右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

日中「友好」にうかれるな!
テレビを見ていると、偽善的な日中友好であふれかえっています。そして、オリンピックだパンダだと浮かれ舞い上がっています。

日本人は一体何を考えているのでしょうか?ともかく私が数年前に書いたエントリーを転載しておきたいと思います。
[極東] 日中の共存共栄は可能か?

日中友好は可能か?・・・それはわからないが、しかし、少なくとも、日中双方が共存共栄する事にはかなりの困難が伴う。というかほとんど不可能に近い。

どうも日本のアジア外交というのはあいかわらず綺麗事ばかりが飛び交っているようだ。ガス田だってただ見ているだけだし。中国による環境破壊、資源の独占、軍事力増強、反日教育などなど改善されたという気配もない。また日本の財界人は中国との経済活動に熱心だが、どこまで中国の問題点を認識しているのだろうか。

まず、環境問題に関する日本人の意識がおかしい。

「地球にやさしい」という言い方がそもそも勘違いである。人間は地球環境にとって優しい存在ではない。そりゃ、世界中が江戸時代の自給自足レベルでエネルギー使っている分には地球に厳しくはないが、それ以上のレベルで地球にやさしいという事はあり得ない。だいたい地球上に寄生している分際でありながら、その対象にやさしいとは大笑いである。ダニが「我々は人間に優しいのだ」と言っているようなものだ。

まあ、これはあまり関係無い話だが、それよりももうんざりするが、自分たちさえ努力すれば、それだけで満足してしまう日本人の国民性のほうだ。

クールビズなどと言ってみたところで、アメリカは京都議定書にサインもせずにCO2を出したい放題しているし(080510注:その後アメリカの態度も変わってきている)、中国も発展途上国だという理由だけで好き放題排出している。発展途上国の工業化が進めば今後ますますCO2の排出に拍車がかかるだろう。特に中国は何の対策もしていないから、大気汚染もひどい。汚染された有毒物質を含む大気は偏西風にのって、酸性雨となり日本に降り注ぐのである。

話をCO2だけにしぼって考えてみても、今後さらなる中国の経済発展にともなう工業化どんどんがすすめば、日本がどれだけCO2削減の努力をしようが焼け石に水である。

また、中国の工業化は河川をはげしく汚染し、その汚水は海を富栄養化させている。越前クラゲの大発生はそこに原因があると言う人もいる。黄砂が大量に日本に飛来するのも、酸性雨も、中国の環境対策を完全に怠った工業化のためである。

今その中国は石油をものすごい量で消費している。中国の消費増大が、原油高騰の一要因にもなっている。

地球環境を本気で何とかしなければならないと考えるなら、中国(だけに限らないが)の経済発展を本気で阻止するくらいの事まで考えなければ無理である。
日のNHKのクローズアップ現代で見たが、今、中国では海鮮ブームらしい。何と、世界の海産資源の3分の1が中国で消費されている。今後世界中の魚が中国で消費される傾向にますます拍車がかかると日本人は魚を食えなくなるかもしれない。

そんな中国の現状をまともに認識もせず、中国経済のおかげで今日本の景気が良いなどとうかれた事を言っている財界人が多い。

今後中国が発展すれば発展するほど、日本は追いつめられ、地球環境は破壊されてゆく。アジア諸国も日本をはなれて中国に接近してゆくだろう。

中国を単なる「市場」としてしか見ていなければ、いずれ痛い目にあう。

中国は多民族国家であり、国民という意識はずっと存在しなかった。せいぜい個人個人は家族重視の拝金主義で、いざとなったら国を棄てて海外に逃げるような人たちばかりだった。

ところが共産党支配が長く続いて、その反日教育のゆきとどいてくると、「反日」を核として、彼らに愛国心が芽生え、急速に中国「国民」が誕生してきている。若い裕福な世代ほどこういう傾向が強い。

その世代が社会の中枢を占めるようになれば、日本の首相が靖国神社を参拝しようがしまいが、彼らは日本に対して敵対的な政策を取ってくる事は目に見えている。強大な軍事力を背景にして、武力によって威嚇し、領土や海底資源を根こそぎ奪ってゆくだろう。

そのような国を脅威と感じない、この日本人の感覚の麻痺は一体なんなのだろうか?

