右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

享楽にふけるために中国に媚びるな!
ちょっと更新を滞らせてしまいました。連休中にでかけたり、その後に仕事でバタバタしたり、他にすることがあったりなど色々で、まとまったことを書く時間が取れませんでした。

更新をあまり滞らせると、復帰が困難になりますので、まとまりのない内容でも、何か書いてアップしておきたいと思います。レスも放置状態で申し訳ありません。

いま、コキントーが来日しています。彼はチベットでの虐殺を行って、「暴動」を「鎮圧」した手腕が評価されて出世した人物だと聞きました。チベット弾圧の張本人なわけです。

しかしマスコミ報道でも政治家連中も、コキントー来日および、北京五輪に関して、中国に媚びてばかりでいやになります。

日本のマスコミは左翼が優勢であるということと、オリンピックという絶好の商売ネタを前にして、稼ぐ気マンマンであるという両方が原因だとは思いますが、そんなオリンピックを楽しめる国民もどうかしていると思います。

長野での聖火リレーが中国の赤い旗で埋め尽くされたり、聖火リレーがエベレストを登ったりすることでチベットが中国領であることを示すのも、いずれも、中国こそがオリンピックの聖火リレーを政治利用していることの明らかな証拠です。

それにたいして、日本では、政治とオリンピックを分離すべきという幼稚な意見が多数を占めています。

聖火リレーが問題なく終了したのは、むしろ恥と思うべきでしょう。聖火リレーを走った星野仙一あたりには恥を知れと言ってやりたいですね。

また、オリンピックボイコットの意見など、どこからも出てきません。それどころか、首相は開会式に参加しようか、などと呑気なことを言っています。

オリンピックのスポーツを国民は楽しみにしているとか、選手たちの晴れの舞台をぶちこわすなとか色んな理由がありますが、どちらも、自分たちの享楽のネタを何より大事にするという点で、日本人もここまで堕ちたかと感ぜずにはいられません。

おまけに、パンダです。パンダもたしかチベットの動物?とか聞きました。条約で保護されているとかで、売ったり商売に利用したりということができないはずなのに、上野動物園では1億円も払って中国からレンタルというという話が出ているようです。

動物園のパンダがいないと目玉が無いとか、かわいいパンダを見たいとか、あまりに幼稚すぎます。

オリンピックとパンダの件について感じたのは、この国がダメなのは、政治家のせいというより、やはり国民そのものに問題があるのではないか、ということです。

こういう国民ばかりでは、政治家も中国に強い態度など取りようもないのかもしれません。

私は別に、中国に媚びる政治家を弁護したいわけではありませんが、中国に厳しい態度を取る政治家が、拝外主義だなどとマスコミで言われ、そのことに国民が違和感も感じないようだとすれば、もうこの国は救いようが無いのではないかと思います。

