右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

臓器移植
さて、またまたしばらくの放置状態が続いてしまったが・・・来て下さる方もずいぶん減ったが、たまに覗いてくれる人がいれば良いというスタンスで・・・

ちょっと前に臓器移植法の改正案が衆議院を通過した。まだ参議院で決議されていないので、改正されたわけではない。

しかし、いちばん緩いA案が可決されたが、日本人の死生観もずいぶん変わったものだ。

いや、たぶんたいして議論していない、困っている人がいるから何とかしようという目先のことだけでのものだろうと思うが、臓器移植というのは、しないのも地獄だが、すれば天国という訳ではないと思うのだが・・・。

生きている人間のためには死んだ人間の肉体は材料ととらえても良いという考え、もしくは、そこまで行かなくても、死とは何かという問題、つまり脳死は本当に死んでいる状態なかどうかという事はどうでも良いと言えるのか。

私個人としては、脳、それも大脳の自我に関する部分がやられたらもう自分は死んでいるとみなされても一向にかまわない、むしろ、その状態では生きていたくないとすら思うし、人間の肉体など精神がなければたんなる物質と考えても、私自身はかまわないとすら思うが・・・

しかし、脳については未知なことが多い。特に子供の脳はまだ可能性がある。

12歳以下の子供が脳死した場合、そこから臓器を取り出して移植するわけだが、そんなことして大丈夫のか!?という話はまだ結論が出たとは言えない。

今後、研究や医療技術がすすみ、子供の脳死と大人の脳死が違うとわかった場合、子供の脳死を死と判定して、後からそれがひっくりかえった場合、どうするのか。もしそうならば、まだ生きていられた子供を殺してそこから臓器を取り出したことになる。移植を受けた人も苦しむことになるだろう。脳死の問題はまだ結論がついていない。とくに小さい子供の場合はわからない。

何より忘れられているのは、臓器移植すれば、バラ色の人生が待っているという訳ではなく、移植してもその後の拒絶反応やらさまざまな苦難が待ち受けているのであって、移植を受けた者が健常者並みに生活して行くことは不可能、場合によっては死ぬより苦しいこともあり得るのだが、生きているという状態は死んでさえいなければ、それで良いものと言えるのか。まあ、最近の価値観では死にさえしなければ良いみたいに思っている人が多いから、私には到底理解不能である。

このように考えることは山ほどあるが、そういうことを今の国会議員たちがまともに考えたとも思えないし、そもそも考える能力があるとも思えない。

なんとなく、かわいそうな人がいて、そういう人のために、という程度の底の浅い人気取りで今の政治家はすべて動いているような気がしてしょうがない。

それももちろん、マスコミのせいだが、日本のマスコミは目線を低くするほど良いと思っているところがある。国民の目線という意味不明のことを言う政治家も多いが、そのことについては、また時間ができた時にでも書いてみたい。

ということで、話が脱線してきたので、ここらで・・・
コメント
この記事へのコメント
というより
脳死者は障害者であることは間違いないわけで、障害をかかえている人間を臓器用として扱おうとしてはいかんですよ。
障害者とその家族を支える法律を作るならまだしも・・。
takurou | URL | 2009/06/25 (木) 00:04:02 [編集]
>脳死者は障害者であることは間違いない

なら死者も障害者ですか?
管理人 | URL | 2009/06/25 (木) 08:43:57 [編集]
どれが正解かわかりませんが
日村さん、定期的に見てますよ、此処。
今回のは超難問ですね。
そもそも人は脳波が停止したらその人権はどうなるのか、という素朴な疑問もあります。
個人的にはC案に近いのですが、それはそれで臓器移植の可能性を著しく限定してしまう懸念が残りますが、やはり臓器移植には本人の意志が不可欠であり、特に意志表示ができない子どもからの移植には、蘇生可能性の問題も含めてきわめて慎重であるべきだと思います。
でも、わが子から生前に「臓器移植なんてしないでね」なんて言われていても、親の思想的な理由や、たとえば臓器移植希望患者の家族から「御礼は○千万円・・」なんて言い含められたらグラつくかも、です。「家族の同意」というのもブレますよね。
(不謹慎な喩えですみません)

