右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

アメリカの反日とどう闘うのか
てっくさんからお知らせのトラバをいただいていて(この記事)、私も新聞で見て知っていたのですが、昨日はバタバタしていて更新できませんでした。アメリカで「レイプ・オブ・南京」をベースにした反日史観映画が制作されるようです。
061126-2.jpg

画像を拝借(クリックで拡大)。


「レイプ・オブ・南京」下敷き 米で反日史観映画 年明け発表

 ■AOL副会長制作

 【ワシントン=山本秀也】米国の大手インターネット企業「アメリカ・オンライン」(AOL)のテッド・レオンシス副会長(50)が、南京事件(1937年)に取材した映画「南京」(仮題)を制作し、年明け以降、発表する。ドキュメンタリー作品の体裁だが、史実の認定は反日的な歴史観で知られる中国系米国人作家、故アイリス・チャン氏の「レイプ・オブ・南京」を踏まえているとされる。公開されれば来年70周年を迎える同事件や歴史問題をめぐり、日本の国際的立場に深刻な影響を与える可能性もある。

 AOLの米国広報では、レオンシス氏による「南京」の制作を確認する一方、同社は制作に関与していないとしている。レオンシス氏は「アガペ」という映像プロダクションを設立し、映画参入の第1作として制作に取り組んでいる。

 制作情報をまとめると、「南京」は事件に関連した記録や事件関係者への取材映像に俳優のナレーションを織り交ぜる構成で、「欧米人が語る南京事件」に重点が置かれる。音楽はグラミー賞を受賞したロック界の大御所ルー・リードが担当するという。

 作品は来年、米国内で開かれる映画祭で発表の予定だ。米紙ワシントン・ポストによれば、中国市場に向けてDVDの販売が計画されるほか、国営中国中央テレビ(CCTV)が作品放映権を獲得しているという。南京事件に関心を抱いた理由について、レオンシス氏は、保養中に読んだアイリス・チャン氏の自殺(2004年)をめぐる古新聞の記事がきっかけだったと同紙に説明。これまでの報道では、作品がチャン氏の「レイプ・オブ・南京」をベースにした内容となることが強く示唆されていた。

 華僑消息筋によると、レオンシス氏は10月末、東部メリーランド州で開催されたアイリス・チャン氏を記念する論文コンテストに来賓として出席し、「南京」の制作状況を報告した。論文コンテストは、米国を舞台に反日宣伝を繰り返してきた中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」が主催し、論文約430点が寄せられた。

 南京事件を扱った映画は、中国、香港でこれまで多数制作された。今年初めに上海紙「文匯報」が、米国のクリント・イーストウッド監督が「南京・クリスマス・1937」を制作すると伝えた話は事実無根だったが、事件70周年を控え、中国内外で新たな作品の制作が伝えられている。

 レオンシス氏は、AOLの事業モデルを有料インターネット接続事業から広告収入主体に転換した米国の有力企業人。北米プロアイスホッケー(NHL)の人気チーム「ワシントン・キャピトルズ」のオーナーを務めるなど、娯楽スポーツ分野でも知られる。

                    ◇

【用語解説】レイプ・オブ・南京


 中国系米国人の女性著述家、アイリス・チャン(中国名・張純如)氏が1997年に発表した南京事件に関する著作。同事件で旧日本軍が市民約30万人を虐殺、女性2万人から8万人を乱暴したなどと論じたが事実誤認や写真の誤りなどが多数指摘された。日本語版の出版は見送られたものの、米国内では現在もロングセラーとなっている。

(11/26 10:30)


レイプ・オブ・ナンキンの内容が滅茶苦茶だというのはその他のブログなど、ネット上には色々と資料があるでしょうから、それらをを参照していただくことにして、私の基本的スタンスは、「南京大虐殺」というものが実在したと言うことに関して、信頼するに足る証拠は無いというものです。

もちろん物理的に不可能という点から数十万単位の虐殺があったなどと言うのは間違いなくデタラメだと言って良いでしょう。問題は数千人以上の規模の虐殺があったのか、「南京事件」はあったのか、あったならばどれくらいの規模だったのか、という点だと思います。

