右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

豪州という新たな反日国家を締め上げよ
本日はでかけていますので、これは予約投稿です。レスなど遅くなると思いますがご容赦下さい。また、コメント欄の対応でカッカしたままのテンションで、感情にまかせて書いてみたいと思います。

さて、捕鯨問題が関連しているとは言え、このところのオーストラリア政府やその首相はちょっとおかしいと思いますし、さらには、オーストラリア人の差別主義的反日世論も盛り上がっているようです。腹立たしい限りですが、日本は何もできないのでしょうか。

日本人で老後にオーストラリアに移住したりという人が結構いるみたいですが、どんな思いで生活しているんでしょうかね。美味しんぼの原作者のサヨクおやじも確かオーストラリア在住かと記憶していますが、彼なんかは今頃どうしているでしょうか(笑)。

まあ、年を取ってからのんびり暮らすためとは言え、祖国や故郷を捨てる人間を私はあまり好きではありませんので、せいぜい差別されるがいいや、という程度の感想しかありませんが・・・。

「日本人に銛打っても許される」 豪州反捕鯨番組の異常さ (J-CAST)

 YouTubeには「日本人に銛打っても許される」ともとれる豪州の映像が・・・

豪州で放送されたと思われるテレビ番組の映像が動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」にアップされ、捕鯨派と反捕鯨派がコメント欄で熱いバトルを展開している。この番組は、「調査のために捕鯨が必要というなら、日本人を知るために日本人に銛を打っても許されはず」といった論理で展開されており、「冗談」にしても度を超えている。日豪間の捕鯨をめぐる考え方の断絶は絶望的だ。

街中で日本人を見つけて銛を発射しまくる(動画)

この動画はプロフィールを見る限り豪州人が08年2月ごろに掲載したもののようだが、タイトルは「人種差別主義の豪州と日本の捕鯨」。この動画は、豪・大手メディアで放送されたと思われるバラエティ番組を編集したものだ。

番組中ではレポーターが在豪日本大使を直撃し、「あなたは、日豪の関係を良くするために、研究目的で日本人を数人殺すことに賛成しますか?」といった質問を投げかけるが、大使には「どういうこと?」「失礼だよ」とあしらわれる。しかし、これだけに止まらない。

スタジオに場面が移ると、「(大使は)ダメ(NO)とは言ってないよね?」「大使の許可が頂けたようなので、実験で日本人に銛を打ってみました!」と、現地に観光で来ていると思われる日本人に対して、リポーターがおもちゃの銛を打つ場面が流れる。番組はコメディ調で、笑い声がところどころで流されるが、内容は刺激的なものだ。

シドニーにいた日本人女性に対し、男性レポーターは「研究目的のためにあなたを殺してもいいですか?」と質問。日本人女性は「嫌です」と述べるが、「銛(ハープーン)ってあなた好き?」と聞いて女性が「ハープーン?」と訝ると、レポーターは途端におもちゃの銛を女性に向けて発射。「死ななかったね~。どうやって君のこと知ればいいんだ?」と叫んだりしている。

さらに、「調査目的だ!」といって、街中で日本人を見つけて銛を発射しまくる、という場面もある。

「鯨のフルコース」を注文した日本人男性のその後

この動画は2008年4月1日午後現在で12万回近く閲覧されているが、2000件近いコメントが寄せられ、

「この動画面白くない。ほんと傲慢だよ!」
「オーストラリア人全員がこんな事考えてるわけじゃないと思うけどこの動画のせいでオーストラリアの一部のレベルの低さを全世界に配信する結果になって、いたたまれない人も居ると思う」
「私は豪州人を鯨寄りの偽善者と呼ぼう」

と、日本人と思われるユーザーがこの番組を酷評。一方で、反捕鯨派も

「落ち着けよ。豪州人はこんな冗談めいた理由で鯨を殺すなって言ってるんだよ」
「日本人の捕鯨は調査目的じゃない。よって国際法的に違法」
と反論しており、「熱いバトル」が展開されている。

豪州の捕鯨に関する価値観との違いが際立つ動画がもう1つ「ユーチューブ」にある。それは「鯨のフルコース」を注文した日本人男性が銛で刺し殺され、「私たちの鯨が痛々しく殺されている。虐殺を止めよう」というメッセージが流れるビールのCMだ。ここでも2008年4月1日午後現在で1800件を超える賛否両論のコメントが寄せられている。どうやら豪州では、捕鯨は人間を殺すのと同じくらい悪いことと思われている。ひょっとしたら、それ以上に・・・。

