右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

ダメな首相がやめない弊害
首相が短期間で交代するのは良くない・・・いつからそう言われるようになったでしょうか。ずいぶん昔からだったと思いますが、それはそれで確かに問題でしょう。

しかし、ならば
ダメな人間が首相の座に居座り続けることの弊害はどうしてくれるでしょうか?

そのことの弊害がまさに今回の震災において明らかになったのだと思います。

確かに、菅直人が誰かに変わっていたからと言って、今よりマシであると言う保証はありませんし、その代わりに小沢一郎が出てきたとしてもだめでしょう。彼がダメなのは一昨日に書いた通りです。

なら自民党の谷垣氏も似たようなものと思われるかもしれません。個人的な資質としては、菅直人と大差無い気がします。

しかし、自民党はまだ民主党よりは経験もありますし、有能な議員は明らかに自民党のほうが多い。それは与党の経験が長いから当たり前なのですが、このような非常事態をまかせるには、民主党よりは良かったはずです。

では、何故こんなことになってしまったのか・・・
それはやっぱりマスコミの偏向報道による結果だと思います。

偏向報道によって菅内閣が延命してしまったためでしょう。

この前の参議院選挙で大敗した時に、マスコミは首相を退陣させないように。かなりの世論誘導を行っていました。

自民党の時には見られなかったことです。

とにかく、世論調査をする前にNHKなどもテレビでさかんに「選挙に負けた責任はあるが、首相がコロコロかわるのは良くない」と言う街頭インタビューを流したりしながら、とにかく短期間での首相交代は良くないのだと言う世論を誘導していました。

しかし、考えてみれば、自民党政権時代には、どうでも良いつまらないことやスキャンダルを中心にして安倍首相や麻生首相の足をひっぱりまくり、短命に終わらせていたのはマスコミです。

そうやって、マスコミは自民党が相手ならばその手で首相がやめざるを得ないほどに支持率を低下させ、にっちもさっちも行かない状態にして、首相が退陣したらしたで、今度は「投げ出した」などとやめたことまで批判する訳です。

ところが民主党に変わってからは、全体的に金銭スキャンダルは扱いが小さく、自民党の頃になら大問題にしていたような政治資金の収支報告書の記載間違いなどのことは民主党に対してはマスコミはほとんど沈黙、小沢の問題はそれなりに扱われましたが、一時だけですし、鳥越俊太郎のように「小沢問題は国会ではなく裁判で明らかにすれば良い」などと開き直る関係者もいたほどです。

もちろん、それ自体は正論ですが、なら自民党の頃に騒いでいたのは一体何だったのかと言う話です。

そうやって、自民党の首相をさんざん潰しておいて、民主党の首相は守ると言う偏向マスコミが日本の政治を滅茶苦茶にしているのです。

少なくとも鳩山や菅や小沢や前原みたいな人物と比べると、政権交代する前の麻生氏は遙かに良かったと思います。

麻生氏が首相だった頃、彼が漢字を読み間違えた程度のことを「漢字が読めない」などとレッテル貼りされ、毎晩ひたすら高級店で飲食ばかりして庶民感覚がわからない人だと言うような、本当にどうでも良いことばかりが報道されていました。

しかし、麻生氏が英語ペラペラだとか、国際会議での名演説を絶賛されたなどは無視です。

贅沢な食事がいけないとか庶民感覚がわからないと言うなら、その後の鳩山のほうがひどかったはずです。しかし、そんな報道はなく、親からたくさん金をもらっていたと言う話が出てきて、ようやく騒がれはじめました。

その後の菅直人に至っては、池上彰まで利用してこんな世論誘導までする始末・・・



もちろん過去のブログで私も麻生氏のことをそれほど応援した訳でもなく、批判したりもしましたが、漢字の読みがどうとか言うレベルの低い批判などはしませんでしたし、今の民主党への批判とはまるで次元の違うものだったと思います。麻生氏の場合には、要求のハードルを高くして批判することで理想を語ることができましたから。

ところが、今の民主党は、あまりにひどすぎて、理想を語る以前に、とにかくもうやめれくれとしか言いようがありません。

この震災が無ければとっくに衆議院は解散総選挙になっていたのではないかと思いますが、そうならなかったことは、日本と言う国にとっての二重の災難でした。

今はとにかく、菅直人よ、早くやめてくれとしか言いようがありませんが、では次に誰が首相になれば良いのか、まあなって欲しい人はいくらでもいますが(平沼氏など)、現実としてはそのプロセスが考えられないので、現状で我慢するしか無いのかなあと思うと、絶望的になってしまいます。

どうしたら良いか、誰か教えて下さい(笑)。

いずれにせよ、首相が短期間で交代することの弊害ばかり説き、ダメな首相が居座り続けることの弊害に気づかなかったマスコミを何とかしない限り、こういう問題は未来永劫解決しないでしょう。

意欲と能力のある若者が朝日新聞やテレビ朝日に就職して、出世してマスコミを内部から変えてくれたりしないとどうにもならんのかなあと思いますが、時間がかかりすぎます。

団塊の世代の退職でもう少しマシになると思っていたのですが、見通しが甘かったです。

いずれにせよ、菅直人は「復興に目途が付いて財政再建に道筋がつくまでやりたい」などととんでもない事を言っているようですが、そんなことは許してはいけないと思います。彼が首相である限り、復興も財政再建も見通しなどつくはずが無いでしょう。

そんなダメ首相をいつまでも居座らせ続けてきたのが、「首相は短期間に交代しないほうが良い」などと言うダブルスタンダードなマスコミ洗脳だと思います。

ダメな首相はさっさとやめさせておべきだった、それ以前にダメな人間を首相にしてはいけなかったのですが、その責任は世論誘導で政権交代させたマスコミにあります。

↓共感いただけましたらクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.