右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

チベット問題・中国の侵略
チベット問題がここへ来て噴出しているようです。チベットの人たちには大変申し訳ないと思うのですが、彼らは元々、あまりに真面目な仏教徒すぎたのではないでしょうか。

もちろんこの問題では中国が悪いに決まっているし、チベット問題は中国による侵略と虐殺の問題だと私は思っています。
しかし、チベット人というのは、優秀な男はみな出家してしまって、しかも日本と違って本当の仏教ですから、子供も作りません。子孫を残さないわけです。優生学的なことを言うつもは無いのですが、そう考えると日本は親鸞のおかげで救われたような気がします。日本の仏教は日本風にアレンジして取り入れられたから良かったのでしょう。

また、チベットの仏教徒は暴力否定でもあります。日本の非武装中立派とちょっと相通ずる部分があると思います。

しかし私は戦うべき時に戦わない人間は卑怯者だと思います。この期におよんでは僧侶であれ誰であれ、ダライラマが暴力を否定してようが、やはりチベット人は戦うしかない、もちろん軍事力で人民解放軍にかなうはずもありませんから、メディアを入れるなり何なりして世界に訴えるしか無いのでしょうが、何らかの形で闘争するしか無いと思いますし、武力で劣るならテロをやるしか無いと思います。

私は日本が中国の侵略をうけてチベットみたいになったら、降伏などしません。最後は自爆テロでも何でもやって断固戦います。

しかし、まずはチベットみたいに侵略されないように国の守りを固めるのが先決です。ああなってからでは正直、手遅れです。そのために、きれいごとばかり言っているのではなく、中国の軍事力にどう対抗するのかを考えるべきです。

核武装して防衛費を2倍増、3倍増させることを提案します。


さて、若干、尻切れトンボ的な論調のエントリーで申し訳ありませんので、中国の侵略について、旧ブログから引用を付け加えておきたいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - 

[社会][極東] 北海道が中国になる日

中国というのは莫大な人口をかかえている国。ちょっとしたはずみで大量の難民が日本列島に押し寄せてくる可能性すらある。中国としても、世界中に中国人をおくりだそうとしている。華僑なんかは昔から有名だし、彼らが世界中に散らばれば散らばるほど、反日も世界中にまき散らされる。それどころか、莫大な人口の受け皿として、日本の、土地の面積の割には人口の少ない北海道をねらっているのでは!?という話を「Speak Easy 社会」さん「中国による北海道乗っ取り計画」で知った。なんと国土交通省北海道開発局では、中国人等を大量に受け入れる計画を練っているとか・・・。

国土交通省 北海道開発局 第6回 夢未来懇談会
議事次第 PDFファイルより以下引用。


○基調報告(その2)
(資料3「北海道人口1,000万人戦略」説明(有)北海道チャイナワーク 張相律代表取締役)

北海道の人口を増やす必要性としては、世界的な人口流動の受け皿、福利制度破綻の解消、経済規模の拡大等が挙げられる。一方、北海道の土地、食糧自給率、自然、住居環境、新しい歴史・文化、整備された社会基盤などについては人口が増える好条件である。

・北海道の人口を1000万人にする戦略は以下のとおり。
(1) 北海道の将来像(ビジョン)を明確にし、道民全体で共有するとともに、対外的にPRる。
(2) 外国人労働者を受け入れ、産業コストを下げることにより、安くて安心な衣食住を提供する。
(3) 北海道独自の入国管理法を制定し、外国人が来道しやすくする。
(4) 外国人労働者の受け入れに伴う安い労働力と、広い土地を生かした企業誘致を行う。
(5) 災害対策を含め、北海道の長所を売りに国内からの移住者を増やす。
(6) 次世代の育成を視野に入れた教育制度の改善を図る。
(7) 北海道の観光振興施策を担当する行政機関を集中させ、観光PR戦略を策定する。(8) グローバル化に対応した国際都市を建設する(中華街など国際的な街作り)。



配付資料 資料3 「北海道人口1,000万人戦略」PDFファイルから以下、内容を抜粋。


北海道人口1000万人戦略
北海道チャイナワーク 代表取締役 張 相律


北海道人口を増やす必要性
 ■世界人口大流動の受け皿になる。
  人口爆発、グローバル経済、協力計画経済




北海道人口1000万人戦略2
  衣食住は基本の基本
 ■海外からの労働力を本格的呼ぶ。
   IT、バイオ、農業、漁業、建築業、運送、福祉、観光業、製造業など
 ■安くて安心な衣食住の提供戦略。
  ・海外の安い労働力を呼び、農水産業・建築業の生産コストを下げる。
  ・徹底した技術指導を行い安心できる生産技術を伝授する。
  ・海外から安い生活用品と建築資材を輸入。(本州は進んでいる)
 目標:衣食住に掛かる費用を韓国・台湾レベルに!