中国に媚び、アメリカに従い、北朝鮮程度の国に翻弄される日本。独立心を失った国民がこの国を卑しいものにしているのが、残念でなりません。

良識と独立心を持った国民が増えてくれることを望みます。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
そうでしょう。私もそう思うのです。というのも
そのような媚へつらい、売国的な政治家が、現に国会議員としてこの国の中枢に存在すると言う事は
国民が選んだ結果ではないのか、と。
私が民主主義なんてあんまり当てにならないと思ったのは郵政民営化での「小泉」圧勝を目の当たりにした時です。「まさか」が起きた瞬間でした。日本国民は本当に民営化を望んだのか。本当に郵政民営化の意味がわかっているのか、調べたのか。確かにあの時、テレビ等では
偏った情報しか流してなかった。唯々諾々とその情報にのみ頼っていたら、ある方向へ導かれてしまうだけだ。でも
私は国民は今は、そんなに愚かではないと高を括っていました。そしてあの結果です。これだって、国民の選んだ事ですからね。しかも戦前ならともかく、テレビ以外にも得ようと思えば他にいくらでもあるのです。
そしてシナとの問題です、パンダなど莫大な税金を支払ってしかも「借りる」だけ、そのことに何の意味があるのです?ガス田問題は??チベット、東トルキスタンは、
又、今あんまり言われていませんが日本の海岸に押し寄せる漂着ゴミ(シナからだけではないが)の問題も
言わねば為らない事です。大変な事になっています。西表島や対馬など現地の人々は大変な目に合われています。
領土問題にしても多くの日本人はあまり切迫感がないように思えます。「自分さえ良ければ」ということですか??
五輪参加のスポーツ選手にもせめて一人くらい
ボイコットすると言う人が現れてもいいのに、そんな気配は全くない。自分の選手としての「やりがい」の方が大事なのでしょう。我が国の事を「この国」などと冷めたような
まるで人ごとのような言い方をしているうちは
「希望」は持てるとは言い難いと思います。
翡翠(ひすい) | URL | 2008/05/08 (木) 19:07:15 [編集]
日村さんのお嘆きはごもっともです。
少なくとも、自分自身と周囲の人はコイズミ不支持でしたし、北京オリンピックは不参加(できれば中止)にすべきと表明していますが・・・

しかし、WBCでのイチロー選手の国威発揚に啓蒙されたかと思っていましたが、スポーツに関わる人も相変わらず大局を見ず利己的に行動する人が多いようでガッカリします。

ところで、スポーツマンといっても少し立場が違うでしょうが、不利益を受ける可能性が高いにも拘わらず、登山家の野口健氏は、はっきりと中共批判の声を上げていらっしゃいます。

http://www.j-cast.com/2008/03/28018387.html

野口健氏の公式サイトを拝見しましたが、清掃登山活動、シェルパ基金設立、比島遺骨調査団への同行などなど、非常に気骨ある人物だと思います。
これまでは、ただ顔の濃いお兄ちゃんくらいにしか認識していなかったのですが、自分のとんでもない不見識が恥ずかしく、今は敬意を持っています。

登山は「克己のスポーツ」と言いますが、さらに極めれば死線ギリギリ状況に常在し、それを克服していく必要がありますので、人間が磨かれるのかもしれません。
海驢 | URL | 2008/05/08 (木) 23:52:17 [編集]
確かに。
政治家のレベルは国民のレベルです。
国民のレベル以上の政治家は出てきません。
日本人は個人の、自分自身の為にというのは難しいかもしれませんね。
やはり国の為、所属する組織の為、家・家族の為のほうが自分を律し成長させれるのかもしれません。
社長 | URL | 2008/05/09 (金) 00:00:44 [編集]
日村さま こんにちは。
今回の聖火リレーのクライマックス、オリンピック史上もっとも高地であるチョモランマで火をたくという愚行は「環境破壊国家・中国」を象徴し、さらにチベットは中国領であることを誇示しているようにも見えます。
昨夜帰宅してTVのスイッチを入れたらいきなり自称・庶民の王者のコキント-詣でのニュース。
これ以上の「媚中」場面もなく、思い切りTVのコンセントを引き抜いてやりました。
ROM太郎 | URL | 2008/05/09 (金) 05:17:13 [編集]
>翡翠さん

同意していただいて、どうもありがとうございます。実際、ゴミその他で中国にはかなり迷惑をこうむっているわけですが、経済的に依存しているので文句が言いにくいという、アメリカにもそうですが、あまりに依存しすぎて、そして日本人の性格からして、そういう場合は文句を言いにくいというのもあるかもしれませんが、それはそれ、これはこれで、しっかりしてもらわねば困りますね。


