右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

中川(女)を警戒せよ!
いつのまにか、とっくに靖国神社の秋の例大祭が終わっていました。安倍首相が就任して以来、靖国問題がさっぱり騒がれなくなったように思います。歴史認識でも朝日新聞からすら批判されなくなりました。産経新聞はこれを良いことみたいに書いていましたが、果たしてそうなのでしょうか?
結局、この安倍首相のあいまいな姿勢は保守を分断させるものだと以前に書きました。現在、かなり大きな勢力として、小泉マンセーの流れをくむ安倍マンセーという人たちが存在します。これらの人たちは本来は別に「保守」に分類されるわけではありません。とにかく政府の視点からものを見て政権を無批判に弁護・擁護する習性のある人たちです。とりあえず「ホシュ」と書きましょうか。

こういう人たちは、とにかく今の政権にとって邪魔な者から順番に批判してゆきます。日本という国にとってそれがどうか、という基準よりも、政府にとってどうかという基準で動いているようです。だから工作員などと揶揄されるのだと思います。

そこで、安倍首相が朝日新聞から批判されなくなるようなサヨク迎合的な行動をとれば、本来の保守ならば安倍首相の姿勢を批判して当然のはずなのですが、彼らからすると、とにかく政府に楯突く奴らは気にくわないということなのか、別に選挙前でもないというのに、自民党の支持率が少しでも落ちるのが怖いのか知りませんが、首相を批判する保守派を攻撃します。

そこで、安倍首相が朝日新聞などサヨクから批判を受けようとも、首相就任以前の信念を貫いてくれれば、彼らはおそらく首相を批判する朝日などサヨクのほうを批判するはずです。そうなれば、私だって一生懸命に首相の主張に同調してサヨク批判をするでしょう。そうなれば保守は「ホシュ」まで含めて一つにまとまることができるのです。そして安倍政権は、よりまともになるわけです。

そういう点で、現在の安倍首相のあいまい、というか中川幹事長の言うところの「左の方に懐を深くする安倍自民党」路線では、本来の保守は孤立して当然なのです(「安倍首相を左傾化させる中川秀直を警戒せよ!」参照)。

私は、これこそが中川幹事長の狙うところだと思います。彼はサヨクでしょう。安倍首相をうまく利用して自分ごのみのサヨク・リベラル政権と維持して力をふるいたいのだと思います。

だから、やっぱり今の安倍政権に中川幹事長みたいのが強い影響力を持っているなら、そのことを大いに警戒して批判もしなければならないのに、あいかわらず民主党の批判ばっかりしています。

民主党とか韓国とか、見ていて嗤いたくなるのはわかります。ホント、どうしようもない人たちだと思います。しかし、たとえば野党である民主党など、今はたいして怖くありません。自民党が左傾化してゆくことのほうがよっぽど恐ろしいことなのです。だから今は民主党なんてほっとけよとまでは言わないまでも、中川秀直のほうがヤバイだろうと私なんかは思うわけです。

また、今、色々なブログで最近は創価学会批判がおおはやりみたいですが、創価学会と連立を組んでいる自民党への批判はあまりないように思います。まあ教育基本法が創価学会によって骨抜きにされているとか、多少はあるようですが。

それにしても、郵政民営化というたった一つの政策で一致しなかったと言う理由で党員を放逐しておきながら、根本理念すら異なる公明党と連立を組んでいるというのは、結局自民党も権力にしがみついているだけで、民主党がとにかく権力にしがみつきたいと思っているのと同レベルということです。


最初の靖国参拝の話にもどしますと、安倍首相はまだ官房長官だった今年の8月15日に靖国参拝をしませんでした。秋の例大祭にも参拝しませんでした。春にはしたという話ですが。

ちなみに麻生氏はこれまで例大祭には参拝していたという話ですが、秋の例大祭には参拝していません。それどころか、この秋の例大祭には主要閣僚は誰も参拝していないのです。ちょっと記憶があいまいなのですが、主要閣僚での参拝はなく、ただ中川昭一政調会長だけが参拝したのではなかったかと思います(未確認)。

以前の話だと首相・外相・官房長官の3人は参拝しないと中国と取り決めがあったとかなかったとかいう話がありましたが、その通りになっているわけです。

これって、結局、中国に屈したという事なんじゃないでしょうか?

中国側と何らかの話がすでについていると指摘する人もいますし、「中国とうまくやれ」というアメリカからの指示に過剰に従っているのだという人もいます。

どっちにしろ、安部首相は靖国問題で中国に妥協したのではないでしょうか?まあわかりませんが。

現時点では、首相になる前の今年の春に1回参拝しているので、もしかしたら年1回の参拝にとどめるということなのかもしれません。しかし、麻生大臣はこれまで例大祭には参拝してきたはずなのに、今回参拝していません。

そのことなどを考えると、やはり靖国参拝に関しては、今の政権にはあまり期待できないのではないかと思います。

安倍首相は、中川幹事長にどんどんと毒されているのか、いろんな人の話を聞きすぎて訳がわからなくなっているのか、とにかく様子見しているだけでは、この先どんどんと左方向へ流されてゆく可能性があると思います。

すくなくとも、中川幹事長の「左の方へ懐を深くしてゆく安倍自民党を作ってゆきたい」という発言は、まさに保守を分断して安倍自民党の政策を左傾化させるものですから、どれだけ警戒しても警戒しすぎということはないと思います。

靖国参拝でも教育基本法改正でも憲法改正でも、相変わらず公明党に配慮し、幹事長の力で「左の方へ懐を深く」しているうちに、これまでの自民党と何もかわらない政権になっていた、ただやっている事は小泉首相からうけついだ「改革」だけ、ということになりかねないんじゃないかと思います。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
お説ごもっとも。
保守系ブログの中には現在の安倍政権のどっちつかずの方針を批判するようなものはあまり存在しないようで非常に残念。

