右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

原発利権の批判は無意味
私の原子力発電に関する考え方は簡単で、まずは現在の事故を収束させるのが第一なのは当たり前ですが、その後の話として一番重要なのは、既存の他の原発の安全性を向上させることです。

東電を叩いたり脱原発を叫ぶよりも、さしあたってはこちらのほうが大事な話だと思います。

今回の事故で明らかになったのは、原発の安全性が不十分だった事と、事故後の対応がまずかった事、この2点なのですから、それを今後に生かすことです。

と言うのも、すでに国内の4分の1以上の電力を供給している原子力発電を数年以内に廃止するなど物理的に不可能なのですから、既存の原発については安全性の見直しとその対策が早急に必要です。

そして、今後の電力行政をどうするかについては、じっくり議論して行けば良いと思います。

もう一つ、事故後の対応のまずさと言う点についても反省は必要でしょう。ただ、東電ばかり叩かれていますが、初期対応で首相が原発に視察に行こうとしたせいで事態を悪化させた可能性についてはきちんと検証したほうが良いと思います。政府が東電に責任をなすりつけている可能性もあるからです。

いずれにせよ、今回の事態を収拾できれば、その経験はかなり今後に生かされるでしょう。もちろん、事故など二度と繰り返してはいけませんが、人間のやることに完璧はありません。経験を積むしか無いのです。

まあ、その話はそれくらいにして、今日の本題に入りたいと思います。

このところの原発の議論によく出てくる話で、気をつけたほうが良いと思うものが1つあります。

それは原発利権の批判です。

私はこれは、あまり意味の無い批判だと思います。

話がそれるようですが、昨日も書いた通り、「構造改革」や「政権交代」を叫んだ人たちが日本の問題点として強調したのが政官財の癒着の構造、巨大な利権構造でした。

そして、その利権とつながっていると言われた人たちが、抵抗勢力として排除されました。

その結果、どうなったか。利権を憎んでいた人たちの気分が少しすっきりした程度で、日本は何も良くなりませんでした。

構造改革により、それまでの秩序が崩壊し、産業が没落し、失業者が増えて不況に拍車がかかっただけです。

そして、政権交代により、無能な人間が政治の中心に居座るようになっただけです。

利権の批判は都合良く利用されがちなので、そこには節度が必要です。

私の利権に対する考え方は、昨日書いた通りです。

利権の弊害とは何か!?それは、利権を生む構造そのものが悪いのではなく、利権が汚職や談合など違法なレベルにまで発展すると問題なのです。

何事にも利権はつきものです。利権が生じるからと言っていちいちその構造を潰していっては何も残りません。

行政は利権を公正に調整する、司法が利権から生じる不正を取り締まる、マスコミは利権そのものの批判ではなく、過剰な利権であるところの不正を節度をもって糾弾する。

これらがバランスの取れた利権に対する態度と言うものだと思います。

さて、話を原発にもどしましょう。

原発の利権を批判している人たちは何がしたいのか?


(1)一部の人間が自分たちの利権のために不要な原発を作ってきた!?

もしこのような事を言うなら、私はそれはいいがかり、もしくは言い過ぎだと思います。私にはこれはほとんど陰謀論のようにしか聞こえません。

原発に関しても、巨大な利権があるのはその通りでしょう。

原発のような巨大な産業では、巨額の金が動かざるを得ないでしょうし、それが巨大な利益にもつながるでしょうが、もし「一部の人間の金のために不要な原発を作った」などと言うならば、それは言い過ぎです。

そもそも、この一部の人間とは誰なのか?その人たちが一体どれくらい「過剰に」利益にあずかっていると言うのでしょうか?

原子力産業でしょうか?それなりの技術を提供している企業が儲かって悪いのでしょうか?彼らが不当に搾取をしているとでも言うのでしょうか?誰から、どれくらい!?

原発の誘致にあたって、一部の政治家が不正をはたらいて金を得ていると言うのでしょうか?それならば汚職ですし犯罪です。取り締まれば良いでしょう。

その他に原発の誘致で一見すると利益を得るのは、地元自治体です。

地方は、没落する地域経済を何とかしようとして、原発を誘致しようとしたかもしれません。

それだって利権と言えばその通りかもしれませんが、地域経済を何とかする1つの手段として意味はあるはずです。少なくとも、その利権がごく一部のためのものとか、違法なものとか、そんなことにはならないでしょう。

地方は原発の悪いイメージとそのリスクをひきうけるかわりに経済的な援助を得ただけの話です。

都市に住む人間は、そうやって地方で安定的に発電される電力の供給を受けることでその恩恵にあずかってきた訳です。

原発を推進するにあたっては、一部だけでなく多くの人々がそれなりの利益を得てきた訳ですし、それを推進してきたのにもまともな理由がいくらでもあるし、まともな議論もあって進められてきたのに、そこを無視して、非常事態に便乗して利権ばかり強調するのはどうかと思います。

繰り返しますが、原発の問題はそこから生じる利権ではなく、安全性の問題なのです。


(2)原発関連企業が利権のために原発を推進してきた!?