>海驢さん

私も周囲に似た考えの人間がいれば、もうちょっと日常生活も楽しいものになるのでしょうが・・・寒い状態です。まあ無関心な人たほとんどですね。

野口氏ですが、彼については知っています。靖国神社崇敬奉賛会の会報みたいのが時々送られてくるのですが、それに載っていたことがありました。それを読む限りでは、イラク戦争に日本が派兵することに賛成の親米保守という印象でしたが、彼の愛国心が強いのは間違いないですね。ちなみに父は外交官で母はエジプト人か何かだったと思います。父の仕事が忙しすぎて母が駆け落ちしたとか、複雑な生い立ちのようですが、彼のような境界人的な人が猛烈なナショナリストになるというのも、めずらしくないようです。普通の人よりも国ということを考えるんでしょうね。国際的に活躍していた人でもありますし。


>社長さん

政治家のレベルは国民のレベルとは良く言ったものです。私は、立派な政治家も中にはいると思っているので、まだまだ捨てたものじゃないとも思っているのですが、マスコミに潰されがちなところが問題ですね。


>ROM太郎さん

おっしゃる通り、オリンピックそのものが政治宣伝に利用されているわけです。オリンピックを政治に利用するなと言うならば、選手らは自主的にボイコットするというような気風が盛り上がって当然かとも思いますが、まあ選手らはスポーツしか能のない人たちで、そういうことを考えろというほうが無理なのかもしれません。特に日本ではそういうことを考えるような社会的な風潮があるわけでもありませんしね。私もテレビのコンセントを引き抜きたいくらいですが、まあスイッチを切るくらいにしておきました(笑)。
管理人 | URL | 2008/05/09 (金) 08:42:33 [編集]
いつも拝見させていただいておりますが
今回に限っては
日村さんの視野は少し狭いんじゃないかと
唸らずを得ません。

>やはり国民そのものに問題がある

何を根拠にそんなことをおっしゃられてるのか
とても不可解です。

日村さんは、以前
>報道ステーションの歪曲報道にこの私も簡単に乗せられ

た事について

>恥ずかしい限り

とおっしゃってましたが
同じ過ちを繰り返してはいませんか?
また同じように目を曇らせてるんじゃありませんか?

失礼ながら
享楽にふけってるのは
日村さんのほうでないかと
言わざるを得ません。
ビリー・ザ・マッド | URL | 2008/05/10 (土) 01:11:43 [編集]

初めまして、渡世仁義の風来坊と申します。恥ずかしながら最近貴殿のブログを知り、拝読致しました。
驚いたことは、各エントリーを読んでみて全てと言っていいぐらい同意・共感できることでした。ネットの掲示板やブログの多くが親米保守的な意見や論評が多く、ある種嫌悪感めいた偏見を抱いておりました。
今回の日中首脳外交も評価に値しない代物でした。卓球の愛ちゃんと対決したり、パンダを貸与するとか、国益を左右する本質的な会談にならなかったことは嘆息するしかないのでしょうか?終始ピンポンとパンダに集束していたので、自分は此を「ピンポンパン外交」と名付けたいくらいです。
胡錦濤が首相経験者と懇談した際に、安倍前首相がチベット問題に言及したことについて、ある番組のコメンテーターが「KY」などと最近の流行語で斬り捨てていました。 日本政府もマスコミも「日中友好」が空気だと断じ、それを壊す安倍氏を悪者かの様に論じています。
しかし、チベット問題やガス田盗掘について日本側から何も言わないことはあってはならないことと思います。日本の安全保障に関わる問題を置き去りにして、ピンポンやパンダを持ち出して日中友好とは欺瞞に満ちたものとしかないでしょう。嘗て拉致問題を棚上げして日朝会談をしていたことを厳しく非難したはずです。
これも中共の走狗の福田が首相である自体悲観的な事です。もし安倍首相ならもう少し違ったではないでしょうか。安倍氏ももう少し現実に対する突破力があれば良かったかもしれません。

渡世仁義の風来坊 | URL | 2008/05/10 (土) 14:52:25 [編集]
> ビリー・ザ・マッドさん
「やはり国民そのものに問題がある」というところだけ抜き出されて批判されても困りますが、説明不足だったかもしれませんね。

