右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

マスコミに叩かれやすい人々
世論と言うのは移り気なもので、政権交代前後には、あれほど鳩山首相をすばらしいとか言っていたのが、たいして持たなかった。

私らからすると、偏向報道による政権交代としか思えなかったし、政権交代後の報道も民主党びいきのひどいものであった。

もう騙されたことすら忘れているのが世論と言うものなのかもしれないが、政権交代して一時は圧倒的に高い支持率を誇っていた。

その当時は街頭インタビューで鳩山のことを「こんな立派な人物を首相に選べて世界に誇らしい」なんて言っている町の声のがテレビで流されたりしていた。当時の私はそれをお口あんぐり呆然として聞いていた記憶がある。

そこで思ったのは、やっぱり多くの一般の人は、政治に関する情報をいまだにテレビや新聞や週刊誌などに依存しているのだろうという事である。

一般の視聴者と言うのは番組を自分で選択しているかのように思っていても、テレビと言うのはチャンネルを独占している訳だし、新聞は惰性的に送られてくるものなので、実は知らぬ間に情報を押しつけられているような側面もあるから洗脳されやすいのかもしれない。

それに対してネットでの情報にはテレビや新聞の偏向報道に気づかせる内容がたくさんあるのだが、ネット検索と言うものは自分の関心のある方向へしか向かないので、新聞やテレビがやるように情報を半強制的にあびせるようなことまではできない。だから、気づかない人はいつまでたっても気づかないのだろう。

そこへ、あいかわらずテレビや新聞は自分たちの考える「正義」もしくはイデオロギーに都合の良い内容だけを報道して、都合の悪いものは無視すると言うスタンスでのぞんでいる。
それから、マスコミは、マッチポンプ的に何かの人気をあおってその人気で商売することろがある。人気者を取り上げると視聴率が獲れる。そのうち、人気にかげりが見えてくると今度はかつての人気者を叩くことで商売をはじめる。

その場合、マスコミにたたかれる人には一定の傾向がある。

1つはイデオロギー上の対立から叩かれる政治家など。保守的な政治家は朝日などのメディアに潰れるまで叩かれる。

もう一つは、叩いてもマスコミの商売に影響の無い人たちである。要するに、スポンサーとして魅力の無い人たちばかりが叩かれる。

逆に言えば、大手スポンサーとなっている企業は、余程の不祥事でもおこさない限りは悪く報道されない。

特に最近は不景気で広告収入が減っておりマスコミはかなり焦っている。その結果として、商売のさまたげになるものの批判は余程のことが無い限りはしないだろう。大手スポンサーである宗教団体や大企業、有名経営者、財界人などはかなり問題があっても批判されることが無い。

必然的に、叩いてもマスコミの商売上何の不都合も無い者ばかりがしつこく批判され、こきおろされ続けることになる。

相撲があそこまで叩かれるのも、相撲の放送をやっているのが民放ではなくNHKだということもあるだろう。叩いたほうが番組になるしネタになる。ちょっとした正義感に酔いしれる快楽も得られる。

相撲業界もマスコミにバンバン広告を出せていたら、もしくは広告代理店とつるんでいたら、ここまで叩かれなかったのではないだろうか?相撲業界は広告で儲けさせてくれないから、八百長疑惑をあおることでかせいでいたのが低劣なマスコミのやり方だろう。

公益法人だから八百長はダメとか言う訳のわからない論理を持ち出して叩いていたが、実際には、公益法人であまりスポンサーとしての魅力が無いからマスコミは叩きやすいのだろう。

その点、電力会社やガス会社などは賢いと言えるかもしれない。独占企業なのに「無駄」にCMが多いのは、企業のイメージアップと言うことが第一の目的としても、やはりマスコミ対策と言う側面も考えてのことなのではないだろうか!?

まあ、さすがに今回のような原発事故がおこってしまえば東電はかなり叩かれているが、事故の規模やマスコミのイデオロギーから言ったら、もっと徹底的に叩かれても良さそうな感じだから、やっぱり広告を出していたことが多少は効いているのか!?はたまた、さすがのマスコミも、これほどの事故に対しては手加減していないのか、もっと落ち着いてから叩くつもりなのか・・・そこらへんまでは私にはわからないが。

少なくとも、昔は明らかに朝日や岩波系のマスコミは原発反対派側についていて、もちろん今でもそうだろうが、昔はもっと反対の声がでかかったのに、いつのまにか日本でこれだけ原発が増えたのは、電力会社様は大手スポンサー様だから批判のトーンを和らげたと言う側面もあったのではないだろうか!?