北海道人口1000万人戦略3
  外国人来道者は道民の予備軍
 ■北海道独自の入国管理法を制定
  ・今の研修制度を見直し、正式な就労者としてビザ発給
  ・短期観光客に対してはノービザ制度を投入
  ・留学生を積極的に受け入れ、北海道に残る仕組みをつくる。
  ・住宅、不動産など購入した人は簡単に長期滞在ビザ発給

  ・世界の画家・音楽家などにアトリエ聖地にする。
 目標:観光にきたお客様が北海道に住みたくなるようにする
  海に囲まれた島だから可能(第2の香港)、刑法強化

北海道人口1000万人戦略4
  安い労働力と土地で企業誘致
 ■福祉・福利関連企業誘致。
  海外の安い労働を利用した、福利福祉施設


北海道人口1000万人戦略5
  移住者を200万に


北海道人口1000万人戦略8
  国際都市の建設
 ■中華街など国際的な街を作る。


ここで盛んに、「外国人を受け入れる=安い労働力が手に入る」などと安直な事が書いてあるが、外国人労働者を受け入れることもしくは移民を受け入れることにはかなりコストがかかる事を忘れてはいけない。ただ彼らを受け入れても、仕事なんかできない。まず日本語を教育してさらには日本社会に適応できるようにして、その上、職業訓練もしなければならない。貧しい外国人が増えれば治安も悪化するのでその対策だってコストがかかる。

外国人労働者を受け入れればバラ色みたいなでたらめをばらまくのはやめていただきたい。それなりの対価というか、かなりのコストがかかる事なのだ。

それはともかく、上の議事次第などを見ると、具体的に国土交通省(北海道開発局)が、中国人等を大量に受け入れる計画を練っているというより、張という中国人のスパイが日本を中国化させるための工作活動をさかんに行っている段階だと思う。今のうちにこのような「北海道中国化」の芽を摘んでおかねばならない。北海道を「リアル北斗の拳ワールド(by三輪の何某さん)」にしてはいけない。

今の北海道はかなり弱っていてワラにもすがりたい気持ちもあるかもしれないし、今の国土交通大臣はあの草加学会・北側氏である。本当にやりかねない気がする・・・。

で、真名さんのところに書かれていた北海道乗っ取り、最悪のシナリオは・・・


1.北海道に独自の制度を設け、最終的に独立に持って行く。
2.中国から移民を受け入れ人口逆転を起こす。
3.中華系の政権となる。4.多数決で中華人民共和国の自治区となる。
5.移行期間を経て、中華人民共和国北海道省となる。



北海道は私の故郷だから、こんな事は断じて許せない!しかし残念ながら北海道という土地は歴史が浅く、日本の良き伝統も薄い土地柄。リベラルな人間がいまだに幅をきかせている。「国から地方へ」というその実は国による地方切り捨て政策によって、景気は低迷しつづけ、不況にあえいでいる。国がその気なら、こっちだっていっその事独立してやろうか・・・などという気持ちになるのもやむを得ないのかもしれない。

そんな北海道民の気質を考えると、本当に中国に乗っ取られかねないなあと感じてしまう。

軍隊がワーっと攻めてくるような侵略なら、武器を持って戦えば良いわけだが、このように「ジワジワと」そして「民主的な」方法を利用した侵略に対抗するには有効な手だてが無い。拝外主義と言われようとも、水際での流入を阻止するしか無いだろう。あとは北海道民の教育だ。教育を地方にまかせれば、北海道の左翼的教育はますます暴走する。特に小学校・中学校の教育は国の責任でやるくらいの覚悟が必要だろう。