世界はあいかわらず弱肉強食であり、金と資源の奪い合いであり、手段を選ばぬ足の引っ張り合いである。日本は、いつまでも鷹揚にかまえていたのでは、アメリカには富を吸い尽くされ、中国には押しのけられ、日本は滅びてしまうだろう。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ

コメント
この記事へのコメント
そう、地球に優しく、なんてしょせん偽善。
人間自身がいなく為らない限り、「優しい」なんて言えないだろうし・・・。なんか、奇麗事が多すぎです。

勿論、「理想」は大事ですよ。でも現実ももっと大事です。日本も慈善事業じゃないんだからきちんと国益を
考えて外交もしてもらいたい。
天皇陛下を政治利用され、その上その後いっそう、反日教育が徹底され、奪われるだけの年月が過ぎ
それでもまだ尚も利用されるのを良しとしているようでは
本当に未来はありませんね。
私としてはシナとの共存共栄は、有り得ないと思います。
翡翠(ひすい) | URL | 2008/05/10 (土) 22:21:32 [編集]
ホントのところはどうなんでしょう?
もう10年以上、まともにテレビを見ていないので、日村さんのお怒りを共有できないのが残念です(笑)。

ただ、少しばかり疑問に思うのは、マスコミが懸命に露出している(らしき)「日中友好ムード」というのは、本当の国民感情を反映しているのか?という点です。
例えば、臺灣のマスコミは外省人に牛耳られていて本省人の意見が表に出てこないとよくいわれています。同様に、日本のマスコミも特殊なフィルタ(支・朝・韓擁護、隠れ媚米?)を介して情報が出てくる傾向があって、本当のところは今一つ判らないような気もします。

まあ、私の周囲(7~8人)では、誰一人コイズミ支持者は(2001年以前から)おらず、全員が郵政民営化反対ですし・・・かといって、郵政選挙や年金選挙の馬鹿げた結果をみてると、もしやそのまんまかと背筋が寒くなりますが・・・

支那との関係について、地政学的に強力な大陸国家が近くに存在することは、海洋国家たる日本にとって望ましくないということが基本になるかと思います。
歴史的に、支那は分裂しているか周辺国から脅威を受けていることがほとんどでしたが、例外的に統一国家だった元の時には日本侵攻を企てました。
現在の中共は、人民解放軍という暴力装置がしっかりしているので、当分、自然崩壊は望めず、我が国にとっては危険な状況です。ま、通化に配備した核ミサイルを日本に照準しているくらいですから、地政学的に考えるまでもないのですが、そう認識している人がどのくらいいるのか・・・

ちなみに、ユーラシア大陸の反対側にある英国では、大陸に巨大な統一国家ができないよう、常に様々な手段を用いて干渉を行ってきたようです。
日本も、英国と欧州の関係を参考にすべきかもしれません。
海驢 | URL | 2008/05/11 (日) 04:49:33 [編集]
日中は一衣帯水に非ず

