右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

男女平等社会?
まだリハビリ中なので、あまり自分で中身のあることを書けませんが・・・面白い?記事を見かけました。

都、男性被害のDV相談 「妻から暴力」4割

4月5日7時56分配信 産経新聞

 配偶者からの暴力「ドメスティック・バイオレンス」(DV)について、東京都が男性からの相談内容を分析したところ、4割が女性から「暴力を受けた」と回答していることが4日、分かった。「かい性なし」などの暴言を含む精神的暴力が9割以上、「殴る」などの身体的暴力が7割以上もあった。

 都が、昨年7~9月の3カ月間に相談窓口「配偶者暴力相談支援センター」、各保健所に寄せられた男性からの電話相談内容を分析した。

 相談件数は56件で、このうち22件(39・3%)が女性から「暴力を受けた」と回答。内訳をみると(複数回答)、身体的暴力は16件で、「殴る」が7件で最も多かった。次いで「ける」(5件)、「ものを投げつける」(5件)と続いた。ほかにも「凶器を突きつける」「首をしめる」などの回答もあった。

 精神的暴力は21件で、「怒鳴る」(12件)、「脅す」(12件)が多いほか、「外出制限」(3件)、「携帯電話のチェック」(2件)、「かい性なしと言う」(2件)などがあった。このほか「小遣いを渡さない」といった回答もみられた。

 東京都の出先機関「東京ウィメンズプラザ」などによると、被害男性の相談内容の中には「『もっと働け、クズ』などと言葉による暴力を受けた」のほか、「殴られて肋骨(ろっこつ)を折った」「熱湯をかけられた」などの身体的暴力を訴えるケースも確認されているという。


女子プロレスラーの夫に限定の話じゃないのでしょうか?それとも、東京だから!?

精神的暴力の中で、「怒鳴る」(12件)、「脅す」(12件)が多いほか、「外出制限」(3件)、「携帯電話のチェック」(2件)、「かい性なしと言う」(2件)・・・とありましたが、こんなのも暴力に含まれるんでしょうか?

精神的暴力って何でしょうかね?単に暴言という程度のことじゃなかろうかと思うんですが・・・しかも、妻からこの程度のことを言われて、それが暴力って・・・何なのでしょうか?

あと、話はそれますが、「かい性」なんて書くから一瞬何のことかわからなかったんですが、「甲斐性」のことですね、

そういえば「飛翔体」も「飛しょう体」なんて書いていましたが、この表記のしかた、なんとかならんのでしょうか、「子ども」とかもそうですけど・・・
コメント
この記事へのコメント
初めてコメントさせて頂きます。
こういう話題で初めてというのも・・・ですけれども。(笑)

私の男性の友人二名、このような体験があるそうです。
一人は妻が怒り狂い、平手打ちなどは日常茶飯事、ひどい時にはワインの瓶で叩いてきたそうです。家のガラス窓も割れたりと、大変な目に合いながら結局は離婚されました。反撃すると訴えられますし、女性に手を上げられないというきもちで我慢していたそうです。

もう一人は言葉なのですが、けんかのようになると「ちっさい(小さい)男だな!」って軽蔑され吐き捨てられるそうです。これを他の友人と一緒に聞いてびっくりしたのですが、それでも奥さんがいないと生活も困るので黙っているそうです。

私もこの話を聞かなければ信じられない事でしたが、男性からのDVばかり取り上げられ罪になっている現状が良くないのではないかと思いました。
きょーちゃん | URL | 2009/04/09 (木) 15:00:14 [編集]
きょーちゃんさん、どうもはじめまして!コメントありがとうございます。

こういう話題で思うんですが・・・もちろん、男女ともにいろいろあるんでしょうが、DVで被害にあっている人を救ってやることも大事かと思うのですが、DVという言い方をして、あまりにも一般的であるかのように扱うことによって、結局は「夫婦関係は対立関係である」という側面ばかりがクローズアップされすぎているように思います。

うまく言えませんが、対立部分のみをクローズアップすれば、それはいろいろあることと思いますが、トータルの夫婦関係としてどうなのか、もっとお互いに家族を大事にする方向へ話を持って行けないのかと思います。

言葉の意味は状況で決まるものですから、たとえば「ちっさい(小さい)男だな!」というのも、自分への叱責というか叱咤激励で、「なら大きな男になってやる」くらいに思えないのかなあとも思います。

ひたすら夫婦関係を対立関係とみなす方向にとらえるのではなく、やはり家族は共同体であるという方向に思考を持って行けるようになって欲しいと思いますね。
管理人 | URL | 2009/04/10 (金) 09:03:42 [編集]
当方、東京ですが、身の回りでは思い当たらない事象ですね。
この記事からは、なんとなく「男女共同参画社会」系の行き過ぎたPC(ポリティカル・コレクトネス)の匂いも感じてしまいますが。

しかし、精神的暴力って・・・男だろ!情けないこと言うな!と言いたくなりますが(まあ、肉体的・・も同様)、一方で、女が変質してきているという指摘も以前からあるようです。

<以下、引用>
・・・もともと女というものは男の持たない良いもの、例えば優しい情、謙虚、礼節或いは献身というような美徳をもっておる、男よりも一般的には或いは家庭では模範的なものでなければならぬと信じているのですが、寂しいことにそういう婦人がだんだん少なくなってまいりました。
 文明と社会の堕落と言ってしまえばそれまでですが、現代は我々の父母が作っておったような真の家庭らしい家庭が少なくなりつつあることは確かなようです。家はあるが、それは一日の面白くもない勤労に疲れて帰る男女の休息と慰安、蘇生や勇気を与えられる家庭ではなくて、男女が単に飲食を共にする合宿所にすぎません。女は何とかかんとか理窟をつけて外に出たがり、家事を嫌い、言葉遣いから、手紙から、応対動作など、すべて古来の母親達が持っておった親切な教養を失っております。子供も見てくれは大変良くなっておりますが、多くは惰弱で、神経質になっております。その大きな原因の一つは、母が母らしい母でなくなりつつあることであります。
<引用終わり>
※現代活学講話選集3「孟子」 安岡正篤(PHP文庫)
海驢 | URL | 2009/04/10 (金) 11:51:19 [編集]
>海驢さん

女が変わってきているというだけでなく、男も変わっているような気がしますねー。

男らしくとか女らしくとかいうことが教育や育児の場でもあまり言われなくなって、平等な個人という感じになってしまっているんでしょうかね。
管理人 | URL | 2009/04/13 (月) 08:41:24 [編集]
>女子プロレスラーの夫に限定の話じゃないのでしょうか?

始めまして そう思いますよね 私自身そうでした ちょっと調べてみたら女性DV加害者は男性DV加害者よりも多いようですよ
「どのような暴力コーピングでも,夫より妻の方が,暴力をふるう割合が高いことがわかります。また,結婚一ヶ月前,結婚18ヶ月後,結婚30ヶ月後,いずれの時点でも,夫より妻の方が,暴力をふるう割合が高い事が報告されています。『離婚の心理学 パートナーを失う原因とその対処』加藤 司 P186‐187
 
殺人数でも男女差はそれほどないそうです

>2007年の配偶者間事件の検挙件数について殺人の総件数は192件で女性が被害者の件数は107件(55・7%)で男性が被害者の件数は85件(44・3%)だ。
ttp://www.geocities.jp/fghi6789/dv.html#mikkanichinihitoritsumagakorosareru
 DVについて研究中 | URL | 2012/07/11 (水) 22:08:48 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.