右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

言論の不自由
マスコミの役割は権力の監視だなんて事が言われたりする。というか、マスコミ連中は自分たちを「権力の監視者」などと僭称している。

では、マスコミは権力より偉いのか?それこそ、国家権力以上の権力ではないか。では、そのマスコミ権力の監視はだれがやるのか?権力が暴走すると言うなら、マスコミこそ監視されねばならない対象である。

このように、マスコミに対してはいろいろと疑問を感じていた。たしかに権力の暴走をチェックする機能は必要かもしれないが、マスコミにそんな能力も資格もそもそも無いのではないかという気がしている。

そもそも、日本における主権者は国民ということになっているのだから、それが正しいというのならば、権力の監視とは、国民の監視、国民世論のコントロールということになる。そして、マスコミはそれをその通り巧妙にやっている。

マスコミによる国家権力の批判は、マスコミが大衆世論をうまくコントロールするための一つの方法にすぎぬものなのである。そんなマスコミの垂れ流す言説を言葉通りに受け取るのはナイーブの度が過ぎるというものだ。

ついでに言っておくと、「憲法は国家権力の暴走から国民を守るものである」なんてことを左翼は言うが、これもまるでデタラメである。デタラメな理由はいくつもあるが、一つわかりやすいのは、民主制の下で国民主権を徹底させれば、民意や世論こそが国家権力を暴走させかねないのであるという点である。左翼はこの簡単な矛盾に気づくことすら無い、ましてや深く考えるオツムなどは無いようである。気楽な人たちだ。
話を戻して、私は常日頃から、今の日本のマスコミの言う報道の自由とは、まったく責任の伴っていない「自由を通り越した好き勝手し放題」の域に達していると感じている。

そういう点ではネット上の言論と大差無いが、マスコミは権威と化しており、その影響力は計り知れない。日本最大最悪の既得権であると思う。もちろん私は既得権だから即悪いとは思わないが、既得権を批判するならマスコミこそ批判されるべきである。

マスコミは、矮小な日本政府などよりもはるかに強大でおそるべき第一権力なのである。権力が国民を虐げるというのならば、マスコミこそ警戒しなければならない監視の対象である。場合によっては国民の代表である政治家にマスコミを監視してもらわねばならない、そういうところまで戦後の日本は追いつめられているのだ。

そもそも、国家権力に対して監視だの言論の自由だのを叫ぶのは、戦前の日本や、現代の北朝鮮・中国などでは命がけかもしれないが、今の日本ではごく簡単なことだ。政治家がマスコミを批判するほうが命がけである。

マスコミが命がけになりうるのは、スポンサーを批判する場合だけだろうが、「賢い」彼らは決してスポンサーを批判したりはしない。

一方では権力をチェックするなどと偉そうに言い、その一方で、スポンサーには甘い、あくまで商売というスタンスを捨てない卑劣さにはあきれるばかりである。

マスコミ報道が批判されたときにマスコミが言論の自由を声高にかかげて気取ってみせても、ほとんど彼らの被害妄想か自分たちの行き過ぎ報道に対するむくいであるから全く説得力がない。

マスコミに対する信頼の低下によって、ごくたまにあるマスコミ内のまともな政権批判さえも、国民に届かなくなってしまっているのではないか?かつての小泉首相を朝日新聞が批判すればするほど、小泉首相のやっている事が正しく見えたりとかしたのではないだろうか。(ただ、実際に構造改革は朝日新聞も支持していたので、やはりマスコミの影響力は大きいということだったのだろう)。

そんな卑劣で低劣で愚劣なマスコミの垂れ流す左翼的な言説に染まりきって何の疑いも感じず似たようなことを言っているうすら甘い左翼ブロガーは本当に愚かな人たちだと思う。

まあ、その話は置いて・・・今の日本では、いわゆる「強者」にたいしてものを言うことはたいした事ではない。

稲田議員が映画靖国を「検閲した」などと言う愚か者が次から次から湧いて出ているが、大笑いである。そもそも、たった一議員にすぎないものが「公権力」とは誇張にもほどがある。もちろん公権力と言えばそうだろうが、マスコミという巨大な権力の洪水の前には、アリ一匹程度の存在でしかない。

このような状況下において「表現の自由」を叫び政治家のチェックを批判するのは、マスコミという第一権力を暴走させることにしかならない。権力と言ったら政治家しか思い浮かばない単純バカの左翼脳による思考にはもうウンザリである。

