右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

ポチ保守度チェック
ちょっと昨日今日とバタバタしてまして、前の文章へのレスもまだですが、申し訳ありませんが、レスは後回しにさせていただきまして、今日は更新だけを・・・。

先日、古森義久氏のブログを紹介しましたが、親米保守という方々は日米での保守というものの意味合いの違いについて、かなり無頓着であると思います。いや、アメリカが好きすぎて、同化欲求が強いために、あえて同じだと思いたいのかもしれません。

その話を書いた時に、旧ブログで、日米での「保守」というものの意味の違いを書いた記憶があったので、今日はそちらから一部書き換えて転載しておきたいと思ったのですが、それは明日にまわして、今日は旧ブログで書いていた「ポチ保守度チェック」というのをやってみたいと思います。

2006年の9月のものですから、ちょっと古いですが・・・
旧ブログ「ポチ保守度チェック」より一部改変して転載。

私は、以前どなたかに「反米保守」に分類されたことがあるのですが・・・。私としては日本とアメリカの歴史観は違うし社会のしくみも違うから社会制度でアメリカの真似をしてもダメだと思っていますし、国家にとって重要なのは独立ですから、アメリカが日本に内政干渉してくることには文句を言わねばならないという意識なのであって、別に日米同盟を破棄せよとか単独防衛だとかまで言っているわけではありません。

日米同盟だって対等な同盟関係にするために、少なくとも日本はきっちりと自国の独立を守り、自国の国土くらいは自分の力で守った上で、その他お互いにそれだけで不足する部分を同盟関係で補えば良い、それが本当の同盟、対等な独立国同士のまともな同盟関係だと思います。

しかし現状ではそうなっていないので、日本がまともな独立国になれるように、そういう方向に今すぐ持って行くのは難しいとしても、そう遠くない将来のビジョンとして、そういう方向を目ざして欲しいと思っています。

それらをやらずにアメリカ依存ばかり強めたり、ひたすらアメリカの信頼を得るとかばかり言い続けてしまうようでは、将来的に日本の独立を危うくする、アメリカの都合でいつ切り捨てられるかわからない国になってしまいます。今や、アメリカが世界から信頼されなくなっているのですから。

国と国との関係において、双方の国民同士の間では信頼関係が重要ですが、政府と政府の間になってくると、信頼うんぬんというのは意志疎通をしっかりやるという程度にして、あとは何よりも力と力の関係が重要になってくるものだと思います。「信頼」というきれいごとにのぼせあがっていてはいけません。これは対米だろうが対中だろうが、どこの国にたいしても同じだと思います。

そのような考えである私が、「皇国史観研究所」さんの「ポチ保守度診断」というのをやるとどうなるか、早速試してみました。

 あなたはどれだけ親米か?ということで今回、「ポチ保守度診断」をつくってみました。やり方は簡単。設問の回答に「はい」ならば2、「どちらともいえない」ならば1、「いいえ」ならば0を選んで、合計25問の質問に答えながら数値を足していってください。

問1、日米同盟は大事だと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)はい・・・ただし、「現状においては」ということに限る


問2、家に星条旗、もしくは星条旗がデザインされたものがある。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ、一切ありません


問3、アメリカのイラク戦争を支持する。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ


問4、イスラエルとパレスチナは、パレスチナの方が悪い。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ


問5、イラクへの自衛隊派遣は当然だと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ


問6、在日米軍への「思いやり予算」は当然だと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ


問7、在日米軍再編成の予算は日本側が多く負担すべき。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ


問8、日本の核武装はアメリカの合意を得て持つべき。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)どちらともいえない~アメリカの反発を買うと裏で妨害してきますから、何らかの根回しや説得は必要かと。


問9、日本が持つ核ミサイルはアメリカを射程にいれてはいけない。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)どちらともいえない~とりあえず核武装するならアメリカに反対されると不可能になってしまうし、現状では中国のほうが日本にとっては脅威ですから、武装するまではアメリカを射程に入れず、その後は他の核兵器保有国すべてが射程にはいるように以降すればよい。


問10、アメリカには民主党と共和党の、二つのアメリカがあると思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~どっちも自国の国益中心主義で、本質的には同じです


問11、日本の既成政党よりもアメリカ共和党が好きだ。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~日本の政党もろくでもないですがだからと言ってねえ。


