右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

武士道精神に関するメモ
てっくさんが紹介されていたこのエントリー、陸上の「為末 大」選手の文章。なかなか素晴らしいと思いました。備忘もかねて、私も一部を転載させていただきたいと思います。

ついでに、武士道に関する他の文章も二つほど、備忘もかねて転載しておきたいと思います。

武士道精神で勝つ――なぜ私がふたたび世界の舞台でメダルを獲れたか

(前略)

「武士道」に見る日本人の根性

 しかし世界陸上の決勝でなければ、あそこまでうまくはいかなかったに違いない。逆にいうと、真剣勝負の決勝だったからこそ、ライバルたちは私の戦略にはまったともいえる。たとえば最後に競り合ったクレメント選手とは、一〇回走ったら一〇回負けるだろう。一〇〇回走って一回勝てるかどうかだ。その一回があのレースだった。決勝とはそういうものなのである。

 文字どおり真剣で果し合いをするような勝負だから、どんな強い選手でもナーバスにならずにはいられない。そこに悪天候が重なればなおさらだ。わずかなミスやトラブルを恐れて、心が乱れる。そんなライバルたちの動揺や萎縮を見通して、積極的にレースをしかけた結果が今回の銅メダルだったのである。

 それほど四〇〇メートルハードルという競技は、心の強さに左右される――私にいわせれば、 “根性が利く”スポーツなのだ。

 もちろん単純に考えれば、背が高く足の長い選手のほうが、ハードルとハードルの間を少ない歩数で走れる分、有利であることは間違いない。身長一七〇センチの私が、体格に優れた欧米選手にくらべて、ハンデを背負っていると思う人が多いはずだ。しかしその差は、私が二つの銅メダルで証明したように、技術や戦略、リスクマネジメントで十分に埋めることができるのである。

 それどころか、私は最近、この種目こそ日本人の気質にもっとも向いている、と思えるようになってきた。海外の大会を転戦していて強く実感することだが、考えること、そして、苦しい練習に耐えることに対して、日本人ほど強い民族はないし、また、耐えることを美徳としている民族もいない。私が世界に伍して戦えるのも、この四〇〇メートルハードルという競技では、過酷なトレーニングに耐え、真摯に、懸命に技術を磨く根性がほかのどの競技よりも求められるからだ。

 自分の走りの根底にみなぎる、この日本人独特の心の強さは何なのか。あるとき私は、その答えを一冊の書物の中に見つけ、意を強くした。それは、新渡戸稲造の著した『武士道』であった。


欧米式トレーニングの弊害

 日本人としての自分に裏づけができたとでもいおうか。「武士道」を理解して以来、それまで海外で感じていた劣等感がなくなった。

 陸上界はアメリカの選手が多いせいか、以前は彼らの言動を世界標準と思い込み、たとえば競技場行きのバスに乗るときでも、「どうして僕は彼らのように平気で列に割り込めないんだろう」などと細かいことを気にしていたものだ。だが、「武士道」に触れてからは、日本人としての誇りをもって、静かに、列のいちばん後ろに並ぶようになった。

 日本人と外国人とでは、気質も違えば、骨格も違う。たとえば日本人で、足踏みができないという人は、まずいないだろう。しかし黒人は、骨盤が前傾しているため、足で地面を踏みつけるだけで体が前へ進んでしまう。足踏みには向かないが、推進力を得やすいという点では、骨格が有利にできているのだ。日本人がこれに対抗するためには、従来「プッシュ」といわれていた、足で地面を押す感覚よりも、もっと意識的に足裏全体で地面をつかむ感覚が必要になる。それを養うために日本陸上界でいま注目されているのが、わが国の伝統芸能である能や歌舞伎の足さばきである。

 これまで陸上の短距離は日本人に不向きだといわれてきたが、私にいわせれば、それは欧米人の体に合わせた、欧米人のためのトレーニングをそのまま鵜呑みにしてきたから、結果が出せなかっただけだ。相手の土俵で戦うのではなく、日本人の体質や骨格にあったオリジナルな練習方法を確立していけば、世界の頂点に立つのもけっして夢ではない。

 その成果を、まずは二〇〇七年に大阪で開かれる世界陸上選手権で日本中の人々に示すことが、私の当面の目標である。とりわけ若い読者の方々には、私の走りのなかに、日本人ならではの心の強さを再発見してほしい。そして、日本人としての自信を持ってほしい。そうすれば、あなたも、世界の舞台で輝きを放てるはずだから


まあ、最近では子供に「耐える」ということを教えなくなって「子供の自由にさせてやれ」なんて風潮みたいなので、どこまで日本人の気質が守られるか、ちょっと心配ではあります。

また、欧米人から学ぶべき事というのも勿論少なからずあるとは思いますが、しかし肉体面のようにあきらかに見た目で違いがわかるようなものに関してでさえ、日本人はその違いを忘れ、ただむこうが進んでいるからという理由だけで欧米流のやりかたを盲目的に真似してしまいがちだ、そういう傾向があるという事は、しっかりと心にとめておかなければならないだろうと思います。