これも疑問です。巨大企業が食って行くために原発を作ったのか、原発を作れる巨大企業があるから原子力行政が可能になっているのか、どちらが原因でどちがが結果と断定できないところがあるので、話はそんなに単純ではありません。

日本の科学技術力は進んでいますし、原子力に関しても先進国です。その技術を持った企業もあります。なので、原発を推進した、と言う見方も可能でしょう。

しかし、逆に、日本のようなエネルギー自給率の低い国はウランさえ一度輸入できれば、その後は長く使えて自給可能と言える原発にある程度依存する必要があると考えて原子力技術の開発を推進してきたとも考えられます。

いずれにせよ、原子力発電が推進されてきたまともな理由はいくらでもあります。電力の安定供給、発電の多様化によるリスクの回避、エネルギー自給率の観点などなどです。

一部の人間がその利権のためだけに無駄な構造を作り出すなど、ほとんど神話であり、陰謀論でしょう。

公共事業悪玉論とよく似ています。


今回は、日本にとって歴史上最大の規模で地震と津波がおそってきた訳ですから、今は誰しも非常事態と言えば自然災害のことしか頭に無い状態です。

しかし、国家存立の危機と言うのはそれだけではありません。

今は原発事故のことしか頭に無いので、それさえ取り除けば万々歳だと思いがちですが、エネルギー問題と言うのは、そんな単純ではありません。

国内で必要とされるエネルギーをまったく自給できないと言うことだって、国家にとっての脅威であり、そのことが新たな災害につながる可能性があります。

大きな問題を扱うならば、目の前の事にただ反応するだけのような議論ではなく、時間的にも空間的にも幅広い視点からものを言わなければだめだと思います。


(3)原発をめぐる利権の構造を破壊せよ!?

「利権」批判と言うは、かなり強力な破壊力を持った武器になることがこの20年ほどで証明されています。冒頭でも書いた通り、構造改革派も利権と言う言葉の持つ悪いイメージを利用して破壊を実行してきました。

既存の体制なり産業なり秩序なりを破壊したい人たちが使う殺し文句が「利権」なのです。

そして、一般大衆は、「利権」と聞いた途端に思考停止です。

政治と言うものは利害の調整と言う側面があります。巨大な事業となれば巨額の金が動きます。そこでは、何らかの利権が生じないほうがおかしいでしょう。

しかし、利権の構造が生じるからその事業そのものがだめなのだとは言えないはずです。そんなこと言ってしまえば大きな事業は成り立ちません。

そもそも、原発を無くしたい人は「原発の利権」ばかり言いますが、ダム建設だって利権です。火力発電だって利権があるでしょう。

仮に脱原発が可能になったとして、それに変わって太陽光発電が巨大な規模になれば、新たに巨大な別の利権ができあがるだけです。


利権そのものがだめと言うのは、権力そのものがだめと言うのと同じ、巨大な力そのものがダメと言うのと同じようなものです。

過剰な利権批判は権力構造や産業構造を崩壊させてしまうでしょう。壊してその後はどうするつもりなのか?


まあ、原発程度なら、他のエネルギーについて考えることは可能でしょう。そういう議論はやったら良いと思います。

しかし、利権があるからダメと言うのは原発を否定する根拠にはなりません。

何事も、利権を過剰に叩くのは、典型的な理念の暴走と言うやつでしょう。

利権の構造が問題なのではなく、その構造から汚職や談合などの不正が発生することが問題なのであり、

その問題は、警察・検察が取り締まり、法によって処罰することにより排除する、これが解決方法なのであって、

全体の構造そのものを破壊するなどと言うのはあきらかに行き過ぎなのです。


原発をどうするかについては、安全性の問題、エネルギー政策の問題、経済の問題などなど幅広い視点から冷静に議論されなければならないと思います。

事故でパニックになった現状で性急に結論を急がないほうが良いと思います。

↓共感いただけましたらクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログへ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/04/15 (金) 10:51:52 [編集]
ご訪問ありがとうございます。

半月ほど前に再開したブログですが、以前には、私のブログは、ブログそのものよりもコメント欄の質の高さで評判でした(笑)。と私はそう思っていましたが、中断してしまったために、失ったものが大きかったなと後悔しています。

コメント欄の常連さん方に、多く情報をいただいたり教えられることがたくさんありました。

そして、ブログを応援して下さっていた方々もたくさんおられたのに・・・やめてしまいました。

中断した理由は、忙しさもあり、行き詰まりも感じておりで、かなりいいかげんな対応になっていました。

今度はそういうことの無いように頑張りたいと思います。
管理人 | URL | 2011/04/15 (金) 18:48:10 [編集]
はじめまして
記事中に
>そして、その利権とつながっていると言われた人たちが、抵抗勢力として排除されました。

とありますが、排除された利権と繋がってる人って誰なんでしょう。
財界の黒幕が排除されたという記憶がないのですが。
日村さんの言われる"批判しても意味のない利権”というのは、具体的にどのレベルのことなのですか?