[ 2008年4月1日20時2分 ]


今のオーストラリアの首相がかなり中国寄りということもあるでしょうが、それにしてもひどいものです。

ここは日本政府も、もうちょっと積極的に動いて、この首相にたいして何かアクションを起こすべきです。そして、オーストラリア政府の野党に、この首相を批判するためのいろいろな種をまくべきでしょう。

日本を批判すると失脚するくらいの、それくらいの圧力をうまくかける必要があります。

このような中国びいきの国は、放置しておくと今後はどんどん増えてゆくことが予想されます。というのも、やはり中国という巨大な市場にめがくらみ、それと平行して日本の経済力が落ちぶれている現在、日本はさまざまな方法で反日国家の政府に強い圧力をかけてゆく必要があります。

中国の成長を無邪気によろこんで、中国市場が熱いなどと言って喜んだりするバカな財界人が多いので、日本の財界人はまったくあてになりません。

中国依存の経済は、アメリカ言いなりの経済同様に、いずれ日本の首をしめることになるでしょう。

中国やアメリカに対しては、ズブズブな国会議員がたくさんいて、なかなかものが言えなくなってしまっているようですが、まずはオーストラリアにガツンとくらわせることで、はっきりとものを言う練習をしてみてはどうでしょうか?

とは言っても、「人のいやがることはしない」と言ってのける福田首相ですから・・・。もともとは首相の靖国参拝は中国人がいやがることだからしないという意味でしょうが・・・それにしてもこの発言のレベルの低さにはおどろかされます。彼の言葉通りならば、捕鯨に反対するひとがいるなら捕鯨はやめるということになってしまいます。

まあ、人名は地球より重い?でしたっけ?正確は発言は忘れましたが、きれいごとを言ってハイジャック犯の言いなりになるようなオヤジの息子ですから、似たようなお花畑脳なのでしょう。

ああ、誰か政治家で、オーストラリア政府に毅然と抗議した人物はいるのでしょうか!?

オーストラリア人のやっているのは日本人差別、日本の食文化差別なのです。そういうことをはっきりと主張すべきなのに、何をしているのでしょうか!?

自分たちの文化を守ろうという気概が足り無すぎです。これではコケにされっぱなしでしょう。

しかし、オーストラリア政府に圧力をかけるために、たとえば食料の輸入ストップなどの措置ができるかと言うと、そんなことすると困ってしまうのは日本のほうです。

これは中国毒餃子と同じです。相手に抗議するために、圧力をかける手段が無いのです。それもこれも、食糧自給率の低さのせいです。

ひたすら経済効率ばかりを追い求めて国の独立・自立を守るための政策をないがしろにし続けてきたことのツケです。このままでは、日本は反日国家の奴隷になるしかない。いいかげんに国の独立の大切さに気づくべきです。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
肉の輸入やーめたと言って、肉を食わなきゃいいんだけどね。彼らの背後団体の一つが食肉業界だから。真正の日本人なら、肉なんてそんな食わんでも生きていけるはず、、、だよね。
7743 | URL | 2008/04/05 (土) 22:18:21 [編集]
ジュゴンの肉は美味しいです
おっと、タイムリーなことに、こちらにもネタが来てますね。

ジュゴンの肉は美味しいです
http://obiekt.seesaa.net/article/92262745.html
>でもこの記事を見る限り、オーストラリア政府は自国がジュゴンの捕獲を行っている
>事を隠したがっているようです。少数民族による伝統猟の捕獲圧ならば大きな影響は
>無いので、捕獲枠をきちんと定めていれば問題ないのですから堂々としていればよい
>のに・・・と不思議に思っていたのですが、理由を知って納得しました。日本への
>捕鯨批判とダブルスタンダードになるからなんですね。

7743 | URL | 2008/04/05 (土) 22:22:12 [編集]
オーストラリア人はアボリジニを虐殺していたからいまだに人間とクジラの区別ができないのか?
たか | URL | 2008/04/06 (日) 19:53:55 [編集]
いずれ変わる
オーストラリアの政権もいずれは変わる。オーストラリアの国民も中国との付き合いに疑問を抱くようになるだろう。
今はクジラで騒いだ分、カンガルーで痛い目に遭っている。日本はオーストラリアがないと困るのは事実のようだ。
鉱物資源が豊富であり、食糧(小麦など)も人口が少ない分輸出できるからである。(それに毒入りはまず考えられない)逆に彼らも日本を必要としているが・・。
ただ、中国はなくても困らない。中国からの主な輸入は食材であるが、別になくても構わない。十分に暮らしていける、対応できる。安くても農薬や重金属で汚染された食品を食べてはいけない。100円ショップが中国排除で300円ショップになってもただそれだけの事、それでも安ければ買うだけの話である。無理をした商品より長持ちして資源の有効化には良いかも知れない。
「人名」は→「人命」ですね。・・変換を 目で見ず指に 任せきり・・。

