右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

経済成長と景気回復しかない
私は基本的にあまりお金の話とかはしたくないほうですし、金儲けとかにも興味ありません。金をどこか汚いものと思っているところがあります。ですから、経済の問題も、もともとあまり関心が無かったのです。

しかし、ブログをやって関連したことを少しずつ調べて行くと、日本の多くの問題は経済の問題と結びついていることがわかりました(あたりまえですが)。

特に最近は色々な政策の財源をどうするかとか、国の借金がどうとか言う話で政治が動きますし、そのことによって政治が大きく動くわけです。

地震の復興にもお金がかかります。その財源をどうするかと言う話にもなっています。

やはりお金の話は無視できないでしょう。あたりまえですが。
財政で言えば、日本の赤字国債の額が膨大であると言う話になっています。確かに900兆とか言う額はすごいです。

これ以上の国債発行は良くないと言うことで、最近では基本的には財政健全化へ向かおうと言う動きのほうが多く、その方法としては基本的には無駄の削減、言ってみれば、緊縮財政路線をずっとやってきたわけです。

しかし、それでも財政赤字は減りません。仮に民主党政権がバラマキ4Kと言われている政策をやらなかったとしても、リーマンショック後には極端に税収が落ち込んだことを考えれば、赤字国債の発行を減らすことはできなかったでしょう。

では財政健全化のためには増税するしか無いと言う話になります。

しかし、増税しても税収が増えるとは限りません。実際、景気が悪くなれば税収が落ち込む訳ですから、なかなか目論み通りには行かないものです。

実際。橋本政権時に消費税の税率を上げましたが、かえって税収が落ち込んでしまい、それ以後は税収がそれ以前の額よりずっと低いままです。

そして、その後はずっと不況のまま、失業率も自殺率も高いままです。

不況の時に増税してもかえって税収が減る訳ですから、税収を増やすには単純に増税すれば良いのではなく、景気対策のほうが重要になってくるのだと思います。

要するに、消費税の増税も緊縮財政(構造改革+事業仕分け)も、現在の日本がかかえる問題に対して、どちらも処方箋とはならないと言うことです。

と言うことは、やっぱり景気回復と経済成長によって現状を打破するしか無いと言うことだと思います。

景気回復すれば税収も増えますし、経済成長すれば赤字国債の対GDP比を減らすことも可能です。少なくとも現状のようにほとんどGDPが成長していないのに国債だけ発行して行けば、その重みが増してしまうのはあたりまえです。

景気回復と経済成長のためにもっとも手早いのは、やっぱり古典的な方法、公共事業だと思います。

もちろん、不必要なハコモノを作ってもしょうがないですから、無駄なことをやってはだめですが、今の日本には幸いなことに必要な公共事業がたくさんあります。

震災の復興で莫大な額が必要になるでしょうし、高度成長期に整備されたインフラの更新時期にも入りつつあります。

やるべき公共事業はたくさんあるのですから、そういう方面に政府がじゃんじゃん投資をして経済を回転させれば、復興と経済回復の両立が可能だと思います。

こういうあたりまえの発想があまりマスコミで報道されないのが諸悪の根源だと思います。

今は、普通にやることをやれば良い。やるべきことは目の前にたくさんあるのですから・・・

↓共感いただけましたらクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.