右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

「頑張った人が報われる社会」とは?
今週もまたまた月・火と出張のため、この間は時間指定の予約投稿による更新にて、旧ブログからの移植です。すみませんです。更新の習慣を一旦断ってしまうと、また遠ざかってしまう気がするので、ちょっとこんな感じですが、更新は平日だけでもちゃんと続けたいと思います。

ただ、旧ブログの記事でも、新自由主義批判というか改革批判は、当時はあんまり理解されなかったことが、今だと以前よりもずいぶんよくわかっていただけるんではないかと、ネオリベ的政策に対する疑念がかなり強まっている今ならば、再度アップする意義も増しているんではないかと思います。

[社会] 「頑張った人が報われる社会」とは?

どうも最近、「頑張った人が報われる社会」という言葉の誤用が目に付くような気がします。先日の補欠選挙でも、自民党の候補が「格差拡大」への反論としてこの言葉を言っていましたし、去年の郵政選挙の時も、武部・竹中といった人たちがホリエモンを持ち上げて、あたかもホリエモンが頑張って報われた人の代表であるかのようにして、同じ事を言っていました。

しかし、本当にそうでしょうか?少し抽象的で大雑把な話になりますが、ここらあたりをちょっと考えてみたいと思います。
どうもネオリベ路線支持者、新自由主義の信奉者といいますか、市場原理主義者たちは「頑張った人が報われる」ためには「自由な競争」が大切だと言いたいのだと思います。しかし私はそれは間違っていると思います。

「自由な競争」ではなく「公正な競争」が大切なのだろうと思うわけです。

完全に自由な競争では、強い者も弱い者も同じ土俵で闘わなければならず、また勝てば勝つほど、金も情報もどんどん集中してゆき、勝ったものは勝ち続け、負けたものはずーっと負け続けます。

その結果、ごく一握りの勝者と圧倒的多数の敗者に分かれることになるでしょう。そのあとは、恵まれた立場に立てた人とそうでない人にわかれてしまいます。ようするに二極化するわけです。

そこで再チャレンジなんて言っていますが、二極化した社会では、恵まれた立場にある者以外は、最初からハンデを背負っている、というか恵まれた立場に立った側が圧倒的に有利なのですから、いくら努力したところで、競争などそもそも成り立つわけが無く、再チャレンジする側には最初から勝ち目など無いという状態になっているわけです。

そこで「機会の平等」を考えようとすれば、圧倒的強者にたいしてはなんらかのハンデを加えたり(累進課税とか大規模店舗の出店規制とか)、あとはたとえば柔道やボクシングの階級制のように、一方的な弱肉強食の状態にならないような、公正な勝負ができるような配慮が必要になってくるわけです。

「自由な競争」では大人も子供も同じ土俵で戦わされるのです。これはフェア(公正)とは言えません。卑怯でしょう。

大人と子供が競争するようなアンフェアはやめて、競争するのなら、大人は大人同士で、そして子供は子供どうしで公正なルールに則ってそれぞれ別の土俵でやるのでなければ、単なる野獣の如き弱肉強食、優勝劣敗、酷薄な社会になってしまうわけです。

だいたい、なんでもかんでも無理矢理戦わせて勝敗を決める必要などそもそもなく、場合によっては、お互いがお互いのなわばりを守って共存するほうが良い場合だってあります。

競争がまったくないのも問題ですが、誰彼かまわずとにかく競争しろというのもおかしいのです。

競争については、今の教育では「自由な競争」とはちょうど対極のこれまた極端な「平等主義」が蔓延しています。これもおかしいことです。今の学校では運動会で子供達をみんな同時にゴールさせたりとか過剰な平等教育をやっているわけです。

学校でそんな極端な平等を子供達に仕込んでおいて、社会に出た瞬間に自由競争だと言って1年生が6年生とが競争させられ、負けても負けても再チャレンジだと尻を叩かれる極端な世の中になりつつあるわけです。

どっちもおかしいと思います。「自由」や「平等」というのは、わかりやすいイデオロギーですが、わかりやすいものには、不正確さや矛盾が多く含まれるのです。小泉首相のワンフレーズしかりです。

そもそも「自由」と「平等」は相反するイデオロギーです。このような「わかりやすい」イデオロギーに飛びつくから、その場その場で両極端のどちらかに偏ってしまうのでしょう。そこで競争に関して「自由」と「平等」の矛盾を調整可能な「公正」という価値基準が重要になってくるのだと思います。


それから、話をもどして、もう一つ「頑張った人が報われる社会」のための条件は何かと言うと、「安定した社会」でなければならないことでしょう。

むやみやたらと人々の価値観や制度や物価がコロコロと変動すると、頑張ったかどうかとは関係なく、価値観や制度の変化の抜け穴をうまく付いた奴とか、たまたまラッキーなだけのやつがトクをして、努力した人が報われない社会になってしまうのです。