そもそも原発利権と言ったら、原爆を落とされた反核意識の高い日本に原発を売り込んだアメリカを抜きにしては語れないと思います。
敗戦後も戦犯として処罰されず、アメリカと手を組んでのうのうとしている連中が大元にいると思いますが、こういう奴らはまったく排除されてませんよ。
さぶ | URL | 2011/04/16 (土) 10:02:07 [編集]
さぶさん、はじめまして、よろしくです。

なかなか良い質問をありがとうございます。

まず、最初の点についてですが、この部分は原発利権の話ではなく、いわゆる族議員と業界などの癒着における利権と言われていたものの話ですが、私の書き方がちょっと悪かったですね。その前の文章で「政・官・財」とあるところを「政・官・業」と書くべきでした。

いわゆるトライアングルと言われているやつは、(政)(官)(財+業)と言えるでしょう。

で、おっしゃる通り、「財」は排除されませんでした。

改革で排除されたのは、「業」のほうで、この文章で私が一番念頭にあったのは、建設業界です。ここは大量の労働力をかかえた産業ですから、排除すれば大量に失業者が出ます。

さらに、官についても、公務員を大量に減らしました。これも失業者を増やす政策です。デフレのときにこういうことをやるのはどうかしています。

あと、(政)の部分では古いタイプの自民党議員、でそれにとって変わったのが構造改革派の議員です。

(財)の部分、財界人は構造改革派の議員と癒着することで経済財政諮問会議などを利用してかえって力をつけました。彼らは逆に新たに大きく利権の構造を作り出したと言えるでしょう。この利権構造のほうが私はタチが悪いと思っています。

いずれにせよ、既存の利権構造をつぶしても、新しい利権の構造ができあがるだけですし、かえってタチの悪い利権構造ができあがることすらあると言えるでしょう。

ただ、そもそも「利権」って言葉自体が何のことかと言うのから、難しいですからね。

例えば原発の利権って何を言っているのかと言うのも難しい。実は具体的には私もよくわかりません(笑)。

と言うか、ようするに利権を批判している人たちも定義があいまいなのです。

原発誘致で地方に補助金が行くことを「利権」だと言って批判している人もいるくらいなので。

仮に原発利権を「原発を推進することで利益を得る構造」としてみると、あまりにも多くの人があてはまりすぎて、これまた難しいです。

一般には、原発推進派の政治家や企業などの得ている利益のことを言うのだと思いますが、実体はよくわからないあいまいなものだと思います。



それから、アメリカうんぬんの話ですが、少なくとも日本の原発は日本企業が作ったものではありませんか?

アメリカが日本に売り込んだと言う部分がちょっと私には理解できない初耳の話ですので、詳しく教えいただけるとありがたいです。
管理人 | URL | 2011/04/16 (土) 10:24:56 [編集]
記事、読ませてもらいました。

原発を毛嫌いする人間がやたら利権利権と騒いでいるようなので、「そもそも原発利権って何?」と調べてみたんですが、原発利権に関する大したニュースソースもなく、この記事に辿り着きました。

>そして、一般大衆は、「利権」と聞いた途端に思考停止です。

まさにその通りだと思います。
そういった主張の中身を見ると、あまりに抽象的であったり、論理の飛躍が目立ちます。
なぜもっとロジカルに考えられないのか、とても疑問ですが、管理人様のように分かりやすく大衆に伝える事が、とても有意義なことなんだろうと考えさせられました。

もっとも、肯定的な記事より否定的な記事の方が人間が面白がって読むので、こんな風潮は続くのかも知れませんが(笑)
通りすがり | URL | 2011/09/12 (月) 23:41:05 [編集]
人間の「ひがみ根性」みたいものを巧妙についているだけに、心に入ってき安いのだと思います。

官僚批判や権力批判などもそういうところがあるので、中身をしっかり見て、まともな批判と、そうでないもの、批判を利用して人気取りしているだけのものとは、ちゃんと区別できるようにならないといけないと思います。
管理人 | URL | 2011/09/13 (火) 13:59:23 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.