確かに朝鮮や創価学会を批判すること自体には意義があるとは思うが、身内かわいさのあまり自民党への批判的意見は少ない。二階氏や加藤氏などへの個人的な批判はあるにせよ、公明党と連立していることで道を踏み外している自民党は棚にあげ、沖縄県知事選で民主党或いは国民新党が共産党などの野党で共闘したことに対する批判的意見が圧倒的に多い。
これらは別に間違ったことをいっているわけではないのだが、何かおかしい動きに感じる。特に見るブログの意見が大筋似通っている点がひっかかる。

まして、言われているように中川幹事長の意向がどれほど安倍政権に影響を与えているか定かではないが、明らかに安倍氏の著作や過去の発言からでは到底ありえない発言が繰り返されていることについて、批判的意見を聞かない。聞くのは統一教会つながりによる批判だけである。

復党問題にしても色々なブログで書かれているが、こんなのが問題になるのなら、郵政法案のときに影で反対工作を画策した張本人の古賀氏等が未だに自民党にいる方がもっと問題がある。さまざまな理由があるにせよ未だ批判的意見を貫いている平沼氏(別に彼を擁護するつもりはない)と古賀氏と比較してどちらが、自民党にふさわしいかは自明のことだろう。

安倍氏は首相になった瞬間に今までの主張を引っ込め、妥協策ばかりを打ち出すのはあまりにも国民を馬鹿にしていないだろうか。あいまい戦略もすべてがあいまいだと戦略ではないことを認識していないのか。それだと保身政治家である。

安倍氏を擁護する人は、よく来年の参院選まで爪を隠しているというが、その間に保守層が自民党から離れていくリスクを考えていないのだろうか。もし安倍政権が参院選で負ければそれこそ、安倍氏は永遠に首相にいすには座れないだろう。
安倍氏には是非、以前から持っていた考えで政治を実践して欲しい。たとえそれが原因で選挙に負けても安倍待望論はいずれ必ず起こる。特に今は北朝鮮の問題が保守にとって追い風なだけにこれを利用しない手はない。
radical | URL | 2006/11/26 (日) 11:43:15 [編集]
存在感薄すぎ
安倍ボッチャンは東急ハンズで入浴剤買ってる場合じゃないでしょ | URL | 2006/11/27 (月) 00:52:30 [編集]
このままでは自民から離れざるを得ない。総裁選直前にも曖昧になったと感じたが、時期が時期だけに仕方ないのかと考えた。ところが、首相になったにもかかわらず
曖昧+変節の徒となった。本心は知らない。しかし公の場での発言、行動はそれで判断せざるを得ない。
総理就任前の彼の主張が共感でき、期待できるものであったから支持しようという気になったのにそれを変えたり曖昧にされたのでは支持する理由はない。
仰るように自民の中の「サヨク化」が一番問題だろう。
安倍氏は本来の主義主張を貫く事こそが肝要である。
DBGTSP | URL | 2006/11/27 (月) 08:43:25 [編集]
開かれた保守主義
11月24日の読売新聞に西尾幹二氏のインタビューが載っています。読売に西尾氏のインタビューが載るというのは珍しいことですから、いったいどんな関係の記事なのだろうと思って11月24日の読売を読んでみました(西尾氏のインタビューは「日録」でも見られます)。

このインタビューは「揺れる保守主義」という連載の関連で掲載されています。この日は「揺れる保守主義・下 『草の根』糾合狙いか」と題して安倍自民党のいう「開かれた保守主義」がどういうものなのかを分析しています。「開かれた保守主義」は政治戦略の要素が強い、といっているようで面白い記事でした。

その「開かれた保守主義」の政治戦略を分かりやすく解説するのが、西尾インタビューの下に対峙するように載っていた、アジアフォーラム・ジャパン専務理事の吉原欽一氏のインタビューです。

吉原氏インタビューの内容はこちら↓のブログで全文が読めます。
http://sunhoken.seesaa.net/article/28215621.html

吉原氏は「揺れる保守主義・下」によれば「2004年秋の米大統領選。草の根保守の動きは、ブッシュ勝因の一つとされた。自民党幹事長代理だった安倍氏は、直後に世耕氏に指示し、草の根保守の研究が始まった。昨年6月には、安倍氏が本部長だった党改革実行本部の勉強会に、草の根保守に詳しい吉原欽一氏を招いて意見交換した」んだそうです。

吉原氏のインタビューを読むと、安倍首相の「変節」が明確な意図をもったもので、我々がどうこう言っても、それが通じないのではないかと感じます。

この吉原氏のインタビューを肯定的に取り上げている人がいます。自民党の中川秀直幹事長です。

中川秀直公式Webサイト - トゥデイズアイ
「開かれた保守主義」をいかに運動体にしていくか by nakagawa
ttp://www.nakagawahidenao.jp/pc/modules/wordpress0/index.php?p=357
織舘うゑし | URL | 2006/11/28 (火) 06:55:49 [編集]
>radicalさん、DBGTSPさん
コメントありがとうございます。同じように中川秀直を警戒しておられるようで、でももっと広くそういう声が出ないものかとも思います。

>織舘うゑしさん
これはこれは、かなり参考になる情報をありがとうございます。そう考えると、安倍首相は明らかに「変節」したということで間違いないし、今後には期待できないということでしょうね。
日村秋介 | URL | 2006/11/28 (火) 10:17:55 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2006/11/30 (木) 10:06:14 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.