Ⅲ号戦車 | URL | 2008/04/06 (日) 20:21:42 [編集]
まとめレスですみません

日本人は友好というのは相手の国に譲歩したり言いなりになることと勘違いしているようなところがありますよね。

オーストラリアだって、そのうち政権がかわるとか呑気にかまえていても、今の反日プロパガンダを放置していれば、それが浸透すれば、良く変わってくれる保障は何もありません。

反日は小さな芽のウチにつみ取っておかないと、中国みたいになります。中国だって、食料品の輸入をストップして困るのは日本のほうです、あれはそもそも日本の政策として、中国に安い食料品を作らせているのですから。

ですから、中国からの輸入はとめても良いけどオーストラリアは無理というのは、違いますよね。実際には逆です。

安易に規制緩和して安けりゃ良いだろうという発想の日本商社などが作らせていますし、依存の度合を考えると、中国からの輸入をストップすれば、日本の商社はバタバタ倒産し、国内で食料が高騰して餓死者がでるでしょう。
管理人 | URL | 2008/04/07 (月) 08:44:12 [編集]
困りません、日本は
中国からの食糧が全部止まっても心配は要りません。餓死者、なんて出ませんよ。中国からの食材の輸入比率は
約8%、市場に流通の段階で最大で18%程度です。
(自給率39%)残り82%は中国なしでも確保できているのです。足りなければ他の国からいくらでも輸入できます。それより、日本は食材・食糧の30%を捨てているのです。コンビニやホテル、弁当屋、各家庭の冷蔵庫などで賞味期限、消費期限が切れた物です。この内の半分を有効に利用できれば中国は不要です。お米は100%自給できます、野菜だって現在は80%ですが輸入が止まれば農家は作り出します。・・現在増産中・・。お米があればパンだってお菓子だって作れます。お米は「連作可能」で「保存」が出来、栄養価もあり、消化も良く、神様からの贈り物です。塩分もありません。「餓死者が出る・・」この根拠が私にはわかりません。
Ⅲ号戦車 | URL | 2008/04/07 (月) 15:00:21 [編集]
そのエコノミスト的な数字のやりくりは、うまく行きません。中国に依存するぶんを他国にと簡単に言いますが、そんな簡単ではありませんし、日本に食料を輸出するのを嫌がっている国が増えています(消費者からの細かいクレームが多い)。

また、国内での無駄をそんなにうまく急に無くすのは不可能ですし、ちょっと中国産の食品が入ってこなくなっただけでも、たとえば先日はニンニクが何倍もの値段になりました。

ようするに、食品全体の価格が異常に高騰します。そしてパニックになり、買い占めなどからさらに高騰、そして現在貧困層が増大していることから、食い物が買えずに貧乏人が餓死です。これは十分にあり得ます。

もちろん、10年くらいかけて自給率を上げればこういうことにはなりませんよ。

戦車さんの視点は、社会が有機的複合的であるということを忘れています。

中国への依存をなくすには、中国にここまで依存するのにかかった年数と同じくらいかけなければ、絶対に他の分野に波及してパニックになります。国内経済も滅茶苦茶になります。物事はそう簡単ではありません。中国憎しの感情論から来る楽観的見通しのように私には感じられます。

要は日本の食糧自給率が低いのが問題であって、中国はダメだけとオーストラリアやアメリカなど他の国なら依存して良いという問題ではありませんので。(中国が特にヤバイのはその通りですが)。

