右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

しばし休みます
ちょっと、通院治療が必要なことになってきまして。とは言っても、たいした病気でもなく、命にかかわるようなものではありませんが、目玉にかかわることでして、しばらくお休みを継続させていただきます。

どうも両目が網膜剥離をおこしかかっているそうで、剥離の予防のためにレーザーを当てるだけの手術とも言えないようなものを受けるだけで、たいしたことはないのですが、それをこれから毎週1回ずつ、合計3-4回はやるために通院せねばなりません。

その間に仕事が入ってバタバタしていますので、たぶん更新もネットサーフィンもできないと思います。長くて今月いっぱいくらいの予定です。

対談の件でユーグンさんと耕さんにはお待たせし続けて申し訳ありません。回復して時間ができましたら、またよろしくお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
いえいえ。お体のほうをしっかり回復させてください。
私もメガネなしでは生きていけないほどの近眼です。
目がつくづく大事だということを思い知らされる毎日です。
お大事になさってください。
| URL | 2008/06/05 (木) 20:51:30 [編集]
おや。わざわざエントリーで取り上げていただき恐縮です。

そうでしたか。軽いようで何よりですが、ぜひ大事を取ってください。特にモニターは目に良くないですから。これをご覧になる時は全快している状態であることを祈ります。その時はご一報いただければ幸いです。対談はいつでもできますからお気遣いなく。

ではくれぐれもお大事に。
ユーグン | URL | 2008/06/06 (金) 11:19:08 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/06/07 (土) 12:18:35 [編集]

諸事情によりコメントが書けなくて申し訳ありません。

日村さん、その後の調子はどうですか?目のご病気ですからただ事ではありませんね。
それで思い出しましたが、以前漫画家の小林よしのり氏が白内障を患い手術をしたことがありました。その話は「目の玉日記」と「武士ズム」(共著:第2章掲載)に詳しく書かれておりますが、今回はその「」で骨法師範の堀辺正史氏が話したエピソードを紹介します。

堀辺:あるとき、剣術の苦手な侍が町で別の侍とすれ違ったときに、刀の鞘と鞘がぶつかって戦わなければならないハメになったんですね。
(中略)でも、その侍は自信がないものだから、「今は殿様のお使いの途中だから、それを果たしたら必ず戻る」と言ってその場を離れました。
そして、千葉周作の道場を訪ねたんです。侍に相談を受けた千葉周作は、こんな手を授けました。
「相手と対峙したら上段に構えろ。目をつぶって絶対に相手を見るな。そして身体のどこかがヒヤッとしたら、刀を振り下ろせ。お前は殺されるかもしれないが、相手を斬ることは必ず出来る。そうすれば武士としての面目は保てるだろう」と言うんです。
侍はさっきの場所に戻ると、言われたとおり目を閉じて上段に構えました。相手はいろんな動きをして攻めようとしましたが、その侍が微動だにしないで落ち着いているので、「これは相当な剣の使い手だ」と思い、「お手前の勝ち」と降参したそうです。」
我々は肉眼に映る様々な外部の情報ばかり気にして、余計なことやつまらないことで悩んだり、苦しんだりしています。 しかし、目で見るだけでは全ての情報を把握することは出来ません。これは人間というのが感情や精神の動物であり、見た目だけでは実体を理解できないからです。相手の気持ちや考え方は肉眼では分かりません。心を通さなければ本当に理解出来ないでしょう。
秋葉原で辻斬りした狼藉者は、肉眼で通しただけの情報に惑わされて、自分自身を見つめることが出来ず他者を理解できなかったんだと思います。
眼前の小事に固執してしまう現代人の目の病理も治療を勧めなければいけないでしょうか。

渡世仁義の風来坊 | URL | 2008/06/14 (土) 20:15:49 [編集]
皆様、ご心配いただき、ありがとうございます。また恐縮しております。

目のほうはたいした処置でもなく、多少仕事に支障が出たくらいで、日常生活も不自由無くすんでいます。

レーザー治療の日だけ5-6時間、目がぼやけて仕事ができなくなる程度でした。そのぶん他の日に仕事が山積みでして、ブログの更新もままならん、という訳です。

今週の木曜に最後の治療がありますので、そのあとはたぶん普通になると思います。来週くらいから更新できるかなあというところです。

以上、近況のご報告まで。
管理人 | URL | 2008/06/16 (月) 08:44:13 [編集]
ゆっくり休んでください
忙しいとなかなか休めませんね。
軽度の病気や怪我といっても
無理は禁物だと思います。

ゆっくり休んでください。
新三 | URL | 2008/06/21 (土) 22:12:25 [編集]
お大事に
私も6・7年前に白内障の手術を受けました。
緑内障になるとアウトなので1年に1回は検査しております。
幸い「大事には至らない」御様子。
あせらず・ゆっくり休んで・また元気な記事を書いてください。
柳生昴 | URL | 2008/06/27 (金) 00:07:54 [編集]
お大事に
おや、マッコイさん、剥離はたいへんですね。

私は先月、ぶどう膜炎だと云われて色々検査されましたが、眼の表側だけだったようで、ステロイド点眼だけで、もうほとんど良くなってしまいました。

やはり、安静がなにより、無理をされないことを祈ります。
One of Three | URL | 2008/07/05 (土) 09:56:19 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.