右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

マスコミに洗脳された人からのメッセージ
NH氏と言う方より以下のメッセージが


日付:2009/08/11 20:41:02
件名:あなたは何も分かっていない
ホスト:softbank220053000020.bbtec.net
--------------------------------
今どうして日本の官僚が非難されなければならないのか、あなたは何も分かっていない。もう少し真剣に勉強すべき。どうして日本が戦争に突っ込んだのか、そのときの状況と現在の状況の類似性と日本人の特性の理解、その分析と反省があなたには全くない。日本が戦争に突っ込んだ原因はそれを煽ったマスコミと、理知的な議論が出来ない日本人気質にもあるが、直接的な最大の責任は統帥権という権限を預託された軍事官僚にある。5000人を特攻で若者を殺しながら、戦後は責任逃れに終始した軍事官僚。現在も同じではないのか。国家官僚と私企業の官僚的体質を同一レベルに議論することにも貴殿の見識のなさが現れていうる。両者の権限は全く違うではないか。今国家官僚の権限に箍を嵌めなければ、860兆円の借金はもっと膨らみ、日本はmelt downしてしまう。そうなると日本はどうなるのか、それは誰に責任になるのか、あなたはまじめに考えたことがあるのか。インターネットで意見を乗せる前にもう少し歴史を勉強すべき。



あなたこそ歴史を勉強しなさいよ。あいかわらず日本にのみ原因があったかのような、聞き飽きた戦後マスコミに洗脳された言説。

その調子ならあなたの官僚批判も所詮は戦後マスコミに洗脳された底の浅いものだろう。

はっきり言う。あなたは勉強が足りない。もっと歴史の勉強を、官僚が何をしたのかの勉強をしてから出直しなさい!
コメント
この記事へのコメント
マッコイさんの時代からずっと読ませていただいております。
久しぶりの書き込みです。

横からすみません。
このメールですが、面識の無い相手に対して礼を欠いておりますが、とにかくそれは置いて、何が言いたいのか私なりに解釈してみました。

ちょうど11日の夜にNHKでドキュメントが放映されました。

官僚の中の官僚、当時の日本最高の頭脳である海軍軍令部の特殊性を、証言テープを基に追いかけるものでした。
軍令部が深く関与していたはずの対米開戦に至る経緯や、個々の作戦失敗の責任など、ほとんどが明らかになってはいません。
机上の空論としか言いようの無い作戦もあったようですね。

敗戦後の東京裁判においては身内の将校をかばうために平気で下士官に罪をおしつけた(死刑)事実の証言。
”特攻”も終戦とともに、あれは命令ではなかった、と醜いまでの自己保身。
その他、すさまじいまでの身内をかばう体質は日本人離れ(笑)しているようにも見えました。。

メールの主は、一般の公務員とは全く異なる世界観を持つ”高級官僚”の特殊性を言っておられるのではないでしょうか。
勝手な解釈かもしれませんが、、、
はまちゃん | URL | 2009/08/12 (水) 10:01:08 [編集]
はまちゃんさん、コメントどうもありがとうございます。

いえ、私もたぶんその番組を見て洗脳されてメールを送ってよこしたのだと思っていました。たぶんそうでしょう。

今朝は忙しくて書く時間がありませんでしたが。

でもNHKの番組なんて信用できませんよ。そういうのを見て煽られるほうがみっともないと思いますし、NHKの番組を見て歴史を勉強した気になられても、お笑いぐさだと思いますね。
管理人 | URL | 2009/08/12 (水) 21:51:49 [編集]
ご無沙汰しております
久し振りに拝見して、この記事に気が付きました(笑)

まあ、NHK殿の「番組」を見て「お勉強」されるような方は、いかにも憐れですね。それを取っ掛かりに、事実を確認しようと勉強(調査?)して下されば良いのですが、どうにも「延髄反射」が目立ちます(笑)。
当方など、必ず「ウラ取り」しないと、安心して話したり、コメントしたりできませんけどね・・・

また、コメントにもありましたが、官僚(所謂、キャリア官僚)の実態がかなり誤解?されている様子なのも気になるところです。
仕事柄(近親者にもいますけど)、霞ヶ関の官僚さん達とのお付き合いは相当ありますが、概ね「まとも」ですよ。
「高級官僚の特殊性」というのは、国家観や高い責任意識を持っているとか、強いプレッシャーを受けてること等を指すなら分かりますが、「自己保身」など、地方の役所や民間企業の無責任サラリーマンに比べて多いとは思えませんね(ある程度、身分保障される立場ですし)。

近年、官僚バッシングが激しいですが、官僚はある意味「保守」の安全弁だと私は思います。
マスコミの煽動で如何様にも動かせる大衆・世論=政治家に主導させれば、「カイカク」して侵略・支配を狙う立場からすると好都合ですが、顔が見えない・数が多い上に保守的な官僚が権限を持っていれば、邪魔者でしかないのは自明ですね。

もちろん、悪しき前例主義とか、組織防衛に走りすぎるとか、多少は改善すべきところもあるかもしれませんが、まともに国家レベルのことを扱えない「衆」に国を任せる愚を犯すよりは、マシな選択だと思います(だからこそ、昨今の官僚バッシングを不穏な動きと感じるわけですが・・・)。
海驢 | URL | 2009/08/25 (火) 00:42:11 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.