どれくらいの規模だったのかを確定することは重要です。よく、数は問題ではないなどと言われますが、大いに問題です。数が問題でないなら、「通州事件」のような中国人による日本人虐殺などもありますから、これだって問題ということになります。というか私はこれは大問題だと思いますが、南京事件の議論の時には不思議とあまり言われませんね。

南京事件の規模についても、資料を持っているのは中国なのですから、本来なら中国がまともな資料を出せば簡単に決着がつく話だと思うのですが、かなり政治的な色彩が強すぎますし、中国政府はとても信頼できないでしょう。

これまで虐殺の証拠と言われていた写真に関しても、証拠能力のある写真は一枚もない、つまり虐殺を証明することのできる写真は一枚もないということが科学的な検証によって明らかにされています(「南京事件 証拠写真を検証する」参照)。

南京事件「証拠写真」を検証する 南京事件「証拠写真」を検証する
小林 進、福永 慎次郎 他 (2005/01/31)
草思社

この商品の詳細を見る


こういう点から、「大虐殺」というのはやはり東京裁判とその後の占領統治および日本悪玉史観の形成のために作り出されたものと言って差し支えないでしょう。

しかし、そうなると厄介なのは、南京大虐殺に限らず、反日史観というのは中国だけでなく、連合国、特にアメリカにとって、自国の正義を作り出すために欠かせないものだという話になります。

そこで、アメリカは自国の戦争が正義の戦争であったと確認するためにも、ことあるごとに戦前の日本を悪であったと言ってくるはずです。

さらに、アメリカの中にはかなりの割合で親中反日な勢力がいます。アメリカの民主党の中でもリベラルな人たちなんかは特にそうでしょう。たぶんブッシュの次はそういう政権になりそうな感じですから、今からかなり覚悟しておかなければならないと思います。

一方、小泉首相も安倍首相もかなり親米のはずです。岡崎久彦みたいに媚米でなく親米知米であって欲しいところですが、実際はどうでしょうか?

日本においては、それこそ岡崎久彦氏みたいにアメリカ様のご機嫌をそこねないよう、「新しい歴史教科書」もアメリカ好みの内容に書き換えたり、靖国神社の遊就館にもアメリカ側の視点から一緒になって文句をつけて展示内容を変更させたりと、熱心なアメリカの手下みたいな人間がいますが(■[欧米][靖国] 岡崎久彦は親米を通り越して媚米)、アメリカでの反日を抑えてくれるような人っているのでしょうか?

残念ながらそういうことを期待できる人材はいないでしょう。

何より、日本人の多くがいまだに日本悪玉史観に染まっているわけですから、これは大変難しい問題だと思います。

安倍政権が親米だと言っても、これはアメリカの言うことを素直に聞いてさからわない政権と言う意味であって、アメリカと真剣に向き合って言うべき事を言う関係ではありません。だから政治には期待できないはずです。

一方、日本国内のサヨクも反日史観映画を大歓迎するでしょう。

表現の自由ということがあるかもしれませんが、事実とかけはなれた内容であるならば、日本政府としてもきっちりと抗議して、また政治的な影響力を発揮することが狙いの映画なわけですから、綺麗事を言っている場合ではなく、裏から表から色々な手段を使ってとにかく妨害する手段を考えなければならないと思います。

現代における戦争とは武器をとって戦うものばかりではありません。また、いずれ書きたいと思いますが、大東亜戦争は日米の「思想戦」という側面がかなり強く、そしてその「思想戦」は未だに終わっていない、強大な敵として中国や韓国も登場していますが、アメリカとの思想戦に勝ち抜かなければ、本当の意味での日本の独立は成し遂げられません。

ところが日本政府は、「日米貿易摩擦」という言葉が消えて久しいように、経済においてすらアメリカと戦うことをやめ、ろくに交渉もせずに、ただグローバリズムを押しつけられて、言われるがままに応じているという現状です。

だいたい、南米諸国でも韓国でも、一時グローバリズムや自由主義の波に飲み込まれて国内経済が疲弊したために、今や一気に反米左翼政権に傾いてしまっています。日本は元々大きな力があっただけに、南米諸国ほどアメリカの食い物にはされるというところまでは行ってないようにも見えますが、ジリジリと追いつめられていることに変わりありませんし、あいかわらずグローバリズム万歳の改革をやっていますから、今後は我々の希望とは正反対にどんどんと悪くなって行くでしょう。