こんなニュースもあるようだし。
「沖縄独立を」25% 4割「沖縄人」と認識

地方をないがしろにするとかならずしっぺ返しがくる。北海道や沖縄がこのような現状で、地方分権だの「国から地方へ」など言っているようでは、将来的に日本の安全保障にもかかわるような重大事になりかねない。

国は地方をしっかりとつなぎとめておくべきだ。中国の脅威は軍事面だけでない。彼らの野心には警戒をおこたってはいけないだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(追記)中国 侵略の歴史
どうも中国の軍事的脅威すら認めたくない人もいるようで、sanhao_82さんの「■[社会] シナ共産党政府が何でそんなに好きなんだろう?」で見かけた「中国・侵略の歴史」を参考までに・・・。中国がどんな国かよくわかる。これでも中国が軍事的脅威ではないと言えるのか!?

中国の主な歴史。(「あんた何様?日記」12.14付より

1949年   中国がウイグルを侵略
1950年~  文化大革命・中国国内外で以降粛清・民族浄化及び餓死で3000万人以上が死亡
1950年   中国が朝鮮戦争に参戦
1951年   中国がチベットに侵略し現地民数百万人を虐殺
1959年   中国がインドと国境紛争、カシミール地方の占領
1969年   珍宝島で中国軍がソビエト軍が衝突
1972年   日中国交樹立
1973年   中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1978年   米中国交樹立
1979年   中国がベトナムを武力侵略。中国が懲罰戦争と表明
1989年   中国天安門にて発生した学生による民主化運動を軍隊で強行鎮圧し死者300以上
1992年   中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言
1995年   中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領
1996年   中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝
1997年   中国がフィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張
同年    中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張
2000年   中国の軍艦が日本列島を一周。中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行
2004年   中国が沖ノ鳥島は岩であり日本の領海とは認めないと主張
同年    中国の潜水艦が石垣島の日本の領海を侵犯
2005年   中国が反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言
同年    台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝
同年    アメリカが中国の巨大軍事国家化を指摘
同年    中国が沖縄の日本帰属に疑問を示し沖縄は歴史的に中国のものと主張
同年    中国海軍が春暁ガス田付近に軍艦派遣で示威行動



↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
中国に攻め込ませないのが第一
私も中国が攻めて来たら徹底抗戦します。
その時は日村様に全財産を拠出しますので、武器調達と銃の手ほどきをよろしくお願いします(笑)。
暴力の最大の抑止力は暴力というのは自然界を見廻しても普遍の真理ですね。
軍事力強化には大賛成ですし、そのための納税は惜しみませんが核武装の是非は技術的な面も含めて正直、よくわかりません。
ただ、日本は軍事、外交、諜報情宣活動すべてにおいて中国に遅れをとっており、頼みの経済力も風前の灯。
国民のための憲法を制定し直して国体を再定義し、確固たる安全保障体制を構築することが我が国の喫緊の課題ではないでしょうか。
それと、中国へのODAなど論外だと思います。
ROM太郎 | URL | 2008/03/23 (日) 09:49:54 [編集]
武道
武道をやろうという保守知識人はいません。みんな教養主義者。これでは中国や朝鮮の文官と同じです。歴史に学べといつも言ってるくせに、本当に学ぶ気があるのか訝しく思います。
ドド | URL | 2008/03/23 (日) 10:06:48 [編集]
全面的に同意します。
全面的に同意します。チベットとともに台湾も注視せねばなりませんね。ウイグルだって現在進行形ですし。
ユーグン | URL | 2008/03/23 (日) 11:00:13 [編集]
警察は悪い奴の味方!
ドドさま
私は以前・毎日
回し蹴り・左右各100回
正拳突き・左右各200回
(その他・関節技など・・・)
ガレージにサンドバッグを吊ってやっておりました。
そのころの趣味は「街の不良をイジメルこと」でした。
暴走族を秒殺(本当に殺したんじゃないよ!)したこともあります。
しかし
警察は暴走族の方に味方をするんですなぁ・・・
それ以来やめましたが・・・
柳生昴 | URL | 2008/03/23 (日) 12:29:08 [編集]
チャイナ対策
最近、アメリカから、旧軍の軍刀をネットオークションして売っている貿易商がいます。名前は忘れましたが、とりあえず各都道府県の文化財保護関係の部署に登録し、入手してください。刀であっても、ちゃんと戦の役に立ちます。刀は袈裟切りさえできれば、ちゃんと相手を倒せます。
新四郎 | URL | 2008/03/23 (日) 13:16:32 [編集]
貿易商の名前
安東交易です。高いもので250万、安いもので40万。 中には、脇差や槍、長刀もあります。
新四郎 | URL | 2008/03/23 (日) 13:26:30 [編集]
他には
私の場合、日本海側の一部を独立させ、連邦共和国を樹立させるべきかと思います。なるべく、農業と工業の基盤がしっかり残っているとすれば、福井から秋田にかけての地域が一番いいでしょう。小松基地とかありますからね。金沢新港や直江津港を軍港に改造したりするのは、まだ簡単ですからね。
新四郎 | URL | 2008/03/23 (日) 20:52:01 [編集]
>ROM太郎さん

