右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

北方領土問題・麻生私案?
麻生外相が、北方領土問題の解決私案というのを出したようです。麻生太郎マンセーを自ら公言されている、てっくさんが取り上げておられました。

北方領土解決麻生私案?

私は麻生太郎マンセーではありませんし、まあどっちかと言うと政府のやることに何でもケチばっかりつけるタイプと思われているかもしれませんが(そうでもない?)、この案は、そう悪くもないんじゃないかと思います。もちろん日本の外務省に交渉力があるという前提が満たされればの話ですが・・・

北方領土解決へ4島「面積で2等分」…麻生外相が私案

 麻生外相は13日の衆院外務委員会で、北方領土問題について、北方4島(択捉、国後、色丹、歯舞)全体の面積を2等分する境界線を日露両国の国境とする新たな解決案を示した。

 民主党の前原誠司・前代表が「4島を(二つに)分けても、4島とも日本の領土に入るという認識が必要だ」と指摘したのに対し、外相は「北方領土を半分にしようとすると、択捉島の約25%と、残り3島をくっつけることになる。面積も考えず2島だ、3島だ、4島だというのでは話にならない。現実問題を踏まえて交渉にあたらなければならない」と述べた。

 外相はさらに、「ロシアのプーチン大統領は強い権力を持ち、領土問題を解決したい意欲もある。この人のいる間に決着を付けなければならない」と語り、大統領の任期が切れる2008年5月までに解決の道筋を付ける意向を強調した。

(2006年12月14日3時34分 読売新聞)


で、上の記事ではちゃんと書かれていませんが、てっくさんのところを読むと、領土としてとりあえず返還してもらうのは半分だけれども、4島の帰属そのものはもちろん日本にあるということを確認した上での部分返還を先にやるという話です。

ところで、日本が本来、まともな国ならば、国際紛争を解決する手段として武力による威嚇または武力の行使だって考えて当然なのですが、それができないので竹島は占領され、北方領土は帰ってこないわけです。

ですから、さっさと憲法9条を改正して道東や竹島周辺に軍隊を集結させて軍事的緊張を高めて圧力をかけるという方法も、まあ長期的に見ればあるかもしれませんが、たぶん100年待ってもそうはならないでしょう。

だいたい、軍事力による威圧と行使ができないと言っても実は問題はそれだけではなく、これまた日本が外交交渉力のある国だったなら、もうちょっとどちらも進展していた可能性もあると思います。

というか、武力が使えないなら、もう並はずれた交渉力、それこそスパイでも何でも使って色んなキタナイことも含めてやらないといけないのに、対外的にはお人好しのバカっぷりを政府はいつも丸出しだから心配です。

それに北方領土問題に関しては日本の外交は完全に失敗というかタイミングを逸して不運もあったと思います。

今、麻生氏が色々と努力されようとしているようですが、たぶん簡単には行かないでしょう。私は全然詳しくないし土素人ですが、ロシアは石油で経済が絶好調だし、日本はこれといって交渉のための武器もないし、そもそも交渉能力すらもないから、かなり妥協を迫られるんではないかと思います。

無理して麻生外相が主導権を取って進めれば、最悪の場合は麻生氏のキャリアに傷がつく可能性すらあるんではないかと、私は悲観的な見方ですが、それでも俺がやらなければならないというのであれば立派だとは思いますが。

実はこの麻生私案は、鈴木宗男の2島先行返還論と似ていて、それよりさらに良いと私は思うのですが、鈴木宗男の人脈とあの頃のタイミングならできたかもしれませんし、また小泉首相がもっと有能な人で、本気で取り組んでいたら進展した可能性もあったのだろうと思いますが、今になって、安倍首相の下で麻生氏が主導権を取って、どこまでできるのでしょうか?まあやらなければタイミング的に遅くなってもっと難しくなるというのはわかるんですが。

私は、これも最近になって知ったのですが、鈴木宗男らの二島返還はなかなか良い方法だったと思います。その線に沿っているのか、どこまで似ているかわかりませんが、麻生私案も、これがその通り行くのなら悪くないんではないかというのが印象です。

が、ホントこの問題、自信を持って意見を言えるほどは私はわかっていないのと思うので、ちょっとぼやかした感じで終わりたいと思います。

詳しい方がおられましたら、コメント欄に情報をお願い申し上げます。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
二島先行返還論
私も、鈴木宗男氏らが唱えていた「二島先行返還論」に基本的に賛成でした。(この二島は、歯舞・色丹で面積は、他の二島にはるかに及ばない欠点がありました)
「四島一括返還」が理想であることは、間違いありません。しかし、これは現実的にも難しく、戦略的にも損な方法だと個人的には思います。
ただ、鈴木氏らの「二島先行返還論」は、主張当時、よく理解されていなかったように思います。鈴木氏らの主張は、先ず二島を返還してもらい、残りの二島は「継続協議」というものでした(前原氏が言うように残り二島の主権を放棄するものではない)。この辺が世間一般には理解されていなかったように思います。
私もこの問題、詳しいわけではありません。
Gくん | URL | 2006/12/15 (金) 01:04:23 [編集]
“北方領土”問題については日村秋介さんやてっくさん達とはいささか意見を異にします。
大東亜戦争を三つの側面に分けて考えるべきかと‥。