ようするに、アメリカとまともに交渉していない、闘うべきところを闘っていないということだろうと思います。

それは、アメリカ様に守ってもらっているから、逆らうと失脚させられるのか何でか知りませんが、とにかく日本政府も官僚も財界人も、アメリカとまともに交渉もせず、勿論戦うなんて論外という姿勢で何事も奴隷根性丸出しで従ってきたために、このていたらく、と言うことです。

そんな人たちに、日本の歴史認識を取り戻すための「思想戦」など期待できるでしょうか?安倍首相だって、歴史の知識はそれなりにあって他の政治家よりはずっとましなはずなのに、村山談話、河野談話を継承しています。

これが、選挙対策とか安全運転ではなく、親米の安倍首相らしいアメリカへの配慮であるとしたらもう絶望的です。

政府もだめ、政治家も外交官もだめ、官僚もだめ、財界人もだめとなったら、あとは一体どうすれば、誰に期待すれば良いのか・・・。我々が何かやらなければならないのかもしれません。しかし何を・・・。

アメリカの反日は、中国の反日よりはるかに手強いものです。中国のあのわかりやすい反日、ストレートな反日ですら、まともに対処できずに右往左往している日本が、より巧妙で力づくなアメリカの反日に、中国よりも日本の首根っこを直接抑えているアメリカの反日に、とても対向できる力があるとは思えません。

我々に一体何ができるのでしょうか!?

少なくとも、独立・自存の気概を持って、自分の国くらいは自分たちの手で主体的に守ろうと努力することからコツコツと積み上げてゆくしかないのかもしれません。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
独立自尊の気概を持ちましょう。
 「右余極説」 先生の正論、に感謝いたします。
 原爆を平気で落とした人間達が最も恐れるのは、日本人の覚醒でしょう。よって彼らの本意は中共の政策と同一にして、裏社会での脅しと金銭、と適当なキックバックによる裏金や性的な罠、で日本のリーダーを籠絡している結果だと思います。
  幸いネット社会の有り難いことは、先生を中心に、正論を堂々と発表される方々が多くいらっしゃるし、それを静かに拝読している大衆が増加していることだと思います。
 福岡では、山拓系が落選、福島では経歴不詳の自民系が落選、沖縄では自民系勝利、少しずつ独立自尊の気概を持つ有権者が増加中だと、私は信じたいと思います。
 私は、憂国の士の正論を拝読し、近辺の者に情報を伝える事しかできませんが、正論を楽しみにしております。 
Kankyo Fuzen | URL | 2006/11/28 (火) 16:36:47 [編集]
日本人の敵は反日日本人。
自称人権派、左翼言論人、政治家、学者、日教組、マスコミ等が戦後60年で日本人を洗脳してしまいました。
反日日本人をどうにかしないと、外国の反日プロパガンダに太刀打ちできるわけがありません。
米国民主党の、中国人プロパガンダに騙されやすいのは歴史的事実ですが、人権派は中国のチベット人虐殺、ウイグル人虐殺、法輪功信者から生きたままの臓器取り出し売買を追求してくれると期待しています。
美しい国 | URL | 2006/11/28 (火) 21:22:43 [編集]
南京大虐殺はなかった
と、わたしは思っています。
最大の資料は、南京に日本軍が入った後で明らかに
中国人の南京人口が増えています。
あの、自分の利益に聡い中国人が、南京に
押し寄せたことは、虐殺などなかった証明です。
南京事件があったことは確かです。(日本人が殺された)
日本人が殺されたことは確かなのに、
何の証拠も無いこうした話が世界に紹介されることは
日本の恥です。
安部総理は、なにがなんでも抗議してほしい。
kuni | URL | 2006/11/28 (火) 23:54:43 [編集]
ご無沙汰しております日村さま。
なかなか最近ロムしづらい状況に有りまして
クリックの方もご無沙汰させてもらっておりました。

ところで本日の題、なにかとても心にズッシリ来ました。
日本が幾ら正論を言っても、周りが自分の事しか考えない頭の狂った国家ばっかりで、その妄想を世界に広めまくってるのだから堪りません。日本の言い分に耳を傾けてくれる世界に影響力のある国はあるのでしょうか。如何見ても欧州各国は各々の経済的戦略でしか他国と良い関係を築こうと思ってませんし・・・仁義は中々通じ難いものです。