とにかく穀物の依存が高いのが致命的です。穀物で依存しているのは中国というより、アメリカやオーストラリアです。

ですから、おっしゃる通り、コメを食うようにすべきなのですが、日本人の生活習慣を変えるのも、そう簡単にすぐには変わりません(パン食が増えています)。
管理人 | URL | 2008/04/07 (月) 15:22:18 [編集]
結果を見ましょう
私は管理人さんの意見とは異なりますが、正しいとは限りません。管理人さんのコメントが正解かも知れません。
ここは中国からの食糧が全面ストップになってからでないと分りません。感情的な部分は反省しますが、毒餃子でのあの対応、買った店からあのような対応をされたら私は二度と買い物はしません。ニンニクは上がりました、その他も影響はあるでしょうが、まだ大して値段は上がっていません。管理人さんの言われるように数字を全て信用しては?ですが最低でも現時点で82%はあります。米などの基本食材はあります。人間馬鹿にしたものじゃありません。腹が減ればどうすれば良いか最優先で考えます。捨ててる30%の食材も活用されるでしょう。餓死者は出ないと思います。
・・私も頑固ですね~・・。管理人さんからの丁寧なコメント参考になりました、ありがとうございました。では
Ⅲ号戦車 | URL | 2008/04/07 (月) 17:55:07 [編集]
餓死はやはり大げさでしたかね!?

感情論と言うのであれば、私のこのエントリーそのものも大半は感情論ですから・・・。まあでも、中国には感情的になることを煽っているのにアメリカや豪州相手には冷静になれみたいな右派の言論に私は感情的な反発を禁じ得ないところがあります。

私も、中国なんかに依存するのはやめろと思っているので、そういう点では同じ意見ではあるんですよ。

私が言っているのは要するに、急にストップさせるのは無理ということであって、じっくり時間をかけてやってくれるならば大いに結構です。そこらへん、時間のとらえ方が違うというあたりで微妙に話がすれ違っている気もします。

あと違うのは、量的にアメリカや豪州のほうが依存が多いというのなら、私は、そういう国々への依存ももっと減らさないと、こういう国々の言いなりにならなければならなくなりますから、国の独立が国益の基礎であると考える私からすれば、食料輸入は中国だけ止めれば良いとは思えないという事でもあります。

いずれにしろ、長期計画が必要になると思います。

若干私のレスが乱暴であったような気がしていますが、懲りずにまたコメントお願いしますね(笑)。
管理人 | URL | 2008/04/07 (月) 18:24:36 [編集]
政府は何をしているのか
オ-ストラリアのイカれたCMには向かっ腹が立ちますね。外務省は何故抗議しないのか。中国の毒餃子の時も、国民の安全を守る立場から、直ちに対象企業製品を輸入停止とすべきでした。
いま中国製品の全面排除というのは過剰反応でしょうし、有事の際に兵糧攻めに合うとひとたまりもない日本は10年計画で食料自給率の引き上げを図るべしというのは日村さまと同意見ですが、国民の不買という形でしか食の安全を守れないのかと、現政府のヌルイ対応には憤りを感じます。
ROM太郎 | URL | 2008/04/08 (火) 06:52:21 [編集]
ROM太郎さん、おっしゃる通りと思いますね。

まさか食の安全も「民にまかせろ」というつもりでしょうかね(笑)。

短期の政策もエラーばかりの政府ですから、長期の政策はもっと期待できないでしょうね。政府への指南役みたいな立場のエコノミスト連中にろくなのがいないとかマスコミがアホだとか、そういうところが根本原因かもしれませんが。
管理人 | URL | 2008/04/08 (火) 08:38:52 [編集]
723 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 17:00:51 ID:y0UW9rmz
暇だったので再び創価学会本部(3353-7111)に電話してみた。

25 チベット問題で何か動きはないか
創 対話を通して世界平和に貢献していく
25 対話してないが
創 している
25 「悪を看過するものも悪だ」と池田先生はおっしゃっているようですが
創 そのとおりだ
25 今、看過しているが
創 そんなことはない
25 池田先生は昔チャウシェスク大統領との関係をアピールしていたが、今はその過去はなかったことになっている
創 いいえ
25 でも、HPでは出てこない
創 何を載せるかはこちらの判断だ
25 じゃあ、中国との関係がイメージダウンになると判断したら、これまでの関係もなかったことになるのか
創 あなたには関係ない

http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10086556113.html
名無し | URL | 2008/04/08 (火) 21:41:14 [編集]
右余極説 豪州という新たな反日国家を締め上げよ
drmccoy.blog39.fc2.com/?mode=m&no=132&m2=res&page=1
2008/04/07 - 中国憎しの感情論から来る楽観的見通しのように私には感じられます。 要は日本の食糧自給率が低いのが問題であって、中国はダメだけとオーストラリアやアメリカなど他の国なら依存して良いという問題ではありませんので。(中国が特にヤバイのは ...
| URL | 2013/08/05 (月) 13:31:42 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.