右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

民主負け越しは当然【統一地方選】
統一地方選挙が終わりました。前半と後半いずれも民主党の敗北と言う結果でした。当然でしょう。

民主、退潮傾向顕著…政局混迷の可能性

今回の震災への対応以前に、すでに民主党への支持は失われていました。

もともと「いっぺんやらしてみるか」と言う程度の政権交代だったのですから(この発想がそもそもとんでもない間違いだったのですが)、イデオロギーは別にしても、口先だけで実務は経験不足と言う議員が目立って支持されていたのですから、スキャンダルが無くてもいずれ化けの皮ははがれていたことと思います。
今回の震災が無ければ、とっくに解散総選挙により潰れていたことでしょう。

そういう点では、今回の震災はその規模もさることながら、地震と津波による直接被害の他に、原発事故による被害と、政治的被害(菅政権の延命)と言う3重苦と言うことになってしまいました。

復興に向けての動きも右往左往しています。

人が多すぎて…復興構想会議、運営めぐり危機感

この会議は、人選も問題だと思いますが、今回の復興にかんしては、ただでさえ決断できない首相が、やたらと会議を乱発して議論を拡散させているようです。

民主党の政権運営の未熟さが、ここでも路程しています。

しかし、つい最近の政権交代ではありません。今まで何をしていたのでしょうか。

こういう点では小沢一郎のほうが得意なのかもしれませんが、すでに何度も書いている通り、彼は政治家として致命的にダメなので、やはり期待できないと思います。

でも、小沢一派も取り込むくらいの度量があれば、もう少しまともに進んでいたかもしれませんし、民主党の支持ももうすこし持ち直していたかもしれません。それはその通りでしょう。

小沢一郎にしろ菅直人にしろ、民主党と言う政党を、この非常事態においてもまとめることすらできない人物なのですから、復興と言う日本全体が比較的まとまりやすい政治状況であっても、さっぱり先が見えてこないのは当然と思われます。

すべてが、まともな理由も無しに麻生政権を潰して民主党政権を選択してしまったことが原因です。

また、あいかわらず、財源をどうするかで停滞しており、全体像が見えてきません。

普通に考えれば、地震前にはデフレで苦しんでいた日本経済の回復と、震災復興とを両立させるためにも。国債を発行して復興に必要不可欠な公共事業を大量にやると言う決断をすればすむことだと思うのですが、既存の予算を削ってそれを当てるなどと言うたんなるお金の移動と言う発想にあいかわらず縛られているようです。

民主党は脱官僚などと言うたわごとを言って政権を取りましたが、今の菅首相はどう見ても財務省に完全にコントロールされているとしか思えません。

この非常時には、事業仕分け的な発想ではなく(どうせたいした金額は出てきませんし)、国債を発行するなどによって大量の資金を調達して、一刻も早く復興に向けての大規模な公共事業の展開を決断すべきでしょう。

そのことによって、日本経済もまわりだし、失業率も改善して、景気が回復してくれば、自然と税収も増えることでしょう。

不景気の時に緊縮財政して増税してもかえって税収が減ることがあるのはすでに書いた通りです。

最近では経済の話が多いですが(あまり金の話は好きではないのですが)、今は日本と言う国にとって、普通に経済が回復することこそ重要だと思います。

そうでないと、不況を理由にして、どんどん変な政策(構造改革だのTPPだの移民だの貿易依存だの奇妙な少子化対策など)がすすめられてしまいます。

これを機会に、ともかく、普通にお金を調達して、普通に復興のための公共事業(プラス災害対策の公共事業)を必要なだけ早急にやるべきだと思います。

マスコミが煽って世論誘導しておこした政権交代でしたが、麻生氏が首相のままだったならば、こういう政策がすみやかに実行されていたと思うと残念でなりません。まあ、たら・ればを言ってもしょうがないですが・・・

話をもどしまして、今回の統一地方選挙の結果(民主の敗北)を受けて、さらに政局は混乱するかもしれません。

今はまだまだ復興もはじまったばかりで、解散総選挙などやっている場合ではないでしょうが、なるべく早い時期に民主党は政権から降りたほうが良いと思います。

今回の復興でここまでもたついている理由の1つは、民主党には「政策通の議員」とか「テレビ受けする議員」が多いと言いますか、そういう議員が国民に期待されて支持を伸ばしてきたところがあると思います。

まあ、これ以外に小沢ガールズなどのような、ただ頭数だけの役立たず議員も多いですが、自民党の議員と違って民主の「口のうまい議員」や「政策に詳しい議員」などが期待されていたのは確かでしょう。

ところが、現実の政治でものごとをスムーズに進めるには、そういう口先や建前だけの話ではなく、事前に交渉したり意見を調整したりと言う根回しが必要になってきます。

そう言うことは自民党ならできたはずです。民主党はこの点でもだめなのです。人間としての常識が欠けているのです。

普通の社会人ならばそれくらいのことは理解できると思いますが、テレビで立派そうなことを言ったり、やたらと細かい政策の知識に偏重したりして人間として未熟な議員が民主党には多いと言うことです。

今回の復興の構想にかかわるの混乱も、そこらあたりにあることでしょう。

民主党はつくづく未熟な人たちの集まりだと思います。


↓共感いただけましたらクリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.