特定の国民(でも多数)を指していたのですが、人民とでも書けば良かったでしょうかね。いずれにせよ、「日本の属国的な対応しかできていない現状にあって、オリンピックを無邪気に楽しんだりパンダを見たがったりしているたぐいの国民(人民)」が多数である、ということを問題視したのですが。

ビリー・ザ・マッドさんもこの人民の中に含まれているというなら話は別ですが、こうした人民がただ多数であるというだけで主権を持つというのは、私には我慢ならないことである、とも付け加えておきます。


>渡世仁義の風来坊さん

どうもはじめまして。しゃれたハンドルネームですね。風来坊さんのように、偽善的な日中友好にお怒りの国民も(一握りとは言え)おられるということで、多少安心しています。やっぱりマスコミが悪いんでしょうかねー、国民というよりは。ともかく、今後ともよろしくお願いいたします。
管理人 | URL | 2008/05/10 (土) 19:36:57 [編集]
レス遅くなって申し訳ないです

>オリンピックを無邪気に楽しんだりパンダを見たがったりしているたぐいの国民(人民)」が多数である、ということを問題視したのですが。

えーとですね、何を根拠にそんなこと言われるんですか?

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2388576/2909753

http://news365news.blog112.fc2.com/blog-entry-261.html

http://wgg.jp/vote.php?no=2779

http://vote.nifty.com/individual/3945/10468/index.html

もしかして、日村さんは↓をみて
そんなこと言われてるのですか?
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080509/plc0805092127016-n1.htm

だいたい「人民」というマクロな定義が不可解です。
中華「人民」共和国でもあるまいに。

>私には我慢ならないことである

我慢がならないのは分かりますが
日村さんは、それについて何かされたんですか?
プログで愚痴をこぼす以外に。
ビリー・ザ・マッド | URL | 2008/05/14 (水) 23:06:50 [編集]
うーん、みんな浮かれているわけではないということでしょうか。それは、チベットの旗を振り回している人とかもそれなりにいるんでしょうがねえ。

ビリーさんの引用だって、定量的なものではないでしょうから。まあ私はメジャーなマスコミ報道から受けた印象でものを言い過ぎかもしれませんが、結局はマスコミで報道されているのがそのまま世論になるわけで、わたしのとらえ方は間違っていないと思いますよ。

ちなみに、何かしましたかとえらく上から言われましたが、何もしていませんよ。愚痴をこぼすと言いますが、私のブログのスタンスをもう一度プロフィールで確認してからそういう事を言って欲しいものですね。

あと、人民の定義はpeopleというか、たんなる人々ということです。もう少し具体的には上にも書いているように、国民にあらざる人々ということです。難しいですかね。難しいんでしょうね。たぶん。簡単なら私も孤独を感じることもないというものです。
管理人 | URL | 2008/05/15 (木) 08:41:53 [編集]
いやはや昨日は言葉が過ぎて
大変失礼しました。

プログ主である日村さんのスタンスについて
外野からとやかく口を挟むべきではありませんでしたね。
非礼を詫びます。

日村さんが
国民ではなくて「人民」という言葉で説明せんとする
意味はだいたい分かるような気がします。
要するに、「国民」に「国家意識」「国民意識」が希薄
(もしくは無きに等しい)
であることに対しての憤りや憂慮
ということでだいたいあってますかしら?
ビリー・ザ・マッド | URL | 2008/05/15 (木) 22:29:07 [編集]
>プログ主である日村さんのスタンスについて
外野からとやかく口を挟むべきではありませんでしたね。

いえいえ、批判しないでくれということではありません。まあ、私もけっこうカチンと来やすいタイプなので(笑)、気分は良くないですが、もうちょっと謙虚に受け止めたいと思いますので、またコメントよろしくお願いします。
管理人 | URL | 2008/05/16 (金) 08:56:38 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.