、韓流も大嫌いな私からすると、少々韓流を批判した程度で、「思想」がどうたら言われるのは、恐怖を感じる。マスコミによる言論統制としか思えない。恐ろしい時代である。

韓国のマスコミでは日本をボロクソ叩きまくるのが日常茶飯事である。その中には滅茶苦茶なものや言いがかりも多い。そういう事情をどれだけ日本人は知っているのか?

お隣の国で日本について間違った認識を平然と垂れ流しているようなことに、はっきりものを言い、相手の間違いは正すのが本当の相互理解だろう。

相手に遠慮して相手にあわせてばかりでは、自分を見失うだけである。

ちなみに、ここ数年の韓流ブームは広告代理店が主導しているものである。

日本のマスコミは、いろんなところからの圧力を受けている。

政治的な偏りは、各社によって特徴があり、いくつかパターンがあるが、共通するのはスポンサー関係のようである。

大手スポンサーの大企業や宗教団体
それらを取り仕切る広告代理店

あと、意外なところでは、財務省の影響をかなり受けている。

官僚批判や体制批判、権力批判が大好きなマスコミだが、不思議と経済問題に関しては、財務省の主張をほぼそのまま報道している。

しかし、日本の経済がずっとおかしいのは、長年にわたる「財務省主導の経済政策の失敗」である。無駄遣いのせいではない。

これだけ円高になっても、日銀は何もしない。

これだけデフレが続いても、財務省は何もしない。何かしろと言うと「インフレになる」と言う。今の財務大臣は本当にひどく、「私は今がデフレとは思っていないし、インフレよりは良い」みたいな滅茶苦茶なことを言っている。

こういう経済について間違った認識を広めているのは、記者クラブ制度に頼り切って財務省の言うことをうのみにしているマスコミにも問題がある。

日本の経済や財政がおかしいのは、財務省の主導した政策が間違っていたからなのに、あいかわらず財務省の主張そのままの論調がマスコミを支配し続けているから、今後も日本の経済はよくならないだろう。復興もおぼつかないに違いない。

なんだか話がそれてしまった。
コメント
この記事へのコメント
韓国の時代劇って、昔へ翻るほど宝塚の劇のように衣装がキラキラになっていきますね。まあ中国のも相当派手ですが。日本の時代劇が調度品もほとんど無く、やたらに地味に見えます。
ろつ | URL | 2011/07/31 (日) 15:55:26 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.