アメリカには日本には別の選択肢があると思わせたほうが、奴等を親日(?)に近づける方法なのではないのでしょうか。EUがアメリカの当初の思惑から外れて、最近とても安定して来ていると思うのでアメリカよりもEUを味方に付ける様な外交を日本は出来ないのでしょうか。アメリカもなかなか反EUと言うわけにも行かないと思うし、敵の敵は味方です。EU諸国は内心かなり反米だと思います。アメリカ帝国とか揶揄されたりもしているし・・・。

アメリカには言うべき事を言って、欧州を、もっと重要視した方が宜しいのではないでしょうか・・・。

日本人はやはり60年かかって、大和魂を殆ど失くさせられたのでしょうね。上手い事、アメリカ人もやりおったものです。でも、幾らかの日本人は気付いてるし、若者も気付き始めてるし、いつかは日本民族の本懐を遂げる機会は在りましょうや。それまで辛抱、辛抱、日々精進です。

世界で最も秀でている日本人の強さでは『粘り強さ』。なんて云ったって粘り気の強い米、納豆食べてるくらいですから。しつこく頑張りましょうv-82
とまき | URL | 2006/11/29 (水) 03:05:18 [編集]
>Kankyo Fuzenさん
勿体ないお言葉ありがとうございます。そう言ってくださる方もおられるということでこれからも頑張って、といっても私にはとりあえずはブログを更新するくらいしかできませんが、頑張ってゆきたいと思います。

>美しい国さん
たしかに反日日本人は問題ですが、多くはうっすらリベラルな国民が大半だと思います。そういう人たちは日本で反中感情が高まるほどアメリカ依存を強める傾向にあるように思います。

アメリカが日本のために汗をながしてくれるなど期待しないほうが良いです。自分たちの国は自分たちで支えることをまず考えなければと思います。

>とまきさん
どうもこんにちは。実は私もヨーロッパともっと近くなる努力をすべきだと思います。ヨーロッパ諸国は日本と同様に歴史ある国、歴史を大切にする国が多いですし、アメリカよりも本来ならなじみやすいと思います。そしてヨーロッパ人は概して子供でもアメリカと聞くと「ああ、あの変な国ね」というふうにアメリカマンセーではありません。こんなにアメリカ大好きな国民は世界中で日本人くらいじゃないかとすら思いますね。
もっとヨーロッパ 、EUとそれから、東南アジアというのも重視すべきと思います。
日村秋介 | URL | 2006/11/29 (水) 09:34:27 [編集]
プロパガンダの恐ろしさ
日村さん、お元気ですか?毎日見ていますよ。
民衆はゆっくり、大きくしか動けませんから気付いた時にはもう遅い。ここがプロパガンダの最も恐ろしいところですね。*南京事件同様「ナチスのユダヤ虐殺」をこの極東で良く知りもしない一般人が当たり前に語り、具体的なイメージを持ってしまっている。これは異常なんです。しかし今の日本ではそれらが当たり前になっている。大変な恐怖です。*私は事件という呼び方も妥当じゃないと思ってます。「南京戦」でいいのではないかと。

"我々に一体何ができるのでしょうか!? "
日村さんの言葉を、自戒も含め重く受け止めております。

(先日いわゆるサヨクブログにはじめてコメントしたところ酷い罵りを受けました。驚きました。)
kat1999 | URL | 2006/11/29 (水) 11:43:57 [編集]
>kat1999さん
どうも、こんにちは。ナチスのユダヤ人虐殺に関しては私はあまりかかわりたくないですね。

おっしゃる通り「南京事件」と言うのであれば、虐殺があった事が前提ですから「南京戦」と呼ぶのがよさそうですね。またこの論争も含めて「南京問題」とか言ってもよいかもしれません。

サヨクブログで罵られたということですが、お疲れさまでした(笑)。まあ彼らと話しても時間の無駄だと思いますよ。むしろ、サヨクまで行かない政治的にニュートラルなブログを相手にしてものを言うのなら多少意味はあるかもしれまえんが。
日村秋介 | URL | 2006/11/29 (水) 12:05:58 [編集]
南京の人口の増加というのは、つまり、避難してた人たちが帰ってきたということでしょうかね。
そこそこ治安が安定してきていたということかも?
| URL | 2006/12/02 (土) 15:53:22 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.