①日本が合法的に獲得した大陸の権益を巡って、長期にわたって繰り広げられた紛争に起因する日中間の戦争。

②英米などの対日軍事・経済包囲網とハル・ノートの通告によって戦端が開かれ、太平洋・東南アジアの英・米・蘭植民地においてそれらの国々との間で行われた戦争。

③英米とのヤルタ密約によって、ソ連が未だ有効であった日ソ中立条約を蹂躙して一方的に開戦した日ソ間の戦争。

北方領土は③の範疇で考えなければなりません。
したがって八月十五日以降に千島・樺太地域の守備隊や島民がソ連軍との激戦の中で数千人が戦死し、文字にも出来ない出来事がまるで「なかったかの様な」見て見ぬふりを前提に「講和条約」や「領土問題」は【日本人として】許しがたいと云うよりも【玉音放送を聴いた後に死守してくださった先達】に「申し訳」がたたぬと思うのです。

小生は100年かかろうが200年かかろうがこちら側から「講和」する必要はないと考えています。ここでしっかりしないとシベリア抑留で亡くなった日本人も「犬死」にされてしまいかねないと懸念する次第です。
国益は“銭かね”だけじゃないかと‥。


Ma.wakizasi | URL | 2006/12/15 (金) 02:39:40 [編集]
>Gくんさん
私も同意見です。返還という実利に向けて動き出すためには、これが一番現実的な方法かもしれませんね。

>Ma.wakizasiさん
なるほど、これは貴重な意見ですね。現代人は先人達が命がけで死守しようとした北方領土というものについてあまりにも軽く考えすぎということですね。やっぱりそうであるなら、本来は戦ってでも取り返すべき領土ということになるのだろうと思います。

戦後の日本にそれは期待できませんから、それくらいの気概を持てる国に少しずつ戻してゆくか、ロシアがソ連による日本侵略に謝罪と賠償をしないかぎりは永遠に講和しないと宣言するくらいの気概でもあれば、まあ立派な国だと思いますね。

まあでも頭をさげて返してもらうんでなければ、そこらあたりはクリヤされるんではないかとも思いますが。結局日本が(何故か)謝罪して金を出すとかなると最悪ですね。
日村秋介 | URL | 2006/12/15 (金) 08:47:45 [編集]
はじめまして
Ma.wakizasi さんの意見は全国会議員に認識して欲しいですね。
8月15日が終戦記念日となっていますが、その後もソ連軍とは戦闘があったわけですから。

江戸時代より対露外交は相手にやられっぱなしです。これは、北海道以北に対し、今も昔も魅力を感じていない勢力がいるからでしょう。(日本人は寒いのが嫌いなのかもしれません)

樺太や千島列島はロシア人より日本人の方が古くから実効支配してきた歴史を我々は認識しなければなりません。

サンフランシスコ講和条約だって、もう一度やり直すぐらいの気概を外務省は持って欲しい!
@隼人正 | URL | 2006/12/17 (日) 19:02:23 [編集]
>@隼人正さん
レスが遅くなり申し訳ありません。

まったく、政府や外務省はだらしないですよね。サンフランシスコ講和条約については今から撤回はできないでしょうが、中身の見直しと反省くらいは存分にやって欲しいものです。そして北方領土を取り返す気概は忘れないで欲しいですね。
日村秋介 | URL | 2006/12/18 (月) 13:51:13 [編集]
こんんちは。
ご意見ごもっともで感心しておりました。

ところが・・・
>樺太や千島列島はロシア人より日本人の方が古くから実効支配してきた歴史を我々は認識しなければなりません。

と、投稿されていた方がいましたが、事実誤認ですのでお知らせいたします。
あいにく、千島列島については日本人がやってくる以前に道東のメナシクルアイヌの活動圏でした。そして、このメナシクルアイヌがロシア側に納税してしまっているのです。
また国後以北のアイヌは幕府の北方探検の時代には既に言語・宗教などでロシア化しておりました。

私は領土返還運動にかかわっていますが、政府がこの地域についての歴史や日ロ関係について間違いを吹聴しているので非常に迷惑しています。
この地域は残念ながら我が国の「固有の領土」ではありませんし、「固有の領土」だったとしても国際的に領土返還の理由にならないのです。
領土返還運動は終戦時におけるソ連側の非道と、旧島民の権利回復の要求だけで充分国際的に説得力があるのに、政府がご都合主義的に歴史を捻じ曲げて、それを正当化の理由にしてしまっているため、かえって返還運動への国際的理解を妨げています。
またアイヌ人の先住民権の問題もあり、従来の日ロ政府間交渉だけでは国際法的な正当性をもたなくなってしまっているのですが、このことも日本政府は国民に明らかにしないので、正直困っています。

以上、ご承知ください。
道民 | URL | 2007/01/03 (水) 14:05:47 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.