価値観や制度が急激に変化すると、法律が追いつかなくなります。法律というのは制定されるまでに時間がかかりますから、どうしても社会の変化にたいして後追いになってしまい、そこに隙ができます。その隙をついて、要領が良いだけの奴が卑劣な手段で金儲けをすることができるということも出てくるのです。それがホリエモンとか村上ファンドなんじゃないかと。

また、バブル崩壊のように物価や経済が激変すると、それまでコツコツ頑張って貯めた金でようやく買ったマンションが暴落したり、逆にバブル崩壊直前にたまたま売ったマンションがその後に急落したから再度買い戻して差額で大もうけしたりなど、努力と何の関係もないところで報われたり報われなかったりすることになるわけです。

だから社会の制度と経済の両面で安定しているということが重要だと思います。

ところが今やっているのは、とにかく改革だ改革だと言って制度を急激に変化させ、またとにかく規制緩和だとやたらめったら自由化させることを急激に進めています。制度の変化がはげしく規制が甘くなった社会はその穴をついた不法がはびこるわけです。ライブドアの偽装会計、村上ファンドや日銀総裁のインサイダー、姉歯やヒューザーの偽装設計などなど。

コツコツ頑張ってもルールが突然変わったり社会の価値観が急にかわったりしたのでは、とても報われないでしょう。

そのむくわれない社会を作っている張本人たちが、ヒルズ族のように結果的に成功しただけの人たちを持ち上げて、「頑張った人がむくわれる社会」などと言うのを聞くと、人をバカにするのにもほどがあるんじゃないかと言いたくなります。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
全くその通り
実に、最近の改革とかは、めちゃめちゃです。あのマスゴミが、小泉をやたら持ち上げてますが、チャイナオリンピック議連の一員だから、と言うだけでなく、日本滅亡に「寄与」したからでしょう。マスゴミは、昔から過激派連中の集まりですからね。まぁ、最近の格差とかのマスゴミ特集は、やたら胡散臭いです。あれは、やたら格差を叫んで、何も解決策を出さないですからね。今の日本においては、なるべく赤字企業の国有化や所得再配分の徹底をしないと、国がなくなりますよ。民窮すれば、国傾き、民富めば、国栄える。
新四郎 | URL | 2008/03/17 (月) 12:24:41 [編集]
形式的な平等化がもたらす差別の社会化
憲法の勉強を最近したことがあるのですけど、その中で「形式的な平等化がもたらす差別の社会化」ってのがあるのですよね。日村様がエントリで言及されている様に、無差別的な競争が時には機会の不平等に繋がるってことは憲法学の世界では当たり前の議論なんですよ。

まぁ、ネオリベにとっては憲法ですら空想主義的な奇麗事になっちゃうのだから、つける薬が無いとしか言い様がありませんが(苦笑
杉山真大 | URL | 2008/03/17 (月) 21:15:31 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/03/18 (火) 06:44:01 [編集]
10年でトヨタと同じ売り上げのgoogle育成が小泉改革
私は改革原理主義者でもネオリベでもありませんが
イギリスは80年代のサッチャー政権による金融ビッグバン(規制緩和・新自由主義)で1人あたりGDPを世界で
1995年20位→2005年13位→2007年10位
と順位を上げてきました。
ところが日本は
1995年3位→2000年3位→2005年14位(イギリスに抜かれる!)
→2007年22位
と年々下がり続けています。
おまけに欧米の資金調達先は
「円キャリートレード」による日本なのです!
つまり日本は
「安い金利で欧米に資金を供給してやりながら
自分自身は少しも儲かっていない」
のです。
これは「改革がまだ不十分(抵抗勢力あり)」だからです。
ですから
規制緩和や新自由主義の良い点は見習うべきです。
むしろ
不公正なのは、昨日17日の新聞にも出ていましたが
「社保庁の闇専従」を始めとする・とどまることの無い官僚・役人の腐敗なのではないでしょうか?
柳生昴 | URL | 2008/03/18 (火) 14:06:24 [編集]
柳生氏
だ~から、今は日本の雇用と資源確保が先決なの!もうね、砂上のロウカクだったのが、白日の元にさらされたわけ!チャイナの工場を、日本に戻しておかなかったから、競争力が落ちたの!日頃チャイナに抜かれたら、日本は負け、とか豪語しているのに、これはスルー?やれやれ、これだから全共闘世代は、日本のガンって言われるんだよ。まぁ、うちの親爺もそうなんだけどね。
新四郎 | URL | 2008/03/18 (火) 22:47:14 [編集]
あとね、柳生氏
チベットがピンチだよ。温の気違いが、チベットだけでなく台湾も攻め落とすとか、カイキエンを挙げているよ。頼むから、日本から出て、チャイナのコキントウの素っ首を取ってきて。できたら、言うこと聞いてあげる(o`∀´o)。
新四郎 | URL | 2008/03/18 (火) 22:55:57 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.