問12、この世で最も悪しき思想は共産主義だと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)どちらともいえない~ネオリベも共産主義に負けていないと思う。


問13、その共産主義の脅威は依然として強いと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~共産主義の国はもう存在していません。中国だって実質は共産主義ではありません。


問14、テロリズムや全体主義とは戦わなければいけないと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~何がテロを招いているかの考察をまずすべきでしょう。


問15、自由と民主主義が最も素晴らしい価値だと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~自由も民主主義もそれなりの良さはありますが、最上の価値ではありません。


問16、小さな政府の下、規制緩和で自由な経済を目指すべき。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~アメリカみたいな国になってしまいます。


問17、格差が発生するのは仕方がない。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~格差が存在するのは当然ですが、それを煽ったり度はずれの不公正な格差は社会を荒廃させるので、そのような格差を誘発する政策は間違っていると思います。


問18、郵政民営化などでアメリカに日本人の資産が流れてもいい。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ


問19、戦前の日本は自由のない全体主義国家だったと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~戦中の一時はたしかにそう見える部分がありましたが、基本的には民主主義も自由もそれなりにありました。アメリカが脅威だったから国中一致団結してその結果ああなったのだと思います。


問20、日独伊三国同盟は間違いだった。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)どちらともいえない~結局ドイツを信じすぎたのが間違いでしょう。今の日米同盟もその域に近づきつつあります。日米同盟をかつての日英同盟に例える人もいますが、むしろ同盟国を盲信しているという点で今の日米同盟はかつての三国同盟により近いと思います。


問21、大東亜戦争は共産主義者の陰謀で開戦されたと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)はい~これはハルノートをつきつけたハルの周辺にそういう人たちがいて日本を開戦に追い込むために一役買ったという話を聞いたことがあるもので、日米開戦に関してはそういう側面も多少はあるのではないかと思います。


問22、大東亜戦争は自由と民主主義の国アメリカを相手にした間違った戦争だ。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~アメリカが日本を追いつめなければ日本はそれなりに自由で民主的な国にその後なっていったと思います。大正時代にはどちらもありましたから。


問23、原爆投下は仕方なかったと思う。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~これは説明不要でしょう。


問24、東京裁判の結果は受け入れなければならない。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~これは何度もエントリーで書いています。


問25、日本はアメリカと運命をともにすべき。
いいえ…0  どちらともいえない…1  はい…2 
(私の回答)いいえ~日本とアメリカは別の国ですから。

ということで、私の合計は何と「8点」でした。診断は・・・

5以下…生粋の国士
10以下…日本人  ←ここでした!
20以下…やや親米(渡部昇一レベル)
30以下…かなり親米(田久保忠衛、古森義久レベル)
40以下…アメリカ人(岡崎久彦レベル)
40~50点満点…生粋のアメリカ人(中川八洋レベル)

いやー、いがいにも、かろうじて「日本人」でした。生粋の国士と呼ばれるように、もっともっと努力しなければならないと思います(笑)。

まあ、個人的には20以上の人の言うことはちょっと信用できないと思いますが、10前後ならまだ普通じゃないかと思います。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
試しに日村さんの答えを見ずにやったところ同じく8点でした。まぁ私はかなりの感情的嫌米ですからね。。。曖昧な設問もいくつかあったので、がんばれば5~6点にもなるかと思いました(笑)。では、良い休日を。
ユーグン | URL | 2008/04/29 (火) 12:54:25 [編集]
最初にこれを(皇国史観研究会さんで)やったときは「日本人」だったかと思いますが、今やったら見事に0点でした(爆笑)。
| URL | 2008/04/29 (火) 17:36:46 [編集]
>ユーグンさん
ほう、私と同点ですか。奇遇ですねえ。ちなみに、おっしゃる通り、あいまいな設問がいくつかありましたので、私も頑張れば5-6点くらいはなりそうです(笑)。
ユーグンさんも良い連休をお過ごしください。