それから、てっくさんも書かれていましたが、「和魂洋才」という言葉、実はこの言葉自体知らないと言う人間が多いのです。私は以前にある国立大学の理系の学生たち30人ほどを相手に「和魂洋才」について話題にしたことがあったのですが、その時何と、この言葉の存在自体を知らないと答えた学生が8割でした。いくら理系とは言え、日本もかなりのところまで来ているなあという印象です。


ところで、武士道と言えば、以前によそで紹介されている以下の文章が私の頭に残っています。これもあわせて、備忘もかねて引用しておきたいと思います(こちらから転載)。

武士道の悲しみ

新渡戸稲造が『武士道』(英文)を出版したのは1900(明治三十三)年。彼が少年のころに体験したのは明治維新による武家社会の解体と武士道の衰微だった。だが、昭和の国難のときには、多くの青年が出自とはかかわりなく武士道の末裔として空に海に散華した。国家的規模での武士道のよみがえりである。その日本人の戦い振りに衝撃を受け、哲学的に思索した西洋人がいる。

「民族が生きていきたいと欲するのであれば、その子供たちに正しい死に方を教えるべきだろう。死を恐れる者は敗者として死ぬが、死を恐れぬ者は勝者として死ぬだろう」(モーリス・パンゲ著『自死の日本史』)

パンゲは日本における「自死」の系譜をたどることによって日本文化の本質に迫った。西郷隆盛の自死、乃木希典の殉死など高貴なる精神として論じ、終戦直後に自決した阿南惟幾、大西瀧治郎ほか特攻した兵士を含めてすべての自決者に深い理解と敬意を表している。

「運命というものはただ単に人間にふりかかって来るものだけではない。運命を愛し、運命にうち克つことを知らなければならない。『運命への愛』、それによって初めて心の平静は得られる(同)

運命を自覚し、それに「うち克つ」べく戦い、その結果を運命としないかぎり「心の平静」は得られない、という意味だ。

戦後の日本人は「近代日本の運命」を自覚せずに選択のレベルで歴史を考え、「あのときこうすればよかった」といって先人を裁くことばかりしてきた。歴史の裁判官気取りだった。いわゆる「東京裁判史観」がそれである。

しかし、運命を自覚せねば歴史を愛せない。パンゲは最終章で『英霊の声』の代弁者たる三島由紀夫「真実の意味武士道の後継者であり、ニヒリズムの敵対者なのだ」という。林房雄が『大東亜戦争肯定論』の連載を始めたころ東京オリンピックが開かれる。そのとき林はアジア諸国のたくさんの国旗がはためいたことに感慨を覚える。もしあのとき「ハル・ノート」を受け入れて戦争を回避していたら、こういう光景はなかった。

昭和二十年四月、ルーズベルト大統領死去の報に接し、ときの総理大臣鈴木貫太郎は弔電を打つ。武士道精神の発露にほかならなかった。このエピソードは戦後、米国人からも高く評価されたが、日本人としてはそこに武士道の悲しみを感じざるをえない。

たとえば、すべての史家が日本は勝てない戦争に突入したと書く。軍事力と経済力の彼我の差を冷静に判断し、合理的に考えれば、敗戦必死だと。しかし、昭和の武士道精神は、その物質的合理主義を道徳的にエネルギーによって超克せねばならないと考えた。合理主義に道を譲ったら日露戦争だって戦えなかったと。

武士道精神の高揚が日本外交を拙劣なものにしたともいえる。外交に必要なタフなネゴシエーターもマヌーバー(策謀家)もプロパガンダも武士道精神からは生まれがたい。パリ講和会議において、たったひとり人種差別の撤廃を白人諸国に迫るというのも、いかにも武士道だ。「義を見せてせざるは勇なきなり」の孤軍奮闘だった。

日英同盟の廃棄を承知でワシントン体制に囲い込まれたことも、多国間協調体制という大義名分を信じたサムライ精神だったのではないか。満州国建国に際しての「五族協和・王道楽土」という言挙げも、当時の国際環境に照らしてみれば、あまりにも高潔すきる理想であった。それ故に米国の「明白なる天意」と正面衝突せざるをえなかったのである。このように、リアリズムの欠如は明白だったが、武士道にリアリズムを求めても詮ないことといわねばならない。ドン・キホーテにリアリズムを求めるようなものである。

林房雄は肯定論の末尾近くで「たしかに戦争には敗れたが、百年の運命に堪え、歴史の使命を果たした日本国民に何の恥があろうか!」と記した。私はそこに「武士道の悲しみ」という一言を添えて納得する。

(拓殖大学日本文化研究所所長 井尻千男)



武士道と直接は関係ないかもしれませんが、ついでにもうひとつ。これは私の旧ブログのこちらで引用した文章、映画「男たちの大和」に寄せて書かれたものです。


大東亜に知情意を傾けた偉大

(前略)

