右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

頑張れ予備自衛官!
今回の地震では自衛隊が活躍しているが、予備自衛官にも招集がかかったとか・・・

実は、数年前に(ここで書いた)私も予備自衛官に応募しようとしたことがあるので、ちょっと目にとまった。

正確に言えば、予備自衛官に応募しようと思った訳だが、これには「一般」と「技能」とがあり、採用の条件は以下の通りになっている。

一般:18歳以上34歳未満

技能:18歳以上で、保有する技能に応じ53~55歳未満(技能については以下に列挙)

医療従事者~医師、歯科医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床検査技師、看護師、救急救命士、栄養士、准看護師、歯科技工士 等

語学~英語、ロシア語、朝鮮語、中国語 等

情報処理~第1種情報処理技術者、ITストラテジスト 等

通信~第1級総合無線通信士、第1級陸上無線技術士、アナログ・デジタル総合種工事担当者 等

電気~第1種電気主任技術者 等

土木建築~建築士、測量士、測量士補、1級建築機械施工技士 等

整備~1・2級四輪自動車整備士、1級二輪自動車整備士、2級ガソリン自動車整備士、2級ジーゼル自動車整備士、2級二輪自動車整備士



と言う感じだが、まず「一般」のほうは年齢がアウトである。「技能」のほうも残念ながらさっぱりである。何の技能も無い、ホントにつぶしのきかない職業である。

唯一、なんとか資格を満たしていそうなのは、語学の英語くらいだが、英語ができる者などあまっているだろうし私程度の英語能力ではたぶん邪魔になるだけかもしれない。

お役に立てそうも無いので、あきらめてそれっきりだったが・・・

結局、その後に仕事が忙しくなったりなどして何もできずブログもやめてしまった・・・

なので、そのことを考えると今でも敗北感で一杯になる。

「(自分の)生活が第一」などと言うフレーズを聞くと何ともいえない嫌な気持ちにさせられたが、自分に人様のお役に立てるような能力が無いのだからしょうがない。

と言うか、他の方法で、できる方法で何か役に立てば良いと思うことにした(何もできていないが・・・)。

復興支援では多くのプロたちが頑張っていて頼もしく思うが、今回、日頃は私らと同じように普通に生活している人たちの中から招集された予備自衛官の皆さんにも是非とも頑張って力を発揮していただきたい。

本来の自衛官の皆さんも復興支援に尽力されている訳だが、今回のような大規模災害では、膨大な人数が長期間にわたって必要になる、と言うことは、国防という重大任務もあり、そちらが手薄になるのは、それはそれで困る事態である。

なので、予備自衛官の皆さんの存在感がとても大きくなっているはず。

無力な小市民たる私などは、小銭程度の協力しかできていない今回の大災害だが、自衛官はもちろん、予備自衛官のみなさんがたのパワーもあわせて、是非とも被災地の方々の力になっていただければ、いや、間違いなく大きな力になることと思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.