>耕さん
いやー、0点はなかなかですねえ。私は以前より1点減っただけで8点でしたが(頑張ればもうちょっと下がりますが・・・)・私も0点目ざして頑張りたいと思います(!?)。
管理人 | URL | 2008/04/29 (火) 21:59:57 [編集]
はじめまして
 19点でした。
 瀬戸際にいるということでしょうか(苦笑)
 どちらともいえないがいいえに変われば、「日本人」になれそうです。
ホタテ | URL | 2008/04/30 (水) 01:05:12 [編集]
12点でした。星条旗のピンバッジが痛かった。。。実験器具のおまけでこんなもの送ってよこす会社って何でしょう。。。ま、それはそうとして、共産主義に関しては、経済的な思想としては死んでいますけど、謀略組織としての共産党は健在ですからこれは脅威です。それから、日米開戦に関しては、少なからずかかわっていると思いますし、Joseph Mccarthyの「America's retreat from victory」という本を読みましたが、当時アメリカの中枢に共産主義者が相当に食い込んでいたのだろうと思わせるものがありました。当のアメリカ人はこれをトンデモ本だと思いたいようです。国内の裏切り者のせいで満州ころか中国大陸全体における自国の権益を一切失ったとあっては相当な恥ですから。このあたりの話は、アメリカでも対日戦争を正当化するイデオロギーに押されてまだちゃんとした検証がされていないような気がします。という意味で、日米開戦に対する共産主義の関与を否定するほうがポチだと思うんですがどうでしょうか。
jtake | URL | 2008/04/30 (水) 03:40:18 [編集]
古森さんのところでコメント欄を読んだりいくつか質問してみて、なぜ保守という定義が混乱しているか考えました。まず、サッチャー、レーガンの政策を正統派保守として信奉している人たちというのは今のところちょっと理解できていませんのでとりあえずおいておきます。

保守の定義が、日村さんがおっしゃっていたとおり、歴史や伝統に基づいた価値観を保守することであるとするならば、終戦を境に歴史や伝統が断絶してしまったことが保守が何かという考えが混乱している原因でしょう。共産主義に対抗するために戦後にアメリカに押し付けられた価値観を信奉する人たちまでが保守を名乗ってしまったことが間違っているのだと思います。そもそも戦後体制派の考え方自体が、属国万歳とでも言わない限り論理的に矛盾しまくっているので、それを正当化する方便として「糞リアリズム」なるものが出てくるのではないか、そんな風に思いました。
jtake | URL | 2008/04/30 (水) 06:07:25 [編集]
反米ではないと思うのですが
5点でした。
問1、問8に「はい」で問3が「どちらともいえない」、残りはすべて「いいえ」です。
ただ私は大東亜戦争を日中開戦から日米戦争終結までと広くとらえていましたので問21については「大東亜戦争」を「日米戦争(太平洋戦争)」に置き換えると「どちらともいえない」で、私は普通の日本人になれます(笑)。
ROM太郎 | URL | 2008/04/30 (水) 06:25:03 [編集]
>ホタテさん
どうもはじめまして、コメントありがとうございます。19点のかたが私のブログを読んでくださっているとは意外ですが、少しでも点数を減らしてもらえるように、もっと頑張らなければと思いました(笑)。


>jtakeさん
アメリカ人の愛国心はすごいですねえ。星条旗のピンバッジですかあ。日本では考えられませんね。まあアメリカ人もそうやっていきりたっていないと国がバラバラになってしまうところがあるのかもしれませんね。日本人はそういうことを意識しなくてもまとまれたところがあったのだと思いますが、今後はあやしいと思います。
また、コメントを読ませていただき、日米戦争については、まだまだ解明されていないことも多いのだろうと思いました。今後詳しくしらべてゆきたいです。

日米での保守の定義の違いについては、今日書こうと思います。


>ROM太郎さん
反米かどうかというのは、あまり関係無いと私は思うんですよね。状況によって反米的にも親米的にもなりうる、私が反米的なことを言うのは、反米が目的で反米なわけでは無いですから。それもわからずレッテル貼りされるのは、困ったものです。
管理人 | URL | 2008/04/30 (水) 08:54:09 [編集]
>日米戦争については、まだまだ解明されていないことも多いのだろうと思いました。

これは同感です。おそらく大東亜戦争が歴史として冷静な分析の対象になるのは日本では安倍氏の言うところの戦後レジームからの脱却が必要ですし、アメリカにとってもかつての日本以上の敵が現れるまで難しいんじゃないかと思っています。
jtake | URL | 2008/04/30 (水) 14:34:20 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2015/12/30 (水) 23:14:22 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.