基本的に抑止力として軍事力を(自国の軍隊で)しっかりすることが第一で、まあ攻めてきたらろくに訓練もしていない私ですから、どこまで戦闘ができるかわかりません。ですから、いよいよという時に自爆テロくらいしかできないかなあと思っているわけでして、とりあえずそうならないようにするには憲法9条ではなく、軍事力による抑止が第一かと思っていますが、おっしゃる通り外交など諜報戦がもっと大事になってくるんでしょうねー。そういうのがまるでダメなようで参りますね。武器調達は・・・その筋の知り合いを捜しますか(笑)。


>ドドさん
武道は防衛とか守りとか戦いということもあるのかもしれませんが、大事なのは精神的なものですよね、やっぱり。文武両道というのがやはり理想なんでしょうねー、難しいですが。


>ユーグンさん
そうですねえ、台湾も馬氏が勝ってしまいましたね。台湾人というのはやっぱり日本人に似ているのかもしれませんね。豊かになってしまったら、目先の経済的な利益のほうが独立心よりも勝ってしまうというのは。良いところだけでなく悪いところまで似ているというのは残念ですね。

>柳生さん
なかなかの武闘派ですねえ。さすが新撰組!?ですね。まあ警察はなかなか暴走族程度の行為を取り締まるのが難しいんでしょう。車をぶつけてコケさせて捕まえれば一番早いのにそういう事もできないのですから。自衛隊と似ていますよね。むこうから危害を加られてこっちに被害が出ないと動けない、専守防衛というなさけない状態が日本の防衛だけでなく、警察から何から日本中をおかしくしているんだと思います。

>新四郎さん
私の叔父は、骨董品の収集家なのですが、中でも日本刀のコレクションがすごくて、それ全部で豪邸が建つほど持っています。私が興味を示すので、いつも行くと見せてくれますが。ああいうのは実際に人を斬れるんでしょうかねー。使えるならば訓練しておきたいものですが(笑)。
管理人 | URL | 2008/03/24 (月) 08:47:23 [編集]
沖縄は中共に併合される
なんか、勇ましいことを書いていらっしゃる方がいるようですが、もうすでに中共はばんばん(間接)侵略してきているのですよ。彼らの伝統芸能はご存知ですか?戦わずして勝つ!ですよ。孫子や孔子の書、間書などは、読まれていますか?民間防衛などはご存知ですか? (スイス政府「民間防衛」に学ぶ http://nokan2000.nobody.jp/switz/)

そんな実例と思えるものが、佐藤氏の blog に書いてありました。

> たまたま2月末に沖縄を旅行されたある大学教授から次のような内容の手紙が届いた。
>
>「沖縄は“中共に併合される。左翼でないと生命は保障されないそうだ・・・”との
>風説が有力で、一般市民の(特に次世代の)動揺が烈しいことにびっくりしました。
>中共の有力者が毎週のように“時局解説”と称して琉球独立論をあおっている
>様子には、何とか”歯止め”をと思いました」

馬新総統誕生!次は尖閣か?
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20080324/1206326764
7743 | URL | 2008/03/24 (月) 23:17:59 [編集]
>7743さん

武力を使用する以前にいろいろと侵略してくる、現にしてきているというのは、そうでしょうねー。それを歓迎しているとしか思えないバカな日本人が多いんだから、もうどうしようも無いですね。
管理人 | URL | 2008/03/25 (火) 08:47:26 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.