そんな戦後日本の政治家のような、いわゆる「かっこつき」の「強者」にすぎぬものを権力者だと言って批判するのは、今の日本では安全だし簡単なことである。批判する相手が間違っている。権力による検閲が危険と言うなら、戦後日本では政治家よりもマスコミを批判しなければならない。

公権力の批判は、何よりマスコミの商売の邪魔にならないどころか、大衆のルサンチマンを煽ることができるので、マスコミにとって商売上もプラスになる。やりたい放題させていてはいけない。

そんな「強者」にものを言よりも余程難しいのは、いわゆる「弱者」に対してものを言うことである。

ずっと前に、「言葉狩り」が問題になり、筒井康隆が「弱者の顔をしながら”言論・出版・表現の自由”を検閲かつ弾圧し続ける差別撤廃ファシストの跋扈には、心底怒りを憶える」と断筆宣言したのはまだ私の記憶に鮮明に焼き付いている。勇気ある行動だったと思う。

そもそも、この言葉狩りが最初にはじまったのは、アメリカである。日本で新たに見られるおかしな問題はだいたいアメリカですでに経験済みの事が多い。アメリカ人が政治的に正しい(=Politically correct)ことをしようと言って差別撤廃の運動をはじめた「PC運動」が事の発端のようである。このPC運動は、原則論にこだわりすぎるために問題の本質を見失いがちなアメリカ人の性質を象徴するできごとの一つだ。

次の言葉が一体何をあらわしているかおわかりだろうか?

optically challenged person(視覚的に困難を背負った人)

economically marginalized person(経済的に社会の主流から取り残された人)
これらはそれぞれ、「視覚障害者」と「貧乏人」をあらわす言葉らしい。
PC運動の結果、ニグロやブラックは「アフリカ系アメリカン」に、アメリカインディアンは「ネイティブアメリカン」に、ミスやミセスはともに「ミズ」というぐあいに呼ばれるようになった。これは一応、この運動の成果であると言われている。

しかしPC派はその後、差別とまではいえないようなありとあらゆる差異・違い(身長・体重などの身体的特徴、身体的能力、知能程度、動物種、経済力など)に関する表現にまでその運動を広げてゆき、これらの違いを示す言葉すべてを「差別だ」と主張して、「PC政治的に正しい」言い方に変えるようにもとめた。
それらのいくつかは、ほとんど笑い話みたいレベルだ。

例えば・・・

ハゲ=hair disadvantaged person(頭髪的に不利な人)、

ノッポ=vertically advantaged person(垂直方向にめぐまれた人)

もっとすごいのが、しまいには「○○障害者」という言葉までが差別だとか言いだして、知的障害者を「異なった能力を持つ人」、精神障害者を「奇妙さを増強された人」など・・・。

さすがに日本の言葉狩りはここまで行っていないが、言葉狩りに限らず最近の風潮を見ると、ジェンダーフリーの考え方なんかも、こうしたものと同じ方向へ向かっているような気がする。

アメリカから入ってくるものを無批判に受け入れるのはそろそろやめにしないか?

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ

上の文章の後半部分を書くため参考にした本↓。わりと偏りの無い目で客観的にアメリカの抱える問題点について書いてある。オススメ。
「アメリカ病」
アメリカ病 (新潮新書)アメリカ病 (新潮新書)
(2003/05)
矢部 武

商品詳細を見る


一方、こちらは正直言ってただ単にアメリカの悪口を感情的に書いているだけという気がする。朝日新聞記者というのが私はそもそもキライである↓。
朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論 (講談社 +α新書)日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論 (講談社 +α新書)
(2004/07/21)
近藤 康太郎

商品詳細を見る


以下の本はアメリカの話とは関係ない。日常生活で体験する障害者や被差別者の問題について感じる「言いにくさ」や「遠慮」の構造について理解できる↓。
「弱者」とはだれか (PHP新書)「弱者」とはだれか (PHP新書)
(1999/08/04)
小浜 逸郎