まあ、私自身は以前から原発はあっても良いというスタンスなのだが、マスコミは商売の都合で寝返ったように思う。

また、マスコミの商売に影響が無い=叩きやすい相手、と言うことなら、小さな勢力として言えば、かつては商店街や中小企業経営者、郵便局、建設業者などが叩かれた。

彼らはすべて体制側と言うか、要するに自民党支持層の多い人たちである。反体制が大好きなマスコミの標的になってしまった一番の理由はそこらへんにあったと私は思っている。

商店街や中小企業の経営者は、規制に守られて非効率な経営をして高い商品を買わせたりレベルの低いサービスしか提供していないなどと言いがかりをつけられ、競争にさらしてダメな経営者は潰せなどと言われた。これは、構造改革派がマスコミを通じて自分らの言説に支持を集める時によく言われていたことである。とんでもな言いがかりとしか思えない。

郵便局については、特定郵便局のことを猪瀬氏あたりが既得権だとか何とか言って批判していた。そんな小さい既得権に目くじらたてるほうもどうかと思うが、そのことを重大事であるかのように捉えた側にも人間性にかなりの卑しさがあったのではないか。ルサンチマンと言うやつだろう。

さらには、土建屋も自分たちの利権を守るために官と癒着して無駄な公共事業をやりまくっているなどと、具体的な無駄の見積もりなどせずに、何となく雰囲気で批判され、徹底的に潰された。

で、今は農業がターゲットになっていて、似たような批判にさらされている。

マスコミは一般大衆の低劣な感情(ルサンチマン)を刺激して煽り、革命を扇動したがる。

実際、構造改革を賞賛した人々は、どこか革命家気取りであった。

マスコミは自分たちの商売の影響の無い範囲で。だから、革命ごっこだろう。

コウゾー・カイカク君たちは、民衆先導者に乗せられて革命に走った暴徒のようなものである。


商店街のお店や中小企業や農家などは間違ってもテレビのスポンサーになることは無いし、新聞に大きな広告を出すこともありえない。土建屋だって小さいところは無理だろう。ゼネコンの新聞広告やCMもあまり見たことが無い。

マスコミへの広告料の低さと、マスコミによる叩かれやすさの間には、相関関係があるのではないだろうか!?

そうやって、次々に特定の業種を標的にして追いつめて潰した結果、日本が良くなったか?

歪んだ正義感の押しつけによる破壊の結果、街には失業者があふれ、不況に拍車がかかり、デフレが悪化して経済が停滞しただけ
ではないのか!?

小さいところではこんなところだが(その影響は決して小さくない)、大きな勢力ではやはり政治家や官僚・公務員など、スポンサーになりくくく、反論もしにくい人々も常に「過剰」に叩かれる運命にある

保守系の政治家などは、マスコミから見ればイデオロギーの敵であることと、叩くことが商売上おいしいと言う2つの理由で徹底的に叩かれる。

また、判官贔屓の気が強く反権力意識に酔いしれがちな一般の大衆も、そういうものを喜び一時だけ自分が彼ら支配層よりも上に立った気分に浸ることができるという訳で、マスコミの商売も安泰である。おまけに、正義の味方になったような気持ちよさもあるかもしれない。

実際には、公務員を減らしても財政にとっては焼け石に水、どころか、日本の公務員などとても少ないのに、これ以上減らせば行政サービスの低下は目に見えている。そういう事情も知らずにやみくもに減らせとわめきちらかす人たち(みんなの等の支持者など)は、私から見ればやはりマスコミに洗脳されている人の一種だろうと思える。

公務員削減とか脱官僚などのような無意味な事ではなく政治はもっと他のことに力をいれなければ無意味なのに、そればっかり言われて何も先にすすまない。

もちろん与党の政治家や官僚にも責任があるとしても、日本経済がここまで長い停滞を続けている原因・責任は、それだけでは説明がつかない。マスコミが決して報道しない人たちにも大きな責任があるはずである。

いいかげんな政策をろくに検証もせずに持ち上げ続けてきたマスコミや、自分たちのことしか考えない財界人や大企業・・・彼らにも大きな責任があるはずである。

マスコミの流したデマや財界人の質の劣化こそ日本経済をダメにした、日本と言う国をダメにしている最大の要因
ではないかと私など思うが、そういうことはさっぱり検証されない。

という感じで、話をちょっと最初のほうの話題にもどすと、マスコミの民主党に対するスタンスの変化は、イデオロギーと商売の両面から簡単に説明がつく。

自民党政権時代にはマスコミはイデオロギーが近いとか政権交代させたいとか程度の理由で民主党びいきの偏向報道して人気を持ち上げたが、実際に政権交代した後は、少々の偏向報道では追いつかないほどにひどさが路程して支持率が下がりきってしまった。

そうなれば、今度は彼らを叩くほうが商売的においしい時期と言うことなのだろう。ダメな奴、人気の無いを叩くと、これまた売れる、商売として美味しいネタに早変わり・・・ここには、日本人の民度の低さも見え隠れするが、一般大衆とはどこもそういうレベルなのだろうから、マスコミに一番大きな責任がある。

今回の大災害が無ければ、どっくに解散総選挙になっていた可能性もあったと思うが、つくづく日本は不幸だったと思う。

未曾有の大災害プラス、ダメな首相とダメな与党の延命・・・

はやく復興にめどをつけて欲しいものだ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.