「敗者の戦死」を「徒らなる死」とみる見方を受け入れてしまうのは「思想の死相」にほかならぬ、と私は考えつづけている。戦死者の志操が後生に継承されないのなら、負け戦に散った命はたしかに徒死あるいは犬死にのそれであろう。だが、志操が継承されるか否かは、死者はすでに霞と化し煙に消えている以上、生者の責任に帰する。

 「大和」に象徴された日本帝国海軍の「巨艦巨砲主義」を批判することは可能であろうし必要でもあるだろう。さらに「帝国」たらんとした当時の日本国家の意志と体制を批評したり批難したりする作業にも道理や権利があるのであろう。しかし私はそんな作業班に加わりたくない。仮に死者が失敗を演じたのだとしても、失敗からも多くを学ぼうとする構えが生者の思想に志操を寵もらせるための前提なのである。

そうであってみれば、「批」は、まずもって、おのれの思想がどんなクライシス(危機)のなかにおかれているか、いかなるクライテリオン(基準)によって測られているか、どのようなクリティカルライン(臨界線)によって限界づけられているか、そしていかようなクリティーク(批評)をもって判断されるべきか、ということに当てられなければならない。

 一言でいえば、大東亜戦争に「批」を差し向ける前に、戦後平和の放っている途方もない腐臭に鼻をつまめ、ということである。

「すべての歴史は現代史である」(クローチエ)というのは、生者たるもの、おのれの生の意味にたいしていかにスケプティカル(懐疑的)であるか、という見地から過去を眺めるべきだ、ということだ。ちなみにスケプティカルの原義は「考え深い」ということである。

そうとらえておけば、「歴史は英雄たちの墓標である」(同)ということにすんなり領くことができ、そしてほかならぬ「大和」が際立つ墓標であることにすぐ気づくはずだ。なぜといって、死者たちの綾成すヒストリー(歴史)は生者たちの生のストーリー(物語)の序章をなすものであり、そこにはそれ以後に展開される未来の生の各章ばかりか、生者にやがて訪れる死相までもが予告されているのである。

(中略)

 こうしたグローバル(広域)な範囲としての大東亜に、知のみならず、情や意をも寄せた我らの先輩たちはやはり偉大であった、と受けとめるべきではないのか。少なくとも、今のグローバリズム(世界主義)が単なる知識に属し、その表象としての単なる貨幣に包拝されていることを反省しょうとすれば、大東亜に知識・情熱・意志のすべてを傾注しょうとした死者たちに敬意を示さざるをえない。「大和」が悲劇であることは確かだが、生に必然の悲劇を自覚するのは人間の輝かしい特権なのだ。

(西武線「武蔵大和」駅の近くに在住の評論家・秀明大学学頭 西部邁)



私はこの文章を最初に読んで、「大東亜戦争に「批」を差し向ける前に、戦後平和の放っている途方もない腐臭に鼻をつまめ」という表現に強烈な衝撃をうけました。

必死になってあの戦争の「非」を探して糾弾している暇があったら、戦後の我々が、ただ安穏と生きるためだけに繰りかえし続けているあらゆる妥協や誤魔化しや裏切りを自覚せよ!という意味に解釈しましたが、なんせインパクトがありました。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
>一言でいえば、大東亜戦争に「批」を差し向ける前に、戦後平和の放っている途方もない腐臭に鼻をつまめ、ということである。

素晴らしく的確な言葉です。
これまで形にならずにモヤモヤしていた思考が
この一言でしっかりとしたモノになった気がします。

ご紹介ありがとうございました。
海驢 | URL | 2006/12/05 (火) 20:58:45 [編集]
こちらでは、初めまして
拙ブログ記事の紹介ありがとうございます。

既読かも知れませんが、占部賢志という方の「歴史の『いのち』」という本には、日本が嫌いだった高校生がエルトゥールル号遭難事件とトルコ航空による邦人イラン脱出事件の経緯を知って、日本に誇りをもったというような体験が付記されていました。
クリスマス云々に浮かれるヒマがあるらば、誇るべき自国の歴史や伝統に日本人はもっと触れて欲しいと思う今日この頃です。
tacaQ | URL | 2006/12/06 (水) 07:19:26 [編集]
醜い戦後の日本人
であることを自覚せよ、ってことですね。己が腐臭を放つ存在であることに気付かず、戦中、戦前を批判しようとする。先達の凛々しさ、潔さ、そして至誠。朝陽に匂う山桜花の美しさを理解できねば、己の腐臭にも気付けないのも道理。他人様(ひとさま)の為に学問というものをしたことがないから、こういう美の世界を戦後の日本人は理解できない。日本軍の悲劇は、その理解しづらい美の世界を伴っていたということもあるのでしょう。嘗てどこの国の軍隊にもそのような美を伴ったものは存在しません。だから誰も信用できない。が、東南アジアの国々では、その美しさの記憶が語り継がれている。それがせめてもの救いですし、我々が腐臭を放っていることに気付かせてもくれますね。
醜い戦後の日本人 | URL | 2006/12/09 (土) 14:24:48 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.