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
相互批判
 テレビを、ある程度の力を持って批判出来るのは、週刊誌ぐらいですが、如何せん弱過ぎます。
 テレビに新聞以外の資本を入れるか、テレビと新聞の資本を分離させるのが、良いでしょう。ライブドアや楽天が、テレビを買えばよかったと思います。
 G6の国では、テレビと新聞が、同じ資本と言う事は有りません。メディアの相互批判が、出来ませんから。
八目山人 | URL | 2008/04/09 (水) 13:45:31 [編集]
アメリカのPCの例は面白いですね。アメリカ人の特に知識人は奇麗事を言っていい奴ぶるのが大好きだと思います。そのくせ都合が悪くなるとコロッと手のひらを返す。また、そのときに屁理屈のうまいこと。。。いい奴の皮をかぶっていますが、一枚めくれば信念もへったくれもありません。最近の例ではサブプライムがらみの金融危機で今までは自由放任主義万歳だったウォール街の奴らが恥知らずにもFEDの公的資金による救済を叫び始めました。厳密にはもしかしたら同じ組織の中にいる違う人がそれぞれの主張を都合がいい時期に出てきて言っているのかもしれませんが。アメリカの奴らは今は新自由主義的なやり方がアメリカ(の一部)に都合がいいから世界中に広めようとしているわけで、別の思想の方が都合が良くなったら手のひらを返すことは目に見えています。そんな奴らをありがたがって信じている日本人はほんとにおめでたいと思います。どこか以前読んだ気がするのですが、あるイデオロギーを別の場所に移植すると元あったものより純粋で過激になるらしいです。毛沢東の中国に触発されたカンボジアのように。新自由主義路線も日本に移植されてより過激になっているんではないでしょうか。アメリカではウォール街の思想に国民全体がマンセーしているような事態にはなっていないと思います。
jtake | URL | 2008/04/09 (水) 16:53:39 [編集]
日本でも、障害者を「障がい者」、子供を「子ども」なんて言ったりしますよね。
それ自体愚かなことです。

マスコミが第四の権力だと言ったのは田中角栄だという説もありますが、言いえて妙です。今や他の三権をしのいで「第一の権力」と化しつつありますね。
| URL | 2008/04/09 (水) 18:36:54 [編集]
>八目山人さん
なるほど、たしかに日本は新聞とテレビは同じ系列ですね。でもどのテレビも朝日新聞的なものをベースにしているようですよ(ワイドショーとか)。楽天やライブドアはあまりすきではありませんので、もうちょっと誰かいないかなあとは思いますが、これから多チャンネル化していってテレビがどうなるかでしょうね。

>jtakeさん
アメリカの様子ありがとうございます。「あるイデオロギーを別の場所に移植すると元あったものより純粋で過激になるらしい」というお話、実に興味深いです。たぶん憲法なんかに盛られた自由だの人権だの民主だのも同じでしょうね。過激になるというよりは、より純粋になる、もともとの土地の土着のものが切り離されて、より原理主義的、根本主義的になるということのように思えます。原理主義=悪でもないとは思いますが、この場合は困ったものですね。


>耕さん
マスコミは間違いなく第一権力だと思いますね。世論もマスコミにコントロールされていることにあまりに無自覚です。これは(マスコミ世論と意見が異なる者としては)、ある種の独裁に近いものがあるように私には感じられます。
管理人 | URL | 2008/04/11 (金) 08:33:48 [編集]
日村さま

>(マスコミ世論と意見が異なる者としては)
失礼ながら、普段、自分が言っていることと同じようなことを仰るので笑ってしまいました。
自分では、よく「正規分布の残り5%」と言うのですが、良い方に出れば偏差値75、悪い方に出れば偏差値25といったところでしょうか。

しかし、世論を輿論とせず、衆愚政治へ導くばかりのマスコミはなんとかしないといけませんね。

ところで、稲田議員のWebサイトはご覧になりましたか?
映画「靖国」についてのお知らせが掲載されています。
http://www.inada-tomomi.com/diarypro/diary.cgi?no=79

これを読むと、マスコミの暴力が明確に感じられます。
また、映画「靖国」と文化庁の危うさというのも明確な気がします。
個人的には、このような「公共の福祉」に反する映画は上映禁止にした方が良いと思いますね。明らかなブラック・プロパガンダですが、事実確認もしないで信じ込む輩がいるでしょうから、少々大げさに言えば「情報戦における対抗措置」が必要です。
海驢 | URL | 2008/04/15 (火) 01:45:23 [編集]
リンクURL再掲
失礼しました。
上記のURLは直接リンクを許可していないようです。

改めて、稲田議員のお知らせは以下のURLから。
http://www.inada-tomomi.com/diarypro/diary.cgi?field=1
海驢 | URL | 2008/04/15 (火) 01:48:56 [編集]
再々掲
再び失礼します・・・
他のサイトからの呼び出しはできないようなので、
以下のTOPページからお願いします。

http://www.inada-tomomi.com/index.html

4月9日(水)付のお知らせです。
海驢 | URL | 2008/04/15 (火) 02:00:34 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.