ところで、本題とは関係ありませんが、脳死と臓器移植を考えるときに私はいつも、ある妄想をして眠れなくなってしまいます。
A子さんとB男さんがいてA子さんは脳死状態、B男さんは全身蝕まれていて脳だけが辛うじて残っているとします。
そこで「A子さんの脳以外すべて」と「B男さんの脳」を組み合わせれば、外見上はA子さんである生命が生き残るわけですが、この場合、延命されたのはA子さんなのかB男さんなのか?
まあ「脳だけが生き残る」なんて、ありえないのでしょうけど(笑)。
ROM太郎 | URL | 2009/06/28 (日) 10:28:06 [編集]
ひさびさの更新が超難問ですね^^
ROM太郎さん(ご無沙汰です^^)もおっしゃられてますが日村さんも超難問を直球勝負ですね。変な話今の私が最も返事に困るのがこの問題です。ただ、屁理屈になりますが私には「どう考えれば良いか分からない」というのが感想です。それは私が無学なだけの話ですが、それだけでなく「死生観」という言葉が出てくるのであればどうしてもわがままな「自己」をも考えてしまうからだと思います。

私ならば...私の死後に臓器移植は希望しないでしょうね。いえ、拒否するつもりも特に無く、なるようになってもらいたいです。ただ単に私の死体が他人をなるべく煩わせないように、願うのはそれぐらいですかね(笑)。それ以上は私の死体の一部が他者の命を救う可能性があろうが無かろうが、そういう難しい問題はそれを生業とする方々を信頼するしかないかな?と、極めて下衆な意見を今のところは持っております。

私思うんですが、医療の発達というものは時に人の死生観と言うよりも「生活観」を悩ませるものだなぁと、しみじみ思います。

拙い感想ですみません。いつも見てますよ^^

ユーグン | URL | 2009/06/29 (月) 22:12:07 [編集]
ROM太郎さん、ユーグンさん、コメントありがとうございます。

実は私もこの問題はむつかしいと思っていますが、先日テレビでちらっと見たシーンで、子供が臓器提供を待っているところが出ていましたが、親はとにかく早く移植してあげたいと思ってそれだけを考えているみたいでしたが、当の本人(子供)のほうは、自分が行き続けるためには誰かが死んでくれるのを待たなければならないという葛藤でかなり苦しんでいましたね。

ちなみに、移植しても拒絶反応がありますから、それを抑えるために免疫抑制剤の投与を続けたり、さまざまな(新たな)苦難の一生となるわけです。

移植してもバラ色とは行かないんですよね。もちろんケースによりますが。

日本人は、「戦死者の遺骨収集」にものすごい情熱をかけたり、船の沈没でも遺体を引き上げるために、莫大な金をかけて沈没した船を引き上げることを考えたりと、遺体をたんなる物体とは見ていない、そういう死生観(遺体観?)だったと思います。

一方のアメリカ人というか欧米人は、あきらかに、遺体はたんなる物体的な考え方で、遺骨や遺体の回収にはあまりこだわらない、生存が絶望ならその回収にコストをかけたりしないわけです。

そういう文化ならば、遺体はたんなる物体ですから、切り刻んで道具として使っても何ら問題ないと考えるんでしょうし、遺族が移植された後の臓器にたいして特に思い入れを持ったりすることも無いでしょう。

でも日本人が遺体から移植した場合、たぶんレシピエント(受け取り側)でいつまでも遺体の一部が生きているという感覚を持ってしまうのではないでしょうか?

そういう感覚が新たにややこしい問題へと発展する可能性もあるのではないかと思います。
管理人 | URL | 2009/06/30 (火) 08:45:39 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.