そもそも中国は自分達が世界の中心で、偉いんだと昔から宣っております。世界の中で最も誇り高い歴史と文化を持つ「永遠不変の民族」という「中華思想」を持っています。
そして周辺国は夷狄と見なし、野蛮な未開民族だと言い張っています。東夷、西戎、南蛮、北狄と蔑称してきました。未だに日本人に対して差別意識を持っていることを多くの日本人は理解しているのでしょうか?
そんな中国人ですから、環境汚染で周辺国に迷惑をかけていることに無関心でしょう。毒餃子も中国側は真摯に捉えてないようですね。
環境問題も歴史認識もデマばかりで、真実を隠蔽しているのではないでしょうか?日本はもっと中国の国家戦略に敏感に反応し、対応しなければ気づいた頃には手遅れになるでしょう。
中国市場や北京五輪なんかの目先の小事に騙されて、チベット問題や台湾問題、ガス田などの重要な問題を先送りする事が日中友好ではないと思います。
「同じアジアの大国だから」と、変に妥協してしまったら、日本は国際社会に恥を曝すことでしょう。日本は独自路線を歩むべきではないでしょうか。
渡世仁義の風来坊 | URL | 2008/05/11 (日) 06:13:43 [編集]
地球を喰らう、中国
>日本人は魚を食えなくなるかもしれない
かつては「大衆魚」と呼ばれ、廉価で庶民の食卓の定番だったイワシ、サバなどは何年も前からタイやヒラメなみの高級魚になっています。
石油などの天然資源、鉱工業・農水畜産物、これらの高騰はすべからく中国の消費大国化と人口爆発に起因するところ大であり、際限の無い環境破壊と拡張政策は周辺国家への脅威でしかありません。
稚拙な防疫体制や情報隠蔽体質はSARSや鳥インフルエンザなど人類の存続すら脅かしかねない伝染病の温床ともなっていることも看過できませんね。
次に来るのは「水戦争」でしょうか。水と緑に恵まれた日本を守らなくては。
ROM太郎 | URL | 2008/05/11 (日) 08:03:30 [編集]
ありがとうございます
日村さん、こんばんは。
「城内実さんを応援するメッセージ」をありがとうございました。
予定通り本日アップさせていただきました。
他の選挙区に先立って「衆院静岡7区」はすでに会戦状態のようです(笑)。
自民党現職もすでに全開ですし、民主党候補も激しく追い上げているようです。
我々も全力で城内さんを応援しなければならないと思います。
なにがあっても、勝たねばならない戦いです。
日村さん、今後ともよろしくお願いします!

喜八 | URL | 2008/05/11 (日) 21:09:38 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/05/12 (月) 06:59:33 [編集]
>翡翠さん
地球に優しいとかエコとか必死で言っているのは、さんざん地球に酷なことをして環境破壊してきた当事者らというのが、より偽善的ですよね。必死で「俺はいい人だよー」というアピールが気色悪いです。人間であるいじょうは、エコというのは、かなり難しい側面がありますし、エコを真面目に考えればかならず文明批判に行き着くはずです。そういうもの無いの表面的エコは偽善以外の何者でもないと思います。


>海驢さん
それはまわりの人たちにめぐまれていますよねー。うらやましいです。世論というのは、格差とか自己責任論を批判する論調に最近は少しずつかわってきていますが、しかし次の総理は誰が良いか聞かれるとあいかわらず小泉氏がトップらしいですから、何を考えているのか・・・。中国は分裂するのが中国のためにもなると思うのですが、相手のためといいつつ自分たちのための利益を追求するようなやりかたは、日本人は下手なのかもしれませんね。


>渡世仁義の風来坊さん
そうですねー、独自路線を歩んで欲しいんですが、なんかどこかの国に寄り添うのが好きな人がやっぱり多いような気がします。独立というのは価値じゃないんでしょうかねー。


>ROM太郎さん
環境問題では中国と今後いろいろあるかもしれませんね。というかすでに色んなことが起きているわけですから、日中が簡単に円満な関係でいられると考えるほうがおかしいように思いますね。


>喜八さん
城内さんの応援、いつもありがとうございます。現場の切迫感はなかなか大変なものがあるのかもしれませんね。
昨日の報道2001でも平沼さんが「ぶれない政治家」を増やさないといけないと言っていましたが、間違いなく城内氏のことも含まれているでしょうねー。頑張って欲しいと思います。


>松ちゃんさん
どうも、はじめまして・・・でしょうか?ともかくコメントありがとうございます。また過分なお言葉にも感謝です。こういうのをはげみに頑張りたいと思います。
管理人 | URL | 2008/05/12 (月) 12:08:26 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.